気ままな趣味の散歩道

趣味にまつわる話題を、デジカメ画像などを活用し郷土の写真、菜園と園芸、郵趣、版画と年賀状などを紹介してまいります。

自家製キュウリの佃煮造り

2019-07-17 10:51:55 | 日記

 今年も挑戦しました。日照不足で野菜が採れない、高騰しているとの報道の中、我が家の菜園で、まずますのキュウリの量が採れましたので、キュウリの佃煮作りをしました。 

 上の小画像のように大き目のキュウリ、約2.5Kgを収穫。

 キュウリは前日に、ヘタとお尻の部分をカットして、手作業で、1.5~2mmぐらいの厚さにカット。10分くらいの手間がかかります。(スライサーでやると0.5~1mmの厚さが薄く、出来たときのキュウリの歯ごたえが少なくなるからです)

 できたキュウリに塩(4%)をまぶし、バケツ一杯にして重しを置いて一晩ねかせます。

 かなりの水が出ました。多少手で絞ってから、脱水機にかけ更に水分を取りました。

 

 いよいよ、熱処理です。

 大き目の鍋に材料を入れ炒めの開始です。

  ショウガやタカノツメ、昆布のほか画像の(こだわりの)調味料を加え炒めました。

 

  強火(でないとキュウリの歯ごたえがなくなります)で炒め始めること25分。脱水を掛けたのでいつもより時間が5分ほど短縮されました。

 作業中はかなりの熱を持ち、手元はかなりアッチアチになります。

  火を止め自然に冷めるまで1時間以上放置。

  完成です。できた量は当初のキュウリの目方の半分程度となりました。

 おすそ分け分は、格好良くパソコンでラベルを作って貼りつけました。

  さあ!おいしく食べていただけるでしょうか。

 

 

 

 

コメント