塩哲の色不異空

日々の思いを気の向くままに

ミュージアム巡り 故宮ワールド 釉裏紅蝠雲文大瓶

2022-09-26 03:27:22 | ミュージアム巡り_2022
 次は、景徳鎮窯“大清乾隆年製”銘のある「釉裏紅蝠雲文大瓶」
(清時代・乾隆年間・1736〜95、磁製)。素地に酸化銅で絵付けし、
透明秞をかけて焼き上げている。
 中国語で紅は“洪”と同音、蝙蝠は幸福の象徴で“洪福”とも
書き、大きな幸福を表した吉祥の器。
TNM(台東区上野公園13-9)
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« Weekendの麺処巡り 菊池 で ... | トップ | ミュージアム巡り 故宮ワー... »
最新の画像もっと見る

ミュージアム巡り_2022」カテゴリの最新記事