株式会社パワーランド社長のブログ

日々変化する内外の経営・経済・社会環境に対し、自分の意見を適宜適切に表明したい。もちろん社業の宣伝も行います。

株式会社パワーランド

2011年06月30日 | Weblog

  

歓迎晩さん会で写真を撮ってもらいました。右は、料理の一品。みんなと一緒に撮ったのもありますが、私のだけ出しました。心中は、とても嬉しく思いながらも被災者の方々に申し訳がないと・・・複雑でした。ただ、ハワイの早朝ニュースを聞いて知ったのですが、日本人が海外で楽しんでいる姿を見せることは日本の元気な姿を見せるという意味で経済的な効果はかなりあるとのことです。物事には、いろんな見方があるものですね 

昨日、友人のお母上が入所されているという老人ホームにご挨拶に出かけ、そのシステムを教えてもらいました。HPは次の通り。http://www.manoaseniorcare.com/adult-residential-care-home.html

8名が日本流でいえばシェアーハウスしている施設ですが、私が知っている日本のものと根本的に異なるのは、各室の中にトイレ・シャワー室があることです。8人ですと、共用の部分(職員が使う)とは別にそれぞれ八つの設備があるということです。 費用とかプライバシーにかかわることは・・・聴きましたが・・・私からは控えます。

 

コメント

株式会社パワーランド

2011年06月29日 | Weblog

    

ハワイから投稿しています。宿泊しているコンドミニアムにランケーブルがあったので有料でしたが借りることにしました。

日本での成田空港辺りの飛行トラブルは、結局、成田から羽田へ向かい、羽田から関空へ向かい、関空からホノルルへ向かうというルートで落着き、そのルートでハワイにやってきて、現地時間で今夜のディナーには間に合うことに 

今日の画像は、左は、日本時間28日午後7時過ぎ、関空から明石海峡・淡路島方面にレンズを向けて撮ったものです。右は、ハワイ時間28日午後2:40に宿泊先のワイキキ・サンセット・コンドミニアム20階からダイヤモンドヘッドとワイキキの浜辺方面にレンズを向けて撮ったものです。ハワイの天候は今日のところは乾燥していて温暖で申し分がありません。

今夜は歓迎ディナー会を当地の友人達がやってくれるというので楽しみです。街を歩いた時にロンドンへ初めて行ったときと同じような気持ちで、ある不動産の確定・確認をやってみます。また、明日は現地時間早朝から飛行機でカウアイ島へ友人と行く予定です。日帰りですので、PCは持参しません。従って、ブログはどの段階で投稿できるか断言できません。 ただ、PC環境は今は整っていますので写真付きでやってみます 

コメント (2)

株式会社パワーランド  

2011年06月28日 | Weblog

昨日は参りました 

定刻に成田空港を発ったのですが、飛行機が途中でエンジントラブル 離陸後約40分程して、成田空港が近いので戻るとの機長からのメッセージ。機長からは、エンジンが1つ止まってももう一方のエンジンが正常に動いているから、大丈夫、非常事態ではないけれども念のためと・・・ 航空機はUnited Airlines(UA)だったので、まず英語での生の発表。次に、邦訳と中国語訳というか日本語と中国語でのアテンダントからの説明。

機長の話は生々しい話でしたが、これが日本語での説明となると、できるだけ平穏を装うかのような内容。機長の「エンジンは1つ止まっても云々」の部分は割愛されており・・・非常事態ではないとの部分だけが強調された形の発表・・・これって福島原発事故の政府発表の仕方と全く同じ。表向き平穏を装っていても、結果は福島では原発30キロ圏内の住民避難。この度は、成田への引き返し・修理への挑戦・離陸門限時間までの安全確認不可との判断と飛行中止・成田のホテルでの宿泊補償ということに 

機内での待機中、機長のメッセージは、淡々と事実を告げるのみで飾りは無いのに、日本語の説明となると「・・・良い情報です。修理が順調に進んでいます」との感情表現が入っています。何度か修理状況の報告はありましたが、機長の伝言の中には飾りは無くまた予断もないのに日本語となると・・・最終的には「離陸門限時間があるので・・・飛行中止」というふうに責任の一部が空港に転嫁されています。

ただ、門限時間があるというのは事実で、これが韓国の仁川空港なら24時間開港しているので、十分なチェックを済ませ飛び立っていたと思います。故障原因はエンジンフィルターの破損でそれを直したのですが、十分なチェック時間が取れないのでフライト中止というのが真相。UAは整備不良という責任はあるものの、ある意味できっと無念な思いをしていると思います。

そんな訳でホノルル空港で出迎えてくれるという友人にはハワイ時間を確認してやや早朝ではありましたがホテルから電話連絡。今日の午後再度成田からホノルルへ向かうことになりますが・・・便名・離陸時間など今のこの投稿時間の段階では不明。原始計画で、到着後まる一日半自由行動としていたので、今日中に出てくれる限り、旅程に変更は生じません。

今日はホテル日航成田からのブログ投稿となっています  これから自費で・・・戴いた食券は昨夜 

下の画像は、ホテル日航成田の庭園と庭園内のユリの花。ある意味で感謝をこめてPRしてあげる気持ちになっています。庭園を眺めながらの朝のバイキングでした。撮れ立て画像です。 

     

コメント

株式会社パワーランド 

2011年06月27日 | Weblog

昨夜、山田洋治監督の「にごりえ」(樋口一葉作)という昭和28年の映画を鑑賞していたら日付が替わってしまいました。

昭和28年と言えば私は8歳のときで、淡路島の山の中の小学校2年生でした。この時期は、田圃のあぜ道の草刈りや刈った草を「押し切り」という切断機で刻んで牛と山羊の餌にしたりしていました。映画の中の子供のように使い走りもやったり、お醤油を買うのにお米を持って買いに行き、物々交換的な買い方をした経験もあります。

それだけに映画の内容には格別の迫力があり、当時の20円や50円といった貨幣価値にもなじみがあり、重みを感じながら目が冴えきったので、真夜中の投稿に及んだ次第です。それにしても最後の心中シーンは、原作はともあれ、昭和28年当時は大変な事件だったはずですが・・・それが今の私には、まあこんなものか と冷めた目で見てしまう程心が世俗的になってしまっていることに そういえば映画の最後の語りの部分で、2人が亡くなっているのに、何の変化も無かったような街の風景のことに言及していました 心が膿んではいけないという意味で、反面教師にしなければ・・・ 

今日は、成田空港からハワイに向かいます   日付変更線の関係とかラップトップのハワイでの使い勝手とかで明日からのブログ投稿はお約束できませんが、もしアクセスして2・3日入っていなければ、7月10日(日)までは入りません  では、行ってまいります 

コメント

株式会社パワーランド

2011年06月25日 | Weblog

土曜日ですが、当然出社 私の旅程の足元を見透かしたように、仕事の焦点がこの時期に重なって来ます。ラップトップに必要な情報を転送していますが・・・。

鑑定評価書を作成する仕事ではないのですが、価格・賃料の査定はついて回ります。ハワイでも日本の不動産に関する必要情報は全部PCで採れるはず。手持ちの仕事だけは進めながら、彼の地の不動産事情を把握するのも楽しいことと思っています。

折しも、日本不動産鑑定協会から最新の世界的な不動産価格水準情報(世界地価等調査)が昨日公開されました。ハワイも入っています。できれば、ハワイの標準地と価格の関係を現地検証したいものです。(ロンドンの場合は標準地(公示地)の概念は無く、RICSという団体から公表される単位面積当たりの価格が比較の対象になっています。英米法系ですからハワイも同じではないかと想像はしていますが・・・調べてみなければ分かりません。だから、調べてみたいと思っています)。

 は月曜日の夕方ですから、月曜日のブログも自宅から投稿する予定です   

 

コメント

株式会社パワーランド    

2011年06月24日 | Weblog

今朝はちょっと忙しくて・・・投稿は午後になります・・・ 

  

お待たせ致しました。18時近くになってやっと時間ができました。給料日の花金ですから、お勤めの方はもう でソワソワという時間帯です。

今朝、早朝打合せのため早く起きてはみたものの・・・写真のように、私のPCデスクを占領するものが居て・・・  このように朝から私の椅子で寛がれるとすっかりやる気がなくなって自宅を早めに   暑い時だからネコだって暑いだろうと・・・それなりの優しさは発揮したつもり    

ところで、私自身、最近の精神状態はどうも便秘的な感じで、何故かすっきりしません   普段ニュースや新聞をしっかり見ているのですが、最近は「見るのも 聴くのもいや  ] という状態なのです。家内に言わせると、頭の中の「前頭葉」というところが固まってしまっているのではないかと   高齢者には多い現象とのことで少し気になります。 

ところが、一たび仕事ということになると、メチャやる気が出てしまうのです  ブログも放っぽり出して、仕事が一番  そんな状態のときに昨年10月から約束していたハワイ旅行が来週から始まります。ロンドンというと、業務ですかと尋ねられますが、ハワイというと業務ですかと尋ねる方は皆無。イメージというのは恐いものですね 確かに家内と一緒なので今回は私の頭の中でも業務という文字は消します。経費も会社は無関係。 しかし本能的に50%以上は業務的な勉強をしてくると思います。宿舎はホテルではなくコンドミニアムで自炊です。ハワイ島では友人宅が主で、離陸前のホノルルも友人宅。 

成果は写真付きでブログ予定ですが、ロンドン同様持参のPCがダメな時は中断して、帰国後のご報告となります  

   

コメント

株式会社パワーランド    

2011年06月23日 | Weblog

  

今日の画像は、販売受託マンションの一部です。居間と和室に簡易改修を施しました。キッチン等のいわゆる水回りは抜本的な改修を施す予定ですが、それは購入者のご判断に委ねたいと思います。

このマンション、一棟の住戸数が507戸という規模。旧住都公団(現UR都市機構)が小田急線狛江駅徒歩約5分の場所で昭和60年に企画したもので鹿島建設の施工。もちろん新耐震基準に基づいて建設されています。約22.5坪の3LDKが基本プランですが、居住者の意向で和室を洋室に替えたり居間に替えたり、また床をフローリングしたりといった空間設計は自由にできるように、当社レベルでは簡易改修に止めた次第です。価格は売主の方と協議してこれから決定しますが、購入者が改修意欲が出るような価格にしたいと考えています。売出しは7月中旬の予定です。

このマンションに関し、専門家として特筆すべきは、管理費と修繕積立金のバランスがとてもいいことです。管理費が月1万円で、修繕積立金も月1万円。合計月2万円ですが、素人の方々は、「管理費が月2万円ね」ということで済ませてしまいがちです。管理費は月々消えてなくなるもの、修繕積立金は文字通り修繕のために積立てられて管理組合に残っていくもの、この区別を理解しない方々があまりにも多い現実に私はいつも警鐘を鳴らしています

コメント

株式会社パワーランド   

2011年06月22日 | Weblog

6月の月例経済報告が内閣府から発表されました。・・・景気は、東日本大震災の影響により依然として厳しい状況にあるなかで、このところ上向きの動きがみられる。・・・という総括です。ではどの部分が上向き傾向かというと、生産だそうです。そして、個人消費も下げ止まりつつあるとのこと。これらの動向は、不動産鑑定評価においては重要です。日々の生活実感では肌でこのような動向を感じていても、やはり文字化された客観的な情報は説得力を持ちます。

閑話休題、昨日原発についての私見を書きましたが、昨夜変な夢を見ました。日本の原発が何らかの事故で全部福島原発のような事故を起こしてしまったという夢です。世界的規模で見れば、たかが小さな日本でも、日本的規模で見れば・・・国民はどこに避難すればいいのでしょうか 福島一つでも政府は当てにならないのに、全部イカレちゃったら国はどうなる とても嫌な夢でした。タオルを首に巻いて寝ていたので寝汗は拭き取れましたが・・・ 今すぐすべての原発を止めてしまったら今夏の電力はもたないとのことですが、国が無くなるよりマシかも IAEAの「世界中の原発の安全確認を速やかに行うべし」との提言は当を得ていると思います

今日は 真夏日だそうですが、水を片手に 回ります。

コメント

株式会社パワーランド

2011年06月21日 | Weblog

企業はたくましく動いています。昨日の日経によれば、2012年春の採用計画は今春と比べて大卒では13.7%の増加見込みとのこと。若い方々が毎年入社され、いずれは会社を背負うたくましい社員に育っていかれることは望ましい姿です。ただ、企業そのものがしっかりした企業理念を持っていることが必要です

毎年、5月6月は新入社員の営業基礎教育とかで、社会人になりたての若者を飛込み訪問させる会社がかなりありますが、そんなときは私は時間が許す限り話を聞いてやることにしています。名刺集めが目的のようですが、たまに扱っている商品の内容を仔細に尋ねると・・・もういけません 勤めている会社のボロがどんどん出て来ます。そんな時は会社の悪口は言わないで、どんな人生を歩みたいのか聞いてあげます。そのようにして知り合った若者が、数名います 

コメント

株式会社パワーランド 

2011年06月20日 | Weblog

不動産市況がここに来て改善しています。ただ、超高層マンションは自家発電装置の有無が影響しています。有の場合でも、管理費にどのように反映されるか未定ですので、実需となるとやはりまだ また、地盤の液状化の恐れについて尋ねられるケースが増えています。この液状化は曲者ですが、一度激しく液状化したところは今度はそんなにひどい影響を受けません。都市再開発履歴36年の経験則上、次回は(次回の災害があっては困りますが・・・ )幸運と不運の程度の問題と判断します。

これは河川の氾濫でもいえます。その昔、都心はよく増水による河川の氾濫に見舞われましたが、人知は相当自然をコントロール出来るようになってきています。昨今、都心の雨水の処理能力は相当程度改善されてきています。 自然に対して万全の対策などは一つもないのですが、それでも人知はある程度力を発揮しています。

原発はまだコントロールできませんが、あつものに懲りてなますを吹くような恐がりようはどうかとも思います。私は基本的には原発は反対です。自然災害ばかりではなくテロの対象に十分なり得るからです。放射線の管理が不可能な以上、エネルギー源を別に求めざるを得ませんが、どなたか水道の蛇口をひねって水を止めるように、放射能をピタッと止める手法をお持ちではないでしょうか 原発を止めるというより、多分人知は放射能をピタッと止める手法を開発するような気がしてなりません。

コメント