株式会社パワーランド社長のブログ

日々変化する内外の経営・経済・社会環境に対し、自分の意見を適宜適切に表明したい。もちろん社業の宣伝も行います。

株式会社パワーランド

2008年04月30日 | Weblog
いつでも夢を

昨日は祝日でしたが、出社して事務処理。夕刻に御徒町の地権者宅を訪問しました。仮店舗に移転中で大童の最中(さなか)でしたが、地権者との共同事業者となるリスト株式会社が分譲中の赤羽台のパンフレットを持参し、設備概要等を話し合いました。私自身、現地のモデルルームを見ていたので完成時の雰囲気を理解した上での説明です 

このリストという会社、仕事に取り組むコンセプトがいいので気に入っています。良いものを作ろうと第一線の担当者が必死になって何度も何度も協議を重ねるのです。出来上がった住宅プランは、その計画地でその市場性において練りに練った最高のものになっています。

祝日でもあったので仕事を早めに切り上げて帰宅。珍しく早い夕食をとり、19:30からのNHKの歌謡チャリティーコンサートを楽しみました。番組の最後に歌手司会者全員で歌った歌が「いつでも夢を」。年齢に関係なく夢を抱ける社会に 

今日は会社に最新の事務機器が入る予定です。 
コメント

株式会社パワーランド

2008年04月29日 | Weblog
今午前3時過ぎ

暴走族ではないのですが、オートバイを空ぶかしして爆音を楽しんでいる一人の輩の音に目覚めたので、ついでに投稿を思い立ちました。投稿が終わって爆音が消えておれば、もちろんまた寝ます。

昨日は東京都宅地建物取引業協会(都宅協)千代田中央支部の定時総会がありました。出席者は原則として会員企業の代表取締役1名のみ。会員数は1605名との報告がありました。出席者は80数名で委任状が約1000件。4年前に私が始めて総会に出たときと比較し、会員数は増えていますが、出席者と委任状の割合は平行線です。

4年前の初参加のときに初参加ゆえの質問をしたものでした。「組織の幹部はなぜもっと出席者を増やすように努力しないのか」と。そのときの回答が「会員各社様にはしっかりと文書で案内させた頂いている」と。後になって分かったのですが、三井不動産や三菱地所も会員企業。参加資格が代表取締役1名限りでは、岩沙社長や木村社長の出席はもとより不可能。彼らが参加されるのは、せいぜい不動産協会や証券化協会、高層住宅協会、全宅連といった全国レベルの会合です。私も㈱フジタ時代にはこれらに参加しており、下部組織があることには気付きませんでした。

全国レベルの会合のご来賓は大臣や国会議員達。支部レベルの会合のご来賓はその支部の区長や助役達。なるほど・・・うまく組織化されているものだと感心して、総会の後、懇親会に出たものでした。仕組みが分かると、都道府県レベルの都宅協はきっと知事や都議会議員達に相違あるまいと思い、それには一度も出席したことはありません。

総会の後の懇親会には例年通り参加しました。今年は隣に若い社長が居たので、年金のお礼を言っておきました 

今日は昭和天皇の誕生日。もちろん仕事です。・・・どうやら、爆音が止みました。もう一眠りしてから出かけます。 
コメント (2)

株式会社パワーランド

2008年04月28日 | Weblog
ここにも居た仕事を楽しむ女性

女性の社会進出という言葉はもうとっくに死語になっており、街は働く女性たちで溢れています。その女性たちの労働環境・雇用環境については法律もそれなりに整備されています。

では、その働く女性たち本人の意識はどんなものでしょうか。昔は、職場は「結婚までの腰掛」で、女性たちの意識は、「職場でいい伴侶を見つける」といったケースが多かったように思います。ですから企業側も22歳の大卒女性よりも20歳の短大卒女性のほうが少しでも長く働けるから、短大卒女性を好んで採用した時期もありました。現在このような考えを持っている企業はもうどこにもないと思います。今は、腰掛ではなく戦力であると思っています。ただ女性たちの責任感や労働意識はどうかというと、やはり男性とは異なるものがあるとまだ私は思っています。

昨日は私のそのような意識を打ち壊す素敵な女性達に会いました。自ら積極的に行動を起こす方々です。一件はご来社された方、もう一件は私がアポを頂いていた方で私が出かけてお会いした方です。いずれの方もテキパキと物事を処理され、とにかく素早いのです。子育てをしながらも自分の趣味と実益を仕事というレベルで成功させています。「仕事が楽しくて仕様がない」というその笑顔は何物にも勝る光を放っていました  

今日は月曜日ですが、いわゆるゴールデンウイークのさなかとなっていますので、今週は普通なら開店休業といったところです。ただ、私は今週も業務が詰まっていますので、予定に従って就業します。ブログももちろん投稿する予定です 
コメント

株式会社パワーランド

2008年04月26日 | Weblog
人それぞれの味

大勢の人に接してきて、改めてこの歳になって、人それぞれの癖・能力・性格を観察してみると、お天道様は実にうまく人間という生き物を作ったものだと感心します。同じ人の中に、他人から観て、長所という部分と短所という部分を並存させているのです。この人はここがすごいなー と感心する部分があるかと思えば、その同じ人に対して、ここをもう少し改善すれば徳の部分が篤くなるのにと思うケースがままあります  

手に負えないのは、自分の短所が分かっていて改善しようとしない人、私にもこんな部分があるような気がするのです。占いを趣味としている人から、「あなたは人の言うことを絶対に聞かないという傾向が強い」と言われ、そのときは反省しましたが、心のどこかに「それでも良い、自分の信念に従って生きる」という傲慢さがどうしても存在しています。心しなければならないと 

心豊かに生きるというのは、多分この徳の部分を篤くすることだと思います。歳がいくつになっても、自分の心を写す鏡をもち続けることが幸せな共生の第一歩なのですね。今日はそんな気持ちで新しいご家族とお会いします。 
コメント

株式会社パワーランド

2008年04月25日 | Weblog
景況が少し明るくなってきたような気がします

社内に居るときは分かりにくいのですが、外を歩き回っていると、すれ違う人の顔色が暗いか明るいかで、また話す声が小さいか大きいかで付近のムードが変わるのが分かります。明るい顔色や大きな声は只で作ったり出したりできますから、営業マンたるもの、そんな雰囲気に敏感でなくっちゃーね 

最初は楽しくなくても笑い続けているとなんとなく楽しくなるものという話を聞いたことがあります。大声で笑う大会の様子をたまにテレビで視聴しますが、これなども明るい連鎖反応を期待して報道しているものと思われます。

私は来訪者からよく「顔色がいいですね、景気がいいのでしょう」といわれます。生まれつき気楽にできているから、地を出した生活をしているだけなのですが、会う人からいつもそのように言われると、たとい懐が寂しくても、得をしている気がします。

今0時30分を少し過ぎたところです。今日はお休みを頂きます。この土日の代休のつもりです。 
コメント

株式会社パワーランド

2008年04月24日 | Weblog
間取りの検討に胸が躍ります

お知らせ看板を出している計画建物について、部屋のつくりをあれこれ検討しています。一人で考えるのではなく、一級建築士数名がチームを組んで何度も何度も検討会を実施しているのです。計画が具体化してくると、間取りだけではなく、どこの会社のどんな製品がいいとか最新のカタログを集めて比較検討も行ないます。

昨日は、等価交換事業に参加された地権者の住宅についても、細かな検討が加えられました。もちろん私も担当社員もその検討会に参加しました。間取りだけではなく、部屋の扉の取り付け位置についても、検討しました。その内容を持ってお昼過ぎに地権者のご自宅を訪問し、ご説明  

この段階では、自分が住めるわけではないのですが、あたかも自分の住宅のような気持ちになってしまっています。若い昔からそうでしたが、仕事で関係する人達の笑顔に接するとき、自分の心が豊かになった気がします。

今日は、午前中はモデルルームの視察をします。午後は依頼を受けた物件の調査です。 


コメント

株式会社パワーランド

2008年04月23日 | Weblog
やはりまた帰宅したら午前様

昨日は嬉しいことがありました。地権者が新しい地域の地権者をご紹介してくれました。新しいプロジェクトですからどれほどの時間がこれからかかるか不明ですが、ご紹介して下さったことそのことがとても嬉しいのです。開発の規模によっては、私の年齢では、リーダーとしては耐えられないかもしれませんが、開発事業は個人事業ではなく皆で話し合いながら進めるものですから、手順と理念さえ間違わなければ成功します。今後折りに触れて当該地域を覗いて見ます。

夕食は、ご馳走になってしまいました。M様、いつもご配慮ありがとうございます。社員共々ご馳走様でした。あの大きな玉葱の蒸し焼きのおかげで、血液がサラサラ 今日も快調に業務に勤しめます。もちろん一眠りしてからですがね 

仕事ができる自分の健康体と同僚友人家族らにも感謝します。 
コメント

株式会社パワーランド

2008年04月22日 | Weblog
新聞を読んでいて思うこと

新聞の内容は多岐に亘っています。仕事柄、一般紙でも、まず経済面に目が行ってしまうことが多いです。新日鉄がどうだとかIHIがどうだとか地価がどうだとか 当然社会面にも目が行きます。これは事件ばかり もちろん政治面にも目が行きます 

そしていつも思うことですが、経済と社会の安定とは車の両輪だということ。経済が不安定だと社会も安定しません。政治が、短期・中期・長期を見据えて富をバランスよく公平に配分してくれると、申し分ないのですが・・・なかなかそうは行っていません。

今朝の朝日新聞の天声人語・・・為政者は重く受け止めるべきだと思いました。断っておきますが、別に朝日新聞を賞賛しているわけではありません。その記事の着眼点を賞賛しているのです。 

曰く:夫は51歳で自ら死を選んだ。その女性(41)は3人の子を抱えて、不整脈を薬でだましながら介護ヘルパーを続ける。「稼ごうとすれば、子どもたちといる時間がなくなる。なんともならない不安でいっぱいです」と書いてきた▼必需品が値上げされる中、立場の弱い母子家庭は大丈夫だろうか。子どもたちを支える「あしなが育英会」がこの春、高1か中3の子を持つ母親に調査票を送り、暮らし向きを聞いた▼ある女性(48)は、専門学校をあきらめて就職する子に「胸を締めつけられる」という。保険の営業とスナックで昼夜働き、過労のため体調は優れない。「子どもの気遣いは手に取るように分かるけれど、笑顔でいられない日も多く、情けない」▼回答した約千人の83%が、物価高で生活が苦しくなったと訴えた。31%が健康を損ねているが、仕事は休めない。苦しい家計ゆえに学習塾や参考書、修学旅行を我慢させた、部活をやめてもらったと、自分を責める言葉が並ぶ▼育英会に高校の奨学金を申し込んだ母親の平均年収は、98年の200万円から06年には137万円にまで下がった。自立支援の名の下に、遺族年金や児童扶養手当も削られつつある。「一つつまずくと、どんどん落ち込んでいく」。つらい独白だ▼悲運を乗り越えようと、母さんが懸命に働き、子が耐え忍び、それでも幸せの手掛かりをつかみきれぬ家族がいる。この現実を、哀れという言葉で片づけたくはない。週末の駅頭、遺児らが抱える募金箱に駆け寄りながら思った。政治は何をしているのか。
 
コメント

株式会社パワーランド

2008年04月21日 | Weblog
たまにはやってみるもの

昨日は今年三回目の 天気がよくなると聞いていたので心が弾みました。ラウンド100を切ることが目標でしたが、51・46の97でした。ハンデに恵まれ15人中3位に 最近ではなかった成績です。

やるべき仕事が溜まっていましたが、とてもいい気分転換ができました。携帯電話も掛かってこないで、なんだか本当に「日曜日だなあ」という気分が味わえました。帰路、汲んで来た湧水を会社へももって行き、ピクニック気分の充実した一日でした。

今日からまた新しい一週間が始まります。 

コメント

株式会社パワーランド

2008年04月19日 | Weblog
首都圏の電車網が風雨で終日ダウン

昨日は朝から晩まで電車に痛め続けられました。風雨とは書きましたが、終電間際に人が線路内に入ったり 深夜、秋葉原駅で電車を待っているときの雑踏と人の塊への小雨の吹き込み・・・思わず線路を歩いて上野駅まで行こうかとも 自分を含め我慢強い国民性に 

最近ふと思うのですが、業務内容が堅実なものに集約されてきています。ありがたいことです。不動産業務は分野が広いですが、当社が推進してきたのは、持ち主・借主や買主と直接話し合う手法です。根気が要りますが、業務内容が堅実になっています。これは、かつて㈱フジタで「拠点主義」(開発重点地区に事務所を構え社員を直接配置する手法)展開の動機となった事業手法です。大きな会社の名前があるときは、事務所開設即実績に結びつきますが、名前がない小さな会社ではここまで来るのに約5年掛かりました。この信用も、失うときは瞬時なので、それを失わないように今日も手堅く業務に精励します。

明日は日曜日なのでブログは休みます。今年三回目のゴルフの予定です。当然湧水も汲んできます 
コメント