もふもふランド♪

たくさんのわんこと もふもふしてます。
    by ぷーどる♂ & ぷーどる♀

お盆 ~くま来る?!~

2019-08-14 11:04:10 | くま(小だぬき)
ジャァ~ン!
DSCN4047.jpg

半年ぶりに出動のわが愛車。
何せ私は普段バイクと自転車ばかりで、自動車にはほとんど乗らないから、
こいつの出番は最近では盆と正月のみ!

てなわけで、昨日の休みはお盆なのでお墓参りに行っておりました。
まず午前中は私が他のお墓のある県境の山の上に。
いつもは週をずらしていくのですが、今回はお盆の時期にお参りしたので、
途中の道もそこそこ混んでおり、途中何度かコンビニに寄ろうかと思ったものの、
駐車場の車の多さに嫌気がさし気が付きゃそのままお墓に到着。

でバケツに水を汲み、道具一式を抱えてお墓に向かうと…
「あれ?誰かおる?」
近寄ってみると、
おお!生き別れの妹だ!(生き別れ歴数か月ほど)
で、すでに掃除も終えてくれており、私のやることはちょいとした草抜きだけ。
ちなみにお花はこの前日叔母が用意してくれていたので、
こうなるともうほとんどやることはなし!

そうか、世間通りお盆にお参りしたらば、こういうこともあるんだなとちょいと得した気分で、
お墓に手を合わせてご挨拶。

その後は大阪まで取って返し、地元にある奥さん方のお墓へお参り。
なので義父を迎えに行くと、なんとこの暑さの中エアコンもかけずに過ごしているではないの!
で、「あれだけ口を酸っぱくして,エアコンをいれろと言ってるでしょう!」というものの、
「でも、暑くないから。」
だ~か~ら~、歳を取ると体は暑さを感じにくくなるけれど、
脳は簡単に熱にやられてダメージを受けるんだってば!
と、言い飽きるほど言ったセリフを繰り返す。
「でも、今日は風があるし…」とまだ言い訳を続ける義父に、
娘が短く的確に注意したらば、シュンとなって、
「わかりました。」
やっぱ、じいさんは孫には弱い!

そんなわけで、カンカン照りの日の中を何とか頑張ってお墓参り。
水分が抜けてからからになったと思っていたら、
ありゃ!車のタンクもカラカラだ!
そうガソリンがほとんど空になっていました。
おもえば確か最後に入れたのは昨年のお正月…
そりゃ乗らないんだから減るはずないよねと思いながら、
これまたかなり久しぶりに燃料補給。
50リットルちょいで8千円か…
最近本当にガソリンが高いね~。

で、オドメーターをリセットしながら、今日はけっこう走ったから距離伸びたかな?
そう思いみてみると。

DSCN4048.jpg
あれま!まだ3万7千キロ!
24年目でこれか…
まあ、すごく大切にしているということで…
(=^^=)ゞ

てなわけで、車がたっぷり潤ったので、私もお茶で水分補給。
ですが、体はまだまだ乾ききっていたので、家に戻っても水気が欲しい。
そこで、ガレージに車をしまったその後は、八百屋さんに立ち寄りトマトを箱買い。

で、

丸かじり美味ぇ~~!

と、調子に乗って3つほどかじっていたらば、

DSCN4050.jpg
ササササ…

DSCN4052.jpg
「それはナンにゃ?」


お~!そうそう!
ボンがうちに来てちょうど一年!
実はこのお墓参りの時も、「もう子猫いてくれるなよ~!」とそう思いながらお参りしてたもんね。
てなわけで、次回はボンのお話です。

さてさて…


実はここからの話が今回の本題なんですよ。


そんなこんなで私がトマトをかじってボンと遊んでいる間、
娘はこの春逝ったくまのためにお花を買いに行っておったのです。
(そうか、初盆だ!)

そして、あの子が好きな黄色のお花にしようとしたものの、
その奥にあった可愛い花が気になってそちらに変更。
そしてお花屋さんにその名前を教えてもらったところ、
なんとその名前が…

DSCN4054.jpg
クルクマ?!


くる クマ?


DSCN2335.jpg
来るっクマよ~~!



来る? くま がまた♪

ある? 偶然とはいえ、こんなことがあるとが?!

だからこれはきっと、
「絶対また我が家にやってくる!」
とそういうあの子の意思表示!

お盆の、くまからの大好きなお姉ちゃんへのメッセージだったのだと思います。

(*^人^*)

コメント (2)

くまを送ってきました

2019-05-01 10:09:11 | くま(小だぬき)
昨日は先週逝ったくまを空に送ってきました。

本当はいつまでも手元に置いておきたかったのですが、
それは出来ないことなので。

最後に腕に抱いたくまは、やはり以前のままで、
違いといえば、抱っこがあまり好きでないあの子がじっとしているのと、
体温がまるでないことだけ。

でもその顔はまるで眠っているようで穏やか。

最後は大好きな娘の腕に抱かれ、空へ空へと昇ってゆきました。

近いうち必ず戻ってくる。
そう約束しているので、今しばらくのお別れです。


IMGP4068_20190501113216030.jpg



でも、どうしたって、やっぱり寂しいな…




コメント

ありがとうございます

2019-04-27 09:58:33 | くま(小だぬき)
先日逝ってしまったくまにと素敵な贈りものをいただきました。

CA395940.jpg
かわいいお花と、

CA395941.jpg
写真立て。


もみじさんかいせいさん本当にどうもどうもありがとうございます。


さて、くまはまだ我が家に居ます。
もう少しだけ一緒に過ごし、次の休みに空に送ろうと思っております。

IMG_9047a.jpg
コメント (4)

くま倒れる③ ~今すべきこと~

2019-04-21 10:14:54 | くま(小だぬき)
前回お話ししたように、いきなりの余命宣告を受けたくま。
当然我が家は悲しみに飲まれかけましたが…

そうしてはおれない!

余命がいかほどであろうとも、
くまは今現在
いつものようにここにいるではないか!


そういうわけで、今できることを精一杯、のちに悔やむことが絶対ないように!
これを頑張ってやっていかねば!
悲しむのはこの先の話、
それはまだ今じゃない!


そういうわけで、まずは緊急時の対応にと、
今診ていただいている病院とは別のいつものかかりつけの先生にも現状を報告。
これはより正確に伝えねばならないので、病院間で直接連絡を取り合っていただき、
今受けている治療内容や投薬の種類や量を確認していただきました。
そしてそののち、万が一深夜や休日に急変したときには、
申し訳ないけれどご自宅の方へお電話させていただきたい旨を伝えると
快諾いただきました。
(いつも本当に感謝しております。)

そしてその後、くまの最後の時の苦しみ方の確認を。
心臓の病気といえば心筋梗塞が代表的で、
それはかなり大きな苦痛を伴うと聞いていたため、
いよいよの場合は、どうすべきかを事前に覚悟するために。
ですが、両先生ともの見解は一致しており次のようなもの。

この子の心臓はすでに疲弊しているので、
心臓そのものの停止よりも、先に脳への酸素供給が行われなくなり、
脳死状態になるため大きなショックや苦痛はなく、緩やかに機能が停止するため、
恐らく大きな苦痛はないでしょう。

(つまり蘇生行為は不可能。)

そういうことで、少し安心できたため、
それならば、今あの子が普通に暮らせるうちに、
精一杯楽しい時間を過ごさせ、
「あ~、ここに来れて本当に良かったっクマね~♪」
と、そう思ってもらえるようにしてやろうということで家族の見解は一致。

とはいえ、お散歩やお出かけはもちろん、興奮し心臓に負担がかかるような遊びもできないので、
少しでも長い時間大好きな家族と共に過ごし、
そしてなんといっても食いしん坊さんだから、美味しいものをお腹いっぱい!

この子は2年前の夏保健所からやってきました
ですので、それまでどこでどのように暮らしていたかはわかりません。
ですが、いまだに人の足が近づくとおびえてしまうようなことから、
決してかわいがられて過ごしてきたとは思えないし、
また、すぐに土などを執拗に食べようとする様子から、
食事も満足に与えられていたとも思えません。
でも、いや、だからこそ、人生(犬生)の最後は幸せの中で過ごさせてやりたい。

実は、くまはうちの娘のことが異常なほど好き。
それはもう完全な分離不安症になるほどに、大好きで依存しまくっております。
本来これは困ってしまう問題行動なのですが、
見方を変えれば、「そこまで好きになれる対象に出会えた。」とそういうこと。
これは娘も同じで、くまのその愛情をがっちり受け止め、同じ大きさで送り返しております。
これもまた得難い幸せ。

IMG_0221_20190418140837a3b.jpg
「おねえちゃんといっしょっクマ~♪」

そういう意味で、くまは我が家に来た時点で「幸せな生活」が約束されたようなもの。
ですので、今からの時間は、その密度をうんと高めるだけ。


実は先ほど、倒れてから3日連続通っていた病院から戻ってまいりました。
そして病院でこういわれたそうです。

もう病院でできることはありませんから
あとはお家でゆっくり過ごさせてあげてください。


IMG_0156.jpg
「え?もうお注射なしっクマ?」

IMG_0159.jpg
「嬉しいクマね~♪」

そうか!
じゃあ、びっちり一緒にいられるな!
まだまだこんなもんじゃないぞ!
お楽しみはこれからだ!

そういうわけで、先ほど牛肉豚肉鶏肉をたくさん買い込んでまいりました。
今晩は他の子たちも併せてお肉祭りだ!


IMGP3890.jpg
「お肉大好きっクマ~。」

コメント (4)

くま倒れる② ~逃げられない現実~

2019-04-20 10:10:22 | くま(小だぬき)
さて、朝の散歩中に倒れたくまを大慌てで病院へ運び診ていただいたのですが、
知らされた検査結果は予想もしていなかったものでした。

原因はずばり、心臓にできた悪性腫瘍。(血管肉腫)
しかもかなり大きなもので、画像(動画)で見ると、
この子の小さな心臓の右側、そのほぼ半分ほどを、
黒い塊が、がっちり握りしめているではないですか!

そこで、「それはつまり…」とたずねると、

「数日のうちに急変し最悪の結果になる恐れがあります。
実は検査の間も二度ほど発作が起きて倒れてしまいました。
なお、外科的手術も考えられますが、それはかなりハイリスク、ローリターンであり、
仮に自分のところの子であれば、私は手術はしないと思います。」

とのこと。

そういうわけで、とりあえずできる処置としては、
血栓ができにくくする注射と、酸素吸入などで心臓への負担を減らし安静に過ごすこと。
とのこと。

幸い我が家には以前買った酸素発生機があり酸素室は作れるから、
入院はさせず、注射に日々通い自宅療養したい旨を伝えると、
「その方がくまちゃんもストレスをためなくて済むのでよいと思います。」
とのこと。

そういうわけで、私はまずは単身家に戻り、酸素室の準備をし、
その間奥さんにくまを迎えに行ってもらうことにしました。
そして当然くまの病状を家族に伝えねばならないので…

案の定あの子を大変可愛がっている娘は泣き崩れてしまいましたが、
それでも気丈に一緒にくまのための酸素室の準備を手伝ってくれました。

そしてやがてくまが帰宅したのですが、見た感じはいつもと何ら変わらぬ様子。
そこで奥さんに、「先生はなんと?」とたずねると、

「好きなものを何でも、食べさせてあげてくださいって。」

この言葉の意味は、いやというほどわかっているので、
今まで我慢させて食べさせていた低脂肪、低たんぱくの療養食の代わりに、
大好きなミルクや鳥のささ身、お肉などを大盤振る舞い!

IMG_0526_201904171653416ae.jpg
「パクパクパクパク♪」

IMG_0528_2019041716044486c.jpg
「おいしいっクマね♪」

本当に、いつもと変わらぬ食べっぷり喜びっぷりで、
さっきの話が嘘みたい!

嘘であったらどんなに嬉しいか!



その後むずがるくまを酸素室へ押し込んだものの、
慣れないビニール張りの部屋は居心地がよいはずもなく、

IMG_0523.jpg
「落ち着かないっクマよ~。」


と、なかなか横にならず、こちらの視線を感じては

IMG_0530_20190417163116199.jpg
「もうそろそろ出てもいいクマか?」
と、しっぽを振り振り。

そんな姿がいじらしいものの、
「ここはくまちゃんの個室やで。」
「くまちゃんだけお部屋があっていいね~。」

と、そう言うしかできやしない。

でもやがて、横になり寝てくれたので一安心。
そして、その後おトイレや気分転換のため少しの間酸素室から出してみたのですが、
なんと、その後は自分から酸素室に入ろうとするではないですか!
この子はちゃんとわかってくれているのだな!

そういうわけで、これからしばらくは、くまのお部屋はここ。
そのお部屋のある場所は、食卓の横なので大抵いつも誰かがいる。
だから、くまのさみしさも ましなはず。

でもやはり、大好きなお姉ちゃんの腕の中に居たいだろうから、
携帯用酸素吸入ボンベもドラッグストアで買ってきました。

後は、安静にそして楽しく過ごそうな。


*追記*

くまの病状は、先の心臓のほか脾臓にも転移があるようで、
万が一ここがどうにかなれば大事になるとのこと。
また、余命については先生曰く。

「平均1か月、運がよくて半年。
しかし、中には数日という子もいます。」


そうなのか…

コメント (2)

くま倒れる① ~青天の霹靂(へきれき)~

2019-04-19 10:05:47 | くま(小だぬき)
実はこれは、この間の火曜日の出来事なのです。
やっと心の整理がついたので、報告がてら今日からしばらく書かせてもらいます。

DSCN2335_20190418140836325.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日のお休みの日
私たち夫婦は各々わんこを引き連れ散歩に出ておりました。
私は、ぽち、かりん、チップ、以蔵を、奥さんはくまを。
一緒に歩くとかりんが喜びのあまりハイになりやかましいので、各々別ルートで。
ですがその後いつもの公園に行くと、そこに奥さんとくまの姿が。
でも、見るとくまが座り込んで動こうとしていない。
奥さん曰く、「ここまでもほとんど抱っこで歩きたがらない。」とのこと。
実は先日調教師の先生が連れて出てくださった際も同様だったので、
「すねているか、甘えているん違う?」とそう思い、
こちらのわんこたちと一緒に歩かせると、するする歩き出しました。
ですので、やはり甘えただったかとそう思い、
「じゃ、また別行動ね。」と、私はそのまま公園を出ようとしました。
するとほどなく、

「ちょっと待って!くまが変!」

その呼び声に慌てて駆け戻ると、
奥さんの腕の中でぐったりと動かなくなったくまの姿が!
しかも、舌を出し目は視点が定まらずうつろ。
聞けば、座り込んだかと思ったらいきなり力なく崩れるように倒れてしまったとのこと。

「くま!くまぁ~!」

奥さんの叫び声のように呼び掛けにも、くまは全く無反応。
しばらくして、普通に戻ったものの、、当然散歩は中止で、大急ぎで家に戻り病院へ!

まだ診察時間前でしたが、幸い何とか診ていただくことができ、
検査の間、私は待合室で待っていたのですが、
ふと、「時間がやけにかかるな…」と思ってしまってからは、不安がかなり大きくなりはじめ、
その後名前を呼ばれ病室に入ってから先生の顔つきを見て、
「ああ、これはただ事ではないんだな。」とそう直感しました。

でも、その直感などその後の話に比べれば、まだまだ生ぬるいものだったのです。


続きを書くのが少しつらいので、次回に続きます。


IMGP3822.jpg

コメント

くまケーキ (もしくはたぬき囃子)

2019-02-25 10:11:52 | くま(小だぬき)
_20190219_205503.jpg
ぽんぽこぽん!
今回はお友達をたくさん紹介するっクマよ!


と、たぬきパンの被り物で登場したくまさんのお友達とは…?


_20190219_213240.jpg
「ぼくたち!」


DSCN2448.jpg
「わたしたちっクマね♪」


というわけで、クマさんケーキであったのです。

実はこれ自家製ケーキでして、
チョココーティングのベースはスポンジで、クマはバータークリームでできております♪
そう、つまりこの構造は、私の大好きなたぬきケーキそのもの!

だからまあ、見た目はくまケーキなのですが、
私的にはたぬきケーキ♪
しかもたくさんのたぬきのそろい踏みなんで、
皆でそろって楽しく「ポンポコポン♪」と楽しんでいる風に見えますね♪
いわゆるたぬき囃子
(夜にどこからともなく聞こえてくる、祭囃子の音)

じつは、うちのくまの登録名は「小だぬき」なので、
なおさら、くまをモチーフにしたケーキがたぬきケーキでも違和感がないんですよ。
(=^^=)ゞ

てなわけで、この日は存分にたぬきケーキを満喫できたわけでありますが、
実はこのケーキづくりにあたり、ちょいと多めにバタークリームを作ったようで、
ただいま冷蔵庫にその余りの分が入っており、
「好きに食べていいよ。」とのことなので、私は毎晩少しずつ楽しませていただいております。

あ~、しやわせだね~♪

嬉しくて思わずおなかをたたいて…

DSCN2335.jpg
「ポンポコポンだっクマね♪」

コメント (3)

クマとウマの合わないイヌ

2018-11-23 10:14:23 | くま(小だぬき)
18-10-18-02-23-40-305_deco.jpg
「こんにちは~、くまです♪」

と犬なのに猫をかぶっているくまですが、
どうしても馬が合わないのがミニーちゃん!(なんか動物だらけでややこしい~!)
DSCN0641.jpg
「え?わたし?」

やってきた時期がミニーのほうが後だったからなのか、
それとも、唯一犬種が違うダックスだからなのか、
原因はわかりませんが、とにかくミニーには気を許さない。

だから、そばに寄られれば「ウ~!」とうなり声をあげ威嚇するのはもちろんのこと。
全然関係のない、離れた場所にあの子がいたとしても、
それが機嫌よさそうにしていると面白くないのか、
「あ"~!」とうなりながら突進してゆく。

これは何度叱ってもなおらないうえに、
ミニーはミニーで空気の読めない子だから、
「え?なになに?」とくまの「ウ~!」という警告を全く意に介せず、
近寄っていたり、はしゃいでみたり。

またミニーを寝床や店に連れていく際は、私がいつも抱き上げるので、
最近では、私がミニーに近づくだけでくまのスイッチが入りとびかかろうとする。
でも、私がそれを制止するものだから、クマにしてみると不完全燃焼。
だからかな?
最近は、以蔵をはじめとするほかの子にも「ウ~!」を言い出し始めて困っております。

でもそれほどまでにミニーを許せないのはなぜだろう…?

と、そういう話を娘としていたら、
「まるでピーコみたい。」というではないですか。

そうそう、先代犬のピーコもチップに対してそうであった!

s-image010.jpg
「え?わたし?」
(くわしくは「残念な子参照)

そうそうそう、そうやった♪
と、なつかしくなったので、過去の日記を読み返すと…

あ~!こんなとこもピーコもいっしょ!

同じような感じで写真を撮ってたよ!

130528b.jpg

18-10-18-02-25-09-791_deco.jpg

そうかそうか、くまのあれはピーコ譲りやったんか~♪

じゃあしゃあないか~。


DSCN0641.jpg
「え?そんな…」

いやいや、ほんとなんとかせねばね。


コメント (2)

はろうぃ~ん♪

2018-10-29 10:37:58 | くま(小だぬき)
_20181028_214325a.jpg
「トリックオアトリートだくまヨ!♪」

というわけで、昨日はハロウィンでした。
数年前まではマイナーだったこのイベント(?)も、ここ数年は爆発的人気で、
あちこちでコスプレまがいの仮装姿の人々が大騒ぎ!

_20181028_214310a.jpg
「ん?なんか表が騒がしいくまネ?」


そう、実は数年前からわが商店街でも、この手のイベントを開催しており、
当日仮装姿で店頭に現れた子供たちには、
例の合言葉でお菓子をプレゼントするという企画を行っているのです。
そういうわけで、昨日は朝からたくさんの人出で大賑わい!

というか…

人出が多すぎて商売にならない~!

というのも、子供一人に対して、その両親というセットが一般的なため、
子供の数が増えればれ増えるだけ、人数も増える増える!
だから、ただでさえ通りやすいとはいいがたい商店街のアーケード内は、
もはや、完全な交通渋滞!

というか…

いつか見たことあるぞこの風景…


そう、

ゾンビ映画だ!バイオハザードだ!

いや、ほんと、ただでさえお菓子を求めさまよう子供たちの動きがそうなうえ、
誰もかれもがお化けの仮装をしているから本当にゾンビそのもの!
(実際、リアルなケロイドや血化粧のゾンビの姿も結構いたし)

実際このお店などは、
DSCN0812a.jpg
ちびっこゾンビの襲撃にあっている~!

店の表まで伸びた長い行列は、
店内でお菓子を受け取ると反対側から出てくるのですが、
なんと1時間ちょっとで用意した千人分のお菓子が品切れ~!

で、うちのお店はといいますと…

一応今回のイベント不参加なのです。
だって、仕事にならないうえに、商品が汚されるんで。
お菓子などを飲み食いしながら入ってくる子と親の多いこと!

ですが、実はきっちりお菓子を用意して、
「あの~?ハッピーハロウィン?」
と、きちんと挨拶しながらやってくる行儀のよい子たちには、
どうぞどうぞと、お菓子を好きなだけ持ち帰らせました。

でもね、最後にこういう一言は必ず添えて。

「ここでお菓子をもらえるのは内緒だよ♪」

だって、ちびっこギャング、じゃなかったゾンビに知れ渡ったら、
マジで襲撃受けてしまうから♪

(=^^=)ゞ



**おまけ**


写真撮影中、ポーズを決めるのに疲れ一服中のくまさん。
_20181028_214346a.jpg
「ふ~、モデル稼業も大変くまヨ~。」

コメント (6)

抱っこ好き?

2018-07-16 10:01:12 | くま(小だぬき)
IMG_9246.jpg
「ぼく今だっこしてもろてるねん。」

IMG_9248.jpg
「って、言うか、おなかの中やねん♪」


というわけで、こういう風に抱っこしてもらっていると、
うちの子たちはたいてい大喜びで満足し、ニコニコ顔のご機嫌さんです。

だから、こんな感じで、

IMG_9249.jpg
うとうとうと…

IMG_9252.jpg
うとうと…

IMG_9255_20180706163752005.jpg
「はっ!ちゃんと起きて店番してますから!」

と、気持ちよさげに寝てしまうのも無理はありません。

ですが、中には抱っこが苦手で仕方がない子もいたりします。

それがこの子。
IMG_9242.jpg
じ~~~~。


IMG_9244.jpg
「どうしてみんな、
あんな場所がいいんでしょうね?」


うちに来てもうすぐ1年たつくまですが、来た当初から抱っこが苦手で、
抱き上げただけで手足をピーンと突っぱねつつ体を硬直させ、
ブルブルと小刻みに震えるのです。
当初は慣れていないためだろうと思っていたのですが、
いまだに変わりがないことから、多分この子は抱っこがものすごく苦手。
ですから先ほどのように膝の上にのせてみても、
がちがちに緊張しているのがよくわかるので、かわいそうなくらい。

なぜなんでしょうね?
過去に何か怖い思いをしたのでしょうか?

とはいえ、同じように抱っこが苦手だったポコも、
今では最初の写真のようにおなかの中に収まり超ご機嫌になっているくらいだから、
熊もいつかは慣れて、膝の上でうとうとしてくれるようになれるかもしれない。

そんなことを期待しつつ、
少しでも早くなれるように、今日もちょいと抱きかかえてみたりするわけですが、
やはり、ピ~ン!ブルブル!

これはこれで、ちょいと面白いのですが…

(=^^=)ゞ
コメント (2)

あひるぐち 実践投入

2018-04-08 10:14:52 | くま(小だぬき)
さて、先日くまに装着させたあひる口
ではそれを装着させて実際に散歩に出るとどうなるか?

今回はそのご報告。


CIMG1422.jpg
「じぶん、なんかそれ変やで?」

CIMG1424.jpg
「ガー!ガー!ガー!ガー!」

CIMG1426.jpg
「ガーガ!ガー!ガー!」
「…何言ってるんかわかれへん。」


とまあこのような感じで、すごく気にしてきちんと歩かず、
隙を見ては、くちばしを地面にこすりつけるようにして外そうとします。

CIMG1428_201803291821139be.jpg
「だって、これうっとうしいもん…」

それをなだめすかして歩かせていたのですが、
散歩半ばに差し掛かったころ…

CIMG1438_20180329182115899.jpg
「もう歩かれへん…」

とへたり込んでしまったではないですか!

これには私も大慌てで、すぐにくちばしを外し、水を与えるなど様子を見たのですが、
幸い、舌の色やよだれの感じも正常で、酸欠や熱中症ではない様子。

だから少し休憩させたのち、くちばし無しで歩きました。
ですがしばらく歩くとまた、

CIMG1440.jpg
「もう歩かれへん…」

再びへたり込む。
だから心配になり、その後は抱っこで家まで戻りました。

そんなわけで、どうにかなってしまったのかとその後様子を見ましたが、
以降は何ら変わることなく、いつも通りとても元気。

おそらくは、この子にはあの あひる口がものすごくストレスとなってしまい、
歩けなくなる程になってしまっていたのかと…


というわけで、結局こあひるぐちはくまには向いていなかったようです。

う~ん、思い通りにはいかないか…

そういうわけで、ただいま くまは奥さんの担当となり、
ポコと二匹で散歩に出かけております。
それだと目が行き届くので、まだ制止が効きますから。


*おまけ*

というわけで、今回はわんこにアヒルの口を付けたわけですが、
実は、アヒルの方こそ、その口にわんこのマスクを装着しているという事実をご存知ですか?


なんのこっちゃ?とお思いの方はぜひ下の画像をご覧ください。

0a8444de.jpg
*全てのカモが実は犬のマスクを装着していると、あなたは気づいてしまった!

以前からネットで出回っている画像ですが、
確かに私はこれを見て以来、カモやアヒルの口元がわんこに見えて仕方がないのです。

(=^^=)ゞ


コメント (2)

あひるぐち

2018-03-30 10:17:08 | くま(小だぬき)
IMG_1643.jpg
「ガーガーガー!」

すごく不満げな表情で抗議するくまさんですが、
何もこれ、アヒルのコスプレをさせ楽しんでいるわけではありません。

過去にも書きましたが、この子には「土や砂を食べる」という悪癖があるのです。
無論そうされると困るので、怪しい場所では目を光らせ注意していたのですが、
最近ではそういう場所では、怪しいそぶりを見せず、
何でもない道路脇や、歩いている最中に長い舌を伸ばし舐めようとしたりするのです。

こうなると、始終くまにだけ注意を集中し続けるわけにもいかず、
散歩のたび、地面を舐めることとなるので、そのつど
「こら!くま~!」

すると散歩の度にくまは叱られることとなり悲しいし、
私は怒らねばならないからイライラが募る。

これはどちらも不幸になるぞと思ったので、苦肉の策がこのアヒル口。

つまり散歩中舐めようとしても物理的に無理なはず。

で、こうして試しに装着したのですが、
非常に不快そうだし、器用に外す。

果たして無事散歩に出て、うまく舐め舐め防止することができるのか??



CIMG1428_201803291821139be.jpg
「解せぬ…」

コメント

ちょいワルくま!

2018-03-18 09:55:33 | くま(小だぬき)
IMG_8800_20180317124657efc.jpg
「おはよ~!」

CIMG1348.jpg
「あ!レオくんだ!」
「おはよ~!おはよ~!」


と、この日も朝からお友達に会えて皆ハイテンション。
だからいつものように井戸端会議が始まるのですが…

CIMG1349.jpg
「わんわんわんわん!」

別れ際、いきなり くまが吠え立てる!
なぜ?
さっきまであんなに仲良く鼻先合わせて尻尾を振り合っていたのに?


で、その後もまたもやお友達わんこと遭遇。

CIMG1352.jpg
「だいちくんだ!だいちくんだ!」

この子は元保護犬で、先ほどのレオ君同様とても温厚な子なので、
うちの子たちともとても仲良し。
だから全員で取り囲んで順番に挨拶♪挨拶♪

CIMG1353.jpg
こんにちは♪こんにちは♪

そんなわけで、ここでもしばらく井戸端会議開催で、
みなさん納得するまで尻尾を振り振り♪

ですが、やはり先ほど同様別れ際になると…

CIMG1356.jpg
「わんわんわわ~ん!」

またもや、くまが吠え立てる。

CIMG1347_2018031712481382c.jpg
「うへへ、吠えたったくまょ♪」

CIMG1366_20180317124814615.jpg
「じぶんなぁ、あんなんしたらあかんで。」 ぽち
「でも、やめられないくまよぉ~。」 くま

CIMG1359.jpg
「困ったもんです…」 チップ


というわけで、最近くまは散歩に出て仲のよい子に会うと、
別れ際この様に吠えたてるし、またそうでない子と出会うと、
しょっぱなからやる気満々で吠えようとします。

だからその都度私に叱られているのですが、
なかなかその癖がなおりません。
まあ、知らない子に吠えてしまうのは、わんこにはよくあることですが、
仲のよい子にも吠えてしまうのはなぜなんでしょう??

しかもそれは決まって別れ際なので、
もしかしたら、もっと遊んでいたいのに別れさせられるのが嫌でそういう事をしているのかな?
それであっても、吠えられた方はビックリしてしまうから、
やはりこの癖は直していかないと困ります。

そういうわけで、最近チョイワルになったくまなのでありました。


いつもの散歩道にある桜の木々も、ずいぶんつぼみが膨らみ色づき始めました。
CIMG1358.jpg
早けりゃ次の週末には咲き始めるだろうから、
そうなるといつも以上に散歩に出る人が増えるから、
今まで出会ったことのないわんこにも出会うことも。
できたらその子たちとも仲良くなりたいもんね。


コメント (2)

くまさんの手術

2017-11-02 10:01:22 | くま(小だぬき)
8月末に我が家にやったくまさん、すぐにみんなともなじみ、
今ではすっかり我が家の一員。

ですが、今月初め健康診断も兼ね獣医さんで診てもらうと、
複数の部位で乳腺腫があることが分かりました。

ですので早期に摘出する方が良いし、
また今後のことを考えると、併せて避妊手術もした方が良いだろうということで、
10月半ばに手術をすることとなりました。
(併せて、歯槽膿漏対策で抜歯もおこなうことに。)

幸いくまは健康状態が良かったので、術後も順調で無事抜糸することができ、
また気になっていた腫瘍も検査の結果、良性であることが判明!

おかげさまで、まずは一安心♪
(*^人^*)

IMG_8961.jpg
「しんどかったの~。」



さて、この手術からの1週間ほどは、うちの娘がほぼ付きっ切りで面倒を見ていたのですが、
おかげで、くまはすっかりお姉ちゃんっ子に!
以前は抱っこが苦手で、抱かれると固まって小さく震えるほどだったのに、
今では、何かあるとすぐ娘の元へ寄っていっては、
立ち上がり前足で一生懸命娘の足をひっかいては、
「抱っこして、だっこ~!」

また、今までならばご飯を食べている時は、
わき目も降らず一心不乱で食べていたのに、
今は、娘が席を立ったりしたらば、
「あ!お姉ちゃんどこ行くの?」
と、慌てて後を追うのです!


そういうわけで、
最近すっかり娘の膝の上が定位置になっているくまさんなのでした。
IMG_8966.jpg
「~♪」

コメント (4)

レッツGO!くま~!

2017-10-16 09:56:31 | くま(小だぬき)
IMG_8434.jpg
「行ってきまぁ~す!」

新入りくまさんがやってきて、早くももうひと月過ぎました。
もともと明るい性格の子ですから、あっという間に我が家になじみ、
お散歩も大好きで、毎回はやくはやく!と催促しては、
このように先頭を切って歩き出すのです。

でも集団行動もきっちりできるので、
IMG_8410_2017100511094390c.jpg
「くんくんくん、ただ今調査中です!」

と、この様に、みんなと一緒にあれこれ調査も欠かしません。
まあ、紐が絡まるのはご愛敬♪

このように、上手にお散歩できるのはいいのですが、
ただ一つ困った行動があるのです。

それは…

油断すると土や砂を食べる!

最初はそうと気づかずに、
「おや?
時折なぜか口をくちゃくちゃしているな??」

と散歩中気にしてはいたのですが、
そういう時は当たりに別に食べものが落ちているでも、草が生えているわけでもないので、
ただの癖だとばかり思っていたのです。
それがある日、いつもの様に公園で遊んでいると、
下校中の女子中学生に囲まれ、
「かわいい~!」
「うちはこの子がいい~!」

などと、モテモテ状態に。
そこでみなハイになって尻尾を振ってい上と…
「あ!あの子土食べてる!」

え?!

見れば確かに!
くまが一心不乱に花壇の土を舐めてはモグモグ!

そして帰宅後その話をすると、奥さんが「それでか!」と。
実はこの日の朝のうんちが半分ほど砂だったので非常に驚いたとのこと。
そしてその翌日のうんちもやはり、半分砂で、ボロッと崩れる感じのもの!
ああ、これって、昔のコロちゃん砂うんちの再現やん!

IMG_8423.jpg
てへっ!

そういうわけで以降は気を付けてはいるのですが、
それでも、ふと油断すると地面を舐めようとペロリ舌を出す!
(これがまた、舗装路でも、砂の浮いている場所をよく知っているんです。)

この様な行動の原因はいまだにはっきりしていないことが多く、
ミネラル不足や、ストレスなどいろいろ原因はあるそうですが、
保護される犬、特にこいぬなどの場合は、
土や草、気の皮などがうんちから出てくることが多くあり、
その多くは、ひもじさからそういうものを口にしているケースがほとんどとも聞きます。

くまも、道をうろうろさまよっているところを保健所で保護されたと聞いていますので、
もしかしたらその時の癖で今でも砂や土を口にしたがるのかもしれません。
とはいえ、それは百害あって一利なし!
幸い今はまだ変な病気や虫はないようですが、今後も大丈夫なはずはないので、
まだまだしばらくはお散歩中は目が離すことができないので、
ただいまこの子のリードだけ、いつでも制動できるよう片手でしっかり握って歩いておるのです。

とはいえ、元気な子のことの散歩は楽しい!
一緒に歩くこちらも元気が出てきます。

だから今日も、
IMG_8433b.jpg
「レッツゴ~!」
コメント (2)