もふもふランド♪

たくさんのわんこと もふもふしてます。
    by ぷーどる♂ & ぷーどる♀

エビアボカド

2024-02-26 08:46:08 | お料理
ある日家に戻ると、奥さんがエビを湯がいたまま困っていた。

「とりあえず茹でてしもたけどこれどうしよう?」

なるほど、ではこうしよう。

というわけで…

P1000921.jpg


【材料】
エビ、アボカド、(あればトマトなど)
【調味料】
マヨネーズ、ワサビ、酢、砂糖、塩コショウ、酒

①えびは背ワタを取り茹でたあと半分にカットし、軽く塩コショウして揉もみ込んだのち酒を振りかけおいておく。
②アボカドは柔らかければざく切り、まだ固ければ小さなさいの目にカットし軽く塩コショウ。
➂お茶碗にマヨネーズ2~3絞り、ワサビ5cm、酢小さじ1、砂糖少々を入れよく合わせておく。
(ワサビは意外に辛くならないから多めくらいの方が風味が増して美味しいです。)
④エビを➂のお茶碗いひとつづつくぐらせて②のアボカドの上に置いていく。
⑤④を全体にざっくり混ぜ合わせて出来上がり。

たくさん入れたつもりのワサビが、思いのほか主張せず、良い風味だけ漂わすのがいい感じ♪
おかずというより酒のあてだけど結構おいしいよ!

なお、ワサビの代わりにからしを入れてもおいしいけれど、
その時は酢の代わりに酒を使い、仕上げに黒コショウをたっぷり振りかけるとなおよし!

めちゃくちゃ手軽で簡単なのでぜひ試してみてね!



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

チップのこと

2024-02-25 08:40:52 | チップ
あの日からもう二十日。
気持もかなり落ち着いてきましたので、一度チップさんの思い出話をさせていただきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日お別れをしたチップさん。
来た時からお別れの時まで本当に明るく、愉快で、そして何よりかわいらしい子でした。
そんなチップさんおお話を少しだけさせていただきます。


この子が来たのは14年前の桜の季節。
その前年に保健所から引きだし家族になったランちゃんとお花見できずにお別れをしたころ。
保健所に数頭のトイプーが収容されていると知りました。
いずれもブリーダーから遺棄された子たち。
中でも高齢で皮膚病の子だけが引き取り手がなく殺処分を待つ状態であったとか。
だからせめて最後くらいは快適に安心して過ごさせてあげたいという思いでその子を引き取ることに。
「桜の季節」参上)

そしてやってきた子は元気一杯のお茶目な女の子!



どうも、皮膚病で見た目が悪かったので老犬とみなされていたようですが、
どう見ても3~4歳ほどの若さいっぱいの女の子。

ただ、以前いた場所で声帯を除去されていたらしく、声がまともに出せず吠え声も、
「ひゃんひゃん!ひゃん!」
だから私たちは「ひゃんひゃんチップ」と呼んでいました。

その後無事皮膚病も治り、全身にはきれいな被毛が生え始めると…

31d6efb1193468cc10b0e8fd48cc6acd.jpg
「エヘヘ♪」

何とも可愛いベッピンさんに!
これには私たちもびっくり!
だからその後すぐ、トリミングスクールのカットモデルとして出動するようになり、
嬉しいことに、そこのPR動画にも登場することとなりました。

モデルs



トリマー養成学校、トリマー専門学校を探している人やトリマーになりたい人に見て欲しい大阪京橋にあるユニバースグルーミングスクール古めCM

こちらの動画の0:40(シャンプー中)と1:31(ブラッシング中)あたりです


そうそう、テレビにも出演しましたよ!

eaf851911741fad75aca326a69f2045e.jpg
「テレビに出ま~す」参照)

また私生活の方も絶好調で、毎日よく遊び、よく走り、そしてよく食べての健康体。
特に食事については、特にキャベツが大好きで、私が包丁を手にするとすぐそばに来てスタンバイ。
出、大きな葉っぱを与えると、嬉しそうに咥えて走り出したはいいものの、
顔にかぶさって前が見えなくなる、なんてこともしょっちゅうでした。

CA395708.jpg



とにかく明るく元気な子でありましたから、時間があれば私とともに自転車でビュ~ン!


「バビュ~ン!」

この姿がとてもかっこよく美しく。
特に夕日に向かって走る姿などは、一枚の絵画のように素敵でした。

IMG_0888.jpg


こうして毎日楽しく暮らす日々。
そんな中、運よくチップの元家族の情報が!
つまり同じ保健所で隣同士で収監されていた子出、同じブリーダーかの出自。
そこでさっそく連絡を取り、その後晴れて久々の再会も果たせました。

CIMG9107.jpg
「ぷる・ぽーがまちにやってきた!♪」参照)

またこの子は家族の中でも娘に一番よくなつくお姉ちゃんっ子で、
娘が旅行に出る際には、スーツケースに入り込み一緒に行く気満々になっていたりもしました。

CA391644.jpg
「つれてって~♪」「箱入り娘」参照)

このチップの思いは晩年見事叶い、だれよりも一番大喜びで旅を満喫できたのでした。


こうして「わはは!」と毎日過ごすうち、やがて気づくとチップちゃんはおばあさんわんこのチップさんへ。
だけどもその明るさとかわいらしさは相変わらず。
そのうえ、新人お若い子たちを家族に迎えたおかげで気持ちも若返り…

IMG_2777_202010071449297ab.jpg
「わはははは!」

13歳以上の歳の差も関係なく毎日元気に楽しくお散歩に出ておりました。
特に帰り道では、だれよりも早く走り、常に先頭をキープしたりもしてました。

RIMG7629_202305111142488b0.jpg
「帰り道は駆け足です」参照)


こういう感じなので、我が家の度のわんこからも慕われたチップさん。
昨年秋には大好きなお姉ちゃんと、そして仲良しわんこたちと旅行にう出ることに。
ですが、その直前乳腺の腫瘍が発見!
ですが、、腎臓の状態がかなり悪いことから手術を断念。
結果、予定通り無事旅行に出れることとなり…

ZTK_2319.jpg
思いっきり駆け回っては、飛び跳ね!

ZTK_2548b.jpg
仲良しトリオで日向ぼっこ♪

TKB_5356b.jpg
そして、かわいくおしゃれな記念撮影

TKB_5327b.jpg
だからとってもいい笑顔!

RIMG1482_20240211124413443.jpg
そして一人波打ち際を散策…


こういう感じでほかのだれよりも一番旅を満喫。
2泊3日の旅行の間は始終笑顔を絶やしませんでした。

そして、その後も近所のドッグカフェや、ドッグランでほかのお友達と楽しく遊ぶ。

P1000171.jpg

実はもうこの時、秋に見つかった腫瘍はピンポン玉大にまで大きくなってしまっていたのですが、
辛そうなそぶりも見せず、心から楽しそうにはしゃいでくれておりました。
「今年はチップと一杯楽しく!」参照)


そしてこのすぐあと、急激に体調を崩し2週間の頑張りののちお空へ。
推定享年17~8歳。

こうしてふり返ってみても、最初から最後まで、明るく、楽しく、優しく、そして本当にかわいらしい。
そんな子でした。


だから今でもあの子の笑顔が目に浮かびます。

こんな素敵な子に出会えて、そしてともに暮らせて、
凝んない幸せなことはなかったですね。


だから心からこういいたいのです。

チップちゃん、本当に本当にありがとうね。

image_6487327b.jpg




*チップの色々な画像をスライドショーで動画にしてみました。
明るく楽しく、かわいいあの子の姿をぜひご覧になってやってください。


チップのこと

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

なんちゃって♪そんな見かけに騙されて! ~フキ FUKI FK310 &SELUS camping rechaud~

2024-02-24 08:45:40 | ぷ♂の日記
RIMG2131.jpg
「向かい風で全然進まんぞ~!」

この冬一番の冷え込み&強風の中、凝りもしないでまたバイク。

え?
バイクではなく自転車だろうって?

いえいえ、ちゃんと全体像をご覧になってからそう言ってみてくださいよ!

P1000574.jpg
え?やっぱり自転車じゃないかって?

いえいえ、こいつはこう見えてれっきとしたバイクでありまして、その正式名称はFUKI FK310
小柄で場所を取らないこともあり、普段はガレージの一番奥にしまっております。
ですが、一番奥というのは一番取り出しにくい場所。
おまけに、、何かにつけ色々物を置いてしまうこともあり気が付けばほぼ出番がないまま過ごすことも…

実際、最後に乗っていたのはこのキャブレターのエアクリーナーをいじっていた時だから、すでに1年と8か月前…
ですので、これではいかん!
と、引っ張り出したわけ。

正直この日の寒さはかなりなもので、普通のバイクなら引っ張り出して乗るのも躊躇するほどでした。
ですが、これ半分自転車みたいなもんでしょう?
だからそう気負わずに乗り出すことができたんですよ。

これもまあ、よく言えば見た目に騙されたって感じでしょうか?
いわば、なんちゃって自転車♪

さて、そんなこいつに積んできたのも似たような一台。

P1000595.jpg
SELUS CAMPING RECAUD

戦後生まれのフランス生まれな小粋なストーブ。
これのどこがFUKIに似ているのかといいますと…

なんかほら、この見た目って物凄くアレに似ているでしょう?

IMG_9065.jpg
そう、米軍用M-1942に!(左SELUSで右1942)

そう、こいつは当時最先端であった1942のコピー品。
ですが外観だけコピーしたなんちゃって1942!

ですので、便利なニードル機構も優れたポンプ構造も、また一体式で便利なゴトクも、
何より堅牢で頼れるステンレスボディも持ち合わせておりません。
まあ、見た目こそ(当時の)最先端でありましたが、その正体は旧態依然のガソリンストーブ。

ですから、当時1942を期待して購入した人々は、
「しまった!見た目に騙された!」
とそう感じたかもしれませんね。

ですが、時を経て、今に至るとその受け取り方が180度変わってしまう。

よくぞまあここまで似せて作ったもんだ…
よく見ると、プレス技術はかなりのもので本物に引けと取らないんではないかいな?
そして何より、このチープさがなんともいい味出してるな~♪


と、好きものにとっては良い遊び相手。

P1000577.jpg
ウホっ!これはいい湯気♪

しかも単純な造りながらも火力はそこそこで、
実は本家の1942よりもパワフルであったりもします。

P1000575.jpg
だから寒い日でも心強い!

そんなわけで、この日はなんちゃってコンビで大いに楽しんだのでありました。

だけども冷たい風は相変わらずで…

P1000581.jpg
あ~、飲んでる尻から風で冷めてゆく~!

でもこの感覚は嫌いではない!

むしろ真冬の雪山を思い出すようで楽しくて好きかも?

そうそう、暴徒の強い向かい風ですが、これは当然帰りうは追い風♪

だから速い速い!
歴代二位の最高速を記録しましたよ♪


**動画**

なんちゃって♪そんな見かけに騙されて! ~フキ FUKI FK310 &SELUS camping rechaud~
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

実用から趣味へのコペルニクス的転回 (カブとブス) ~ホンダC105&PHOEBUS(ホエーブス) №625~

2024-02-23 08:44:22 | ぷ♂の日記
今回は、いつものも増して熱く語っておりますからやたら字数が多いですよ。
「なにを!そんなのには負けないぞ!」
そういう方々のみどうぞ~♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世の中には様々な製品が商品として流通されております。
そういうものの中でデザインや趣味性そういう嗜好性に特化して開発されたものは、
時代が変われども、世に長く残り愛され続けたりするものがあります。

ですが経済性や利便性を追及されて開発された製品の多くは、
その後出てきたより安価でより便利なものに取って代わられやがては消えゆく…

なのに、そういうジャンルの製品でありながらのちにその中に趣味性を見出され、
その後も長く、そして広く愛され続けるというまれな例がたまに出てきます。
その代表的なものが、今回ご紹介する、カブとブス。

P1000524.jpg


どちらもホンダ・スーパーカブPHOEBUS(ホエーブス) №625という正式名称がありますが、
バイク乗りなら、またキャンパーならば、
「ああ、カブね?」 「ああ、ブスね?」
と、即座に理解し反応されるほどに認知度は抜群。

それというのも、特に日本においてはそれぞれの分野の基礎をなしたともいえるほどに、
広く出回り、愛用され続けたベーシックな製品でありましたから。
つまり、「安い!扱い良い!頑丈!」
この三拍子が市場=ユーザーに幅広く受け入れられたのです。

ですので、本来は利用するだけの道具であったはず。
ではなぜ、その後の製品に取って代わられることがなかったのか?
それはひとえにその基本性能の高さ!

後に出現してくる新製品に対しても、性能的の大きく差を開けられないほどの性能のを有し、
かつ、なかなか壊れず、また壊れても容易に修理できる。
これらのことから、多くのユーザーがわざわざ新製品に買い替えなかったと考えられます。

RIMG2050.jpg
道を選ばぬ安定した力強い走り

P1000512.jpg
風や寒さにも左右されない安定した強火力

ですがこれが無機質な道具、つまり単なるツールであったとしたらやはりこう長くも愛され続けていない。
そこにはカブにもブスにも共通するユーザーとの近しい距離感があるような気がします。

仕事や通勤の足として毎日乗るバイク、キャンプの調理の際日々使用するストーブ。
これらにはほかの道具たちよりもはるかに濃く、個人的な親近感がわいてくるものです。
そしてやがてその感情は、シンパシー(sympathy)とまで変化し、
道具でしかない、あれらに感情移入し、共感、感謝、支持といった感情を覚えるようになってゆくのです。

また、これにはその見た目、デザインも大きく関係しております。
カブにしろブスにしろ一目でそれとわかるユニークなデザイン。
それらは唯一無二でありながら、基本は性能を突き詰めたその結果。
ですが、無機質な合理性に基づく機能美とはまた違う造形の魅力。
丸みを帯びたフォルムは緊張感を排し親近感を。
そのイメージは愛くるしささえ感じるデザインで、つい擬人化してしまうほど。

こうなるとユーザーはもうそうそうと手放せません。
だって、ある意味ペットの域にまで接近してしまっているから。
そうなるとユーザーはカブやブスのことを「相棒」と呼び始めます。
(余談ですが、最近家庭用ロボット掃除機のことを、
「うちの子」と呼ぶ人々が増えたのも、背景には同じような理由があると思います。)

ですので私はこういうものこそがいうなれば正しいインダストリアルデザインなのではないかと思っております。

そしてここまでくるともう趣味の製品へと見方が変わっていくのも時間の問題。
多くのユーザーから支持され続けるとそれは当然愛情へと転化し、
その時その愛情は他者から見ればまさに「嗜好性」
これが全ユーザーの多数派を占めると、そこで、「実用」から「趣味」へと転換が一気に起こる。

これぞまさに価値観のコペルニクス的転回

しかも、元々広く世に出回っていた製品ゆえこの見方は世間一般にもたやすく固定されてしまう。
それは、天動説から地動説に転換したのちにはそれが不動のものとなったのと同様で、
一度趣味のものと認知してしまったのちはもうそれはずっと変わらない。

そういうわけで、このカブとブスは今回も存分に趣味心を満たしてくれるのでありました。

P1000519.jpg


そんなわけで、同行の志の方々、

「え?カブ(ブス)が好きって??」

今後こう言う問いかけには胸を張ってこう答えましょう。

「カブ(ブス)やからええんやないの!?」


P1000526.jpg


**動画**

実用から趣味へのコペルニクス的転回 (カブとブス) ~ホンダC105&PHOEBUS(ホエーブス) №625~
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

こういう器も酒のあて♪

2024-02-22 08:59:38 | ぷ♂の日記
私は結構不器用。
というか、注意力30,000!
いや散漫。

だからここ一番でいつも失敗してひっくり返したり、ぶちまけたり。

RIMG2025_20240110125927e51.jpg
ハァ…

特にガレージで一人飲んでいる時など、つまみをつまみ損ねてそのまま床に落としちゃうことがしばしば。
ですので、最近はこのようにして食していたりするのです。

P1000534.jpg
ヤア!コレハベンリダゾ!

で、おつまみ入れのこの容器、実は米軍用のメスキット。
(詳しくはこちらを)

本来は、屋外用の食器セットなのですが、どうにもこうにも
これ大きすぎる!

そう、大柄で大食漢の米国軍人仕様なので、小柄で小食の私には大きすぎて使いづらい。
ですので、ほとんど使うことなくずっと棚の肥やし状態であったのです。
ですが、先ほどのような理由から、
「え~っと、何か良さげな器はないかいな…」
と、探していた時にちょうど思い出して発掘!

で、実際に使ってみるとかなり使い勝手が良い!

そんなわけで、ただ今ガレージの常時装備として配属。

実際これは便利なだけではなく、手にしているだけでも結構楽しく、

P1000535.jpg
ほ~、これは1952年製。ずいぶん先輩であることよ…

と、手にしてはそのつど見入ることもしばしば。
(年号などすぐ忘れるので、毎回こうして見ては同じように思いにふける。)

だから、チビチビと呑む日本酒にはちょうど良く、
時には肝心の摘まむ当てよりもメインで見入っていたりもする。

いわば、この容器自体がもう酒のあて!

まあ、実際ガレージで一人のでいるときは、
口に入れるものよりも、バイク、おもちゃ、ポスターなど、目に映るあれこれこそが楽しくて、
それらを眺めつつ飲んでいるのだから、これもまた当然といえばそうなのかも。

そんなわけでこの日もご満悦♪

IMG_0245.jpg
お!これは驚きの1945年製!

先ほど同様同じ年号を何度見ても繰り返し驚きよろこび、そして楽しむ。

酔っ払いにちょぷどよい当てなのであります。


ちなみに、これのフタはこういう感じでフライパンになるので、

P1000537.jpg
次回は、こいつで何か焼いて食べようかな…
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

生春巻き

2024-02-18 09:15:23 | お料理
私は牛肉や合い挽きを甘辛く味付け、それをトマトなどともに葉っぱに包んで食べるのが大好きなのです。
でも、食べるときには、その都度包むjのが面倒なので、
じゃあ、いっそ最初に全部包んでしまったらどうだろう…?

そういう思いから今回このようなものを作りました。

P1000848.jpg
生春巻きぃ~♪

案の定食べやすく美味しく、家族にも好評!
たくさん作りましたが、あっという間になくなりました。

というわけで、作り方…

【作り方など】
・材料 生春巻きの皮、牛肉切り落とし、葉っぱ物(チシャやサニーレタスなど)、トマト、あと好みでいろいろ。
・調味料 牛肉用(醤油、みりん、砂糖)、マヨネーズ
・あれば便利 ざる

①熱したフライパンで牛肉を一枚ずつ両面に焼き色が付くまで焼き皿へ取り置く。
この時適度に脂があるとそのままでいいけど、赤身ばかりだと牛脂で脂を足す方が美味しい。
②油の残るフライパンに醤油1、みりん2、砂糖1を加えさっと煮立たせたのち、①のお肉を投入。
中火で炒りつけるように全体に良く絡ませ煮詰め冷ましておく。
➂葉っぱ物は水洗いの後ペーパータオルで水分をふき取り春巻きの皮で包みよいサイズにカット。
トマトは櫛型の一口大にカット。
④➂で使ったペーパータオルをまな板の上に置き、その上に、水をくぐらせた春巻きの皮を乗せる。
すると1分も経たず柔らかくなるから、葉っぱ、お肉、トマトを乗っけ、マヨネーズを絞ってからくるくる巻く。
*なお、この時、併せてざるの上に水通しした皮を置いておきそれを次に使うと、手早くできて時短です。

P1000842.jpg

戻した皮はくっつきやすく、一度くっつくと後が面倒。
なのでずぼらせず、一枚一枚戻してから一個ずつ巻いて作りましょう。
急がば回れ~!

そして無言で、シコシコがんばれば出来上がり!

ハサミで半分以下っとすると食べやすいですが、長いのをそのままかじるのも最高!

P1000846.jpg
ハイボールによく合います!


というわけで、大変美味しく家族にも好評ではあったのですが…

あれ?
当初の目的であった、めんどくささは解消されたのだろうか??
なんだか一層大事になり手間が増えた気もしないではないぞ…?

いや、でもやはり、食べるときに限定すりゃ、めんどくささがなくなって非常にラクチン。
そしてまた、ちまちま作ったのち一気に平らげるこのカタルシス!
これは快感♪

何より、春巻きの皮は美味しいから、これはこれで正解!

というわけで、見なさもぜひこの快感を味わってみてください。


(*^人^*)
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ずっと手元に置きたい一台 ~ゴリラ&M-1950~US military stove M-1950

2024-02-17 08:50:31 | ぷ♂の日記
P1000487.jpg
この日も絶好調!

わがバイクの中で、ほぼほぼ不調しらずなのがこのバイク。
ホンダゴリラ、通称ドリラ

もう20年時用も前に、道で拾ったフレームを警察に届け出て拾得。
以降あれこれと部品を集め組み立てた一台。
ですから基本私の素人仕事の寄せ集め。
だから、耐用強度やメンテナンス性など特に考えず、
「あ~、これここにつけたら安上がりでカッコええな~♪」
そういう流れでできた一台。

だから見た目のカッコよさ(当社比)はさておいても、
正直、20年以上も経た今でさえ、こうして相変わらず元気で絶好調なのが不思議なほど!

よほど私のパーツのチョイスと組み立て精度が良かったのか?

(=^^=)ゞ

で、このストーブも似た感じのヤツ。

P1000476.jpg
米軍用M-1950

言わずと知れた軍用ストーブ界の大傑作。(詳細はこちらを)

ただこの個体は入手当初から使用でる状態ではありませんでした。
具体的にはバルブからの圧漏れとタンクのクラック。
それらはまずこのようにロウ付けなど対処してしばらく使用。
ですが後に再度クラックが開き漏れ火が!
で、最終的にはエポキシ処置を施し、ついでに粉砕したハンドルも自作しました。
(なおよくあるトラブルの対応「GIのよくある修理風景」などもついでにご覧くださいね。)

ですがその後はおかげさまで絶好調!

いつでもどこでも、ほぼ安定して力を発揮し続けてくれております。

P1000460.jpg
だからもちろんこの日もね♪

だからこうなると、妙に愛着がわいてしまいます。
正直手持ちのほかのきれいで状態鵜の良いものや、箱入り未開封のものよりも正直大切。
いつかそれらの美品たちは放出し新たなオーナーさんの手にゆだねるつもりですが、
この一台だけは、使えなくなった後も手元にずっと置いておきたいな。

これはこのバイクも同様で。
この先いつかバイクや車に乗れなくなる日が来たとしても、
このドリラだけは手元に置いておきたいな…

P1000492.jpg
小さくて場所も取らないしね


そんなことをぼんやり考えつつ、最高の日向ぼっこでありました。

P1000465.jpg



**動画**
ずっと手元に置きたい一台 ~ゴリラ&M-1950~US military stove M-1950

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

きらきら輝く♪ ~ホンダドリーム50&独軍用JUWEL33~german military stove JUWEL33

2024-02-16 08:48:29 | ぷ♂の日記
この日は真冬の快晴!

RIMG1923.jpg
放射冷却が厳しいけれど気持がいいぞ~!

そう、気持ち良く走るならやはり晴れ!
前回雨の中や曇り空の下走り回って、もやもやがたまっていたこのドリーム。
ですがこの日は気持ちのいいお日様の下快走。
エンジンも冷えて濃くなった空気をぎゅっと吸い込み勢いよく爆発する!

これが楽しくないはずないじゃない?

だから、走りながらも朝日を受けてきらきら輝く愛車に見ほれ、
むろん止めてもその美しさに茶目粋すらついてしまう!

P1000413.jpg
最高の輝きやぁ~!
(バイクの詳細はこちら

それはそう、まるで走る宝石とでもいうべきか…

そうそう、ちなみにこの宝石。
ただ今の時価は最低でも…

P1000418.jpg
100円玉3枚分♪

てなわけで、この宝石に積んできたのもまた宝石ストーブ。

とはいえ、そいつはキラキラキラとは輝かない。

P1000402.jpg
なのにその名はJUWEL33
(ストーブの詳細はこちら


第二次大戦時のドイツにおいて、各分隊に配備されたこのストーブ。
狭く暗く、そして寒い戦地では本当に宝石のように輝いたことでしょうね。

P1000372.jpg
小ぶりなのに存在感が大きいのも、また宝石の様だ…

そんなことを思いながら、この日は朝日を浴びつつこいつに火を入れる。

P1000385.jpg
ぶばばばばばば…

経年劣化で少し広がったニップルは、放射状に大きな炎が噴き出す。
それはまるでプロペラの音の様にリズミカルで心地よい。

本来は、新しいニップルと交換しきれいな青火にすべきだろうが、
この音、この迫力がすごく好きなので、
「こいつは、このままでいいや。」
そう思いずっとこのまま使用し続けている。

これは毎回使うたびに、何度も何度も同じように感じているから、
おそらくこの先も、ずっとこのまま使うんだろうな。

そうして炎を楽しんでいると…

P1000384.jpg
もう沸いたか?

こぼさぬようにふたを開けるともうすっかり沸騰していて

P1000389.jpg
あぶくまでが朝日を受けてキラキラと輝いている♪


ああ、ここまで見事に輝きものたちに囲まれたならば、もうこれ以上は不要でしょう?

と、そう思っているにもかかわらず…

P1000392.jpg
コーヒーよ!お前までもがキラキラ輝くのか?!

そして最高の気分でコーヒーを味わ嗜好思う。

ああ、このひと時こそがキラキラ輝く宝石そのもの♪






**追記**

実は↓の動画中のこの部分に、先日旅立ったチップの元気な姿が写っておりま。
思えば、これが元気に楽しくお散歩に出れた最後の姿。
今何度見返しても本当に、最高に、
これ以上ないほどキラキラ輝く宝石のような時間です。





**動画**

きらきら輝く♪ ~ホンダドリーム50&独軍用JUWEL33~german military stove JUWEL33
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ぽちのこと ~カットモデル&リーダー犬時代~

2024-02-15 08:57:25 | ぽちぃ
こんにちは。
今回も前回同様ポチの思い出を語らせていただきます。
大騒ぎの末生れ出て、可愛い身に白熊の様だったチビ兄妹。
その後はすくすくと、みるみる美しく一層かわいらしく成長してくれました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

CIMG1203c.jpg
「えっへん!今回も入賞したよ♪」


この頃妹犬のかりんちゃんは、ドッグショーに出場しては入賞を繰り返す無敵状態。

一方この頃、兄犬ぽち君は…

74_2024010715185624b.jpg
「ふっさふさやでぇ~!」

自慢の毛量たっぷりの被毛を一生懸命伸ばしておりました。
と言いますのも、
「耳の位置が少し高いのでショーにはでれないな~。」
と先生の判断でショーへの出場機会はなかったものの、
手足のバランスや全体のプロポーションの良さ、
それとこの豊かな毛量を見込まれて、カットモデルとして活躍することに。
(時には私よりも良い日給をもらって帰ることも!)

それもプロのトリマーさんたちの全国大会向けのモデルであったため、
伝統的なカットのかりんと比べ、ユニークで新しいカットをいろいろ。

おかげで、普通ならできないような豪華なカットや、素敵なカット!
そういう様々な姿に変身するポチにで大いに楽しませてもらえたのです。

その中でも私が一番好きだったのがこのカット!

DSCN6553.jpg
「どう?良く似合うでしょ?」

いわゆるパジャマ・ダッチ・プリップなのですが、実は後ろ姿もとてもいい!

CIMG4035.jpg
「背中に輝く十文字!」

これがもう本当にかわいらしく、後ろ姿をいつまでも眺めていたのをよく覚えております。

CIMG4337.jpg


ですが、この姿に整えるためには、常日頃からのケアが大切。
毎日のブラッシングで毛がくるくるよれないように整えて、
汚れが付かぬようしっかりシャンプー。

とはいうものの、かりんとぽち、そして母犬ぷー全員のケアともなればそれだけでもう一日仕事!
おかげで奥さんは、腱鞘炎になってしまうほどでもありました。

79a.jpg
「おかげでふわふわ~♪」


この手入したてのポチの体に顔をうずめ、
「ぷはぁ~!」
とするのが最高に楽しく幸せでした。

でもそれをしたら「毛が痛む~!」と、奥さんい良く叱られていたんですよ。

そんなぽち君でしたが、お風呂上りは全くの別人!

79b.jpg
「あ~、いいお湯でした♪」


え?!あんた誰?


HI330024.jpg
「やだな~、ぼくですよ!」


ああ、ごめんごめん!





さて、そんなぽち君でしたがすでにこの子たちが生まれたころには先住犬の先輩たちがいたのです。

03602004.jpg
大きく手とても力持ちだけどぷーさんには頭ががらない優しい長男ジョイ君。


7f5c30a16c64068bdc33b223676de3b1j.jpg
ぽちが大好きなかわいいななちゃん

当時我が家のリーダー犬はぽちたちの母犬ぷーでしたが、かりぽち出産後はリーダーを辞任。
だからか、ポチは先輩たちがいるにもかかわらずリーダーの自覚を持ち出し。
「僕がしっかりせねば!」
と、やる気満々!

そのうえ、実はこの頃には我が家では次々と保護犬の受け入れが続いていたのです。
具体的には次のような子たち。

109b.jpg
可愛い可愛いおばあちゃんわんこのらんちゃん


CA399546.jpg
笑顔が素敵な優しく紳士なだいちゃん


6f7bfb01050baac393c8c06251195d68j.jpg
風の様に駆け抜けていったジャック


f3471c4d7540f4e2f0e6f1c9152778e7j.jpg
ぽち君のことが大好きな押しかけ女房の初代ピーコ


CA398015.jpg
とても小さいのにとても強くてかわいい無敵のモコ

そういうわけで、10頭となった大家族の我が家のわんこたち。
その群れを引っ張るために孤軍奮闘の毎日!

s-CIMG4158_2024011309451327a.jpg
「ぼくが頑張らないと…」

だけども、ほかの面々はポチの言うことなどお構いなく、いたって自由奔放!
だからぽちは日々疲れ果て、

811eb39eae9dd34ecc4a18a5d354e4faj.jpg
「なんで、みんなぼくの言うこときいてくれへんのん?」
と、まるで中間管理職!

そんなこの子がいじらしくもり、またとてもかわいい日々であったのですよ♪


さてそういうわけで、次回はそんなぽち君の息抜きのためこの子だけを特別扱い。
私との楽しいお出かけ、「メッサーぽち」のお話の予定です。

CIMG3066_202401130951158c0.jpg
「楽しみに待っててや!」


**動画**

ぽちのこと ~カットモデル&リーダー犬時代~






コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ぽかぽか陽気

2024-02-14 10:11:35 | ぷ♂の日記
昨日は前日の冷たさ寒さが嘘の様に温かく、まるで春が来たかのような温かさでしたね。
幸い私は休日でありましたので…

P1000866.jpg
久々のメッサー

そして当然…

RIMG2422.jpg
「わっせ!わっせ!」

P1000888.jpg
「わははは!」

と、暖かい日差しを満喫。

そしてその後は確定申告や仕入れなどお仕事の方もきっちりと。


温かくなると体も軽くなり良く動くから気分もいいね。
まずこの後も寒い日が来るでしょうが、いうても春はもうほとんど目の前。

色々と寂しいことの続いた冬にも、もうすぐさよならや♪


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

みかんの話 (おじいちゃんと私)

2024-02-12 08:55:40 | ぷ♂の日記
先日いつものように義父の朝の用意のため家に行き、そして朝食の準備をしました。

「今日はシリアルとバナナナな。」
「はい、ごちそうですね。」
「後パンもあるけど?」
「これで十分お腹いっぱいです。」

そしてすぐに完食。
ですので、
「どう?あんパンも食べる?」
「はい、いただきます。」

そしてそれも完食したのを見届けいったん帰宅。

1時間後デイサービスのお迎えが来てくれるので再度義父宅へ。
タイミングよく同級生でもあるヘルパーさんがやってきたところだったのでそのまま送り出す。


その後なんやかんやで夕方義父の帰宅に合わせ再度お家へ。
そして各種お薬と食事。
最後にベッドに入って寝たのを確認してから帰宅。

この日は体育の時間の日だったので手早く食事をとってジムへ。
すると件のヘルパーさんである同級生がすでにそこに。
だから当然話題がじいちゃんのことに…

「なあなあ、今朝はちゃんとご飯食べてこんかったん?」
「え?なんで?」
「車に乗るなりな、
『今朝はミカン一個しか食べてないからお腹がすきました』
って言うててん。」
「んな、あほな!」

と、ここで今朝の食事内容を話す私。

「そうやんな~。おかしいと思てん。」


で、翌朝またじいちゃんお家に行きあれこれ準備をし、お迎えを待っていた時…

「ああ、そうそう昨日はみかん一個しか食べていかんかったん?」
「はい、そうでした。」
「いや、昨日も今日と同じメニューやったで?」
「え?そうですか?」
「第一、今家にみかんなんかないやん?」
「あれ?おかしいな~?」

こういうやり取りをしているとちょうど車が。

「じゃあ、行こうか。」
「はい。」
「そうそうおじいちゃん?」
「なんですか?」
「今朝はみかん食べた?」
「ん~、食べてませ~ん。わははは!」

てな感じで送り出したんですが、その後ふとこう思った。

もしかしてら今日は…

「朝からみかんも食べてないんでお腹がすきました。」

なんて言うてるんちゃうやろか?


今度ジムであの子に聞いてみよう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

チップとさようなら

2024-02-11 08:51:38 | チップ
先日チップさんと最後のお別れをしてきました。

行道はまだ大きくずっしりと重たかったのに、帰りは驚くほどに軽くコンパクト。

でも、大好きなお姉ちゃんに抱かれてとてもとても嬉しそう。

P1000833.jpg
小刻みに激しく振れるシッポが見えます


我が家に来るまでの数年間に渡る繁殖場での生活。
それと、最後の頑張った2週間。
この期間こそこそ辛い思いをしましたが、その他、私たちと過ごした14年間。
この間は、毎日ニコニコ顔で、とても楽しく愉快に暮らしてくれておりました。

ですので、この子は本当にラッキーで幸せな一生であったと思います。
そしてまた…
そういうこの子を見つつ共に暮らせた私たちも、負けないくらいに毎日ニコニコ幸せな日々。
だからこそ、今は心の底から良かったなと思うことができると同時に、
「本当に今までありがとうな…」
と。

当たり前ですが、別れは絶対辛く、悲し、く寂しいもの。
心に大きな穴がぽっかり空くもの。

でもそれは、今まで受けた幸せや喜びなどの裏返し。
だからいうなれば私達だけの特権。

そういうわけで、それらすべてひっくるめて正面から受け止めて、
時には思い出に浸り幸せになり、
時には思い出に引き荒れてめそめそし、
そうして、徐々に徐々に心の穴を埋めていくもの。

でも安心なことに、もらった喜びと幸せはとてつもなく大きいので、
空いてしまった大きな穴を埋めきってもまだ余るはず。

そう、毎回考えて過ごしております。
(この考え方は「喪う辛さ」により詳しく述べておりますますので、よろしければご一読を。)


そういうわけで、全てを終えた翌朝。
いつもと変わることなく元気なちびっ子たちを連れて散歩に出ました。

RIMG2191.jpg

その道は、もう30年以上わんこたちを引き連れ毎日歩き続けている道。
だから、
「ああ、この場所であの子が…
そうそう、あの子たちと箱の先まで歩いて行ったな。
そういや、あの子は毎朝このお宅のおばあちゃんが出てくるまで動かなかったっけ。」

などと今までの子たちに思いをはせていると何となく大きな時代がまた終わった気がして、

ぷー、ジョイ、なな時代
ポチ、カリン、チップ、以蔵時代
が終わり、
さあこれからはこの子らの時代。
いうなれば、かしまし三姉妹時代かな…?


そんなことを思いながら散歩をしておりました。

だからね、チップさん。
安心してお空でみんなと再会し、しっぽをブンブン振っていておくれよ。




……この後チップの姿が表示されます、苦手な方はここでお戻りください。・・・・



最後はたくさんの可愛いお花に囲まれました。

P1000811.jpg


とても穏やかな表情で、優しい素敵なこの子らしい寝顔でしたよ。

P1000820.jpg


*I wana meet you and …*

後いくつ 歳を重ねりゃ会えるの?
そんなことばっか夢見て
今日も空見て吠えるのさ
I wana meet you and …

ときおりは 夢の中でも会えるけど
そんな時には
目を覚まし あたりキョロキョロ探すんだ
I wana meet you and get

会いたいよ…
会えないよ…
会いたいよ…
そしてまた
I wana meet you and …

実はまた少し良いことあったんだ
また今度 会えた時にでも話すから
だからそれまでね♪

会いたいよ…
会いたいよ…
会えるかな?
会えるよね?
だからそれまでね♪



I wana meet you and …

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お手軽♪お気軽♪ ~リトルホンダ&SVEA123~

2024-02-10 08:49:34 | ぷ♂の日記
P1000237.jpg
夕暮れ前にノンビリ~♪

この日は朝から曇り空。
そこで出ていこうと用意をすると、少し降りだす。
そういう天気。

だから、もやもやもやと一日過ごし、諦めかけた夕暮れ前に青い空!

そうなるとやはり出かけたくなるじゃない?

でも暗くなるまで時間はわずか!
ならば気軽に出せるあいつに乗って近場で楽しむか?

そういうわけで、一番気軽に乗り出せる自転車バイクのリトルホンダで出かけていたのです。
(バイクの詳細はこちら。)


で、その時持ち出していたのお気軽に使えるこの一台!

P1000253.jpg
超ロングセラーのSVEA123
(ストーブの詳細はこちら


軽い、小さい、そのうえ安定していて強火力!
そして何より、使っていてすごく楽しい!


この四拍子がそろっているから、ふと思い立った時、急いでいる時、
そういう時に選ぶ一台としてならまずこいつ!

だからこの日も迷わずチョイス♪

そうなると、この123も張り切る!張り切る!

ワン、ツー、スリ~!

だぁ~!

P1000242.jpg
と、顔を真っ赤にして頑張っております!


P1000245.jpg
だからお湯が沸くのもあっという間!


そういうわけで、夕暮れまでのわずかな時間、
あわただしくも騒々しい世間の喧騒を横目に余裕の一服♪

「ああ、これよ、これ!」


というわけで、夕焼けに照らされる素敵な二台を眺めながらのんびり過ごすことができました。


P1000257.jpg


**動画**

お手軽♪お気軽♪ ~リトルホンダ&SVEA123~
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安定感あり!~トレールカブ&キャンパス3~ MAX SIEVERT CAMPUS 3  ~

2024-02-09 08:53:37 | ぷ♂の日記
RIMG1653.jpg
速いぞ速いぞ~!
(*ただいまメーターがぶっ壊れており、実測は法定速度内です)


RIMG1659.jpg
なのにハンドル操作もすごく安定~!


というわけで、この日はご機嫌でトレールカブ(CA105T)に乗っておりました。
(バイクの詳細はこちらこちらをどうぞ。)

天下のスーパーカブをオフロード向けにカスタムしてあるので、タイヤが太くてごつい!
おまけにカウルやフェンダーを取っ払っているから、ハンドル操作が軽い軽い!
元が軽快なスーパーカブ。
ですがキャスター角はそのままに一層そのひらひら感が増しております。

で、このひらひら感は、タイヤが食い込むオフロードでこそ威力を発揮!

P1000156.jpg
だから、こういう場所こそがホームです♪

だから荷台に荷物をたくさん積み込んでいても気にならないので、
私の様にごてごて積むのがお好きな方には最適!

P1000161.jpg
う~ん、この角度がかっこいいな~♪


そんな安定感抜群のこいつに積んできましたのも、

P1000140.jpg
やはり安定感抜群のキャンパス3
(ストーブの詳細は、こちらこちらを)

で、こいつのどこが安定感抜群?
どう見ても背高のっぽでむしろ不安定じゃない?

そう思われるのももちろん。
ですがこいつには秘密の装備のこれがある!

P1000148.jpg
タンクに付属のこの三脚!

斜めになったバイクのシートでもこれが空、不整地凸凹岩場に砂地!
大抵の場所で安定して使用することができるのです。

だけど、後継機種のSVEA123でこの三脚が不採用!
それはおそらくタンクが大型化し薄くなったため。
重心が下がりそのままでも安定して使用できるようになったからだと推測してます。

そういうわけでさっそくこいつを使用したわけですが…

P1000120.jpg
ん?

P1000130.jpg
あれれ?三脚展開し忘れてるじゃん!


そう、今回テーブルを持参しており、そのままでも安定するから使用するのを忘れておりました。
(=^^=)ゞ

おかげで消火時片手操作でぐらつかせることに…

そういうわけで、つい悔しくなった私は三脚を展開して再度着火!
(この辺は下の動画で)

まあ、それほどに、個人的には気に入っている装備であるわけなのですよ。

P1000137.jpg



**動画**

安定感あり!~トレールカブ&キャンパス3~ MAX SIEVERT CAMPUS 3  ~
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

チップさんが旅立ちました。

2024-02-07 09:39:45 | チップ
一昨日2月5日午後5時20分。
チップさんがお空に旅立ちました。

非常に頑張り屋さんおあの子らしく、最後まで頑張ってくれていました。
ですがもう、つらい思いを頑張って耐える必要もなくなりました。

体調を崩し寝たきりになる直前まで元気で明るい子で、
最後の最後まで私たちに笑顔を届けてくれた素敵な子。

保健所で殺処分予定だったところを引き出し、我が家の子になって今年で14年目。
推定年齢17~8歳。

昨年は、初めての家族旅行に出かけ大はしゃぎ!
年齢を感じさせない見事な飛行っぷりを披露してくれ私たちを驚かせてくれました。

ZTK_2319.jpg


つい一月ほど前も、ドッグカフェに出かけ、そこのランで大はしゃぎ。

P1000171.jpg

こういう感じであったので、まだまだまだまだ、一緒に楽しく過ごせる、
と、そう思ってしまっておりました。

ですがこれは体に潜む病魔を押さえ込んでのあの子の頑張りであったのですね。


そういうわけで、今しばらくともに過ごし、明後日最後のお別れをしようと思います。

だから今日は後程お花を買いに。
楽しく軽いあの子に似合う、オレンジや黄色などのにぎやかで楽しい花にしようと思っております。

P1000356.jpg



コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする