もふもふランド♪

たくさんのわんこと もふもふしてます。
    by ぷーどる♂ & ぷーどる♀

振替休日で不完全燃焼

2018-09-19 10:09:17 | ぷ♂の日記
昨日は結石の検診でいつものように病院へ。

で、その帰りせっかくだからとお気に入りの「住之江みそ」を買いに行くも…

DSCN0445.jpg
しまってる?!

いつも火曜日は営業しているのに??
もしかしたら前日の月曜が祝日だったから振替休日?

実は、八ッピーマンデー制度成立以降こういうことがとても多いのです、
だから。火曜日しか休めない身としては、かなり悔しい!
実際、この日もミシャ美術館に雪まだ見ていない展示を見たかったのに、
くだんの振り替え休日で休館日。
しかも、来週も同様の振り替え休館日なので結局10月に入らないと行くことができない。

まあ世の中には月曜しか休めない人もおられるので、
贅沢はあまり言えませんが、それでもやはり行ける機会を一つ消されるのは非常につらい!
実際期間限定のイベントだと、いけないこともあったりするから。

そんなわけで、ぶすぶすとくすぐりながら帰路につきましたが、
このままでは不完全燃焼で体に悪いから…

DSCN0428.jpg
池のほとりで…


一気に過ごしやすい気候になってきたので、
またこうして屋外での火遊びが楽しくなってくる♪

DSCN0444.jpg
完全燃焼!

そんなわけで、たまったもやもやをコーヒーとともにぐっと飲み干し、
帰宅後はわんこまみれで散歩にごろ寝♪


そうそう…

DSCN0453.jpg
「何するにゃ~!」

子猫のボンちゃんとも大いに遊びました。
この子も普段あまりかまってあげられないので、不完全燃焼気味ですから。

相変わらず元気でよく食べるのですが、
目がまた結膜炎気味!
ですがめぐすりをさそうとすると、
口手足、すべて総動員の上全力で抵抗するので、
こちらも厚手の皮手袋をはめて押さえつけて目薬さしております。

(=^^=)ゞいや、それでも手強いわ~!
コメント (2)

035 あなたはどうするの?

2018-09-17 10:06:06 | ぷ♂の日記
人付き合いって、相手あってのことだから、
そこはやはり、自分の気持ちは当然として、
それと同じくらい相手の気持ちって重要になりますよね。
ましてやそれが恋愛などならばなおさらのこと。

ですが、時にはそういうことを忘れてしまうこともよくあることで、
しかもたちの悪いことに、そういう時は自分で気が付けないし、
指摘されても素直に受け止められないことが多い。
そんな気がします。

だからいつまでたっても、
「じゃあ?私は?わたしはどうしたらいいの?」
って、自手のことを考えず、自分のことばかり主張する人も…

で、「そんなこと言ってるお前はどうなんだ?」って言われると…

う~ん…

やっぱ、自分中心?

いざとなればやっぱり、未練たらたら?


そう思うと、「なさけない人」を思い浮かべて作ったこの曲も、
案外自分自身のことを歌っているのかもしれません。


個人的には出だしのリフと、
イントロ(0:25あたり)で「コン♪コン♪」と鳴り出すカウベルが気に入っています。
(=^^=)ゞ



035 あなたはどうするの?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*あなたはどうするの?*

そんなに急がないで
もっと話聞いて
ちゃんとこっち向いて
もっと顔を見せて

どうせ もうすぐしたらば
おたがいさよなら
だから あとはもう
おたがいに バラバラ~

あなたはどうするの?
これからどうするの?
この先どこ行くの?
わたしはどうなるの? *


空のコーヒーカップ
何度も口へ運び
あなた ためらいがちに
何度も言葉選ぶ

どうせ 今となっては
気持ちもバラバラ~
だけど 本当のところ
未練が タラタラ~

*繰り返し

~間奏~

あなたははどうするの?
これからどうするの?
この先どこ行くの?
あなたははどうするの?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コメント

40年ぶりの弾き語り

2018-09-16 10:01:44 | ぷ♂の日記
昨晩は、先月に続き近所の酒屋さんで遊んでおりました。
店内にあるライブスペースでの月に一度の弾き語りイベントがあったのです。
もちろん今回もジム仲間のおニィが出演とのことだったのですが、
私はそのことをすっかり忘れたままジムに行ってしまい、
そこで思い出し駆け付けたもんだから大慌て!
ですが、幸い出番にはちょうど間に合い、
まずは駆け付け1杯の生ビールをぐいと飲み干し、最前列でやんややんや♪

今回は持ち歌3曲すべてオリジナルで、
夏の夕べの気だるさを残した雰囲気のある曲ばかりでした。
(おニィやるな~!)

で、その後出てきたおにいちゃんは、いきなりギターを弾き始め歌いだしたかと思うと、

「うちがなんぼ、早ょぉ~♪ お~き~ても~♪」

え?チューリップのアップリケ?!
(私らより)若いのに選曲が渋い!

聞けばもともとは松山千春が好きだったそうなですが、
コンサート(ライブじゃないよ)などに行くと、必ずこの手の曲を歌ったりしていたので、
そこから好きになってしまったのだとか…

いや~、久しぶりに聞けてなんかよかったな~♪

で、その後は誰も演奏しないので、酒屋のオーナーのKさんが、
「一緒になんかやる?」
というので、私は近くにあったベースを手に、Kさんと少し遊びました。
(実はKさんとはずいぶん昔に商店街のイベントで一緒にバンドを組んだことがあるのです。)
しかし、Kさんはすぐに仕事に戻られたので、その代わりにギターを受け取った私。
すると、「なんかやれ~!」との声が上がったので、それならばと何か弾こうとしたものの、

弾き語るにも、好きな曲のコードどころか歌詞さえも覚えていないありさま!
だって、弾き語りなんて10代の頃以来まったくやっていないもん!
てなわけで、とりあえず自分で作ったのちゃんと覚えている曲などを弾きつつ歌いながら、ふと思いついた!

「誰かスマホで歌詞とコード検索して!」

そう、今の時代こういう便利な文明の利器があるじゃない♪

そこでさっそくお目当ての曲を出してもらい、それを見ながらさあ歌おうとしたものの…

「字・字が見えん!」

そう、今の私の目力ではスマホの小さな画面の文字を小さすぎて見えないのです!
そこで今度は、

「誰か!誰か老眼鏡を~!」


てなわけで、同じくジム仲間のおネェから眼鏡を借りて、
やっとお気に入りのさだまさし数曲歌い始めることができました。

とはいえ、前述のようにスマホの画面は小さいので、
歌いながらも画面をスクロールしようとするたびに、手も歌も止まる!

わははは、いやはやなんとも…
(=^^=)ゞ

その後も今度はおニィと一緒にまたもやさだまさしを歌ったりなんかして
ああ、こういうのは楽しいね~♪
久々に中学の頃、友達の家の二階で一緒に歌ったのなんか思い出したりなんかして。

そんなわけで来月もお邪魔させていただこうかと…

こんどはちゃんと譜面を持っていこう!
そうそう、老眼鏡も忘れずにね♪

(=^^=)ゞ


DSCN0090.jpg
コメント

一安心だけど(保険の窓口)

2018-09-15 09:59:42 | ぷ♂の日記
さてさて、先週の台風から10日あまり。
実はうちの店でもその被害がありまして、
それでしばらく頭を悩ませていたのです。
というのも、被害にあって壊れたのが店のエアコンでして、
屋上に設置してある私の背丈ほどの室外機がものの見事に倒れてしまい、
結果修理不可能なほど壊れてしまっていたのです。
ですがこれ、業務用の大型機種で買い替えるとなると
90~180万円!?
うひゃ~~~~!
(ほかにも、屋上の雨除けの波板が吹き飛んだりといろいろ…)

そこでさっそく保険屋さんに連絡を入れるも、
最初に対応した担当者の方の話だと、
「室外機は建物の外にあるから保険の対象外。
おまけに、今回の台風は天災なのでもとより保険の対象外です。」

とのこと。

あれ~?
おかしくないか?

・そこで、じゃあ、部屋の中にあるエアコン本体が被害にあえば対象になるの?
・対象外の天災となる台風ってどうして決めるの?
と、たずねてみると、
「室内のエアコン本体なら対象です。天災かどうかは規模で決まります。」
って!

いやいや、それおかしいやろ?
エアコンなんか、どちらかというと室外機がメインの機械で、
室内機だけでは意味をなさないやん!
また台風の規模なんて、そっち側の判断一つやん!

だから納得できないものの、
強くそう言われたので、そういうものかと納得していると、
「今回の台風被害にあわれたお客様にお知らせです…」
とテレビで、保険会社の告知CMが!

おやや?
おっかしいや~ん!
そこで、今度は告知されていたフリーダイヤルに電話すると、
前述の担当の話とは全く違う内容!
・室外機も、建物と所有者が同じなら対象となる。
・今回の台風は天変地異ではないので保険の対象内。


そういうわけで、今回の被害についてはすべて保険で賄うことができそうなので、
ほっと一安心できたのでした。

(=^^=)ゞ


しかし、こうなると、担当者への不信感はぬぐえません。
実はこの担当者といわれる人には私は全く面識がないのです。
というのも、もともとうちによく来ていた営業の人が担当だったのですが、
その人が昨年辞めてしまい、それで引き継がれたそうなのですが、
その事実もこの1年間全く知らなかったこと。

なんだかな~。

私は保険は商品と割り切っており、
基本その内容で選択をしているのですが、
それでもやはり担当の方の印象はかなりその選択に大きく影響しております。
だから、生命保険、自動車保険、火災保険などなど、おおむね一つの会社にまとめています。
それだけに、今回の件で、現在の担当に不信感を抱いてしまったので、
今後のことを思うと、どうにか担当を変えてもらえないものかと考えていたりするんです。

まあ、そのつど、本社に問い合わせればそれでもいいのだろうけれど、
やはり最初の窓口ってかなりのウェートを占めますもんね。
コメント

ボンちゃんその後

2018-09-14 09:55:01 | 犬日記
DSCN0202.jpg
「なんにゃ?これは!」

DSCN0203.jpg
「うりゃ~!」


DSCN0204.jpg
「たぁぁぁ~!」

DSCN0208.jpg
はっ!

DSCN0210.jpg
「見てたん?」

というわけで、お墓参りのときに拾ってきた子猫のボンちゃんは、
ただいま絶好調で、日々このように楽しく遊んですごしております。
驚くほどに人懐っこい子で、この子をケージから出し掃除している間などでも、
足にまとわりついてくるので、うっかりすると踏んでしまいそうなほど。

ですので、当初脱走など警戒していたのですが、
今のところそういうそぶりは微塵も無く、適当なおもちゃを与えてさえ置けば、
いつまでもうにゃうにゃと機嫌よく転がりまわり、
それに飽きたら、前述のように足もとにまとわりついては、
「なにかおくれにゃ~!」
と食べ物をねだっております。

そんな感じなので、薬を飲ませるのもえさに混ぜさえすればきれいに食べてしまうのでとても楽なのですが、
目薬はやはり嫌なのか、手足を使い精いっぱい抵抗します。
ですので、私は引っかかれてもよいようにバイク用手袋をはめて、えいっ!
そのかいあって、猫風邪も角膜炎もうすっかり良くなったようです。

これであとは白血病などの検査を済ませれば健康面は一応一安心。

そうとなれば、どこに出しても恥ずかしく無い看板猫として送り出せるのですが…

う~ん、さすがにこうなると情が移るよな…

良い人にもらわれればいいけれど、責任感のない人の手に渡ったりするのは絶対嫌だ。
もしそんなことにでもなったら、悔やんでも悔やみきれない。
そんなくらいなら、うちの店の看板猫にしてしまうほうが絶対いい!
そう、こんなにおとなしい子だから…

などと、片手でこの子の相手をしながら思う毎日なのであります。
(=^^=)ゞ


でもね、こんなボンちゃんにも困った点が一つだけ。

それが…


おトイレ

最初トイレを入れていたのですが、ある時は寝床、またある時はカドラー、
またある時はやっとトイレにと、その日その日でてんでバラバラ!
だから試行錯誤の末、四つ折りにした新聞紙の上でおしっこをするようにはなったものの、
さて、それからそれをどうトイレに変更させるかとしばし試案。
(トイレに新聞紙を入れてみても、そこで丸くなって寝るだけなのです。)

で、その後はなぜか水飲みの器の中にきれいにおしっこをするようになってしまったので、
奥さんが試しに器を二つ用意し、片方に水、そしてもう片方には新聞を敷いてみたところ、
新聞入りの器をトイレと決めたようで、以降はちゃんとその中にしてくれております。


ですが…

ウンチ!

これを3回に一回ほど、水入りの器にする!

う~ん、どうしたもんだか…


とまあ、ただいまこんな感じなのでありますよ。


*おまけ*


ところで…


これどう思う?

DSCN0201.jpg
え?わたしのしっぽ長すぎ?
コメント (2)

リリィ帰る♪

2018-09-13 10:06:18 | ほかのこたち
DSCN0376.jpg
てってけて~♪


先週の不調が嘘のように足取り軽く駆け出すリリィさん。
一時は覚悟を決めていただけに、こんなに元気になってくれるとは正直予想外!
でも、この予想外はとてもうれしい予想外なので、にやにやしながら一緒に歩くと、

DSCN0382.jpg
うへへへ♪

リリィが嬉しそうな顔で、先へ先へと急ぎます。

それもそのはず!

DSCN0413.jpg
「おじいちゃんのおうちに帰ってきたねん!」

そう、この日の診察でもう大丈夫でしょうとの判断が出たので、
晴れて大好きなおじいちゃんの待つ家に帰ることができたのです。
とはいえ、まだ毎日薬を飲み続け、目薬もさし続けねばいけませんが、
こちらにいるときも、与えられたご飯かきれいに平らげ、
そのうえほかのこのご難をこそっと取りに行くほどの食欲が出てきたので、
この調子でしっかり食べれば、もっともっと元気になれるはず。

これでまずは一安心といったところかな♪


そうそう、実はこの子は見た目に反してとても小心者。
しかも人よりも犬が怖いときているから、
散歩中よそこの子に出会ったりしたら、目線を外し、
「私は何も見ていませんよ~!」
と、一生懸命アピるほど。

そんな子だけに、わんこであふれる我が家では、
やはり日々ストレスがたまるだろうから、
そういう意味でも、こうして自宅に戻れたことがあの子の健康に良いだろうと思います。

でも実は、最近ではうちの子たちにもかなり慣れてきており、
店番の時などはこのように…

IMG_9384_20180912111838882.jpg
「いらっしゃいませ~♪」
「ませ~♪」


と、仲良く並んでW看板犬ができるほどにまで成長していたのです。

だから、これを機にこの子のわんこ恐怖症も治ればよいな。
とか考える余裕が出てきました。


*その後*

じいちゃんちへ帰ったリリィは絶好調で、
毎日ご飯をモリモリ食べて、すごく元気だそうです。
だからリリィはもちろんのこと、
じいちゃんもすごくうれしそうで、よかったよかった♪

コメント (2)

HAMMER中止につき…

2018-09-12 11:11:59 | ぷ♂の日記
本来の予定では、一昨日昨日と夜通し原付で走り回り白浜で遊ぶという、
年に一度のイベントハマーの予定であったのですが、
先週こちらを襲った台風21号の爪痕が非常に大きく、今年は中止とあいなりました。

そんなわけで、ぽっかり時間が空いたので…

DSCN0376.jpg
えっさほいさ♪

まずは元気になったイリィを連れ出し朝のお散歩。
日に日に調子を取り戻したこの子は食欲も増し、もう心配不要?
ですがここで油断して元の木阿弥になっては大変なので、
その後獣医さんへ連れていき診断を受け、
幸い診察結果もよかったので1週間分のお薬をもらって帰りました。
もうこれで、大好きなじいちゃん(義父)の家に帰れるぞ!

で、結構動いたのにさほど汗もかかないほどの良い気候だったので、
かなり久しぶりにハーレを引っ張り出しました。
前回乗った時には「夏が来た!」って言ってたくらいなんで、ほぼ2か月半ぶり。

DSCN0388.jpg

今回はもう涼しくなって、この空を見たらもうすでに秋ですから、
「夏が行った!」でありますね。

とはいえ、不意に思いついて乗り出したもんだから、
特に行く当てもないので、結局56君のお店によって油を売った後は、
いつものパン屋さんでコーヒーを。

DSCN0387.jpg

その後も涼しく気持ちのいい天気が続いていたので、
ガレージに戻り、中途半端に作業をしたままで放置していたカブ二台を少しいじるも、
足りない部品が出てきたので再び放置。
というか、かなり久々にいじるから、結構忘れていることが多くてびっくり!
このまままた放置したら、次回もまた色々忘れてしまっているんだろうな~。
いかんいかん…

で、その後は帰宅しシャワーを浴びた後わんこと布団でゴロゴロの至福タイム!
ついでにたまっている本を読もうとするものの、
「見てぇ~!こっち見て!ほら、僕かっこええねん!」
「こっちも~!こっちも~!このおもちゃ楽しいで~!」
「ほら、なでて♪ ほら、ほらほら、なでて♪」
「シュタッ!シュタッ! ふふふ… 追いつけるかしら♪」

と、大興奮のわんこたちのお誘い攻撃を断り切れず、
結局はそれぞれにつきああって、疲れてしまいそのまま寝落ち。

で、1時間ほどして目を覚ますと、

「やばい!もうすぐ出る時間だ!」

実は夕方からは今回中止になったハマーの残念会を、
どこぞに集まってやろうということにしていたんですよ!

ということで、ここから少し慌てはしたのですが、
それでもやっぱり欠かすことができないのは…

DSCN0394.jpg
わんこのさんぽ♪

手抜きなく、みっちり楽しく歩いたので、
その後は結構急ぎ足で待ち合わせ場所まで駆け抜けることとなりました。

そんなわけで…

DSCN0418.jpg
一層ビールがうまい!

今回は大分名物のから揚げ屋さんで、馬刺しなどをつまみつつ、
ワイワイワイと終電近くまで騒いでおりました。
やっぱ、いつもの面々と飲むのは楽しい~♪
(せ~やん、しょっち~、ポニョさんお疲れ様♪)

でも来月は、バイクで走ってワイワイやりたいね~♪

そんなわけで、イベントが中止になっても、それはそれで楽しく充実した休日でした♪
コメント

特殊映画研究室?!

2018-09-10 09:57:25 | ぷ♂の日記
つい先日、いろいろたまっていた用事がとりあえずひと段落したので、
私は雨の中自転車に乗り天王寺方面へ向かいました。

すると…

DSCN0372.jpg
え?全壊家屋?!


DSCN0330.jpg
炎上した自動車?!

先日の台風の仕業かと思うと、さにあらず!

「え?!
新世界が大変なことに!?」


そこで急いで自転車をこぎ向かってみると…

DSCN0342.jpg
ん?いつも通りやん?


と、思いきや!



DSCN0369.jpg
「ヒスススス~!」
「しょちちちちち~!」


おっさん怪獣ヒスラとショチラが現れ、
あたり一面に加齢臭をぶち撒いているではないですか!

みんな逃げてぇ~!


というわけで、この日は近所であった「特殊映画研究室展」に行っておりました。

こちらは地元出身の石井那王貴さんさんが過去に撮影された特撮映画のセットなどの展示イベントです。
(詳しくはこちらを。)

高校時代に作った1作目(「宇宙大怪獣ハジラ」)から始まって、
今では東京を中心に特撮映画などのお仕事をされている彼ですが、
「いつかは大阪で、
特撮メインのイベントビジネスを興したい!」

とのことで、今回の展示会はまずはその大きな一歩。

うんうん、確かに見知った街並みのジオラマがあり、
そこに一緒に写りこめるなんてめちゃくちゃ楽しいから、
これが各観光地にあれば、絶対観光客の方々も押し寄せるよね!

で、そういう話などをお伺いしながら、楽しく見学させていただいていたのですが、
実は彼、もともとは鉄道模型から入っていたそうなんで、
そうなると専門家のしょっち~との話が弾まないはずがない!

てなわけで、楽しい話、コアな話、ためになる話、
じっくりいろいろお伺いできて大満足!

また是非次回も展示があればお邪魔したい!

てなわけで、これなかった皆様にはこういうものが…



そして実は…

DSCN0349.jpg

そう!
お家で作品を見れるよ~!


コメント

へちまその後

2018-09-09 11:16:05 | へちま(小夏・コツブ)
DSCN0279.jpg
と、言いながら病院の中庭を散歩するへちまさん。

前回お話しさせていただいたように、この日はヘチマの唾液腺の手術の前検査でした。
ですが、いざ病院についてみると、腫れが引いているではないですか!
どうも、勝手に小さな穴(傷?)が開き、そこから中にあった膿などが出てきた模様。
そして傷口もわからないほどの感じなので、本人はいたって調子がよさそう。
だから手術の緊急性がなくなったので、より詳しく検査をすることに。

そういうわけで、血液検査にレントゲン、そしてCT撮影と立て続けに行いました。
まあ検査自体はすぐなんですが、それに関係して麻酔をかける必要があるため、
結局私は病院で3時間ほど缶詰に。

で、一方のへちまは麻酔の後遺症もあり、出てきたときはふらふらフラで情けない姿!
「つらかったへち~! 怖かったへち~!」
と、いつもにもまして甘えた声を出してすり寄るので、
私はそっと腕に抱え次のような検査結果の説明を受けました。

・血液検査の結果は特に異状なし。
(心臓に先天的な欠陥があるが、特に支障なし。)
・のどの腫れは、唾液腺というよりは、ほかの原因で内部に水かがたまり腫れてきていると思われ、
反対側も含め、数か所の同様なものがみられる。
以前手術した子宮脳腫付近にも水がたまり炎症を起こしている。
・しかし、これらが食欲不振の直接の原因とは考えにくい。


そういうわけで、今回唾液腺の手術をしたとしても根本的な解決にはならないし、
また子宮付近は尿道と癒着しており複雑でややこしい状態なので、
手術のリスクがかなり高いうえに、そこまでの緊急性はないとのことから、
当面は飲み薬による内科治療をと勧められました。

そういうわけで、このひへちまは液滴と抗生剤を注射してもらって帰ることになりました。
(実はこの数日前からほとんど食事をとらないので、
無理やり液状のものを飲ませているような状態なのでした。)

そして帰宅後…

「おなかが減ったへち~!」


と、勢い良くご飯を食べだすではないですか!
腫れが引いたのがよかったのか、薬が効いたのか、
それとも、病院帰りでハイになっているのか、はたまた全部か?

なんにせよ、一安心♪

そういう感じでその後も、元気にご飯を食べ、あたりかまわず喧嘩を売りまくりと、
悪ヘチマ、いわゆる「へち魔」全開なので、まずは一安心であるのです。

とはいえ、今後もまた首の腫れは起こるだろうし、おなかの中も同様。
その都度、しんどい思いをさせねばならないので、手放しでは喜べない。

でも、まあ、今日も元気な姿を見せてくれているから、
よかった、ということで。

IMG_9298.jpg
「今回もひどい目にあったへち…」
コメント (3)

リリィ回復!?

2018-09-08 10:04:36 | ほかのこたち
こんにちは。
皆様どうもお久しぶりです。
今週はうちのわんこ、リリィとヘチマの調子が悪く、
それぞれ毎日病院へ連れていく日々だったのですが、
そこにえげつない台風21号がやって、
店の設備がいくつかいかれてしまい、その対応にもてんやわんや!

そんなわけで、しばらくネット活動は休止しておりましたが、
本日やっとめどが立ったので、こうして復活いたしました。

さて、この辺のお話は放っておいて、まずはわんこたちなのですが、
結論から言うと、リリィもへちまも今のところ調子は良く、
特にリリィは回復傾向!

前回(先週土曜日)薬を変えて以降も、正直容体は良くなることはなく、
食事も自分からは全く食べようとしないので、
裏ごしした療養食をミルクで溶いたものやカロリーメイトなどを、
注射器を使い強制的に食べさせておりました。
ですが、それさえも、食べてほしい分量の4分の1ほどで嫌がってしまうほど。
でも、どうにかこうにか無理にでも食べさせていたのです。

そんなわけで、正直なところ、
「もってあと数日か…」と覚悟をしていたのですが、
週明けの月曜日にはなぜか熱が下がり、やや元気そうな感じに!
ですので、この状態ならレントゲンが撮影できそうだということでみてみると、

CA395870a.jpg
胸骨と腰骨のあたりにヘルニアが!

なるほど、やはり痛みの原因はこれだったのか!

しかし、そのほかにも一部気になる場所があり、
そこも調べたいけれど、先生のところには内視鏡がないので、
近くにある別の獣医さんを紹介していただき後日検査を受けることに。

そしてその後検査を受けに行くと、内視鏡検査の前に行ったエコーの結果、
気にしていた部位は問題なさそうなことが判明したものの、
膵(すい)臓に炎症があるような感じだということ。
ですが血液検査の結果では、膵臓に異常は見られないので首をひねりながらも、
過去の治療データ(当初膵炎を疑い治療していた際は、若干食欲が出ていた)と照らし合わせ、
当面は膵炎の治療をしてみることに。

すると…

なんとその日の夜あたりには、自分で食事をとり始め、
動きや表情も驚くほどに元気で明るくなったではないですか!

そしてその翌日、翌々日と、さらに食欲を増し、よく食べ、
それに合わせて元気を取り戻し、昨日などは近所をぐるりと散歩に出て、
機嫌よく店番に出れるほどに。

IMG_9374.jpg
「お布団もあるの♪」

ですが、せっかくの布団なのにそこでのんびり寝ることもなく、

IMG_9366.jpg
「まだかなまだかな~?」

自転車の音がするたびに、こうして立ち上がっては表を眺めるのです。

いったい誰を待っているのかというと…

IMG_9369.jpg
「きた~!」


IMG_9375_20180908105146e75.jpg
「おじいちゃんぁ~ん!♪」

日に一度の大好きなおじいちゃん(義父)との面会タイム!
(実は義父は毎日我が家にもリリィに会いに来ておるのです。)
この時はお互い本当に嬉しそうなので、一日でも早く帰宅させてやりたいのですが、
まだ手放しで喜べる病状ではないので、もう少しゆっくりと我が家で療養。
お互いもう少し我慢してね。


そんなわけで、リリィについてはちょっとほっとしております。

さて、もう一頭の我が家の不調わんこのへちまさんですが、
精密検査の結果予定していた手術は中止になりました。

DSCN0279.jpg

その後はやや元気が戻ったものの、ちょいと話がややこしい。
詳しくはまた後日。

コメント

元気です。

2018-09-07 17:41:42 | 犬日記
ここんとこ、プライベートでめちゃくちゃ忙しくこちらに全く手が回りません。
ですがわんこともどもとりあえず元気です。
詳しくはまた後日ご報告させていただきます。

ご心配いただきご連絡をくださった皆様方、
どうもありがとうございます。
そしてご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
コメント

犬でバタバタ、なのに…

2018-09-03 10:33:15 | 犬日記
ここのところ連日犬関係で走り回っております。
主に、リリィとへちまなんですが、どちらもいまいちよろしくない感じ。
そういうわけで、明日また病院へ行かねばならないわけですが、
実は、私自身も明日病院の検診日。
そんなわけで、明日は一日あちこちへ出かけねばならず大忙し。

なのに…


えぇ?!

台風ぅ?!

しかも近畿直撃?!

おまけに非常に強い勢力でその強烈さは25年ぶり~?!

どうすりゃいいのさ…
コメント (2)

リリィと走る!

2018-09-01 10:12:45 | ほかのこたち
~かなり長いです。~

先日の日記で書いたように、ただいま義父の愛犬リリィの調子がかなり悪いのです。
ですので、あれからずっと我が家で預かって世話をしております。
そして最初のうちは調子もよさそうだったので日中は店に連れてきて、
常に目が届くようにとしておりました。

DSCN0227.jpg
食事は少ししか食べませんが水はよく飲みました。

そうなると、義父は寂しいので毎日その様子を見に店にやってくるので、
当然リリィも寂しいのは義父以上だから、こうして会えると大喜び!

DSCN0236.jpg
しっぽを丸く巻き上げて大喜びで立ち上がり、
体をなぜてもらってはとても嬉しそう♪

DSCN0233.jpg
わぁ~い♪わぁ~い♪



ですが、昨日容体が急変!

朝は普通に抱き上げることができたのに、昼間おトイレに連れて行こうと抱き上げようと手を差し込むと、

キャゥン!

と悲鳴を上げ、その後体に触れようとするだけで同様な悲鳴を上げ嫌がります。
そしてまた息は荒く、体を横に向けたままで寝返りも打ちづらい様子。
でも、体温が高めに感じたので、なんとかして水を飲ませたいのだけれど、
首を持ち上げるのもつらくて、できない様子。
そこでスポイトを用いて何とか水を飲ませ、おトイレの方はとりあえずおむつで対応。

その後もかなりしんどそうな様子なので、夕方獣医さんまで連れて行ったのですが、
困ったのはその移動方法。
じつは獣医さんへは往復2キロの道のりなのですが、
なんせ、前述のように体に触れることすら痛がるので、
体を折り曲げる必要のあるカートに乗せるのはとても無理。
そこであれこれ考えていると、あるものの存在を思い出しました!

DSCN0239.jpg
ラジオフライヤー

昔よくテントなどを車に積んで遊びに行っていた際利用していたものです。
これなら寝たまま移動させることができる!

そこで、体の下の敷物をタンカ代わりに利用し、
奥さんと二人で慎重に持ち上げ、なんとかそこに寝かすことができました。

どうかな?

DSCN0250.jpg
「これなら大丈夫。」

幸い夕方には少し風が出て涼しくなっていたこともあり、
リリィは若干元気が出たようで、
自力で首を持ち上げ、流れる景色を興味深そうに見ておりました。
DSCN0252.jpg
「結構らくちんで面白いです。」

一応飛び降り防止のためのシートベルトも装着。
DSCN0264.jpg
まあ、そういう元気はないようでしたが。

こうしてなんとか無事に病院へ着き診察していただいたのですが、
再び熱が出てきており、容体は思わしくありません。
そして気になる体の痛みですが、この時にはお昼間ほどひどくはなく、
あちこち触れても悲鳴は上げない。

ですので、詳しくは検査をしないとわからないものの、
ヘルニア的なそういう神経性の痛みかもしれないということで、
とりあえずは痛み止めの注射を打ってもらい一晩様子を見ることに。

すると…

なんと驚いたことに、帰り道荷台から飛び降りようとするほどの勢いで動き出したので、
もしやおトイレ? と、そう思い試し少し歩かせてみると、

テケテケテケ~♪
DSCN0265.jpg
「おじいちゃんとこへ帰るねん~!」

と、びっくりするような足取りで一目散に駆け出すではないですか!
どうも、この道はいつも義父と獣医さんへ通う道だったようで、
ここを行けば義父のもとへ帰れると考え、このように走り出したようでした。

で、その元気っぷりに驚くやら嬉しいやらで、少し歩かせては見たものの、
決して治ったわけではないので、無理させずすぐにまたワゴンに乗せなおしました。

そしてその後、ちょいとした通り雨にあったのですが、
幸いすぐ近くにスーパーがあったので、そこの軒先で雨宿りし、
ついでに奥さんが夕飯のおかずを買いに行きました。

すると、リリィは顔を起こししっかりした顔つきでスーパーの入り口を凝視し、
DSCN0271.jpg
「お母さんどこ行ったん?」

と、出入りする人の顔をすべてチェック。
こんな元気や気力は、つい先ほどまで考えられもしなかったのに!
痛み止めの注射の即効性には本当に驚くやら、感謝するやら。

そして奥さんを見つけるとこのような安堵の表情。
DSCN0270.jpg
「お母さんや~♪」

こういう明るい表情も久々に見せてくれたので、本当に痛く辛かったんだろうね。
(でも、こういう表情が何よりも報われる。ほっとできるし、何より嬉しい!)


そして帰宅後は、朝からの不調が嘘のようにしっかりとし、
ご飯もおかわりをするほど食べてくれました。
だから、やれやれ、これで一安心と思い床に着いたのですが…

翌朝、やはり体に触れると悲鳴を上げる!

とはいえ、昨日よりはましそうだったので、なんとかカートに乗せ朝一番で病院へ。
すると昨日よりも熱が上がっているではないですか!
これでほぼ1週間熱が下がらない状態が続いていることとなります。
その間数回薬の種類を変えているのにも関わらずこの様子なので、
副作用はあるものの、今度はより強い抗生物質(アルベカシン)を投与することになりました。
(血液検査の結果、白血球数がそれほど多くないため、
通常の菌感染というよりも、高齢ゆえのMRSA感染などの恐れがあるという判断から。)

そしてまた昨日と同じ痛み止めの注射もしてもらい家に戻ると、
痛みが引いて楽になったのか、先ほどは見向きもしなかった食事を大喜びで食べ、
またもやお代わりをするほど。

そういうわけで、ただいま、ほっと一息ついておるのですが、
これがまた数時間後どうなるかわからない。

そしてまた、前述の抗生物質が効いてくれればいいのですが、
飲み薬がないので数日間病院へ通わねばなりません。

ですが明日は日曜で休診日。
さてどうしたもんかと思ていると先生が…

「明日夕方には私は家にいますから、どうぞお越しください。」

と。

大変ありがとうございます。


そんなわけで、私は連日リリィと一緒に走っておるのです。


で、実は奥さんは今へちまを抱えて病院へ。
こちらも、気が抜けないので、ばたばた走り回っております。
コメント (2)

へちま手術へ

2018-08-31 10:21:57 | へちま(小夏・コツブ)
前回の騒動からほぼひと月。
幸い傷口は順調に回復し、頼りないながらも新しい皮膚が張ってきていたのですが、
厄介なことに、実はまたその部分が大きく腫れてきているのです。

IMG_2547.jpg

これは詰まっていた唾液腺からの漏れが、
皮膚表面の傷があるうちはも、そこからにじみ出てきていたものの、
新しい皮膚が張ってきたことにより行き場をなくし、
再び内部で膨らみ始めてきている様子。
ということは、このまま放置しているとまた前回同様破裂してしまうかもしれない。
そうなると、今度はうまく皮膚が再生できるかどうかもわからない。
(唾液腺が腫れてはしぼむということを繰り返す場合もあるらしいけれど、
唾液腺が内側に腫れてくると、気道を圧迫して、
常に息苦しくなってしまうこともあるのだそう。)
そういうわけで、年齢のリスクはあるものの、
手術すべきではないかという考えにいたり、
次の休みの日、へちまを連れて病院へ行くこととなりました。

どういう結果になるは、正直分かりませんが、
最近はこの子はあちこちにケンカを売りまくる毎日なので、体調は良いと信じたい。
だから、無事手術も成功すると信じたい。

この夏は、本当に我が家のわんこたちはいろいろあるので、
なんか少し凹みそうであります。

*おまけ*

参考までに、ほかの子たちにケンカを売りまくる、
悪いへちまバージョンの「へち魔」状態をの顔をご覧ください。

IMG_2544_20180830104602c13.jpg
「なんや?うちとやるいうんか?」
コメント (2)

リリィの不調

2018-08-30 10:35:24 | ほかのこたち
DSCN0223.jpg

先日義父の愛犬リリィをカートにのせて出て行ったのですが、
向かった先は獣医さん。

実は先週会ったときには目の調子がおかしく獣医さんへ通っているとは聞いていたのですが、
その後調子が悪くなり、嘔吐に下痢、
特にここ3日ほどは何も食べない状態が続いていたとか!
そこで慌てて獣医さんへ走ったというわけなののです。

診察の結果、熱があり(9度2分)脱水症状を起こしていたため、
まずは輸液をし、血液検査を行いました。
そしてその結果を見て、投薬などの方針を決めるということで、
まずはリリィは当分このまま我が家で過ごすことに。

この子は12年前に義父が京都の保健所まで引き取りに行った子なので、
今年でおそらく15歳前後。
それ以来、義父から離れて過ごしたことがないので、
我が家に到着すると、もう完全にビビりモード。

特に我が家は犬8頭の大所帯。
しかも小さいながらも威勢のいいのが吠えたててくるから、
リリィは大きな体を小さくたたんで
目立たないようにと思ったのか、部屋の隅へ。

ですが、次第にみな慣れてきた様子なので、
手元に連れてきて、まずは注射器を使って口のわきから液状の療養食を流し込みます。
すると、意外に抵抗せず飲んでくれたので一安心。
その後、軽く表に連れ出し、おトイレを兼ねてのお散歩。
(この子は家の中でおトイレをしない子なのです。)
とはいえ、本調子ではないので、少し歩かせすぐ帰宅。

こうして安静にさせていると、荒かった息も少し落ち着いてきたので一安心。
その後、娘がお粥状のフードを食べさせてくれたのでほっと一息。

翌朝、おトイレ散歩から戻ると、半固形状の療養食を少し食べ、
その後は以前のジョイの寝床で夕方まで寝て、再び病院へ。

DSCN0216.jpg
「おや!今日もこの乗り物ですか?」

DSCN0217.jpg
「はやいですね~!らくちんですね~♪」


とカートが気に入ったのか、ご機嫌な顔で、
すれ違う人や、過行く景色を眺めておりました。

病院に着き前日の血液検査の結果をお伺いすると、
どうも肝臓に問題があるようで、熱が引かないのも食欲がないのも、
そこから来ているのかもしれないとのこと。
だからまずは脱水状態にならぬよう、この日も液滴と抗生物質の注射。
太く大きくとても痛い針なのに、リリィはおとなしく耐えておりました。

帰宅後は、半固形状の療養食を食べ、水を大量に飲み、
そして大量のおしっこをし、おとなしく寝ておりました。

そして今朝も同じような感じで一応ご飯は食べてくれたのだけれども、
相変わらずしんどそうに肩で息をしております。

IMG_2553.jpg

そんなわけで、また夕方になったら病院へ連れて行こうと思っていますし、
これから数日は多分、このような感じ。

歳が歳だけに、急に元気になることはないだろうけれども、
少しずつ、少しずつでいいからよくなってほしいと、祈っております。
元気になれば、また大好きなおじいちゃんちに帰れるんだから。

なんせ、つい先ほども、おトイレと思い表に連れ出すと、

「おじいちゃんとこへ帰るねん~!」

と、予想外の力で義父の家の方へ行こうと引っ張るほど。
ほんまにこの子はじいちゃん子だ。
というか、義父もリリィがいないのが非常に寂しいようで、
昨日も何度か店にリリィを見に来ておりました。

だからほんと、少しずつでいいからよくなっておくれ。
コメント (2)