もふもふランド♪

たくさんのわんこと もふもふしてます。
    by ぷーどる♂ & ぷーどる♀

ガツン!とポテサラ

2020-07-13 10:38:50 | お料理
IMG_3852.jpg

先日とあるツイートでポテサラが話題になり、
「そういや最近ポテサラ食ってないよな~。」
と。

そこで、たまには自分で作ってみようかと思い立ち、
どうせならツーリングの反省会でもよく利用させていただいた居酒屋(今はなき)「ごんた」の、
ガツン!美味かったあのポテサラを再現してみようとチャレンジしてみました。

CA392614_20130403110531.jpg


とはいえ、ジャガイモを蒸してきちんと濾すような本格的なものではなく、
電子レンジを使った時短バージョンなので、結構お手軽に作れますから、
あの味が恋しい方々もぜひチャレンジなさってみてください。


【作り方】

材料(6人前)  男爵イモ(大3個) ベーコンブロック(150g)切れ端がお得 玉ねぎ(小1個) パセリ少々 
調味料  塩、粗挽き胡椒  マヨネーズ

①じゃがいもは皮を剥き、後でつぶしやすそうな大きさにカットし、レンジで6~8分間チン。
②ベーコンは1センチ角ほどに、玉ねぎは厚めにスライスし、まずはベーコンが色づくまで炒め、
そののち玉ねぎを投入し軽く炒める。(調味せず)
(玉ねぎが苦手ならば、良く火を通す)
④①をレンジから取り出しスプーンなどで押しつぶしてゆくが、固いものは無理せずより分け再度2~3分チン。
⑤つぶしたジャガイモに②を投入し、塩、粗挽き胡椒で味をみつつ、全体をよく混ぜ合わせる。
(一度に混ぜず、材料を小分けにし、複数回に分けると楽だし均一にできます)
⑥粗熱が冷めるまで5分おきに混ぜ合わせる。
⑦大方冷めたらば、マヨネーズを好みで入れ再度よく混ぜ合わせる。
(できればマヨは少量で、味付けというより滑らかさを出すのを目的に)
⑧全体にパセリを散らし、再度粗挽き胡椒を振り完成!

IMG_3851.jpg
ビールと一緒にガツン!とどうぞ♪


出来上がりは、さすがにごんたの味を完全再現とまではいきませんでしたが、
それでも結構満足のいく味♪

だから、「思う存分かっこむぞ~!」と、そう思ったのですが…

あれれ??


いやはや、芋はすぐにお腹が膨れる!

ビールとともに、先ほどの小皿の分をつまんだらもうかなりお腹が満足!
で、ついでに作った回鍋肉(ホイコーロー)がまた白飯を進ますのであっという間に満腹に!

てなわけで、結構な量が残ったので、明日の休みにこれを種にコロッケでも作ってみようかな?

(=^^=)ゞ


でもほんと、「ごんた」が閉店してからもうずいぶん経つけど、
ああいうお店はやはりなかなかないよな~。
雰囲気が良くて、安くて、何より美味かった!
大将ご夫妻お元気でいられるかな?

パルケさんはたまにお会いになるようなので、ぜひまたよろしくお伝えくださいませ。

(*^人^*)



**追記**

文中で述べているポテサラのツイートととはこれ。

老害「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」子供を連れた母親「・・・」 Tweet

真偽は不明ですが、もし事実ならばこう言いたい。

「いやほんま、そういうなら一度自分で作ってみろ!
ポテサラが、手抜きしてでさえもいかにめんどくさく、
そんで時間を食う料理か思い知れ!」


ねぇ、本当にいやなこと!
コメント

がんばるポコ

2020-07-12 10:33:58 | ぽこ
ここ数日ポコの調子がすぐれません。
特に昨日は、悲痛な叫び声をあげ、首を大きくのけぞらせてもがくほどで、
私たちもあたふたと走り回っておりました。

高齢での衰えは、角度を持った下り坂のような感じではなく、
階段のような段差を、その時期時期を境にガクンガクンと落ち込みながら進行するといいますが、
ポコもまた例外ではなくそのような感じ。

順調だった食事もうまくとることができなくなり、
食べれる量もぐんと減って以前の2~4分の一ほどを数回に分けで摂るような感じ。
そして固形のものは呑み込むことも口に入れることも難しくなってきて、
只今、ペースト状のものをなめとるようにして食べております。

一方おトイレの方も、その都度絞り出すように出させてはおりますが、
排尿は頻度も量もかなり減り、逆に排便の方は頻度が増えたものの状態が安定せず、
時にはまっ赤な液状の便を出すような感じ。
これはもう消化器系の動きがかなり悪くなってきているということなんでしょう。

また、私たちをかなり悩ませた夜泣きの方は、
幸い処方していただいたお薬のおかげでかなり収まり、
今では、夜中に1~2度起きるだけとなっております。
ですが、その呼び声もかなり弱々しくなってきているので、
もしかしたら、夜泣きをすること自体が体力的にきつくなってきているのかもしれません。

こんな感じで確実に老衰は進行しておりますが、
本人(犬)は一生懸命頑張っており、
おそらくかなりのものであろう、辛さ痛みに耐えながらも、
日々お利口に過ごしてくれております。

9歳で生まれ育った家から里親募集に出され、我が家に来てもう8年。
立派に我が家の大切な子です。
そしてまた気が付きゃ今年で17歳。
秋にはまた長寿犬の表彰を受ける予定。

本当によく頑張ってくれている子に「がんばれ」は酷だといいますが、
それでもつい、「がんばれ!」と、そう言ってしまいます。
でもその言葉の意味は、
頑張りたいなら、こちらも全力でサポートするから、がんばりたいだけがんばれ!
うまく言えないけれどそう言った感じ。

こちらの望みは、ただただ、この子がしんどい思いをしないように、とただ一つそれだけ。

だから、そういう思いでムズがるポコを抱き上げ、背中をポンポンするのです。
すると、大抵そのまま穏やかに寝てくれるので、
幾分かは気持ちが通じているのだと、そう思いたい。

これは3週間ほど前の様子。

IMG_3767.jpg
「おきてるよ~!」

調子のよい日はこのように半身を起こすこともでていました。
ですが、今は首を持ち上げるのも辛いようで、完全に横になったまま。

DSCN9617.jpg
「ZZZZZZZZ…」

この寝方にも向きがあり、右側面を上にしないと大暴れして寝れないのです。
こうなると床ずれが心配なのですが、幸い今のところあれ以来再発はなくほっとしております。

さて、ただいまこのような感じでありますから、
ポコにとってはこうして横になって寝ている時が、最も穏やかな時間。
だから、私たちもこの時ばかりは、
「よかったね…」
そういう思いでこの子を眺めることができます。

そしていつも思うのです。

「この寝顔、本当にかわいいと思うねんけど、
でも写真に撮ると絶対違う感じで写るんよな~。」


実はこの時ポコの寝顔がめちゃくちゃ笑顔だったんで、
こ大慌てで撮影したのですよ。

どうかな?
みなさんには、笑っているように見えますか?

DSCN9618.jpg
すやすやすや…





コメント (2)

灯油ストーブ用 プレライター (Pre-lighter for kerosene stove )

2020-07-11 08:45:46 | ぷ♂の日記
DSCN9199.jpg
これが何だかわかります?


まるでドールハウスのモップのように見えますが、
じつはこれ、こういう場所にセットして使用するものなのです。

DSCN9197.jpg
ケロシンストーブのヘッドの足にパチっとはめ込む。

するとこのように…

DSCN9198.jpg
ちょうど炎の当たるあたりに煙突のように筒が出てくる。

さて、そこで最初の画像をもう一度ご覧ください。
セットしたときに下側に当たる部分に、何やら白い繊維状のものがありますでしょう?
これはいわゆる石綿(アスベスト)で、難燃性で吸水性があるから、
こうしてセットして普通にプレヒートをすると、
プレ皿のアルコールを吸い上げ、筒の先で炎を灯すのです。

で、これはプレ皿のアルコールがあるうちは燃え続けるので、
頃合いを見てポンピングをすれば、噴き出たガスが先ほどの筒先の炎に引火してくれるから、
わざわざ天下のためにマッチを擦ったり、ライターを取り出したりする手間が不要となるのです。

マッチがまだまだ値段のつく商品であった1920時代頃に考案された便利グッズですが、
正直今では不要の長物。
ですが、その仕組みはシンプルにしてよく作られているし、
小さいながらも造りもしっかりし造形も結構可愛らしく美しいので、
時折取り出しては手に取り、磨いたりして楽しんでおります。
でも小y時期ほとんど使うことはないのです。

でもせっかくなんで、今回はレストアを済ませたストーブのテスト燃焼に使ってみました。

pre1.jpg
まずは全体火だるまになって…

pre2.jpg
やがて先端の炎だけ残るから、このタイミングで加圧!

pre3.jpg
ボボボボボ~!


便利といえば便利なのですが、
このタイミングがすこしでもずれると結局ライターで火をつけねばならない。
だから手元に普通にチャッカマンとかある今となっては、
何だか少々せわしなく感じてしまいます。

でも、時間に余裕のある時は、
何だかこの炎とのやり取りが楽しく感じられてしまうので、
子の藻というか、むしろおもちゃ感覚で使用したくなる、
そういう道具の一つです。

**動画**


灯油ストーブ用 プレライター (Pre-lighter for kerosene stove )
コメント

餌付け?

2020-07-10 09:22:55 | ぷ♂の日記
以前家族で白髪が話題になったときのこと、
娘に毛染めをしているのかとたずねられ、
「いや一度もしたことがない。」
と答えたのです。
私の年になると、ほとんどの人が毛染めをしているのに、
なぜ今もそう目立たないでいるのだろうかとそういう話になりました。
そして、それはもしかしたら遺伝なのだろうかとかいう話になった際、
私はあることを思い出しこう言いました。

「亜鉛違う?」

そう、必須ミネラルである亜鉛と、白髪の関係はすでに立証されており、
亜鉛摂取量が少ないと白髪になりやすいと言われております。
(その他にもいろいろと体に大切で詳しくはこちらを)

というのも、ここ数年私は毎日昼食代わりにナッツをポリポリ食べておるのですが、
じつはそのナッツ類には、結構多くの亜鉛が含まれておるのです。(とくにカシューナッツなど)

だから、日常的に亜鉛を摂取しているからこそ白髪になりにくいのではないかと、
そう話をしたところ、

「なんかな~、じぶんだけずるいわ…」

と、奥さんから思わぬ反撃!

ならば君も食すがいいと反論するも、それには耳を貸さず、ずるいずるい!


そこでまた白髪に関する話題を思い出し、

じつは最近の研究では、白髪になった髪の毛も再度黒く戻ることが確認され、
そしてその大きな要因はストレスで、ストレスが増えると白髪になり、減るとまた黒く戻るのだ。
と、そういう話をしてみたらば…

「ええわな、ストレスなしで生活できて。
やっぱな、じぶんだけずるいわ…」


と!!

あかんのんか?
別にええやん!




とそういうふうなわけで、最近はお昼に食べるナッツを少し残し、
奥さんにもそれを食べさせるようにしております。

DSCN9865.jpg
カシューナッツ、アーモンド、くるみ、煎り大豆に干しイチジク

で、奥さんは表から見えぬようレ時代の陰に隠れるようにしゃがんで、
これをポリポリ…

そしてそのようを見ていると私はついこう思ってしまうのです。

あ~、なんかこの人を餌付けしているみたい…


(=^^=)ゞ

コメント

仲良し姉弟?

2020-07-09 09:22:20 | かりん
CIMG1826.jpg
「どうしたん?早く行こうや。」

と、先日お話ししたように、ストライキをするかりんを気遣う以蔵君。

実はこの二匹はとても仲良しというわけではないのですが、
なんとなくほかの子どうしとはちょいと違う面白い関係。

というのも、かりんは元来男の子嫌いで、
妹ラブ過ぎる兄犬のポチですら、近寄ると威嚇するほど。
なのに、以蔵だけはどうもそういうのがどうも免除されているようで、
近づいてもあまり怒ることがない。(ただし就寝前を除いての場合)

でもそれは、以蔵が男の子としてお気に入りとか、そういう感じでもないようで、
むしろ、
「ん?以蔵か、しゃあないな…」
という感じの、いわば弟扱いしている、そんな感じ。

確かに以蔵は自分では、「かっこよく強いボク」でいるつもりなのですが、
見ていると、いつもどこか抜けているし、頼りなさげで、危なっかしい。
そういう点がかりん緒母性本能を刺激したんでしょうか?

ですので、この二匹は何とも凸凹姉弟といった感じで、
何とも良い感じの距離感で過ごしておるのです。

だから実はこの時も…

CIMG1831.jpg
「くんくんくん…」
「クンクンクン…」


「ガサガサガサ…」

CIMG1832.jpg
「わぁ!なんかおる!」
「ん?何かいる?」



CIMG1839.jpg
「だいじょうぶ!ボクがおる!」
「って、あんたがビビってたんやん。」



これからも、こうして仲良く過ごしてほしいものです♪
コメント

コスパの良い休日

2020-07-08 09:20:24 | 犬日記
昨日は休日でしたが、ほぼ一日中結構な雨。
だからどこにも出ず一日家でゴロゴロ過ごしておりましたが、
それでも何時間かは雨も上がり日も出てきたりしてくれたので、
わんこを散歩に連れ出せるほどには地面は乾いてくれました。

CIMG1838.jpg
雨上がりクンクンし隊!

そんなわけで、、むせ返るような湿気の中わんこ連れで歩いていると、
やはり冷たいものが欲しくなる。
だから、ついつい足はいつもの格安自販機へと向かいます。

さてさて、今日はどんな品ぞろえかな…?

DSCN9773.jpg
グリーンティ・レモンテイスト 30円。
なんか妙やな…

ん?

DSCN9775.jpg
これも30円に値下がりしてる!

そう、この自販機は所未期限が迫ってくると、最低10円位まで値下がりするのですよ。
だからこのラテも結構おいしいのでうが、今まで70円→50円と推移しておりましたが、
ここにきてついに30円に!

うん、これは買いでしょう♪

そういうわけで、まずは一本買って、良く冷えたのを一気飲み!

そしてさらに手持ちの小銭で、7本ほど買い持ち帰ることに。
本当は、もう少し買い占めたかったのだけども、
わんこの散歩袋にはもうそれ以上はいらないし、重さも結構なものだったので、
また後程買いに来ることに♪

で、その後の散歩道は、「よ買い物ができた♪」とホクホク顔で上機嫌。
いわゆるコスパが良いというやつですな♪
わはははは!

そんな感じで散歩を済ませ、わんこともども、アツイアツイとエアコンの効いた寝室へ避難。
で、わんこを侍らせゆっくり本を読もうと、先日本棚から発掘した本を手に取る。
それは、ずいぶん前に買った本で、
絶対一度読んだはずなのにすでにほとんど中身を忘れている。
そんなわけで、また読み直してみたところ、
やはりほとんど忘れていたので、再度大いに楽しむことができました。
この時と同じですね。)

こういうのも、ある意味安上がりで楽しめているから、コスパが良いというべきか…?

(=^^=)ゞ


夕飯は、個人教授さんから頂いたラーメンセット。

DSCN9859.jpg
具材も全部そろっているので、こちらはねぎを刻んで入れただけ!

これで本格的においしいラーメンを家で食べれるなんて…
(しかも頂き物♪)
こうなりゃもう、コスパどころの話じゃないね!


(*^人^*)「いつもありがとうございます。」


**追記**

そうそう、その後日暮れ前に再度わんこと散歩に出た際、
も一度例の自販機に寄りましたが、すでにもう売り切れのランプがついておりました。

う~ん、やはりここいらの人らは抜け目がない!
コメント

イヤイヤかりん

2020-07-06 09:39:03 | かりん
CIMG1822_20200705101639b00.jpg
さあ、みんな揃ってお散歩やぁ~!


と、調子よく歩きだしてはみたものの…


CIMG1824.jpg
「あれ?どうしたん?」


CIMG1826.jpg
「かりんちゃん、歩かへんのん?」

そうなんです、ここ最近かりんがこんな感じで歩きだしてすぐストライキをするのです。
この子ももう16歳なので、最初は調子が悪いのかとそう思い、
そのまま抱き上げ散歩を続けたりもしていたのですが、
その後は普通に歩いたり、帰り道では元気に先頭を走ったりするので、
どうも不調ではない様子。

とはいえ、歩かないときは完全に腰を落とし動かなくなるので、
無理して引っ張ることもできずに立ち往生!

CIMG1833.jpg
「それなら抱っこすればいいと思うわ!」


というわけで、かりんの術中にはまったなとは思いつつも、
小脇に抱えしばし歩むのです。

ですが、そんなかりんも、散歩の折り返し地点までやってきて、
そして帰宅方向へ向きを変えると…

CIMG1835.jpg
「るんるんる~ん♪」

先頭を突っ走りかねない勢いで元気よく歩くではないですか!

ああ、これはあれか…
以蔵ミニーと同じタイプのイヤイヤか…


そうは思えども…

毎回、イヤイヤをされると、
「今回こそは本当に調子が悪いのかも?」
と、そう心配してしまう親バカなのでありるのですよ。

(=^^=)ゞ

コメント

片栗粉至上主義 ~親子丼~

2020-07-05 10:11:48 | お料理
こんにちは。
いきなりですが、皆さん片栗粉って使用されます?
私の場合はもうほとんどこればかりで、
唐揚げ、てんぷら、酢豚、焼き物、汁物…
こういった料理には、どこかしらで必ず使用しております。

といいますか…
本来なら小麦粉で済ますような場合も使うのは常に片栗粉。
だから小麦粉の出番はほとんどなく一度買うとなかなか減らないので、
いつまでも冷凍庫で場所をとっております。

だって、小麦粉って水を入れるとほんとねばねばで手にまとわりついて扱いにくい!
その点片栗粉は、溶けばサラっとしているくせに、適当にグチョグチョにもなるし、
ほうっておくと、カチンコチンになって面白い!(ダイラタンシー流体
ヽ(^∀^)ノ

いや、そういう面白楽しい点だけではなく、
本当に調理しても、からっと揚がるし、とろみも憑くし、ふっくら焼けるしで、
簡単・便利で美味しくなるから重宝するのです。

そんなわけで、私はいつも片栗粉を買う時は1キログラムの大袋。
で、そのストック分も常備したいので、いつも2袋購入します。
だから、ネクタイ姿でのそういう買い物が珍しいのか、
「お仕事ですか?」
と時折レジで尋ねられます。

(=^^=)ゞ

さて、そんな片栗粉ラブの私が今回お勧めするのは親子丼。
「え?あれって揚げもしないしトロミもないやん?」
とそう思った、そういうあなたこそどうぞ~♪

【作り方】

・材料(3~4人前) 
鶏肉300gほど(腿がベストですが胸でもOK) 、長ネギ1本、片栗粉(大さじ1・5)、玉子(人数分)
・調味料 
粉末・濃縮うどんスープ、塩コショウ、料理酒(大さじ1)、みりん(小さじ1)砂糖(大さじ1)

①鶏肉は皮のついたまま一口大に小さくカットし、全体に塩コショウをしたのち、
片栗粉、料理酒をふりかけ、まんべんなくよく揉み込み、しばし寝かして馴染ます。
②ねぎを好みのサイズにカットし、たまごは割って良く溶き、うどんスープと砂糖みりんをお湯で伸ばしたれを作る。(200cc程度)
(甘口になっているので好みで砂糖を増減してください)
③フライパンにごま油大さじ1を入れ、①の鶏肉を全体に万べなく広げながら、
中火、のち強火で片面ずつ色よく焼きく。(完全に火を通す必要はなし)
④径15センチ程度の小型のフライパン(もしくは鍋)に一人前の鶏肉をいれ、
そこに②で作ったたれ5~80とねぎを入れふたをして中火で蒸し煮。
⑤鶏に火が通ったら、全体の溶き玉子を回しかけ、再度ふたをして弱火で。
⑥玉子が程よく半熟になったらそのままスライドさせて丼へ。

お好みで、セリや三つ葉を添えたり、一味、山椒などを振りかけてどうぞ!

DSCN9849.jpg
一口食べてから撮影してしまったので、こんなんですみません。
(*^人^*)


じつは片栗粉は、こんな感じでお肉や魚の下処理に非常に有能!
調理前軽く揉み込んでおくだけで、柔らかくなるし、ジューシーで旨みが逃げない!

ですので、生姜焼きなどの焼き物でも、先ほど同様軽い調味ののち揉み込んでから調理したら、
味の馴染みもよく、お肉のランクもワンランクアップした気がします。
また、細切れのお肉を同様に揉み込んだのちかたまりで焼くと、
一枚肉の様な仕上がりに出できる
という裏技もあります。


かように便利な片栗粉なのですが、困ったことがただ一つ。

気づけば調理後、
なぜか思わぬところに飛んでいる。


(=^^=)ゞ


コメント (2)

PIGEON ・IGNUS 後期型復活

2020-07-04 09:33:05 | ぷ♂の日記
以前ご紹介したピジョンの(おそらく)後期型モデルを、
先月の外出自粛期間中にレストアしておりました。

DSCN8346_20200531103850f5f.jpg
フランス製の古いストーブ(1940年代)です。

とはいえ、全体に程度がいので、そう苦労することもないと思われ…

DSCN8357.jpg
バーナー部を分解し通路を掃除した後は、ウイックを交換すればOK。

右側の黒銀二つのカマボコ型はタンクのための遮熱版。
本来はこの遮熱版の裏に石綿が貼り付けられているのですが、
今回はそれが欠品、だから代わりに遮熱性が高く難燃性のカーボンフェルトを装着することに。
というのも、このストーブは構造象非常に熱がこもりやすいのですよ。
ですが、前期モデルではこのおかげでプレヒートに時間がかかるという欠点がありました。

さて、また一方ウイックですが、なぜかもともと入っていたのは通常の綿ではなく、
スチールウールをこより状にしたものが挿し込まれておりました。
じつはスピンドル周辺も同様にそれがガスケット代わりにねじこまれていたので、
あまり知識のない人が、適当に修理して使っていたのかな?
とか思ったり。

ですが、その後ウイックを新調しタンクにねじ込もうとした際に、
先ほどのスチールウールの理由が分かったのですよ。

DSCN8360.jpg
なんだ?全く入っていかない?!

不思議に思いタンク内をのぞき込むと…

DSCN8359.jpg
あ!ウイックはパイプを通って中に入るんだ!

タンク接合部から細いパイプがタンク内に伸びており、
その中をウイックが通っていく仕組みになっております。
だからここに入るウイックは一般的なものではなく、
いわゆるランプの芯の様なひも状のものでないといけません。

CIMG6478.jpg
こういうタイプ。

これはおなじくフランス製のVESTAのものなのですが、
あちらではこのウイックの方が主流だったのでしょうか?
まあ、当時はまだ石油ランプが普通に使われていた頃なので、
この手のウイックの方が入手しやすかったのかもしれませんしね。

てなわけで、先ほどのスチールウールは苦肉の策だったんですね。
というか、「なるほどその手があったか…」と今後の参考にもなりました。

とはいえ、スチールウールはすぐ錆びて目詰まりを起こすので、
ここはやはりきちんとしたものを放り込みたい。
とはいえ、今手元に芯はないし、取り寄せにも時間がかかる…
それにそんなに量もいらないしね。

そこで身の回りを見渡して…

あった!


DSCN8443.jpg
スエットの腰ひもを少しちょん切り使用しました。

見た目はいまいちですが、一応きちんと機能するはず。

さて後は組付けて作業完了。

DSCN8445.jpg

前期型と違い、タンクから伸びるチューブがヘッド上部を通過してくるので、
炎の立ち上がりが早いはずですから、プレヒート時間も短縮できるはず。
(前述の遮熱場板のマイナス効果を相殺して余りあるはず。)


DSCN8493.jpg
さて、完成したらば次はテストだ!


そういうわけで、相変わらずやや大きめのプレ皿にアルコールを八分目ほど入れて点火。
チューブがバーナー下部に直結している前期モデルなら、
この量だと場合によっては追加でプレヒートせねばならないのですが…

DSCN8449.jpg
おお!いともたやすく燃えだした!


やはり、チューブ取り回し位置をバーナー上部に変更したのは効果絶大!
このストーブの弱点であった立ち上がりの悪さを見事克服。
これなら気温が低い冬場も活躍してくれそうだ。

またチョイと吸い上げ効果に不安の有ったスウェットの腰ひもウイックも、
順調に燃料を送り込んでくれているようで燃焼も快調。

DSCN8453.jpg
怖いくらいの勢いです

さて、こうなると次はタンクへの熱のこもりが気になります。
そこで遮熱版の働きを確認してみることに。

まずはヘッド側の熱板表面の温度を測ります。
DSCN8473.jpg
101度…

次にタンクの温度を見てみると…

DSCN8470_20200531111536a56.jpg
32度!

よかった、遮熱板に貼り付けたカーボンフェルトがきちんと仕事をしてくれておりました。

これなら安心して使えそうです。

というわけで、翌朝こいつを持ち出して人気のない公園で早速実践!

DSCN8534.jpg

静かな公園に元気な燃焼音が響きました。

DSCN8533_20200531111540049.jpg
うん、美味しい♪


というわけで、今回も無事作業完了♪

ヽ(^∀^)ノ



**動画**

仏製ストーブ ピジョン(後期型?)レストア(PIGEON IGNUS late model 50s Frenchstove)
コメント

血が騒ぐ! ~ドリーム50~

2020-07-03 09:29:57 | ぷ♂の日記
春先から始まったコロナ騒ぎ。
一旦おさまったかのように見えましたが、いやはやどうして…
油断大敵火がボウボウになりかねない状況ですね。

とはいえ、県マタギもおおぴらにできるようにはなっているので、
今月は本当に久方ぶりにバイク仲間でツーリングを開催することとなりました。
思えば今年初となるのんですよ!(ビックリ!)

行き先は六甲で、いつもならそのまま有馬へ下り温泉へ入るのですが、
前述の様な状況ですから、密を避け屋外である山頂でのんびりしたいと思います。

あ~、久々なんで楽しみだ♪

さてさてさて…
そういうわけで、バイク好きの私ですが、
性格はもちろんのこと、運転に関しても元来私は非常におとなしい。
だから、もうずっとずっとゴールド免許で違反なんかした記憶がない!

でもそんな私でも、
ふと、誘惑に負けアクセルをぶん回したくなる時があるのです。

そう、それはこいつに乗るとき!

DSCN8674.jpg
ホンダ ドリーム50

その名の通り、夢いっぱいのこいつにまたがれば、
エンジンをかける前から脳内にエンドルフィン(快楽物質)が分泌され始めるのを感じます。
だからもう、その上エンジンをかければ、
そして走り出せば!

一体誰が私を止めることができよう?
それこそ、もう「自制心」、これしかないのです。
でも、人一倍その自制心の足らない私ですから、
「ちょっとだけ乗ってみよう…」
そのウもい乗り出したがもう最後!

DSCN8677.jpg
気持ちいい~!やっぱこの道最高~♪

DSCN8685.jpg
でも、今の時期この道が最高~♪


DSCN8683.jpg
缶コーヒーが世界一に合うよ~!

DSCN8687.jpg
うん!止まった姿も最高~♪

とこのように、飽くことなく欲望のままに走り続けてしまうのです。

で、最終的には、
このカッコ良さ、独り占めしてはもったいない!

そう感じてしまうので…

DSCN8690.jpg
「また来たヨ~!」
「また来たんかいな…」


と、近所に住むキヨセンパイのお店に。

いつもいつも朝っぱらからすみませんね~。
でもね、
私が悪いんじゃない!
このね、
このドリームが悪いのよ!
だって、こんなにかっこよいんだkら、
ついつい血が騒いじゃうの♪

(=^^=)ゞ


というわけで、以下はその時の動画です。
ただひたすら走ってばかりいる動画ですが、
ほんの少しでも私のこの気持ちが伝われば!

**動画**

ドリーム50疾走 ~HONDA DREAM50~
コメント

パピー ミーツ パピー

2020-07-02 09:35:39 | ゆきの
DSCN9820.jpg

と大満足な様子のピコさん
で、その横には、これまた大喜びのゆきのさん

はい、先日無事合流出来、こうしてもう大喜びで組んず解れつ(くんずほぐれつ)!

しかしまあ、この時も書いたけど、子犬パワーはすさまじい!
エンドレスでひたすら遊ぶ!
しかも取っ組み合っていたかと思うと、いきなりダッシュという超体力消耗的な行動を、
飽きることなく延々と!

こうなるとさすがに心配になるので、時折二匹を引き離すのですが、
それでもまたすぐにくっついては大暴れ!
しかも、またもや全力で楽しそう…


01_20200701145935ed9.jpg
「よこせやさかいに~!」
「いやなの~!」



02_20200701145937a4b.jpg
「えいっ!」
「やぁ!」


03_20200701145938352.jpg
「あ~!」
「へへんなの♪」



04_20200701145933c53.jpg
「とりゃ~やさかいに~!」


05_20200701145941fa2.jpg
「おっとなの♪」


06_202007011459430ec.jpg
「つかまえたさかいに~♪」
「しまったなの!」


07_20200701145940818.jpg
「それでは、仲良く…」
「ダッシュなの~♪」

なるほど、こりゃ絶対子犬同士でないと無理だわ!
私らはもちろん、シニアさん達では、一瞬たりと手相手が務まらない!

てなわけで、結果的に子犬が二匹同時期に来てよかったかな?
これで最近少々ピコの相手が疲れ気味のボンの負担も少し減るかな?

いや案外、ゆきちゃんも一緒になって遊んだりして…

そうなると、ボンは余計疲れるかも?

(=^^=)ゞ

コメント (2)

メンテナンスは済んだのに…

2020-07-01 10:52:27 | ぷ♂の日記
昨日は休日だったのですが、朝からもう物凄い雨!
だからもうどこにも出かけることは出来ない感じ。
といいますか…
そもそも昨日は朝から眼科、午後は歯科の定期健診があったので、
まあ、まあ、まあ、といった感じ。

ですので、開き直って、「これもまた自分自身のメンテナンスの日だよな。」とそう思い、
一日家でおとなしく過ごしておりました。
(そうそう、幸いどちらも異常はなく、次回はまた3か月後に検診の予定。)

そんなわけで、のんびり過ごした後は少し早めに床に就いたのですが…

夜中、わんこのおトイレのために起きだすと、
こめかみを中心に嫌な感じの頭痛がし、おまけにお腹もなんだか痛くなってきた気が…
なんとなく嫌な感じはしたものの、そのまま再度布団に潜り込み、ごまかすように寝ることに。
幸い何とかそのまま寝付くことができたのですが、
数時間後目を覚ますと、起き上がれないほどに辛い頭痛。
ああ、やっぱりこれはあれだ、久々に出た持病の片頭痛だ!
以前は月に一度のこの痛みにかなり苦しみ、脳神経内科に通院までしていたほど。
ですが、その後ジム通いを始め、定期的に運動をしだしてからは、
頭痛の発作もピタリと収まり、やれやれと安心していたのです。

ですがやはり、年に何度かは発作が起こるもので、
今回は多分昨日の悪天候(大きな低気圧)が引き金だったんではないだろうか?
そういうわけで、今回は(特に効く薬もないので)横になったまま痛みが治まるのをじっと待っておりました。

さて、こういった発作の時、私の場合は頭痛が引き金で自律神経の失調を引き起こすようで、
頭痛、下痢、吐き気、顔の火照り、足先の冷え、指先のしびれなどが一気に起こります。
ですので、今回もトイレの個室にこもったまま数十分出れずにおり、
その間表でわんこたち(以蔵、素甘)が私を探してうろうろうろ…

この時ばかりは本当に心細く、情けなく、
「ああ、一体いつになったらここ(トイレ)から出れるんや…」
と、便座に腰かけ絶望するのです。

ですが、いつまでも絶望しておれないので、そうなったら力業で何とかせねばなりません。
以下は、医学的根拠は何もない、個人的な対処法。

自律神経がおかしくなったのなら、それを正してやればきっと症状は軽くなるはず。
頭痛としびれはどうにもならないけれど、
出そうなものなら出してしまえば楽になるんじゃない?
だからまず、出すだけ出したらば、今度は水を飲めるだけ飲んで、
再度トイレに向かい、今度は飲んだ水を全部吐く。
これを数回繰り返すと、胃はヘロヘロになりますが、
なぜか頭は少ししゃんとするので、
後は布団にもぐり、手足を温めつつじっとしておく。

この時、めそめそしたことを思うと、なんかしんどさが増すので、
「大丈夫、大丈夫…」と意味なく繰り返していくと、
次第に症状が軽くなってくるので、そうなれば後は少し寝入るだけ。

おかげさまでこの方法で今回も何とか復活!
わんこの散歩こそ奥さんにお願いしましたが、仕事への影響もなく店も定時に開店できました。

そんなわけで、やれやれやれと一安心。
(=^^=)ゞ

しかしまあ、思えばこの体とも長い付き合い。
昨日せっかくメンテナンスを済ませたのだから、
今後も大切に使っていきたいものであります。
そんなわけで、今晩はジムでじっくり体をほぐし、
無理なく体調をベストにもっていかねばね。





コメント

プリムス96のメンテナンス

2020-06-29 09:31:31 | ぷ♂の日記
今回メンテの御依頼があったのはこのストーブ。

DSCN9764.jpg
小型ケロシンストーブの定番プリムス96

感心するほどにシンプルな構造なのに安定した性能のプリムスが誇る名機ですね。
よく国産のマナスル96と混同されがちですが、
両者の構造は全く違い、マナスルの方はむしろラージヘッドを搭載したプリムス210というべきものです。
で、こちらの96は前述のようにヘッド構造がいたってシンプルで、
込み入ったチューブのない、円錐状のヴァポライザー(加熱器)がヘッドの肝となり、
その頂点にニップル代わりの穴が開いただけのシンプルな構造。
ヴァポ2
(詳しい構造はこちらを「96タイプのヴァポライザー」

ですがそのシンプルさゆえに、穴が広がるとニップル交換できないという困ったことも…
でもそこは頭の使いどころで、まあなんとかどうにかなるのです。
(詳しくはこちらを、「広がったニップルの穴」

さて、今回のご依頼内容は以下の二点。

①使用中燃料が漏れる。
②ポンプの手ごたえが頼りない。


前述のようにシンプルな構造故、
こういう場合のほとんどはガスケット類やポンプカップの不良です。

そこでまずはフィラー部を確認すると…
DSCN9767.jpg
やっぱ硬化してまるで石みたい…

こうなると、NRVも推して知るべしで、ここはまずは交換ですね。

ただ、フィラー部のガスケットが新品当時のオリジナルのものであったのと、
ポンプカップの状態が非常に良かったので、
この個体は、過去に数度使用されただけで、そののち放置されていたのではないでしょうか?
しかし幸い、保管が適切でったので、全体の状態としてはかなり良いものとなっております。
(オーナーさんラッキ~♪)


というわけで、サクサクとばらして洗って、磨いて、(通路を)吹いて…

と、そう思ったのですが、NRVがやけに固い!
多分オリジナル其のままでしょうから、きっと鉛ガスケットのないタイプ。
こいつは固着しやすく、変に食いつくとなかなか抜くことできず分解が難しいのです。
ですので、「NRV抜き屋さん」なる専門の方もおられるくらい。
(1回3千円程度ですが本当に困ったときには頼りになるはず!)

ですが今回は、炙ったりなんやかんやこういった方法で無事抜くことができたので、
その後は予定通り、洗って、磨いて、(通路を)吹いて…

DSCN9777.jpg
これにて組み上げの準備ができました

その後ガスケットやNRVを交換し、ポンプカップを給油したのち加圧し圧漏れ状態を確認します。
10分放置で全く圧漏れがないので、まずOKと判断し、
次は燃料をタンクに入れテスト燃焼。

DSCN9794.jpg
おお!バッチぐ~♪

弱火強火も安定し、ポンプの動作もスムーズで気持ちが良い。
そんなわけで、楽しくテストを終えたのでこれにて作業完了!

DSCN9782.jpg
さあ、あとはオーナーさんのもとへ!


てなわけで、今回も無事作業完了。

それにsても、やっぱこの96は良いストーブだ♪
小さくて、しっかりしてて、
まるで宝石みたいなストーブであることだなあ~♪


**動画**


プリムス96のテスト燃焼 (PRIMUS 96)
コメント

早起きはいろいろと得 ~モトコンポ&GIストーブ&100均コッフェル~

2020-06-28 09:27:18 | ぷ♂の日記
この日は時計を見間違えて、いつもより1時間早めの5時半に起床。
だから1時間早く散歩にでると、涼しくて爽やかでとても快適♪
わんこたちも結構嬉しそう♪

で、散歩から戻り、猫のおトイレ掃除などをしてみても、
あたりまえだけど、いつもより1時間余裕がある。

それならばと…


DSCN9406.jpg
この軍モノコンビで近所の池まで出陣

早朝ゆえ人気の少ないため、不審者がられることもなく、
順調に湯沸かし出来ます♪

DSCN9416.jpg
お!沸いた、沸いた~♪


で、早速モーニングコーヒーを頂こうとしたのですが…


a.jpg
あ!

パックが水没してしまい、このままじゃあコナッコナのトルココーヒー
まあ、沈殿を待って上澄みを飲み、あとはコーヒー占いをするという手もあるのですが、
そこまで気も長くないし、時間もない。

さて、どうしたもんかと考えたのち…

DSCN9424.jpg
見事リカバー!


DSCN9423.jpg
「どうやったん?」
「それは内緒やんな~♪」
「な~♪」

(答えは下記動画の中に)

と、影法師たちが会話する中

DSCN9419.jpg
頂きます♪


てなわけで、朝一番仕事前からひと遊びできたので、
この日は結構得した気分。

うん、やっぱ早起きはしてみるもんだ♪


DSCN9703.jpg
ちなみにこの時使っていたコッフェルは、近所の100均で買ったもの。


ですがなかなかに具合が良くて…

DSCN9705.jpg
このように、ケースにピッタリ収納可能!

やあやあこれは本当に便利だ!

おまけにこのGI用のケースには、
SVEA123JUWEL34などの筒型ストーブもぴったり収納可能なので、
もうこういう失敗をしなくてもよいかも?

DSCN9706.jpg
無論フタもキッチリはめれます!

そんなわけで、GIストーブオーナーの方々。
見かけたら、ぜひゲットなさってください♪


こういうことに気づいたのは、実はこの日の朝のこと。
やはり早起きは何かとお得だね~♪

ヽ(^∀^)ノ



**動画**


HONDA モトコンポ&GIストーブ M-1950
コメント

タンクの穴、ヒビ塞ぎ

2020-06-27 09:28:05 | ぷ♂の日記
以前修理したGIストーブのタンクですが、
その後使用しているうちにまた漏れが再発しました。

CIMG1251.jpg
またここからお漏らししちゃうのです

やはり外側からの補修の場合は、内圧をごく狭い点でしか受けることができないので、
結果高圧にさらされることとなり耐久性はあまりない様子。
そこで今回は、内側からふさぐことにしました。

IMG_3111.jpg
この時使ったエポキシ樹脂でタンク内部をすっぽりとコーティングしてみたのです。

この方法だと、漏れの原因となるアナヤヒビをすっぽり覆ってしまうことができるので、
かかる圧力も点ではなく面で広く受けることができるので、
耐久性もぐっとアップするのです。

ついでにもう一つ別のストーブのタンクも同様に処理しました。

DSCN9084.jpg
これは以前ご紹介したSELSのお仲間でまた面白いやつなんです。
(詳しくはこちらを)

この個体の場合は、穴が三か所開いていただけではなく、
鉄製タンクの内部がかなりさびでやられていたので、
それらの対応も含めて、ぐるっと全体をコーティングしました。
まあ、いわば鉄のタンクの内側に、さらにエポキシ樹脂のタンクを作ったという感じです。
これでこの先も当分安心できるというもの♪

さて、前述のGIストーブも無事作業完了。

DSCN9129.jpg
加圧放置テストでは24時間経過後も漏れはなし


ついでに割れて砕けたハンドルの代わりに、
手持の真鍮素材でハンドルを自作してみました。

DSCN9131.jpg
熱を持つ部分なので、素手でも操作できるよう皮で覆いました。



そういうわけで、早速テスト燃焼してみることに。

DSCN9148.jpg
うん、調子は上々♪


皆さんも、お手持ちの大切なストーブのタンクに、穴が開いたりクラックが入ってしまっても、
あきらめないで一度チェレンジしてみてください。
また楽しく使用できるかもよ?


ただし、修理後の使用はあくまで自己責任でね♪


**動画**

GIストーブ タンク圧漏れ修理テストなど ~~~GI stove M-1950~
コメント