映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ムード・インディゴ うたかたの日々  L'ECUME DES JOURS/MOOD INDIGO

2014-04-17 | 映画 ま行
オドレイ・トトゥとロマン・デゥリスのロマンティックなDVDパッケージと
最強のふたり」のオマール・シー出演作品という事で、迷わずレンタル決定!
前半は期待通り「アメリ」のようなファンタジックな作品だったのですが後半は一変。
気が付くとほぼモノクロ映像で、悲しい結末を迎えるのでした。

映画の冒頭、
「これは本当の話だ。なぜなら、すべて僕が想像したことだから ボリス・ヴァイン」という
メッセージが流れます。
しかし、そのあと「本当の話」とは思えない何だかわけのわからないカラフルかつキュートな映像に
翻弄されました。

ボリス・ヴァインはフランス人作家で詩人。本作の原作者です。
前衛的な作風の作家さんだそうですが、存じませんでした。1959年39歳の若さで急死なさったそうです。
彼の作品は多言語に翻訳不可能、映像化不可能といわれているそうです。
それを果敢に映像化したのは
今までに1968年ジャック・ぺラン主演で、また2001年「クロエ」の題名で永瀬正敏、ともさかりえ主演でも
映画化されていますが、両方未見です。


   ***********************

        ム ー ド ・ イ ン デ ィ ゴ 
                     うたかたの日々

   ************************

       
         ハネムーンの車がガラス張り?透明ですごい!

 < ストーリー >
働かなくても十分な財産があり気ままに暮らすコランは、友人のパーティーでクロエに出会い恋に落ちる。
幸せなふたりは結婚しハネムーンに出かけた先で、クロエのが体調を崩す。クロエは肺にスイレンが咲くという
奇病におかされていることがわかる。財産が底をつき、治療費を稼ぐために仕事を始めるコランだったが、
思うようにいかず、クロエは日に日に弱っていき…。

何はともあれ、本作のフランス映画独特の雰囲気をこちらでどうぞ。       
     



登場するダンスも通貨も架空のもの。カクテルピアノなどという機械も登場します。
友人シックが心酔する「パルトル」って、サルトルを模した人物ですよね?
この映画のテーマって…? 幸せの絶頂から、妻が突然の不治の病に侵され不幸のどん底へ。
本作は幻想的な悲恋話なのか?高等遊民コランの転落物語なのか?
コランが従事する訳のわからない労働は何を意味するのか?
どうも原作者のボリス・ヴァインはかなり破天荒で過激な方のようで、
「若さ」礼讃し「老い」は醜いというようなことを仰っているそうです。
そういう意味ではクロエは老いることなく若く美しいまま亡くなるのは美学なのかも。

         
           幸せの絶頂  右端がオマール・シー

意思の疎通が可能なおじさんネズミは何を意味するのか?謎の多い映画です。
弁護士で料理人を演じるオマール・シー、存在感があります。

原作を読むと謎は解けるのかしら?
あの映像がどのような文章で綴られているのか…気になるところです。

「A列車で行こう」に始まり、デューク・エリントンの曲がいろいろ流れます





 にほんブログ村 映画ブログへ






 ***** 見た 映画 *****

 4月16日 「ムード・インディゴ うたかたの日々」DVD


コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« ビル・カニングハム&ニュー... | トップ | チューリップ@関内 横浜公園  »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 ま行」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

ミシェル・ゴンドリー監督『ムード・インディゴ うたかたの日々(L'Écume des jours)』ロマン・デュリス、オドレイ・トトゥ (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ボリス・ヴィアンの小説「うたかたの日々(日々の泡)」を『エターナル・サンシャイン』『恋愛睡眠のすすめ』などのミシェル・ゴンドリー監督が映画化『ムード・インディゴ うたかたの日々(L'Écume des
ムード・インディゴ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ムード・インディゴ うたかたの日々』を渋谷のシネマライズで見ました。 (1)なんの予備知識もなく、単に『タイピスト!』に出演していたロマン・デュリスとか、『最強のふたり』のオマール・シーが本作に出演しているというので見てみようかと映画館に行きました。 ...
ムード・インディゴ うたかたの日々 (佐藤秀の徒然幻視録)
まるでサルトル+村上春樹 公式サイト。原題:L'ecume des jours、英題:Mood Indigo。ボリス・ヴィアン原作、ミシェル・ゴンドリー監督、ロマン・デュリス、オドレイ・トトゥ、ガド・エルマ ...
ムード・インディゴ~うたかたの日々~ (いやいやえん)
人生は泡のよう。消えないうちに、愛して。 ロマン・デュリス、オドレイ・トトゥ主演。ミシェル・ゴンドリー作品らしい、ファンタジックな作品でした。 難病ものではあるのですが、この監督の手にかかるとラストはキュートに終わるのでは、といった甘い考えは打ち砕...
泡沫夢幻~『ムード・インディゴ うたかたの日々』 【インターナショナル版】 & 【ディレクターズ・カット版】 (真紅のthinkingdays)
 L'ECUME DES JOURS  MOOD INDIGO  パリに住む青年・コラン(ロマン・デュリス)は働かずとも生きられる資産を有 し、気ままに楽しく暮らしていた。モテ男である専属調理人のニコラ(オマール ・シー)に触発され、「恋がしたい!」 と友人のホー...
「ムード・インディゴ うたかたの日々」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「L'écume des jours」…aka「Mood Indigo」 フランス/ベルギー 2013 コランに「タイピスト!/2012」のロマン・デュリス。 クロエに「ロシアン・ドールズ/2005」「ダ・ヴィンチ・コード/2006」「プライスレス 素敵な恋の見つけ方/2006」「ココ・アヴァン・シ...
『ムード・インディゴ うたかたの日々』 (2013) / フランス (Nice One!! @goo)
原題: L'ECUME DES JOURS 監督: ミシェル・ゴンドリー 出演: ロマン・デュリス 、オドレイ・トトゥ 、ガド・エルマレ 、オマール・シー 、フィリップ・トレトン 、アイサ・マイガ 試写会場: アンスティチュ・フランセ東京 映画『ムード・インディゴ う...
『ムード・インディゴ うたかたの日々』 (時間の無駄と言わないで)
予告編は良さげだったんだけどなぁ・・・。 合いませんでしたわ。 後半の眠さたるやもう。 お金持ちの主人公がいました。 素敵な人と出会って結婚しました。 素敵な相手が病気 ...