映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

最強のふたり  INTOUCHABLES

2012-09-21 | 映画 さ行
話題のフランス映画です。
2011年にフランスで最大のヒットとなり、
東京国際映画祭のコンペティション部門で東京サクラグランプリと最優秀男優賞を受賞
セザール賞で8部門がノミネートされ、主演男優賞を受賞 というだけあって人気が高く、
平日なのにネットでチケットを取らずふらっと出かけたら、前列2列しか空いてませんでした
已む無く2列目で鑑賞。
次々流されるアクション系の予告編を見ただけで首と目が疲れました 

ここまで書いて原題の「INTOUCHABLE」って英語の「UNTOUCHABLE」と同じ意味かなぁなんて
思いながら筆が進まず、2週間も経ってしまいました
そんな中、今朝NHKで一瞬写ったニュース映像に「INTOUCHABLES 2」の文字を見つけました。
えっ、「最強のふたり」の原題に「2」が付いている?!どういうこと?
NHKのニュースというのは、
ネットに流された米国の映像の中に預言者モハンマドを侮辱する描写があるとしてイスラム教の国々で
抗議の嵐が吹き荒れる中、フランスの雑誌「シャルリー・エブド」がムハンマドの風刺画を水曜日に載せる
ということで、政府やフランスのイスラム団体が冷静に対応するよう呼びかけているというものでした。
こんなことしたら火に油を注ぐようなもんやないかー、収まるもんも収まらへんな〜とため息をつきつつ、
ググってみたら問題の風刺画が出ていました。

車いすに座ったムハンマドを、帽子を被りもみあげクルクルのおじさんが押している絵で、本作の続編を
もじった絵であることは明らかです。右のおじさんはユダヤ教徒?なのかキリスト教徒なのか?
フランスで大ヒットということで誰もが知るこの映画。相容れない二つの宗教界が映画のように
歩み寄り友情を築ければ…という意味を込めているのでしょうか?
だとすれば悪くないんじゃない〜という気になりますが、偶像崇拝禁止のイスラム教徒にとって
ムハンマドを漫画にしてしまうだけで許されない冒涜行為ということですね。
吹き出しの文字の意味は私にはわかりません。報道によると「笑い飛ばそう」という見出しが付いているとあるので、そういうことなのかな。

moquerが「笑い飛ばす」という意味のようですが・・・。

そこで原題の意味をもう一度考えてみました。
そもそもケヴィン・コスナー主演の「アンタッチャブル THE UNTOUCHABLES」。
「禁酒法時代のシカゴを舞台に、正義のためにギャングのボス アル・カポネを逮捕しようとする
アメリカ財務省捜査官たちのチーム「アンタッチャブル」の戦いの日々を描く」とあるように、
捜査官チームを指しているとずっと思っていたのですが、UNTOUCHABLESとあるように
複数形ということはギャングのアル・カポネの方をも指しているということなのじゃないでしょうか?
辞書を見ると、untouchableって「いかなる手段によっても負かしたり、処罰したりできない強い立場にある」という意味なので、賄賂や恐喝にもゆるぎない捜査チームと社会ののけ者たるギャング両方を指しているのかなぁ?と思った次第です。
インドのカースト制度の最下層を指す言葉でもあるようです。

本作の原題も「INTOUCHABLES」と複数形。
車椅子の大富豪と介護者のふたりの状況を考えると「普通なら出会うことのないふたり」
「住む世界の違うふたり」という意味だと解釈すると「最強の」というより腑に落ちる気がしますが…
どうでしょう?  (フランス語のお得意な方、ご教授お願いします。)


   
   *************************

         最 強 の ふ た り    INTOUCHABLES
   
   *************************



 < ストーリー >
パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪のフィリップ。
介護者募集の面接にやってきたスラム出身の黒人青年ドリスだが、働く気はなく「不採用」証明書3枚で
支給される失業手当が目当てだった。しかし、並み居る有資格の候補者を退け、周囲の反対をよそに
フィリップはドリスを選ぶ。
フィリップを障害者扱いせず、陽気でマイペースなドリスに、周囲の人々も心を開き・・・。


実話に基づくストーリーというのに少なからず驚きました。
この映画、非常に好きなストーリーで、友人にも薦めてまわっているのですが、
ちょっと書くのが躊躇われました。

「障がい者と盗みの前科のある黒人青年が心を通わせるストーリー」といってしまうと、
拙い文章では自分の感動をうまく伝えることができないのではないか? 誤解を招くことにならないか?
最近は「障がい者」で「害」の字は使っちゃいけないんだろうか?とかいろいろ慮ってしまって、
途中で止めてしまったのです。事故で障がいをおったというフィリップを、どうしても
「お気の毒に」と思ってしまう。

この感情って、映画の中で介護者募集の面接にきた応募者たちがフィリップに対して抱いていた感情と
同じじゃないか?と思いました。
そんな中、「不採用通知」が欲しくてやってきたドリスにはフィリップを慮る気持ちなど
これっぽっちもなく、障がいがあっても全く遠慮しないドリスに好感を持ったということなのでしょう。
今まで会ったことのないタイプということで興味を持ったということもあったかもしれません。

一方のドリスは複雑な家庭環境の中、問題を起こし母を悲しませている弱みがあり、
まっとうな職にありつけ今までかかわったことのないリッチな生活に興味深々。

スポーツカーに乗り、ハンググライダーをやっていたという活動的なフィリップにとって
身体が動かずあらゆることに人の手を借りて屋敷の中で過ごすというのは想像を超えた苦痛でしょう。

ある日、誰も乗らないカバーを掛けたスポーツカーに気付いたドリスは、フィリップを乗せて疾走します。
そこでかかる音楽がアース・ウインド&ファイヤー。懐かしい〜。
アース・ウインド&ファイヤーの曲って元気が出ますよね
昔のTVドラマ「アリー・マイ・ラブ」の中で落ち込んだアリーが精神科医のセラピーを受け
ここ一番勝負の時には頭の中で鐘を鳴らして、気持ちが高揚する曲をテーマ曲として鳴らせとの
アドバイスを受けます。そこで選んだ曲がバリー・ホワイトの「You're The First, The Last, My Everything 」。
アース・ウインド&ファイヤーの「セプテンバー」も気分をあげるテーマ曲にピッタリです。
フィリップは久々に、車で疾走し風を感じる快感を思い出す。

ここからふたりは経験したことのないそれぞれの世界の扉を開け、色んなことに挑戦していきます。
クラシック音楽を愛し美術に造詣が深いフィリップから多くを学ぶドリス。
フィリップもドリスから学び、活動的だったかつての自分を取り戻していく。
変わっていくのはふたりだけでなく、お屋敷で働く人たちも影響を受けどんどん陽気になっていく

後半、恋にも目覚めるフィリップ。そこで一肌、いや二肌脱ぐドリス。ええ奴ちゃなぁ〜
そう、基本的にドリスは心根の良い奴なんです。
ドリスに出会うことが無ければ出会うことが無かったであろう女性との出会いを得て
立ち直るフィリップ。

そしてその後、突然訪れるフィリップとドリスの別れ。
でも、悲しい別れではなくドリスの自立ということになっていくようです。

歳も趣味も性格も、澄む世界も何もかもまったく違う2人だからこそのケミストリー。
しっとりとした人情ものというより、さらっと、軽快にコメディタッチで描かれ、
最後にグッとくる素敵な映画、お勧めです。

ドリスを演じるオマール・シーがいいね
この方、コメディアンでもあるのですね、やっぱり。
この映画の成功は彼の存在によるところが大きいですね。


最後に、元気を出すテーマ曲「SEPTEMBER」を張っておきます。
この映像を見て、インド映画「ロボット」のメタリックな感じを思い出しました。










にほんブログ村 映画ブログへ


 ***** 見た映画 *****

 9月16日 「ムーラン・ルージュ」DVD ニコール・キッドマン、イアン・マクレガー主演

       「昼下がり、ローマの恋」DVD ロバート・デ二ーロ、モニカ・ベルッチ主演 オムニバス3話

 9月17日 「サルトルトヴォーヴォワール 哲学と愛」DVD 

 9月18日 「キリング・フィールズ 失踪地帯」DVD 
          サム・ワーシントン、クロエ・モレッツ、ジェフリー・ディーン・モーガン主演
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おフラ〜ンス 3日目・そしてバ... | トップ | バルセロ〜ナ@スペイン 初日・... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アース・ウインド&ファイヤー (iina)
2012-09-21 09:42:34
アース・ウインド&ファイヤーの「セプテンバー」を、朝から聴いて元気が出ました。
平日なのに前列2列しか席が空いてないとは、「最強のふたり」は人気ですね。喜劇仕立ての映画におおいに笑わされました。

ryokoさんは大阪生まれの神奈川暮らしでしたか。
Unknown (iinaさんへ(ryoko))
2012-09-22 22:08:55
この曲は元気出ますよねぇ。
大いに笑って、驚いて、ジーンときました。

はい、私は浪速生まれのハマ暮らしです。
Unknown (massigla)
2013-05-27 21:40:35
こんにちは。

今、『最強のふたり』を見たところで、この邦題はひどいよなあと思いながら検索して辿りついたところです。

タイトルも作品の一部なんですから、アクション映画かと思うような安易なタイトルはひどいですよね。

漫画の台詞は「笑いものにするなよ!」と両方がいっている図でありますね。
Unknown (massiglaさんへ(ryoko))
2013-05-29 00:01:30
 いらっしゃいませ。
コメント残してくださって、ありがとうございます。
いい映画でしたよね。

>アクション映画かと思うようなタイトル
確かに・・・ファイターを思わせるタイトルですね
ムハンマドを巡っては以前からデンマークの新聞の漫画も問題になりましたが、漫画化すること自体もってのほか。
互いの文化を理解し尊重していきましょうよと言いたいですね。
http://blog.goo.ne.jp/nryoko1220/e/643f60d988e163ac29c17074b6ce0159 に「INTOUCHABLE と UNTOUCHABLE」について、後でわかったことを書いておきました。
Unknown (楽天売れ筋お買い物ランキングさんへ(ryoko))
2015-09-01 21:13:49
こんばんは。
TBありがとうございました。
楽天ブログにコメントを残すには登録が必要なようで、コメント・TBともに残せなかったので、私のブログにコメントを残させていただきます。

『アントゥーシャブル』なふたりがひよんなことから関わることになり、遠慮なく対等にぶつかり友情を育んでいく様に心揺さぶられました。
オマー・シーのキャラがとてもいいですよね。最近「ジュラシック・ワールド」などハリウッドメジャー作品にも出演していますが、彼の個性を活かせる作品にめぐりあえていないのが残念です。



コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

40 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
最強のふたり (風に吹かれて)
人生は楽しまなきゃ公式サイト http://saikyo-2.gaga.ne.jp実話の映画化原作: A Second Wind (フィリップ・ボッツォ・ディ・ボルゴ著/アチーブメント出版) パラグラ
「最強のふたり」 (セレンディピティ ダイアリー)
2011年にヨーロッパで大ヒットしたフランス映画、「最強のふたり」(Intouc
最強のふたり  監督/エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ (西京極 紫の館)
【出演】  フランソワ・クリュゼ  オマール・シー  アンヌ・ル・ニ 【ストーリー】 パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪のフィリップ。その介護者募集の面接を受けにやってきたスラム出身の黒人青年ドリスだが働く気はなく、目的は“不採...
最強のふたり/INTOUCHABLES/ UNTOUCHABLE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click わたし的には、この夏(いや秋?) 「アベンジャーズ」よりもぜひ観て欲しいオススメ作品がこちら 予告篇がかなり良さそうで楽しみにしていた フランス、ドイツ、オーストリア他で大ヒットしたコメディドラ....
『最強のふたり』 2012年8月28日 朝日ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『最強のふたり』 を試写会で鑑賞しました。 大分待たされた挙句、20分押しで時間掛り過ぎたプレミア試写会でした おかげでエンドロール見ずに途中退場を余儀なくされてしまった 【ストーリー】  不慮の事故で全身麻痺(まひ)になってしまった大富豪のフィリップ(フ...
〜『最強のふたり』〜 ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2011年:フランス映画、エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ監督&脚本、フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ、オドレイ・フルーロ、クロティルド・モレ、グレゴア・オスターマン出演。
最強のふたり / Intouchables (Untouchable) (勝手に映画評)
ネタバレ有り。 実話を下にした作品。2011年11月公開されたにもかかわらず、フランスでのその年の年間興収第1位となった作品。フランス国民の3人に1人が見たことになるという大ヒット作品。 笑いあり、涙は・・・無し。でも、ひと一人を描いたこの作品は、奥深いです。....
最強のふたり (とりあえず、コメントです)
実話をもとに、偶然に出会った二人の男が深い絆を紡ぎ上げていく姿を描いたヒューマンドラマです。 昨年の東京国際映画祭で見逃した時から、ずっと公開を待っていました。 フランス映画らしくさらっと描きながらも、ユーモアに満ちていて心が温かくなるような作品でした。...
劇場鑑賞「最強のふたり」 (日々“是”精進! ver.F)
固い絆で結ばれた、“ふたり”… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209020003/ A Second Windフィリップ・ポッツォ・ディ・ボルゴ アチーブメント出版 2012-08-30売り上げランキング : 14504Amazonで詳しく見る by ...
最強のふたり (あーうぃ だにぇっと)
最強のふたり@シネマート六本木
【TIFF_2011】『最強のふたり』 (2011) / フランス (Nice One!! @goo)
原題:INTOUCHABLES 監督:エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ 、オマール・シー 、オドレイ・フルーロ  、アンヌ・ル・ニ 『最強のふたり』公式サイトはこちら。(2012年9月1日公開) 第24回東京国際映画祭『最強のふたり』ペ....
『最強のふたり』試写 (Nice One!! @goo)
2回目の観賞です。 試写会場: シネマート六本木 公式サイトはこちら。 第24回東京国際映画祭で観た日記はこちら。 これもまた『サラの鍵』と同じ状況で、映画祭で去年観てはいるんだけど、思い出すとやっぱりもう1回観たくなっちゃって。 いろいろ応募したらめ....
無敵〜『最強のふたり』 (真紅のthinkingdays)
 INTOUCHABLES  パリに住む大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、事故で首から下の 感覚が麻痺し、車椅子生活を送っている。新しい介護人として彼が雇い入れ たのは、失業手当受...
最強のふたり (Akira's VOICE)
『良い映画』 それしか言えん。それだけで十分。  
最強の友情 (笑う社会人の生活)
4日のことですが、映画「最強のふたり」を鑑賞しました。 事故により全身麻痺になってしまった大富豪フィリップ 新たな介護者として不採用通知目当てで来た スラム出身の黒人青年ドリスを採用することにして… いやー まさに良作でした 万人にオススメできる作品で! ...
『最強のふたり』 (ラムの大通り)
(原題:Intouchables) ----この映画、 確か昨年の東京国際映画祭でグランプリを受賞したんだよね。 すでに観た人が絶賛していたのを覚えている。 「うん。 タイトルも不思議でね。 電動車椅子に乗っている白人と それを介助している黒人。 このふたりに“最強”とい...
最強のふたり (Memoirs_of_dai)
“最高”のふたり 【Story】 不慮の事故で全身麻痺になってしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探しており、生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきた...
『最強のふたり』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「最強のふたり」□監督 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ □脚本 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ□キャスト フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・フルーロ、アンヌ・ル・ニ■鑑賞日 9月2日(日)■...
★最強のふたり(2011)★ (Cinema Collection 2)
INTOUCHABLES UNTOUCHABLE さぁ、人生に繰り出そう。 メディア 映画 上映時間 113分 製作国 フランス 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2012/09/01 ジャンル コメディ/ドラマ 映倫 PG12 【解説】 主演2人の演技が世界中で絶賛された感動のヒューマン....
「最強のふたり」 信頼感と際どいジョーク (はらやんの映画徒然草)
笑えて泣けるハートウォーミングなお話でした。 富豪のフィリップは事故で首から下が
最強のふたり (心のままに映画の風景)
パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、生活保護の申請目当てに面接にきたスラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー)を新しい介護者として採...
最強のふたり ★★★☆☆ (センタのダイアリー)
まあ、見る前から大体ベタな話だと検討はついていましたが、頭の隅ではそれを裏切るようなうれしい誤算があればなあと思って見に行きました。 でも、そんなうれしいサプライズもなく、すんなりと想定内にはまるような映画でした。 というか、予告編そのまんまじゃな...
最強のふたり ---試写会--- (こんな映画見ました〜)
『最強のふたり』 ---INTOUCHABLES  UNTOUCHABLE---2011年(フランス)監督:エリック・トレダノ・オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー 主演2人の演技が世界中で絶賛された感動のヒューマン・コメディ。 実話を基に、首...
最強のふたり (ダイターンクラッシュ!!)
2012年9月15日(土) 19:25〜 TOHOシネマズ川崎3 料金:0円(フリーパスポート) 『最強のふたり』公式サイト フリーパスポート8本目。 もっと押し付けがましいのかと思っていたが、あっさり爽やかだった。 予告編での雪合戦での「投げ返してこいよ!」と、「これ...
最強のふたり 真の友情ってのはひょんなとこから始まるのだ (労組書記長社労士のブログ)
【=38 -5-】 前評判がとにかくいい、自分としてもかなり好きそうな映画だったので、楽しみにしていたけど、忙しくてなかなか行けず・・・しかしようやく鑑賞できた〜(^O^)v  パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪のフィリップ。その介護者...
映画・最強のふたり (読書と映画とガーデニング)
2011年 フランス 原題 INTOUCHABLES 英題 UNTOUCHABLE スラム街出身で無職の黒人青年ドリス(オマール・シー)と、パリの邸宅に住む大富豪フィリップ(フランソワ・クリュゼ)という、なにもかもが正反対の男たちの実話に基づいた物語 映画冒頭、高級車で....
映画「最強のふたり」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『最強のふたり』(公式)を、我が家の近隣では9/22から公開だったため、やっと先日に劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー ...
映画「最強のふたり」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「最強のふたり」観に行ってきました。頸髄損傷による首から下の全身麻痺のために不自由な生活を余儀なくされている大富豪が、スラム街の黒人青年を介護士として雇ったことから...
最強のふたり (にきログ)
さて、最近やたら映画を見ている気がするなぁ こちらは全然知らない作品だったんですけどやたら評判が良かったので気になってみてきました 久しぶりのフランス映画ですね〜 あらすじ 不慮の事故で全身...
最強のふたり (だらだら無気力ブログ!)
とっても良い映画だった。
最強のふたり (LIFE ‘O’ THE PARTY)
「わ〜観れたの〜ね?ね?あぁそうだよそうだねと腑に落ちた感あ
最強のふたり (キノ2)
★ネタバレ注意★  2011年、エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ監督のフランス映画です。  ほとんど多幸感すら感じるほどの、すばらしい映画でした。身障者が主人公でありながら、泣かせる演出なんか一切ないのに、結局号泣してしまった。笑って笑って泣い...
映画「最強の二人」(LES INTOUCHABLE) (珍竹鈴  映画とネットとモバイル機器の日々)
ムービーウォーカーで評判がよかったので、天地明瞭でなく、こちらの最強の二人を見た。 半身不随の金持ちとその介護役に仮採用された男の話。 もともと、求職活動の経歴を載せるため、断られるのをが前提で、面接を受けに着た男の話。実話が元らしい。 真面目な人間と...
[映画][☆☆☆☆★]「最強のふたり」感想 (流浪の狂人ブログ〜旅路より〜)
 エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ監督・脚本。実話を基に、全身麻痺の富豪と、彼の介護人となった貧民層の黒人青年との交流と友情を描いたヒューマンストーリー。 「感動作」=「泣けるエピソードのパッチワーク」が常識化してしまった映画業界に、一石を投...
最強のふたり (いやいやえん)
口コミやブログなんかでも評価が高かった作品なので、ちと緊張ぎみに観ました。 事故で全身不随の富豪フィリップが、服役歴のある黒人青年ドリスを介護役として雇う。正反対の二人だが、やがて強い絆が芽生えていく、といったストーリー。 実話に基づいているそうで...
最強のふたり (銀幕大帝α)
INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE 2011年 フランス 113分 コメディ/ドラマ PG12 劇場公開(2012/09/01) 監督:エリック・トレダノ 脚本:エリック・トレダノ 出演: フランソワ・クリュゼ・・・フィリップ オマール・シー『ミックマック』・・・ドリス <ストーリ....
シネマ・パラダイス:「最強のふたり」 (楽天売れ筋お買い物ランキング)
実話に基づくフランス映画です。頸椎損傷で首から下が動かない億万長者と、ひょんなことから彼の介護人になった前科持ちの移民の友情を描くコメディです。大変な状況にも関わらず、...
最強のふたり (映画に耽溺)
「わ〜観れたの〜ね?ね?あぁそうだよそうだねと腑に落ちた感あった?」 あったあった!!! あったよ〜〜う。 腑に落ちた感あったさ〜〜〜。 誘惑光線ビシバシだったこの映画。 よし観ようと思った時には既に上映していなくて がっかり。 地方ってさミニシアタ...
「最強のふたり」(2011年、フランス) (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「最強のふたり」(原題:Intouchables)は、2011年公開のフランスのコメディ/ドラマ映画です。頸髄損傷の為、体が不自由で車椅子で生活する富豪と、その介護人となった貧困層の移民の黒人...
1+1 (もののはじめblog)
こんな映画が創られた。 このふたりは 車椅子の大富豪とその介護者 人は相互に欠点を補いあえる 『 1+1=∞ 』 にも なり得る 本当のタイトルは「最強のふたり」