映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ミレニアム  ドラゴンタトゥーの女

2010-03-19 | 映画 ま行
何とも勇ましげなタイトルのスウェーデン映画です。
この題名でこのポスターを見てちょっと引いてしまいましたが、なかなか面白かったという
感想を数人の方から伺い、見てみることにしました。
「ミレニアム」は主人公が所属していた雑誌社の名前ですが、程なく退社するし・・・、
ドラゴンタトゥーは特に意味はなかったし・・・。



   ********************

       ミレニアム   ドラゴンタトゥーの女

   ******************** 

           
     失踪した少女・・・40年前の写真だから、生きていれば60歳前

 < ストーリー >
40年前、ストックホルムの孤島から忽然と姿を消した少女。
孤島に住む彼女の伯父の大企業社長は、生きているうちに事件を解決して欲しいと、ジャーナリストの
ミカエル(名誉毀損で有罪判決を下された)に捜索を依頼する。
ドラゴンタトゥーの謎の女リスベットの協力を得て捜索を進めるうちに、驚くべき事実が明らかになる。

サスペンスなので・・・ネタバレにならないようにしないと・・・。

全世界で1500万部を売り上げた傑作ミステリー3部作だそうですが、全然知りませんでした。
残念ながら、原作者は出版前年心筋梗塞で亡くなられたそうです。
タランティーノ監督がハリウッドリメイクを熱望しているとか。

   
   ドラゴンタトゥーの女リスベット     ジャーナリストのミカエル     
   
鼻ピアスにタトゥー、寡黙な謎の女リスベット。
どうやら辛い過去を抱えているようだが、ハッキングの天才でネットを駆使し情報を
集める腕利き調査員。
2時間半の長い映画でしたが、この後の展開には?犯人は誰?動機は?と最期までぐいぐい
引きつけられました。
しかーし、R15+指定がついているだけあって、かなりどぎつい・ショッキングなシーンが・・・。
リスベットの性格や謎を仄めかす描写なのですが、おそらくというレベルで謎は謎のまま。
本編終了後流れた続編の予告で、どうも明らかになる模様。

それよりも、40年かけた捜査で謎だったものが、リスベットの手にかかるとネットを駆使して
次々明らかになるのがちょっと出来過ぎじゃぁないですか?
ミカエルの濡れ衣も、あらら・・・。
カリスマハッカーの手にかかると、個人のパソコンや会社のシステムの中を覗くってのは、あんなに
簡単にできることなんでしょうか?怖いなぁ。

人の弱みに付け込む変態エロオヤジや猟奇的連続殺人事件など、
紳士面した人間の恐るべき裏の顔が暴かれてゆく。

しかし結末が、少女の失踪理由がこれって・・・○×%#&▲?*・・・あんまりやないですか?!
第二次大戦中スウェーデンもナチスの影響下にあったことには驚きましたが、ナチスがらみ?の
思わせぶりなこの伏線は?・・・捜査には関係ないやんか~!


戦後のナチスを扱った映画では
「オデッサ・ファイル」「マラソンマン」「ブラジルから来た少年」などが思い出されます。
戦後60年以上が経過した今、元ナチ幹部逮捕なんてことは流石にもうないでしょうが、
戦後何十年経っても、戦争を引きずり戦い続ける人たちがいることを上記70年代公開の映画を見て
衝撃を受けました。
クローン技術で羊のドリーが誕生したニュースを聞いた時、はっと思い出したのがその中の一本
「ブラジルから来た少年 The Boys from Brazil」でした。
たまたまテレビで見たのですが、ローレンス・オリビエ、グレゴリー・ペック出演の驚きのストーリー。
見た当時は「クローン」なんて夢物語だけれど現実になったら恐ろしいなぁ、神の領域に踏み出して
いいの~?そこは触れてはならないサンクチュアリー、なんて思ったことを思い出します。
30年先取りのストーリーにあらためて「何という先見の明やろか~!?作者は誰よ?」と興味を持ち
Wikiで調べたら、原作者アイラ・レヴィンは「ローズマリーの赤ちゃん」や「死の接吻」も書いて
らっしゃったんですね。
書いているうちにもう一度見てみたくなりました。DVDを探してみま~す。


にほんブログ村 映画ブログへ



 ***** 見た 映画 *****

 3月17日 「フィリップ、君を愛してる」@109シネマズMM横浜

コメント (6)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
« シャーロック・ホームズ | トップ | ★トルコ旅行 その① »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ポスター見たとき (海パンjoe)
2010-03-19 22:47:50
シザーハンズのジョニー・デップかと思いました(照)。

邦題はちょっと酷すぎかと思いましたね。
原題は「女を憎む男たち」ですし、ドラゴンタトゥーどこどこ?みたいな。
作品テーマも「男たちによる女性に対する性暴力を告発すること」
みたいですし、邦題だと無理あるかなーと感じましたね。

天才ハッカーにかかれば現実も個人情報は筒抜け状態ですね。
それだけ、パソコンには秘められた情報が詰まっているということですかね。
Unknown (海パンjoeさんへ(ryoko))
2010-03-19 23:43:18
早速のコメント、いつもありがとうございます。
原題は「女を憎む男たち」なんですか。スウェーデン語なんでわけわかめです。
男たちによる女性に対する性暴力の告発がテーマって・・・原作者スティーグ・ラーソンって男性ですよね?
以前読んだ本でアメリカ映画には女性嫌悪(ミソジニー)があるというのがありましたが、スウェーデンにもあるんでしょうか?
「女を憎む男たち」って、ただの変態オヤジかとかと思っちゃいました
ちなみに (海パンjoe)
2010-03-20 00:33:26
2作目の原題は「火と戯れる女」。9月スウェーデン公開。
3作目の原題は「眠れる女と狂卓の騎士」。11月スウェーデン公開。
となっているみたいです。

スティーグ・ラーソンは男性なんですかね?この辺ちょっと不明です。
ただ、このシリーズは女性のパートナーがいたと聞いてますよぉ。

テーマは失踪した少女とリスベットの共通点としても描かれていましたね。

女性嫌悪はスウェーデンにあるんでしょうかね?この辺詳しくないです(涙)。
Unknown (海パンjoeさんへ(ryoko))
2010-04-06 23:10:44
とんでもなく遅い反応ですみません。
う~ん、意味も無く憎まれたら困るなぁ。
続編2作も、原題だけでドロドロ感あふれてますねぇ。
Unknown (Unknown)
2015-01-25 19:11:59
女性嫌悪の男がいない国なんてないでしょう…
日本にだって脈々とあるじゃないですか
Unknown (Unknown さんへ(ryoko))
2015-01-26 01:15:48
そりゃあ、どこの国にも女性嫌悪の男性も、男性嫌悪の女性もいるでしょう。
ここで言う「ミソジニー」は猟奇的というかサイコパスな感じです。
日本にも脈々と・・・?これは何を指しているのですか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 ま行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

23 トラックバック

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:MANN SOM HATAR KVINNOR) 【2009年・スウェーデン/デンマーク/ドイツ】試写会で鑑賞(★★★★☆) スティーグ・ラーソン原作の同名ミステリー小説を映画化。 40年前に失踪した少女の謎に、ジャーナリストと天才ハッカーが挑んでいくミステリー作品。 スウェ...
ミレニアム ドラゴンタトゥーの女 MAN SOM HATAR KVINNOR (銅版画制作の日々)
 THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO 東宝シネマズ二条にて鑑賞。エンドクレジット中、席を立たれた方、特報が流れましたよ。何と第2部の映画化のお知らせがちょこっとありました。それもそのはず、本作の小説は3部作なんですね。 スウェーデンの作家スティーグ・ラー...
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (心のままに映画の風景)
ジャーナリストのミカエル(ミカエル・ニクヴィスト)は、ある大物実業家の違法行為を暴露し名誉棄損で有罪になる。 彼に目をつけた大企業...
試写会「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」 (流れ流れて八丈島)
3日連続の試写会です六本木シネマートで、今週末から公開の「ミレニアムドラゴンタトゥーの女」を観てきました読んでませんが原作は大ベストセラーで今世紀最大の傑作ミステリーらしいけど、謎解きそのものはそれほど複雑でもないですミレニアム(1〔上〕) ミレニアム....
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (だらだら無気力ブログ)
作者の死後に発行され、世界中でベストセラーとなった傑作ミステリー 『ミレニアム』3部作を映画化したスウェーデン発のミステリー映画。 本作はその第一弾。 スウェーデンの孤島を舞台にジャーナリストの主人公がひと癖ある天才 ハッカーのヒロインと組んで、40年前...
映画 「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」 (ようこそMr.G)
映画 「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」
『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』はヴァイキングの国の出来事か? (映画のブログ)
 ベストセラーになった蛇蔵&海野凪子著『日本人の知らない日本語』に、スウェーデンから来た留学生のエピソードがある。  彼女が日本に行...
パーフェクト・ゲッタウェイ/ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (あーうぃ だにぇっと)
1月12日(火) パーフェクト・ゲッタウェイ@九段会館
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女/ミカエル・ニクヴィスト (カノンな日々)
これも劇場予告編を観る機会が一度もなかったんですよね。さすがにこれを何も知らずに観に行くのはちょっと不安かなと思って調べてみたんですけど、原作は世界的ベストセラーのミステリー作品なんだそうです。全然知りませんでした。三部作らしいんですけど映画もそうなる...
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (to Heart)
彼女だけが知っている 製作年度 2009年 製作国・地域 スウェーデン/デンマーク/ドイツ 上映時間 153分 PG15+ 原作 スティーグ・ラーソン 『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』(早川書房刊) 監督 ニールス・アルデン・オプレヴ 音楽 ヤコブ・グロート 出演 ミカエ...
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
スウェーデン発の原作は、40カ国以上で翻訳されており、今世紀最大のミステリーと絶賛されているそうなのでスッゴク気になっていました~【story】ジャーナリストのミカエル(ミカエル・ニクヴィスト)は、ある大物実業家の違法行為を暴露し、名誉棄損で有罪になる。そん...
「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」 (It's a wonderful cinema)
 2009年/スウェーデン  監督/ニールス・アルデン・オプレヴ  出演/ノオミ・ラパス      マイケル・ニクヴィスト  スウェーデン発のミステリーの映画化。原作は3部作からなり、今年のミステリー小説ランキング上位を独占した作品。これはその第1部。ち...
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年2月20日(土) 19:35~ ヒューマントラストシネマ有楽町1 料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフレット:700円(買っていない) 『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』公式サイト シネカノンには悪いが、シネカノンが倒産したおかげか、ヒューマン...
ミレニアム (映画的・絵画的・音楽的)
 「ミレニアム  ドラゴン・タトゥーの女」を渋谷のシネマライズで見てきました。  この映画は、デンマーク映画『誰がため』を見た直後で北欧にやや関心が向いていることもあって(注1)、原作を読んだばかりでオチを知っているとはいえ、ぜひ見てみたいと思っていまし...
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (映画三昧、活字中毒)
■ シネ・リーブル池袋にて鑑賞ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女/MAN SOM HATAR KVINNOR 2009年/スウェーデン、デンマーク、ドイツ/153分 監督...
「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Män som hatar kvinnor」...aka「The Girl with the Dragon Tattoo」 2009 スエーデン/デンマーク/ドイツ ミカエル・ブルムクヴィストに「歓びを歌にのせて/2004」のミカエル・ニクヴィスト。 天才ハッカー、リスベットにノオミ・ラパス。 ヘンリック・ヴァン...
『ミレニアムドラゴン・タトゥーの女』(2009)/スウェーデン (NiceOne!!)
原題:MANSOMHATARKVINNOR/THEGIRLWITHTHEDRAGONTATTOO/MILLENNIUM:PART1-MENWHOHATEWOMEN監督:ニールス・アルデン・オプレヴ原作:スティーグ・ラーソン出演:ノオミ・ラパス、ミカエル・ニクヴィスト、スヴェン・バーティル・トープ、ステファン・サウク公式サイトはこ...
「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」 (It's a wonderful cinema)
 2009年/スウェーデン  監督/ニールス・アルデン・オプレヴ  出演/ノオミ・ラパス      マイケル・ニクヴィスト  スウェーデン発のミステリーの映画化。原作は3部作からなり、今年のミステリー小説ランキング上位を独占した作品。これはその第1部。ち...
『ミレニアムドラゴン・タトゥーの女』(2009)/スウェーデン (NiceOne!!)
原題:MANSOMHATARKVINNOR/THEGIRLWITHTHEDRAGONTATTOO/MILLENNIUM:PART1-MENWHOHATEWOMEN監督:ニールス・アルデン・オプレヴ原作:スティーグ・ラーソン出演:ノオミ・ラパス、ミカエル・ニクヴィスト、スヴェン・バーティル・トープ、ステファン・サウク公式サイトはこ...
■映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
スウェーデンで大ヒットを記録した映画「ミレニアム」三部作の第一部『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』。 9月11日からに映画の第二部『ミレニアム2 火と戯れる女』、第三部『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』が公開されるということで、観そびれていた第一部をDV...
【映画】ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (★紅茶屋ロンド★)
<ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 を観ました> 原題:Män som hatar kvinnor 製作:2009年スウェーデン ランキング参加中 スウェーデンの作家スティーグ・ラーソンの処女作でありながら遺作となった原作小説。彼が亡くなってから大ヒットし、ベスト...
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (Män som hatar kvinnor) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ニールス・アルデン・オプレヴ 主演 ミカエル・ニクヴィスト 2009年 スウェーデン/デンマーク/ドイツ映画 153分 サスペンス 採点★★★ 一時、本屋に行ってもビデオ屋に行っても「ミレニアム!ミレニアム!」と時期外れも甚だしいミレニアム連呼に、「いよ...
「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」 (セレンディピティ ダイアリー)
DVDで、スウェーデン発のミステリー映画、「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」