映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

この愛のために撃て A BOUT PORTANT

2011-10-09 | 映画 か行
今週水曜日、突然の冬到来。
一気に気温が下がった上に、雨  そんな中映画を見に横浜へ。
コンビニで飲み物を…でも冷たい飲み物はちょっとと躊躇っていたのですが
流石コンビニ! この日はあったかい飲み物販売していました ホッカホカ~。
痒いところに手が届く、コンビニ恐るべし


前回の「チェルノブイリハート」を見た後、同じく横浜ニューテアトルで見た2本目のはフランス映画です。
どんな映画か何も知らないまま、雨のなか他の映画館へ移動するのが嫌だっただけなんです。

ところが、これが面白~い!!!
ただ、日本語タイトルが? フランス語、全くわからないので原題はお手上げです
英語タイトルは「POINT BLANK」。「至近距離から直射する」とか「身も蓋もない」という意味のようです。
この英語タイトルは1967年リー・マービン主演「殺しの分け前」の原題のようです。
この映画かなり評価が高いです。昔テレビで見たかも?

    
        本作の英語ポスター           1967年「殺しの分け前」

    
       **********************

                こののために撃て
            A BOUT PORTANT / POINT BLANK

        *********************
     
 < ストーリー >
パリの病院に勤務する看護助手サミュエル(ジル・ルルーシュ)は出産間近の妻(エレナ・アナヤ)を
労わり、ラブラブな日々を過ごしていた。
ある日、サミュエルが帰宅すると謎の侵入者に突然殴られ気を失ない、妻が誘拐されていた。
犯人からの電話で「今から3時間以内に病院からある男を連れ出さなければ妻を殺す」と強迫される。
その男は、昨夜交通事故で意識不明のまま運ばれた指名手配中の強盗殺人犯サルテだった。
何が何だかわからぬうちに、妻を救う為犯人の要求に従うサミュエルは警察からも追われることに。
たった一人、パリの街を走り続けるサミュエルは妻を救うことができるのか・・・?

          
冒頭、ひとりの男が逃走し、それを追う2人の男。
3人とも強面でヤクザの抗争か何かかと思ったら、極々普通の善良な市民がとんでもない事件に
巻き込まれることになる  
早産の危険があるから安静にって家事も控えてなんて言ってたのに・・・。

フランスには行ったことがないのでわかりませんが、刑事さんて腕に警察であることを知らせる
赤い腕章を付けてるんですかね?
日本のドラマやハリウッド映画にもよくある、警察内のお手柄競争に汚職警官たち。
えぇー、サミュエルは一体誰を頼ればいいのよ?!

フランス人俳優さんってあまり知らないんですが、それが幸いした気がします。
ハリウッド映画だと、「あぁこの人は悪者ね」とか「悪者と見せかけて味方でしょ」なんて
推測ができるんですが、この映画に登場するのは女性警察官を含め、みんな強面なんだもん。
サミュエル同様、見てる私も誰を信じてよいやら状態。
  右が見るからに善良顔のサミュエル
          
            他の人たちは、み~んな強面

まぁ、最初から最後までスピード感溢れるチェイス。 
パリの街角で、地下鉄構内やホームで、走る、走る

追い詰め、追い詰められ、
最後は決定的な証拠映像を記録したUSBを求めて、驚きの場所で思わず二ヤリとする作戦。
そして、最後の最後まで飽きさせませんよ


主演の善良顔ジル・ルルーシュはリーアム・ニーサンに似ています。
妻役のエレナ・アヤナはキュートなスペイン女優さんです。

フレッド・ガヴィエ監督は「妻のために戦う夫のストーリー」がお好きなんでしょうか?
ラッセル・クロウ主演で公開中の「スリーデイズ」は同監督の前作「すべて彼女のために」(未見です)
のリメイクなんですね。
「すべては彼女のために」を見なくっちゃ~。



にほんブログ村 映画ブログへ



***** 見た 映画 ******

 10月 9日 「ドラゴン・キングダム Forbidden Kingdom」DVD

        「英国王のスピーチの真実 ジョージ6世の真実」DVD 

コメント (4)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« 「チェルノブイリハート」と... | トップ | サイクリング@横浜 第2弾 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2011-10-09 07:52:26
お、今、横浜でやってるんですかね。
こんな面白い映画、少しでも多くの人に見てもらいたいですね。
Unknown (ふじき78さんへ(ryoko))
2011-10-09 23:10:44

はい、横浜ニューテアトルで公開中です。
私が見た回は15人ほど、こんなに面白いのに残念だなぁ~と友人に薦めています。
多くの人に是非見ていただきたいですね。
快作でしたね (kazoo)
2012-11-25 15:14:33
お姫様のように
大事にされる妻だったのに~~~

わたくし
妻にひどいことするあの婦人警官が
妙に
妙に
印象に残ってしまいました。

いやあ
これ
快作でしたね!
面白かったですよね~。 (kazooさんへ(ryoko))
2012-11-25 22:25:49
そうなんです。
あんなに大事にされてたのに…、とんでもない状況で産気づかないかと心配しましたわ。

私はもう一人の女性警官があんなことになってビックリでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 か行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

21 トラックバック

この愛のために撃て [A Bout Portant] (2010 France PG12) (音楽ウェブロッジSunHero)
まず最初に、SunHeroは「ふじき78」さんと「クマネズミ」さんのお二方に感謝します。というのも、「ふじき78」さんが8/27付でこの映画を紹介されたのを見て、「クマネズミ」さんが大急ぎで見に行って、8/29付で記事にしてくれたおかげで、SunHeroも東京上映最終日前日(9/...
この愛のために撃て (映画的・絵画的・音楽的)
 『この愛のために撃て』を渋谷のユーロスペースで見ました。 (1)事前の情報がほとんど何もなかったところに、「ふじき78」さんが、そのブログ「ふじき78の死屍累々映画日記」の8月27日の記事において、「大傑作だ」とか「いやあ、おもろいよ」と述べていて、ちょうど夏...
この愛のために撃て (あーうぃ だにぇっと)
8月6日@有楽町スバル座。 カサキケイくんのご招待で公開初日の夕方に観に行ってきました。 観客の入りは2、3割といったところ。
『この愛のために撃て』をユーロスペース1で観て、大傑作だふじき、みんな観に行け☆☆☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆☆☆うわあ、こんなにおもろいのにお客が5人だ】 どんな映画と言われれば『96時間』みたいな超アクションだけど、 主人公は元CIAとかじゃなくって、縁 ...
『この愛のために撃て』 (2010) / フランス (Nice One!! @goo)
原題: A BOUT PORTANT 監督: フレッド・カヴァイエ 出演: ジル・ルルーシュ 、エレナ・アナヤ 、ロシュディ・ゼム 、ジェラール・ランヴァン 、ミレーユ・ペリエ 鑑賞劇場:ユーロスペース 公式サイトはこちら。 フレンチ・ノワール、しかもテンポがよかっ....
この愛のために撃て (とりあえず、コメントです)
病院で働く看護士が殺人事件に巻き込まれていくサスペンス・アクションです。 今年のフランス映画祭で気になっていたのですけど見逃してしまったので、公開を楽しみにしていました。 フランス映画らしいハードな展開にうわーと思いながら主人公を応援していました。
『この愛のために撃て』 (ラムの大通り)
(原題:A bout portant) ----これって、どこかで聞いたようなタイトル…。 あっ、『すべて彼女のために』だ。 「おおっ。まるで打ち合わせたみたい。(笑) この映画は、その作品で監督デビューを飾った フレッド・カヴァイエの新作。 プロットそのものはシンプル。 主...
この愛のために撃て (風に吹かれて)
巻き込まれた男 [E:run]公式サイト http://www.konoai-ute.com監督: フレッド・カヴァイエ  「すべては彼女のために」看護師を目指す看護助手のサミュエル(ジル・ルルーシュ
この愛のために撃て (538ねん。)
そうかなり私自身がプロットの面白さで はまった ラスト3デイズ~すべては彼女のために~を作った フレッド・カヴァイエ脚本・監督 の2作目です いや、ほんと面白かった。 お盆休みの日曜日の東京有楽町 朝一の回でも5,60人もお客さんが入ってた 今度も普通のお父...
「この愛のために撃て」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「À bout portant」…aka「Point Blank」2010 フランス サミュエルに「世界でいちばん不運で幸せな私/2003」「ナルコ/2004」「輝ける女たち/2006」「PARIS パリ/2008」「ジャック?メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック?エネミー)No.1と呼ばれた男 Part1...
この愛のために撃て (ダイターンクラッシュ!!)
2011年9月2日(金) 19:00~ ユーロスペース1 料金:0円(会員ポイント利用) パンフレット:未確認 『この愛のために撃て』公式サイト ポール・ハギス、ラッセル・クロウでのリメイクが近々公開される「すべて彼女のために」の監督フレッド・カヴァイエの二作目。...
「この愛のために撃て」、ヒットして欲しい映画!第二弾 (カサキケイの映画大好き!)
最初から最後までワクワクドキドキさせられる とても面白い映画。 でも上映されているのは東京では有楽町スバル座と渋谷だけ。 こんな作品こそ上映劇場を増やして欲しいものだ。 是非観てください。そして、面白かったと思った人は口コミで流行らせましょう! と言い...
「この愛のために撃て」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・フランス=ゴーモン/配給: ブロードメディア・スタジオ 原題: A bout portant 監督: フレッド・カヴァイエ 脚本: フレッド・カヴァイエ、ギョーム・ルマン 製作: シリル・
「この愛のために撃て」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
どの愛のために撃つんだ? あの愛のために撃つのよ! なるほど、その愛のために撃つのか! なんて、バカっ話をしている隙もないほどスピーディーに物語は展開する。 誘拐された妻を救うため、平凡な男が孤立無援の状態で疾走する姿を描くフランス映画。監督は、あまりな....
この愛のために撃て (銀幕大帝α)
A BOUT PORTANT/10年/仏/85分/サスペンス/PG12/劇場公開 監督:フレッド・カヴァイエ 過去監督作:『ラスト3デイズ ~すべて彼女のために~』 脚本:フレッド・カヴァイエ 出演: ◆ジル・ルルーシュ…サミュエル 過去出演作:『アデル/ファラオと復活の秘...
「この愛のために撃て」 (セレンディピティ ダイアリー)
DVDで、フランス発のフィルム・ノワール、「この愛のために撃て」(À Bout
この愛のために撃て (だらだら無気力ブログ!)
最後までハラハラできる展開で大変面白いフレンチノワールだった。
この愛のために撃て (いやいやえん)
「ラスト3デイズ~すべて彼女のために~」の監督さんです。 同じように、妻が窮地に立たされそれを救いに奔走する夫と言う図ですが、そこはやはり監督のセンスなのか、スピード感あるテンポのいい演出で引きこまれて
この愛のために撃て (À bout portant) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 フレッド・カヴァイエ 主演 ジル・ルルーシュ 2010年 フランス映画 84分 サスペンス 採点★★★★ 子供が3人いるんですけど、上の子2人の出産には立ち会えなかった私。女房が出産に向け入院中だった上に私は仕事の都合で県外に居たんで、「さっき産まれたよ...
この愛のために撃て (新・映画鑑賞★日記・・・)
【A BOUT PORTANT】 2011/08/06公開 フランス 85分監督:フレッド・カヴァイエ出演:ジル・ルルーシュ、エレナ・アナヤ、ロシュディ・ゼム、ジェラール・ランヴァン、ミレーユ・ペリエ、クレール・ペロ、ムーサ・マースクリ、ピエール・ブノワ、ヴァレリー・ダッシュウ....
この愛のために撃て (LIFE ‘O’ THE PARTY)
わたくしがお世話になっている映画サイト。 映画を観た感想を簡