河内長野WALK&RUNとともに

ランニングを通じて、健康を維持し、友達の輪を広げましょう!

1/16(水)、夕暮れラン・7キロ!

2019-01-16 21:19:47 | ランニング

1/16(水)、午後5時55分、自宅を出る。
暖かい。 風もない。
ユニホームは、長袖の下着に、半袖の薄いジャンバー、一番上は、キルティングのブルゾン。
一寸厚着だったのか、汗でびっしょり。
今日は、手に小石を握り、ヘッドライト(途中で切れる)を点け、つま先着地、手を上下に振り、肘を後ろに、胸を突き出き出すことを意識して走った。
今日も、夜景は最高!
午後7時05分にゴールした。
万歩計は、9,476歩、7キロを指していた。
コメント

1/13(日)、夕暮れラン・4キロ!

2019-01-13 21:06:36 | ランニング

1/13(日)、午後6時15分頃から、午後7時過ぎまで走った。
いつもの通り、ヘッドライトを点け、手には小石を持って。
最近、走る際に気をつけていることは、胸を突き出し、肘を後ろに引くこと。
夜景は綺麗だし、風も無く、温度もそう低くなく、快適なランが出来た。
万歩計は、4キロを指していた。
走り終って、自宅に入ると、汗びっしょりだった。
コメント (4)

1/12(土)、「河内長野WALK&RUN」 初例会 !

2019-01-12 13:37:46 | ランニング

1/12(土)、今日は、我がクラブ「河内長野WALK&RUN」の2019年 初例会!
午前9時に、集合場所の「河内長野市民総合体育館」に集まったのは、義坊会長、土Iちゃん、浅Dさん、きんちゃん、ハイジさん、金Nさん、若Hさん、しんちゃん、みいちゃんの9人。
きんちゃんは、ウォークで、「烏帽子形神社」へ。
その他のラン組は、「南海軌道跡(緑道)」を行く。

   



   


「三日市町東ロータリー」で、義坊会長のリードでストレッチをする。
義坊会長、土Iさん、若Hさん、ハイジさんが先行し、金Nさん、浅Dさん、みいちゃんが追う。
みいちゃんは、「千早口駅」手前で、小雨がパラついて来たので、折り返すことにする。 往復7キロ位か。
後は、「天見駅」までの往復15キロ、「千早口駅」往復11キロを走る。
雨は、大したことはなかった。
寒くもなく、風もなく、いい「初例会」だった。
コメント

1/9(水)、夕暮れランニング・1時間! 6キロ !

2019-01-09 19:49:37 | ランニング

1/9(水)、午後5時58分から、午後7時まで、約1時間走った。
昼間は、かなり冷たい風が吹いていたが、その風も収まり、走るのにはいいコンディションだった。
空気は、澄んでいて、夜景も、綺麗だった。
「あべのハルカス」も鮮明に見えた。
何故か、“筋雲”が空一杯に広がっていた。
夕焼けも残っており、明日の晴れを予想させる。

    

今日は、大きい方の(卵大)の石を握って、出来るだけ胸を突き出し、肘を後ろに引くことを心掛けた。
ランナー仲間で、「朝走るのが良いか」 「夕方走るのが良いか」が議論になるが、私は「夕方党」だ。
理由と言えば、ラン後、すぐに風呂に入れて、その後のお酒が美味しいから。
動機は、不純なんですヨ。
コメント (2)

1/6(日)、 映画 『ボヘミアンラプソディ』 観賞 !

2019-01-06 19:09:26 | サイクリング

ボヘミアンラプソディ

       


       


       

1/6(日)、正午から、映画 『ボヘミアンラプソディ』を鑑賞した。
実話に元づく映画で、非常に“音楽性の高い”心に残る映画だった。

監   督  ブライアン・シンガー

主な出演者  ラミ・マレック(フレディ・マーキュリー)、ルーシー・ボイントン(メアリー・オースティン)他

内 容(概略)実在した、ロック歌手、フレディ・マーキュリーの物語。

1970年、ロンドン。複雑な生い立ちや、容姿のコンプレックスを抱える若者フレディは、ある日ギタリストのブライアン(グウィり        ム・リー)と、ドラマーのロジァー(ベン・ハーディ)のバンドのヴォーカルが脱退したことを知り、自らを売り込む。
1年後。 ベーシストのジョン・ディーコン(ジョー・マッゼロ)が加入し、フレディのアイデアでバンド名は、“クイーン”に。
そんな中、フレディは、メアリー(ルーシー・ボイントン)と出会い、一目で恋に落ちる。
やがて、シングル<キラー・クイーン>が、大ヒット。(ほぼパンフに基づく)

コメント (4)

1/5(土)、よ~歩きましたワ。 11.3キロ !

2019-01-05 18:55:08 | ウォーキング

1/5(土)、午前11時半頃、家を出た。
「金剛山が、綺麗に見える場所がある」というので、その人の言に従いウォーキング。
自宅(清見台)~三日市町駅~増福寺~胸切り地蔵~はぐくみ公園~烏帽子形神社~大日寺~イズミヤ~長野神社~河内長野駅。
河内長野駅で、福ちゃんの呼びかけで集まった陸上競技協会の4人で、「喫茶店シャロット」にて懇談する。
懇談後、また、三日市町駅まで歩き、午後5時“居酒屋 純”へ。
午後6時半頃までいて、客も入って来たので、店を出る。
万歩計では、15,359歩、距離は、11.3キロだった。
コメント

1/2(水)、今日も、走りました。 初詣も!

2019-01-02 19:20:09 | ランニング

1/2(水)、夕方、午後6時02分からランを開始した。
気温は、4℃くらい、風は全くない。 ランには、程よいコンディションである。
今日も、両手に小石を持って、LEDヘッドライトを灯して。

   

       小石(今日は小さい方)と、ヘッドライト

最初は、急坂は大股で歩き、平らな道と下り坂は走っていたが、知らん間にズット走っていてそのままランを通した。
最後の方は、ランニング・ハイの感じになって、自宅回りを何周かした。
全体の距離は大したことはないが・・。
体調もいいせいか、本と、気持ちよく走れた。
ゴールの時間は、午後6時40分だった。
万歩計は、5,074歩、3.7キロを指していた。
入浴時の体重は、56.2キロ、体脂肪は13だった。

今日は、午前中に家族で、「赤坂上之山神社」・「興禅寺」と午後3時頃、一人で「川上神社」に初詣に行った。

   

            赤坂上之山神社

川上神社では、当番で、奉仕している福ちゃんと会い、年賀の挨拶を交わした。

   

             川上神社
コメント (2)

1/1(火・元旦)、初走りは、“初詣元旦ランニング”! 6キロ!

2019-01-01 12:17:49 | ランニング

1/1(火.元旦)、「河内長野RC」主催の、恒例の「元旦ランニング」が、寺ケ池公園を基点に開催され、参加した。
一般参加者は、約50名。

    

               受 付

クラブ員も、午前7時に集合し、約30名が、運営に当たった。
午前8時過ぎから開会式があり、その後、松子さんのリードでストレッチが、軽ろやかろな音楽に合わせて行われた。
コースは、天野山・金剛寺方面(往復14km)、住吉神社・赤峰運動公園方面(往復6km)の2コース。
午前8時40分頃、一斉にスタートした。

    

             一斉にスタート

集合時は、かなり冷えていたが、陽がさすとともに暖かくなり、スタート時には、最高のコンディションになった。
「河内長野WALK&RUN]クラブからは、早Sさんと、だいちゃんが参加していた。
みいちゃんは、住吉神社・赤峰運動公園方面を、7名の内の1名として走った。
赤峰運動公園では、希望者は、1周(668.5m)を走った。
午前9時50分頃ゴールした。
豚汁が振舞われたが、温かく、美味しかった。

    
            
               豚 汁

勧められて、お替りした。
その後は、天野山・金剛寺コースからの、ゴールするランナーを拍手で迎えた。
午前11時前、全員がゴールし、後片付けも完了したところで、会長から、ねぎらいの言葉をもらい、解散した。


コメント (4)

1/1(火・元旦)、明けまして おめでとう ございます。

2019-01-01 02:53:20 | Weblog

明けまして 

   おめでとう

      ございます

                    2019 元旦



  


          金剛山の日の出(午前7時)
コメント

12/31(月)、ラン終い! ランニングハイも出て! 5.6キロ!

2018-12-31 19:59:34 | ランニング

12/31(月)、午後6時02分家を出て、ランを開始する。
ヘッドライトを付け、手には小石(いつもより一寸大きいもの)を持つが、それ以外は一切身に着けていない。
吐く息が、ヘッドライトの灯に当たり、白い。
夜景は、凄くきれいだ。
「あべのハルカス」がきれいに見えるだけでなく、大阪市街の灯も鮮明だ。
後半になると、汗びっしょりとなる。
一年の老廃物を、汗が放出してくれているようだ。
ゴールの自宅が近づいて来る頃明らかに“ランニングハイ”の気分になって来た。
だが、今日は「大晦日」、年越しそばは、「紅白歌合戦」前に食べることが、暗黙の了解になっているので、その気分を振り切ってゴールする。
午後6時55分、2018年最後の、ランは気持ちよく終わった。
万歩計は、7,641歩、5.6キロを指していた。
今年一年、膝痛、腰痛などに悩まされたが、最後にそれを克服して、走り切れたのは嬉しい。
コメント