想いのままに…

日々の生活の中で感じたことを、想いのままに綴りたいと思います。

知っていたのですが…

2017-06-11 21:06:33 | 日記
北海道に来てからも、毎日のスイーツ作りは欠かせない日課となっています。
とはいえ、1度作ると、2日に分けて食べるスイーツもありますので、
実際に作るのは、毎日ではありません。

そんな今日のスイーツは、ロールケーキです。
細巻きに作ってみました。

太巻き…といいましょうか、普通のサイズで作ると、
切る時に崩れてしまうことが多く、ちょっと残念に思ったからです。

切る時には、包丁を少し温めて、ケーキに垂直にあて、
押さえないように気を付けながら前後に動かして…と、
一応、上手に切れるという情報をもとに切ってはいたのです。

それでも、うまく切れませんでした。
ケーキも違えば、包丁や腕も違うのですから、仕方がないのかしら…。

そう思っていた先日、テレビで見たのが、糸を使って切るというもの。

昔、母が、ゆで卵を切る時には、いつも糸を使っていました。
20cmほどに切った糸の片方を口にくわえ、
左手に殻を取った卵を持ち、右手に持った糸を卵に一周巻き、
糸が重なったところで引っ張ると、卵が綺麗に輪切りになるのです。

ゆで卵は好きではなかった私ですが、その方法で切る母の手際を見るのは好きでした。
その原理と同じなのですね、ロールケーキの切り方も。

そうして切った今日のケーキは、綺麗でした。
これは、いろいろなものを切る時に簡単に、
しかも綺麗に切れるので、使えそうです。
細巻きではなく、普通のサイズでも、きれいに切れそうな気がします。

それにしても、子供の頃に見ていたこと…、
しかも、覚えてもいましたし、好きだったことなのに、
応用することができなかったのです。
残念です。
もっと、頭を働かせることが必要ですし、大切ですね。


 これが、今日の細巻きロールケーキです。
 「見た目も、味も、食べやすさも、とても良かったよ。」と
 主人が評価してくれました。
 ありがとう、あなた…
コメント