薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンスヤフー店薪ストーブ情報バナー

150cmの大蛇と、ファイヤーバードとワニツールで焚火は楽し!




昨日の夕方、大蛇と遭遇した。

まぁ大蛇と言ってもシマヘビなんだが、カエルでも食べに来たのか?
閑居の裏庭で鉢合せすると、Uターンしてスルスルル~と庭石の陰へ消えて行った。

蛇が去った後、目測だがコンベックスで長さを測ったら150cmもあった。
青大将なら普通だが、縞蛇でこの長さはやはり大蛇級だ。

子供の頃、捕まえて肩にかけて遊んでたシマヘビは、
せいぜい1m前後だったから、このサイズのシマヘビは初めて見たかもしれない。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】
スルーの人もたまには!



今でも蛇は嫌いじゃないが、積極的に触りたいとは思わなくなった。

若い頃、マムシを捕まえて塩焼きにしたものを、無理やり食わされたことがあったが、
生臭くて一口だけで勘弁してもらった(笑)


そういや、熊も食べたことがあるんだが、あれも獣臭くて苦手だった。
大蒜と生姜を大量に入れて煮込んでも臭みは消えない。

その点、カエルは何とか食える。
好きな人には悪いが蛇と熊は食い物とは思えない、もう2度と口にしたくないね。



写真は、土曜日のBBQ の時に撮ったティピだ。





きのうは、ワニツールのハンドリングが素晴らしい  ことを紹介したんだが、
今日の主役は、ファイヤーバード   だ。


先端が90度に曲がって、名前の通り鳥のくちばしのように尖っているので、
薪ストーブの炉でも焚火でも、火掻きには最適な形状だ。

挟む動作はワニツールに敵わないが、
取っ手も長いし、火掻きするにはファイヤーバードの方が使い勝手が断然いい。

もっとも、ワニツールは飽くまでも火ばさみであって火掻き用ではない。

アンコールなどのトップローディングで使うことを想定しているので、
ファイヤーバードは取っ手が長いのだ。






ティピで燃やしたのは半端物と割りクズばかりで、薪割りで剥がれたクヌギの樹皮や、
1週間前に割った 端材 の中から、比較的乾いてそうなものを選んできた。

焚火は楽しくてしょうがない。





 こっちも面倒見てやってください。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ



※今朝の気温 19℃


薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション




閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ワニツール、... 薪ストーブの... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。