生き生き箕面通信

大阪の箕面から政治、経済、環境など「慎ましやかな地球の暮らし」をテーマに、なんとかしましょうと、発信しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

・1270 ・大飯にも「ダモクレスの剣」をつるす野田首相

2012-05-31 06:46:03 | 日記
おはようございます。

生き生き箕面通信1270(120531)をお届けします。



・大飯にも「ダモクレスの剣」をつるす野田首相



 4閣僚会議なる茶番を演出して「大飯原発は安全」と言ってのけ、大飯

原発を何が何でも動かそうとする野田首相。その原発は、ひとたび過酷

事故が起きると、近畿の水がめ・琵琶湖を放射能汚染させるばかりか、

西日本にも住めない「死の街」を造ることになる危険性をともなったもの

です。つまり、近畿の空の上に「ダモクレスの剣」をつるす行為なのです。



 日本には、「フクイチ」という福島原発の4号炉に今にも崩壊しそうな核

燃料プールがあります。それは世界の人々がいわば固唾を飲んで見守

る「ダモクレスの剣」とされています。今後、四国の伊方原発も動かすの

でしょう。日本の上空に何本の「剣」をつるすことにするのでしょうか。つ

るしているその1本でもが切れると、日本が放棄しなければならない領土

ができるばかりか、世界をも危険に巻き込むことになります。



 フクイチ4号機の「迫りくる危険性」については、元駐スイス大使の村田

光平氏や小出裕章・京大原子炉実験所助教らが「世界の知恵を集める

原子力安全サミットを開催すべき。核燃料プールの安定させるための国

際的支援体制を組織し、大惨事を防ぐべき」という内容の緊急アピールを、

今年4月、国連の潘基文・事務総長と野田首相に送りました。



 また、アメリカのロン・ワイデン上院議員は同じ4月にフクイチを視察した

後、ヒラリー・クリントン国務長官らに「福島第一の原子炉建屋が崩壊して

当初の事故より大規模な商社性物質が放出される恐れがある。しかし、

日本は動きが遅く、危険な核燃料棒を原子炉から取り出していない」とい

う趣旨の書簡を送っています。



 そんな危険が実在するのを横目に、それを見ない振りをして新たに

原発を動かそうとする、この大いなる愚挙。「総理である私の責任で判

断する」とのたまいますが、たかが「千葉のどじょう」に、日本の、そして

世界の運命を白紙委任したことなど全くありません。どの面下げて、

「私の責任で」などと言えるのか。この思い上がり。頭が狂っっていると

しか思えない。世界がハラハラしているのに、日本の統治者だけはの

ほほんと、「ゲンパツ、動かしま~す」。



 そして、それをきちんと批判できないマスメディア。読売に至っては、

「再稼働、歓迎」の紙面です。「広域連合 実質容認」の見出しを、1面

と37面と、2回も麗々しく使っています。もちろん、再稼働に反対だった

橋下・大阪市長も「容認」という意味あいをにじませた極めて巧妙で意

図的な紙面づくりです。



 この箕面通信で何度も記したように、原発から必然的に生み出され

る核のゴミ、プルトニウムは人類は処理できません。これだけは何人

も否定できない科学的事実、ファクトです。自分達の世代は、電気を

使って生活を享受し、やっかいな核のゴミは子孫に押し付ける。そん

な哲学がいま、横行しようとしています。それも賢いはずの日本でで

す。う~ん。日本人自身がエイリアンになってしまったか。いやいや、

まだあきらめるのは早い。再稼働阻止へ粘り強く頑張りましょう。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

・1269 ・本日、野田・小沢会談――政界再編へ動き出すか

2012-05-30 06:48:08 | 日記
おはようございます。

生き生き箕面通信1269(120530)をお届けします。



・本日、野田・小沢会談――政界再編へ動き出すか



 本日の会談を前に、野田首相は「乾坤一擲。一期一会です」と語りまし

た。何か大変な覚悟をして会談に臨むという意味なのでしょう。でも、違

和感はぬぐえません。広辞苑では、乾坤一擲(けんこんいってき)は「の

るかそるかの勝負をすること」とあります。一期一会(いちごいちえ)は「生

涯にただ一度まみえること。一生に一度限りであること」です。ふ~ん。

つまり、「一生に一度限りの、のるかそるかの大勝負」をするのですか。



 小沢氏は、「選挙で公約し、それで政権交代させてもらった。それを守ら

なければ政権交代の意味がありません」と、あくまでも選挙公約実現の初

志貫徹です。小沢氏の政治的立場の一丁目一番地ですから、ぶれずはず

がありません。野田氏が説得できると考える方がおかしいのですが、なぜ

か野田氏は「乾坤一擲。一期一会」です。



 今後については、いくつかのシナリオが取りざたされています。妥協成

立、決裂、先延ばしの三つ。結局、決裂するほかないのではないでしょう

か。民主党内で悪知恵を働かせるくせ者が考えることは、「できるだけ小

沢氏を傷つけて、できれば除名し排除する」道です。仙谷由人(わると)氏

がリードする道といえましょうか。



 小沢氏としては、もともと自分たちが公約して政権を任せてもらったの

だから、自分たちが主役。現執行部はエイリアン(異星人)といった感覚

でしょう。だから、「別れるなら、出ていくのは彼ら」です。



 いずれにしても、日本の財政をどうするか、は避けて通れない大きな

課題であることに違いはありませんよね。それに、政治を動かせる体制

にする必要があります。結局、政界再編をする歴史的必然性の時期に

直面しています。小沢氏のもとに結集するグループと、増税派グループ

に大別され、その間の第三局がキャスティング・ボートを握る構図でしょ

うか。しかし、それでも政治が動く体制に整理されるかは疑問があります。



 政治の混迷が続くことで、変なことにならなければいいのですがーー。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

・1268 ・原発政策で朝日vs読売

2012-05-29 06:47:29 | 日記
おはようございます。

生き生き箕面通信1268(120529)をお届けします。



・原発政策で朝日vs読売



 「『原発ゼロ』では立ちゆかない」と読売新聞。「『早期ゼロ』を支持する」

と朝日新聞。本日5月29日の両紙社説の「見出し」です。



 読売の「原発のすすめ」はこうです。「国を支えるエネルギーの将来を

左右する重大な選択だ。冷静に現実的な目標を定めることが重要であ

る」と、まず「冷静で現実的な」という表現でめくらましをかけました。「め

くらまし」と決めつけたのは、以下の読売の主張こそが「冷静で現実的」

と暗示にかける作用をもたらす表現だからです。読売以外の他の主張

は、「冷静ではなく非現実的」という排除の論理を内包しているのです。



 朝日は、「私たちは、できるだけ早く原発をなくし、省エネと自然エネル

ギーを推進しつつ、当面は火力発電を活用していく案を支持する」として

います。これは「できるだけ早く原発をなくそう」という主張ですが、読売の

論法ではこれが、「冷静ではなく、非現実的」というわけです。



 読売の論法の特徴は、原発以外は「すべてコストが高い」ということを

根拠にしています。「発電コストの高騰などで、国内総生産(GDP)は年

30兆円も押し下げられる見込みだ」「太陽光パネルなどを設置する広大

な用地をどう確保するのだろうか」「日照や風の状況で電力が急激に変

動する再生エネの欠点を解消するには、さらに巨額の開発費用がかか

り、経済の重荷となる」と、再生エネにケチをつけることに懸命です。しか

し、原発ゼロに踏み切ったドイツでは、再生エネへの膨大な投資が経済

を成長させています。読売論法がいかにインチキか。



 読売の社説では、「安全性の高い新型炉を導入し、原子力を火力など

と並ぶ基幹電源として使うことが望ましい」「日本が『原発ゼロ』に向かえ

ば、原発の輸出ビジネスは展開できなくなる。原子力技術を維持し、安

全向上で国際貢献することも、忘れてはならない視点である」と結んでい

ます。とんでもないことです。人類が最終処理できない「核のゴミ」(使用

済み核燃料)を生み出し続け、その処理を未来の子孫に押し付ける原発

推進ビジネスが「国際貢献」ですって。あきれた読売論説子の狂論です。

読売新聞はナベツネというトップを担ぐ原発ゾンビに乗っ取られています。

こんな新聞は購読拒否すべきです。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

・1267 ・「再稼働すんな」と、年寄りが1時間のデモ

2012-05-28 06:40:20 | 日記
おはようございます。

生き生き箕面通信1267(120528)をお届けします。



・「再稼働すんな」と、年寄りが1時間のデモ



 「あかんで!大飯・伊方の再稼働 5・27関西行動」が昨日、大阪市内

の扇町公園を起点に西梅田公園まで集会・デモが行われました。服部

良一・衆院議員も挨拶に立ち、「滋賀県の嘉田知事が大飯原発で事故

が起きた場合のスピーディーのシミュレーション結果を出すように政府に

要求していますが、(所管している)文科省はかたくなに拒否しています。

政府は情報は出さずにただ『安全だ』と繰り返すばかりで、大飯を再稼働

させようとしている」と訴えました。



 デモは3時10分に出発、読売新聞大阪本社前を通り、国道1号線を

左折してアメリカ領事館前へ。シュプレヒコール:「原発はいらない」「放

射能はいらない」「子どもを守ろう」「大人が守ろう」「みんなで守ろう」「原

発反対」「子どもたちを放射能にさらすな」



 大阪市役所角から日銀大阪支店北側、朝日新聞大阪本社前、そして

関西電力本社前へ。「関電はすべての原発を止めろ」「節電で夏は乗り

切れる」「電力危機はウソっぱちや」「関電は電力危機をあおるな」「命よ

り大事な電力はない」「関電はすべての原発を止めろ」「関電も原発事

故の責任をとれ」「フクシマは終わっていない」「再稼働を止めよう」「大

飯を止めよう」「伊方も止めよう」「関電の全原発を廃炉にしよう」「日本

の全原発を廃炉にしよう」



 そして、西梅田公園で流れ解散。この間、ちょうど1時間。豊中市議の

木村真さんから渡してもらった、「再稼働すんな」と書いたプラカードを持

って歩きました。西日を浴び続け熱中症気味で、72歳の身には少々き

つうございました。しかし、眠り込んだ子どもを抱きかかえて、汗を流しな

がら、シュプレヒコールを一生懸命に叫び続けているお母さんの姿もあ

りました。この暑さの中、結構多くの人がデモに参加しました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

・1266 ・「4号プールは安全なの?」――相変わらずの大本営発表

2012-05-27 07:13:10 | 日記
おはようございます。

生き生き箕面通信1266(120527)をお届けします。



・「4号プールは安全なの?」――相変わらずの大本営発表



 福島第一原発4号機の原子炉建屋内部が昨日5月26日、報道陣に

公開され、本日の朝刊で一斉にニュースとして伝えられました。カラー

写真付きで大きなスペースを割いている割には、内容は乏しいもので

した。最も知りたいこと、多くの人が心配していることについては、ほと

んど何一つ明らかにされませんでした。



 まず第一に、最も心配されている、核燃料プールの安全性について

です。朝日新聞は一面記事の前文で「余震による再事故の危険性も

抱えている」と、書いただけです。その危険性を抱えているから、それ

がどの程度なのか、その危険性を克服するには今後どのような対策

が必要なのか。その対策は現在進められているのか。それはいつま

でに終わるのか。そうした最も肝心なことについて、記事は全く触れて

いません。あるのは、原子炉建屋の耐震性に対する疑念に対して、東

電が「安全上、問題ない」としているという大本営発表だけです。わず

かに、細野原発相が視察後の記者会見で、「壁の膨らみは、国として

も厳しく認識して東電に再度安全性について確認するよう指示した」と

話した程度です。このスピード感のなさはどういうことか。



 4号炉の建屋と燃料プールの安全性については、東電任せではなく、

信頼できる第三者機関の調査と評価が欠かせません。それも早急に

実施する必要があります。



 知りたいことの第2は、いま、4号炉の周辺の放射線量はどのくらい

なのか、がれきの撤去作業への影響はどうなのか。



 第3は、4号炉の廃炉作業は、現在どこまで進んでいるのか。今後は

どのようなスケジュールなのか。核燃料の取りだし作業のメドはついて

いるのか。



 こうしたごく基本的なことについても触れないか、触れていても極めて

あいまいできちんと説明されていません。相変わらずの隠ぺい体質で

す。「安全です」を繰り返すだけで、詳細なデータは隠したまま何一つ

明らかにしない。そして、その体質を野放しにして追及しない報道陣。

同じ穴のむじなです。



 大本営発表の何よりの証拠は、朝日も読売も、「核燃料」のことを単

に「燃料」とだけ表示しており、慎重に「核」の文字を取り去って表現して

いることです。今朝の新聞をご覧ください。ほとんどどこにも「核燃料」と

は表記されず、単なる「燃料」と穏やかにされています。



 おそらく最初から取材制限付きで、「当局に具合の悪いことには触れ

ない」という注文が付けられたものと推測できます。あるいは報道陣の

方がみずから進んで自己規制したか。要するに当局と馴れ合いの「大

本営発表」にすぎなかったのです。だから、取材にあたった記者たち、

そしてそんなへなちょこの記事しか書かせない本社の編集責任者たち

には、声を大にして言いたいものです。「恥を知れ」と。「それでもジャー

ナリストか」と。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする