生き生き箕面通信

大阪の箕面から政治、経済、環境など「慎ましやかな地球の暮らし」をテーマに、なんとかしましょうと、発信しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2204 ・安倍晋三氏の座右の銘は、吉田松陰と同じだって?

2015-01-05 09:47:26 | 政治

お早うございます。
生き生き箕面通信2204(150105)をお届けします。

2204 ・安倍晋三氏の座右の銘は、吉田松陰と同じだって?

 吉田松陰の妹を主役にしたNHK大河ドラマ「花燃ゆ」が昨日1月4日から始まり、その中で松陰の生涯の座右の銘、「至誠にして動かざる者は、未だ之れ有らざるなり」が登場しました。誠心誠意をもって事にあたれば、どんな難局も突破できる」といった意味ですよね。

 実は、安倍晋三という男もこれを座右の銘にしているそうな。笑わせるなというべきか、またウソかよ、というべきか。ここまで言動不一致となれば、頭の構造をちょっと疑わなければなりません。ちょっとどころか、きわめておかしいんとちゃう?

 「至誠にして動かざる者は……」は孟子の言葉で、実は一昨年の大河ドラマ「八重の桜」でも5回目(13年2月6日放映)に松陰の言葉として登場しました。

 松陰はこの言葉を自分の思想信条の根幹として実践し、囚われて処刑されました。しかし、松陰の遺志を受け継いだ松下村塾の若者たちが中心となって、明治維新は成し遂げられたのでした。

 安倍晋三氏が目指すところは、「景気回復の温かい風が全国津々浦々に行き届かせること」といい、国民みんなをハッピーにするような発言を繰り返しています。しかし、実際に進んでいるのは、ますますの格差拡大です。

 国民の実質所得の低下であり、生活の困窮化です。子どもたちの貧困化率は、OECD(経済協力開発機構)加盟先進国中の最低レベル、高齢者の貧困率も同じです。自殺率も高い。安倍政権になってからも、事態は一向に改善されないどころか、悪化しています。

 それでも、「至誠にして……」とのたまうなら、松陰の真意を冒涜するものです。

 安倍氏が熱心に取り組んだのは、集団的自衛権の行使容認であり、特定秘密保護法の施行、原発推進、消費税増税、TPP(環太平洋経済連携協定)の締結促進、辺野古での米軍基地建設の促進など、いずれも多くの反対を押し切って進めました。

 どこが、「至誠にして」ですか。そんなきれいなものじゃない。ドロドロした権力欲むき出しの国民支配ではないですか。

 そんな男のやり方を許しているのは、多くの国民です。世論調査の結果なるものが、高い支持率を示している形だから、つけあがらせています。

 その付けが回ってきます。国民の上に、そのつけは降り注いできます。かつて、太平洋戦争がそうであったように、ふたたび「至誠の人」によって、付けを払わされることになります。

 

コメント (5)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2203 ・崩れゆくニッポン、... | トップ | 2205 ・「積極的平和主義」... »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2015-01-05 10:42:30
>集団的自衛権の行使容認であり、特定秘密保護法の施行、原発推進、

これらの政策を糞左翼の妨害を押し切って、至誠の心をもって実現してほしい。
そして改憲への、至誠の道をひた走れ、安倍くん!

糞左翼が国のためにならんとみれば、断固として粛清せよ、それが至誠の道だ。
Unknown (とろ)
2015-01-05 13:28:16
太平洋戦争がそうであったように、ふたたび「至誠の人」によって・・・

ちょっとよくわからないのですが,太平洋戦争を起こした人が「至誠の人」だった,ということですか?文中にそれに該当する人出てこないので,誰を指しているんでしょうか?
お礼 (花菖蒲)
2017-07-20 11:33:23
感謝!。URLはHPです。
BSSがありますのでお使いください.。
座右の銘は「不動心」と思っていました?。


l
Unknown (Unknown)
2019-02-12 21:33:59
https://blog.goo.ne.jp/ikiikimt/e/8c3c4e94c4a5dcfc5fae5ccfffc27f23http://sakuranbo620.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-e28a.html
Unknown (Unknown)
2019-06-23 14:25:39
https://blog.goo.ne.jp/ikiikimt/m/764395http://sakuranbo620.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-e28a.html

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事