生き生き箕面通信

大阪の箕面から政治、経済、環境など「慎ましやかな地球の暮らし」をテーマに、なんとかしましょうと、発信しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2077 ・インドに利用される安倍という道化もの

2014-08-31 09:01:12 | 政治

おはようございます。
生き生き箕面通信2077(140831)をお届けします。

・インドに利用される安倍という道化もの

 インドのモディ首相が昨日8月30日に来日しました。安倍という男は、こころのこもったおもてなしの演出として京都の迎賓館で二人揃って池のコイにえさやりするなど、親密関係のアピールのために東京から駆けつけました。

 安倍政権は、「モディ首相の最初の外国訪問国として日本が選ばれた」ということをメディアを使って喧伝しています。しかしモディ首相には、中国との交渉で有利な策を引き出すために、日本をカードとして利用するというしたたかな思惑があるということが明瞭です。

 モディさんが今年5月に首相に就任したときに、最初に電話会談したのは中国の李克強・首相でした。インドにとって中国は、最大の貿易相手国。モディ氏が首相に選出されたのは、経済的な手腕を期待されてのことです。インドにとっては最も大事な国が中国です。

 中国の習近平・国家主席は、9月中旬にもインドを訪問する予定です。朝日新聞は本日の朝刊2面で、中国はインドと「投資や経済協力を中心に協議する見通しだ」と報じています。すでに原発建設も進めています。

 その意味では出遅れた日本。出遅れを取り戻すために、原子力協定の締結なども急ぎました。なんとか原発を輸出したい。それはアベノミクスの成果としてもカウントできる。

 インドの原発は現在20基。それを2032年までに10倍以上に増やす計画です。1基5000億円といわれる原発。おいしい需要が転がっている!

 しかし、建設予定地の住民は反対運動を、ガンジー流の非暴力で粘り強く続け、日本にも「なぜ、原発を輸出するのですか」と問いかけています。

 インドでも原発事故が起こりました。インド南部の海岸地帯にあるマドラス原発は、インド洋大津波で原発施設が浸水しました。

 しかし、安倍政権は原発輸出のためには、「日本の原発技術は世界一安全です。万一、事故が起きた場合は、日本が責任をもって対処します。日本は事故処理のノウハウも世界一です」などと、とんでもない約束もするのではないでしょうか。

 インドはそもそもNPT(核不拡散条約)に入っていません。CTBT(包括的核実験禁止条約)にも入っていません。

 いつ、どんな理由をつけて何をやるか分からない。そのインドに手玉に取られようとしています。

 安倍外交は、日本人の命を守るどころか、危険にさらす危険がいっぱいです。

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2076 ・安倍という男の根っ子も、ヘイトスピーチの根っ子も同じ歴史修正主義

2014-08-30 07:55:20 | 政治

お早うございます。
生き生き箕面通信2076(140830)をお届けします。

・安倍という男の根っ子も、ヘイトスピーチの根っ子も同じ歴史修正主義

 国連の人権差別撤廃委から昨日8月29日、日本政府に対しヘイトスピーチを法律で取り締まるよう厳しく求める「最終見解」が出されました。

 厳しく求めるのは、勧告を出すのが、01年、10年に続きもう3回目になるからです。約30項目にもわたり、「ダメだよ」と是正を要請しています。日本は30項目にわたって、人権侵害が認められ、是正が必要なのです。

 日本はいつまで、世界に恥をかきつづけるのでしょうか。恥ずかしい。

 恥ずかしいのは、国連の委員会から指摘されたからだけではありません。日本政府は「何か悪いことでもしましたか?」という程度の受け止め方で、まだまだこの状況が続きそうだからです。おそらく安倍政権のような政治体制が続くかぎり、根本的に是正されることはほぼ永久にないのでしょう。

 安倍という男が進める政治の根幹には、ヘイトスピーチのネットにあるものとほとんど全く同じと言えます。その根っこにあるものは、いわゆる「歴史修正主義」といわれるものです。人権を尊重することが理解できない歴史修正主義です。

 、歴史修正主義とは、ウイキペディアから引用すると、従来の歴史観と違う歴史観を主張する者に対して『客観的な歴史学の成果を無視し、自らに都合の良い過去は誇張や捏造したり、都合の悪い過去は過小評価や抹消したりして、自らのイデオロギーに従うように過去に関する記述を修正するものである』として批判する場合に用いられる言葉」とあります。

 要するに歴史を捻じ曲げようとする所業です。

 安倍という男は、「靖国神社に参拝できなかったことは、痛恨の極み」と語っています。奈良の高野山で営まれた「A級戦犯などを追悼する法要」には、自民党総裁としてメッセージを送っています。

 こうした行動をさせるのは、根幹に「先に大戦は、米英に追い込まれてやむを得ず行わなければならなかった『正義の戦争』で、日本は少しも悪くない」という考えがあります。

 国際的には、「日本はドイツなどとともに他国を支配下に置く侵略戦争を行った」という評価を覆そうとする歴史修正主義と受け止められています。

 ヘイトスピーチが、韓国人や朝鮮人に対し執拗に、「死ね。殺せ」と罵声を浴びせ続けるのも、根っこには太平洋戦争が正義の戦争だったという思いがあります。この正義の戦争に対し、韓国や中国は、『従軍慰安婦として強制的に女性を性奴隷した』『南京大虐殺をした』などのウソをばらまき、日本を侮辱している」という思いがあるのです。

 安倍首相が、自分と同じ考えとしてNHKに送り込んだ百田尚樹、長谷川三千子氏らも、発言している内容はヘイトスピーチとほとんど変わりません。

 つまり、国連の人種差別撤廃委が出した勧告は、ダイレクトに安倍という男に出されたものと言えます。

 いずれにしても、日本は世界の中でみると、人権の面において大きく遅れていることが指摘されているのです。働くものが、たとえば「ワタミ」などのブラック企業で死ぬまで低賃金でこき使われたりするのも、人権侵害です。

 安倍という男の歴史修正主義を見過ごすことは、私たちの生活には、人権侵害となって跳ね返ってきます。ヘイトスピーチ問題は、私たちに直接かかわってくる問題だから、必ず是正させなければならない

 しかし、心配があります。ヘイトスピーチを規制しようとすると、安倍という男のことです、かならずデモのシュプレヒコールなども一緒に規制しようとすることです。ただでは転ばない。

 そこを警戒しつつ、ヘイトスピーチ規制を早急に実現する必要があります。

 

コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2075 ・ガザの「公正」を求める闘いは続く――イスラエルはいずれ敗北?

2014-08-29 09:31:31 | 政治

お早うございます。
生き生き箕面通信2075(140829)をお届けします。

・ガザの「公正」を求める闘いは続く――イスラエルはいずれ敗北?

 「ジャスティス/公正を求める闘いは続く」と題する小論がネット上にアップされました。

 一時的な停戦が実施されている間に、「イスラエルによるガザ攻撃とは何だったのか」を改めて考えてみます。

 京大大学院人間・環境学教授の岡真理さんが訳された小論が最も参考になると思いますので、ネットにアップされたものを転載させてもらいます。

 以下転載

 今回のイスラエルによる攻撃で弟を亡くしたガザの作家、教員であるリファアト・アル=アリールも今日の合意を「野蛮な植民地権力に対する象徴的勝利――ガザにとっては一歩、そしてパレスチナにとっては大きな飛躍」と見ている。

 アル=アリールは言う、

 「これは勝利だ。なぜなら、ガザは膝まずかなかったから。なぜならガザは、イスラエルを阻み、孤立させることができると証明したから。なぜならガザは、アパルトヘイト国家というイスラエルのおぞましい素顔を、そしてイスラエルに対し武器を供与するのを止めない合衆国のおぞましい素顔を白日の下にさらしたから。なぜなら、世界中の人々がますます一つになり、あらゆる実効的手段によって、この不正を終わらせることをますます固く心に誓っているから。

 これは勝利だ。なぜなら、これは、パレスチナ人と、パレスチナのために闘う世界中の人々をひとつにしたから。これは勝利だ。なぜなら、ボイコット、投資引上げ、制裁(BDS)キャンペーンが今や、これまでにも増して力を得て、より効果的になっているから。

 これは、勝利だ。なぜなら、より多くの人々が、ただ祈るだけでなく、BDSを実行するという実際的行動によってパレスチナを支えようと心に決めたから。」

 アル=アリールの言葉を聞いて私たちは、イスラエルがもたらした言語に絶する恐怖から、ガザのパレスチナ人が肉体的、感情的、精神的に回復するための困難な道を歩み始めようとしている今、ジャスティス/公正に向けた取り組みの手を休めるわけにはいかないことに気づく

 彼の言葉で私たちは次のことにも気づく。イスラエルは、世界中の数多くの政府や企業その他の機関の支援と共犯なしに、このようなおぞましい暴虐を犯し得なかった。イスラエルによる占領とレイシズムを維持しようという奮闘はグローバルなものだ。そうであるがゆえに、それらを打ち破るための闘い――とくにBDS――も、グローバルでなければならないのだ。

 停戦だけでは十分ではない。ガザを再建するだけでは十分ではない。封鎖が終わることさえ、十分ではない。それは、出発点に過ぎない。

 二度と繰り返さない、と我々は言わなければならない。2006年にガザを強大な野外監獄すると決めて以来イスラエルは、2006年、2008-2009年、2012年、そして2014年と、何年にもわたりパレスチナ人を集団虐殺してきた。イスラエルがこのようなことを繰り返すのを二度と許してはならない。

 決定的に重要なこと、それは、このような暴力が、パレスチナにおいて「ユダヤ国家」を維持するために支払わなければならない対価だということを理解することだ。[繰り返される]集団殺戮を止めるための唯一の道、それは、ジャスティス/公正を求める私たちの取り組みをますます強化することだ。

 そして、イスラエルによるアパルトヘイトと植民地化を終わらせ、その地の人々すべてのための一つの国を創ること――そこにおいて難民たちはもはや、レイシズムの法によって排除されることなく、自分たちの土地/国に帰還する――、それだけが、命を暴力的に奪われたかくも多くの人々のために建てる価値のある唯一の記念碑である。

 [翻訳:岡 真理]

 以上転載おわり

 ナチス・ヒトラーの時代、ユダヤ人は「ゲットー」と呼ばれる特別居住区に押し込められ、不自由な暮らしを強いられました。あるいは強制収容所に送り込まれ、ついには大量殺戮(ジェノサイド)されました。自分たちはそれをヒトラーが犯した人類に対する重大な犯罪として徹底的に追及し、処罰しました。

 その同じユダヤ人が、今度はヒトラーと化したかのように、虐殺を続けています。それも、もう何年になりますか。ガザという狭い空間に大勢の人間を閉じ込めておいて、子どもや女性も容赦なくロケット弾で殺りくする。

 ある民族が他の民族を限られた空間に封鎖し、その生命を奪う行為はとても許されるものではないはずです。しかし、アメリカのオバマ大統領は手も足も出せない。イギリスやフランス、ドイツなどのヨーロッパ主要国も、イスラエルのネタニヤフ首相をたしなめることはしない。

 21世紀に、真昼間からこんな犯罪が大掛かりに行われ、国際社会はそれを止める有効な手を持たないということは、どういうことでしょうか。

 ユダヤ人の中からも、「ネタニヤフ首相のやり方は行き過ぎだ」と、反対の声も上がっているそうです。

 ネタニヤフ首相はいますぐ、ガザの封鎖を解除して、閉じ込められた人々の自由を回復すべきです。ガザの人々は「公正」を求める権利があります。「国際社会の良識」の圧力が求められています。この正義の圧力の前に、イスラエルはいずれ敗北を喫することになるはずです。

 たとえ、軍事的な敗北はなかったとしても、「ガザの人々を虐殺した21世紀の無法者」というユダヤ人に貼られたレッテルは消しゴムで消すわけにはいきません。歴史的には、長くそしられつづけるのです。



 

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2074 ・アベノミクスは大失敗。諸費税10%などとんでもない

2014-08-28 08:02:38 | 政治

お早うございます。
生き生き箕面通信2074(140828)をお届けします。

・アベノミクスは大失敗。消費税10%などとんでもない

 安倍晋三という男の化けの皮が、得意のアベノミクスそのものから剥がれようとしているようです。鳴りもの入りのアベノミクスが大失敗だったということが、数字に表われてくる見通しが強まってきているというのです。

 「景気は安倍内閣が吹聴するのとは異なり実態は想像以上に悪い」というのが、その見立てです。

 先に政府が発表した4-6月期のGDP(国内総生産)は年率6.8%のマイナスでした。が、本当はマイナス16%だったという見方が浮上してきました。

 政府発表がマイナス6.8%でとどまったのは、在庫の積み増しを景気にプラスの要素としてカウントしていることがからんでいます。この在庫が、売れ残りによるやむを得ない積み増しなら、本来はマイナスに働くものとなります。

 さらに輸出も、政府と日銀が懸命に円安に誘導してきましたが、期待したようには伸びません。長い円高基調の中で、企業は海外に生産拠点を移しており、円安になったから輸出で稼ぐという従来のパターンには戻らないのです。

 円安の影響で輸入原材料が値上がりしており、国内生産のコストが上がって円安のメリットを相殺してしまった面もあります。

 もっともけしからんのは、前期1-3月期の数字を説明なしに幾分引き下げたようなのです。GDPは前期比ですから、前期の数字を下げれば、当期は自動的にプラスになるわけです。

 安倍という男は、「7-9月期の数字などを総合的に判断して、消費税を10%まで引き上げるかどうか判断する」と言ってきました。しかし、本音は「何としても増税する」です。そうしなければ、安倍内閣が潰れることを知っているからです。

 だから、今後は消費増税のために、「何でもあり」でしょう。得意のウソもつく、つまり数字を操作する。一層の景気刺激策も持ちだすでしょう。

 しかし、安倍流の景気刺激策は、もう効かないことが証明済みです。日銀にこれ以上の「異次元緩和」を強要すれば、それこそスタグフレーションです。不景気の中のインフレです。庶民の生活が直撃されます。

 安倍という男は、「今年は働く人たちの収入が増えた」と胸を張りますが、それは大企業で働く人たちだけで、大多数の家計所得は実質マイナスです。GDPの6割を占める個人消費が、この家計所得の動向に左右されます。

 政府は、「7-9月期の数字はプラスになる」と喧伝していますが、仮にプラスであっても相当弱い数字になるのではないでしょうか。

 そうした状況で、消費税をさらに2%ポイント上げれば、個人消費には大打撃。日本経済の沈没になりかねない。あるいは、またぞろ「失われた20年」ですか。

 アベノミクスの根本的な誤りは、その「成長市場主義」といえます。ともかく、成長しなければならない、という単なる一方的な思い込み。「成長鈍化恐怖症」とでも申しましょうか。

 もう、そんな時代ではないことに気がつくべきです。成長至上主義を脱皮し、「どうすれば安定した国民の生活を確保できるか」に頭を切り替えるべきです。

 そのモデルは、北欧経済に見ることができます。国民所得のトップはルクセンブルグで一人当たり6万4千ドル。日本は3万4千ドルで18位です。上位国には、ノルウェーやスウェーデン、デンマークがランクされています。

 経済成長ばかりをめざさなくても、豊かで落ち着いた国民生活は可能です。大企業ばかりが幅をきかす市場原理主義の経済から脱皮する道を探りましょう。

 そのためにはまず、安倍政権を倒すことが先決といえます。

*お知らせ 

 

 私たち「生活フォーラム関西」は、生活の党の小沢一郎氏を大阪に招き、「小沢一郎が語る世界の中の日本と政権交代への道のり」をテーマに講演会を開きます。ぜひご参加のお申し込みをお願いします。要領は次の通りです。

 


 ・開催日時 : 913日(土)午後6時半から
 ・開催場所 : 北区区民センター(関西テレビ北隣り)

 

 ・アクセス : JR「天満駅」、地下鉄堺筋線「扇町駅」すぐ

 

 ・資料代 : 500
 ・申し込み先 : (メール) info@mei-getsu.com
                     Fax ) 06-6720-8051
        (Tel)     090-8467-8877(山岸)
  ・主 催 : 生活フォーラム関西
         (代表世話人・前衆院議員 渡辺義彦)

 

 
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2073 ・安倍首相がA級戦犯らを称揚し、「無責任の大系」をさらに推進

2014-08-27 10:01:10 | 政治

お早うございます。
生き生き箕面通信2073(140827)をお届けします。

・安倍首相がA級戦犯らを称揚し、「無責任の大系」をさらに推進

 安倍晋三という男がA級戦犯らの追悼法要に哀悼メッセージを送っていました。これは、朝日新聞が本日8月27日の朝刊(38面)で報じました。

 朝日が伝えるところによると、法要は、「連合国による裁判を『報復』と位置づけ、処刑された全員を『昭和殉難者』として慰霊する法要で、元将校や防衛大OBらにより毎年4月に営んでいるそうです。

 安倍という男のメッセージは、「今日の平和と繁栄のため、自らの魂を賭して祖国の礎となられた昭和殉難者の御霊に謹んで哀悼の誠を捧げる」としていたそうです。

 70年ほど前に敗戦の結果となった太平洋戦争は、日本人の犠牲者が310万人(軍人230万人、一般人80万人)とされています。死亡された方ばかりでなく、なんとか生き延びることができた方にも多大の負担を強いる愚かな戦争でした。

 しかし、日本という国の統治者は、ついぞこの戦争の責任をみずから明らかにすることはありませんでした。権力者側は、「鬼畜米英を倒せ」「一億総玉砕」などと国民をあおって、多くの無駄死にを強制しましたが、その責任は取ろうとしませんでした。

 戦後は素知らぬ顔で、「これからは民主主義や」とコロッと宗旨替え。戦争に駆り立て、犠牲を強制した責任は取りませんでした。

 わずかに戦勝国側が、いわゆる東京裁判で戦争責任を問うただけです。日本人自身はみずからあの戦争を検証し、そこから教訓を引き出す努力を怠ってきました。

 だから、敗戦後70年になんなんとする今も、あの戦争は何だったのか、国民的な評価が定まっていません。

 最近では、安部のような男が、戦争犯罪人を「昭和殉難者」と位置づけることまで、大手を振ってまかりとおらせる時代になってきました。

 日本は「無責任大国」といわれます。ともかく責任を取らない。東京電力の福島原発事故についても、誰も責任を取らない。もともと日本の官僚は、「無謬制」を押し通し、「政策を間違えました。ごめんなさい」といった歴史がありません。「無責任の大系」が、確固として確立している風なのです。

 今回の安倍という男が「昭和殉難者」として称揚する風潮も、歴史を書き直そうとするものです。歴史修正主義の最たるものです。安倍という男にしてみれば、自分の祖父、岸信介・元首相がA級戦犯に指定されたことも我慢ならんのでしょう。自分のうちの家系から戦犯の汚名を取り除き、名門家系としての名誉を回復したい、という思いもありそうです。

 従軍慰安婦問題も、同じ歴史修正主義の流れの一環です。新たに「安倍談話」を出して「河野談話」を否定し、歴史を書き替えようとする画策も進んでいます。

 子どもの教科書でも、歴史を書き替える育鵬社版を押し付け、子供の頭から洗脳しようとしています。

 日本の統治者のなかに深く根を下ろした「無責任の大系」から発するものです。

 

コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする