生き生き箕面通信

大阪の箕面から政治、経済、環境など「慎ましやかな地球の暮らし」をテーマに、なんとかしましょうと、発信しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2056 ・被爆者代表の女性が読み上げた「平和への誓い」で、目の前の安倍首相を厳しく批判

2014-08-10 08:10:54 | 政治

おはようございます。
生き生き箕面通信2056(140810)をお届けします。

・被爆者代表の女性が読み上げた「平和への誓い」で、目の前の安倍首相を厳しく批判

 被爆者代表の城臺美彌子(じょうだいみやこ)さん(75)が、目の前に座っている安倍首相にもはっきり聞こえるしっかりした声で、「集団的自衛権の行使容認は、日本国憲法を踏みにじった暴挙です」と痛烈に批判しました。

 昨日8月9日の長崎原爆の日の平和祈念式典で城臺さんが読み上げた「平和への誓い」は、被爆者代表として言わずにはおれない、今、言っておかなければ手遅れになるというやむにやまれぬ気持ちがあふれていました。

中村 公信さんの写真

中村 公信さんの写真

 一国の首相に対して、ぶしつけと取られかねない言動は公式の場では控えるところでしょう。ところが、城臺さんのスピーチには、会場の人々はもちろん、昨日の夕刊、あるいは今朝の朝刊で読み返した人たちが納得したのではないでしょうか。いわば、多くの国民の声を代弁したものと共感をもって受け止められたのだと思います。

 「戦争は戦争を呼びます。歴史が証明しているではありませんか。日本の未来を担う若者や子どもたちを脅かさないでください。平和の保証をしてください」と、城臺さんは切々と訴えました。

 安倍という男は、解釈改憲を強行するは、特定秘密保護法も国民の多くの反対を蹴飛ばして成立させ、武器輸出三原則は事実上撤廃、沖縄の辺野古に最新鋭の米軍基地を作り、ここから中東へも出撃する便宜を用意しようとするはなど、「戦争準備」に前のめりです。

 そして、安倍という男が読み上げた挨拶文は、「一度ならず、二度までも被ばくの辛酸をなめた」といった下りは今年も昨年も一字一句変わらない「コピペ挨拶」。平和への思いなどこれっぽっちも感じさせないいい加減さです。

 6日の広島での挨拶が「コピペ挨拶」と批判を受けたばかりです。にもかかわらずまさに、「一度ならず、二度までも」、被ばく者をなめきった態度。安倍内閣の本質が、こんなところに露(あら)わになっています。

 他方、田上富久・長崎市長の平和宣言には、「集団的自衛権」に対して言及され、市民の思いがなんとか届きました。当初、市側が宣言の起草委員会に示した案には、文言がありませんでした。朝日新聞が本日朝刊34面で報じたところによると、「被爆者や大学教授ら14人の委員の大半が反発。最終的に盛り込んだ」といういきさつだそうです。

 もっとも、集団的自衛権に触れたと言っても、「いまわが国では、集団的自衛権の議論を機に、『平和国家』としての安全保障のあり方についてさまざまな意見が交わされています」と、客観的な事実に触れた程度に止まっています。それでも、市民の思いを全く無視した広島市の松井一実・市長にくらべると、まだましというところでしょうか。

 いずれにして、今年の原爆の日は越えました。これからは、そこで誓った平和への闘いを進める務めがあります。長い道のりとなりましょうが、めげずにがんばりましょう。

*私たち有志は、生活の党の小沢一郎代表を大阪に招き、「小沢一郎が語る世界の中の日本と政権交代へのみちのり」をテーマに講演会を開くことにしました。

 一国の首相に対して、ぶしつけと取られかねない言動は普通なら控えるところでしょう。ところが、城臺さんのスピーチには、会場の人々はもちろん、昨日の夕刊、あるいは今朝の朝刊で読み返した人たちが納得したのではないでしょうか。いわば、多くの国民の声を代弁したものと共感をもって受け止められたのだと思います。

 「戦争は戦争を呼びます。歴史が証明しているではありませんか。日本の未来を担う若者や子どもたちを脅かさないでください。平和の保証をしてください」と、城臺さんは切々と訴えました。

 安倍という男は、解釈改憲を強行するは、特定秘密保護法も国民の多くの反対を蹴飛ばして成立させ、武器輸出三原則は事実上撤廃、沖縄の辺野古に最新鋭の米軍基地を作り、ここから中東へも出撃する便宜を用意しようとするはなど、「戦争準備」に前のめりです。

 *私たち「生活フォーラム関西」は、生活の党の小沢一郎氏を大阪に招き、「小沢一郎が語る世界の中の日本と政権交代へのみちのり」をテーマに講演会を開きます。要領は次の通りです。

 ・開催日時 : 9月13日(土)午後6時半から

 ・開催場所 : 北区区民センター(関西テレビ北隣り)

 ・アクセス : JR「天満駅」、地下鉄堺筋線「扇町駅」すぐ

 ・資料代 : 500円

 ・申し込み先 : (メール) info@mei-getsu.com

                         (Fax ) 06-6720-8051

              (Tel)     090-8467-8877(山岸)

  ・主 催 : 生活フォーラム関西
         (代表世話人・前衆院議員 渡辺義彦)

 

コメント (6)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2055 ・説得力がある「笹井... | トップ | 2057 ・朝日新聞が「従軍慰... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ブログ管理者へ (仏様)
2014-08-10 14:32:13
言わずもがなのことを申します。
中身を再確認し、編集し直すようお願いします。
毎日のブログ書き込み、お疲れのところ、申し訳ありません。
勇気のある、知恵のある訴え。 (まともさ)
2014-08-10 17:49:26
被爆者代表の城台美弥子さん
<  「今、進められている集団的自衛権の行使容認は、日本国憲法を踏みにじる暴挙です」

何人かの歴代の法制局長官も新聞紙上、総合雑誌で述べていることと指摘がまったく同一です。

とても勇気のある、知恵のある訴えです。
頭が下がります。深く銘記します。

安倍とその仲間たちの覚醒を願います。
Unknown (Unknown)
2014-10-23 17:16:49
さすがです。よく言った。
Unknown (Unknown)
2015-01-21 08:42:19
集団的自衛権を持つと戦争がおこるの?
じゃあ日本以外の国は戦争してんの?
ほんと左翼は訳わからんわ
Unknown (Unknown)
2019-02-13 07:31:32
https://blog.goo.ne.jp/ikiikimt/e/c0d1ce3aba150f740c7aeda3b5879cbdhttp://sakuranbo620.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-e28a.html
Unknown (Unknown)
2019-06-23 14:30:51
https://blog.goo.ne.jp/ikiikimt/m/764395http://sakuranbo620.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-e28a.html

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事