生き生き箕面通信

大阪の箕面から政治、経済、環境など「慎ましやかな地球の暮らし」をテーマに、なんとかしましょうと、発信しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

161201 ・翁長知事は、ヘリパッドの容認は「苦渋の決断」というけれど、結局、次は辺野古容認です

2016-12-01 10:00:51 | 政治

おはようございます。生き生き箕面通信161201(2817)をお届けします。

・翁長知事は、ヘリパッドの容認は「苦渋の決断」というけれど、結局、つぎは辺野古容認です

 次第に安倍政権側に取り込まれています。オスプレイの容認は、「苦渋の決断」だそうです。よくいう決断をあけっぴろげに言わない場合に、政権側が使う手です。このようにして、徐々に庶民の側を少しずつ苦しめていく手法です。

 その次に出てくるのが、政権側が用いる「司法の手立て」です。つまり、政権側が「このようにして司法で操るのだから、主権もそっちのけで黙りおろう」となるわけです。

 結局、翁長知事には、長いこと騙され続けて、ジ・エンド。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 161129  ・カストロいわく「... | トップ | 161202 ・今年2016年のブラ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事