生き生き箕面通信

大阪の箕面から政治、経済、環境など「慎ましやかな地球の暮らし」をテーマに、なんとかしましょうと、発信しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

160930 ・アメリカの大統領選は、結局、この際トランプ氏か!?

2016-09-30 08:42:37 | 政治

おはようございます。生き生き箕面通信160930(2670)をお届けします。

・アメリカの大統領選は、結局、この際トランプ氏か!?

 ヒラリー・クリントン氏VSトランプ氏。どっちもどっち。しかし、このお二人から選ぶしかないから、どうする? 

ボクは、トランプ氏を選ぶしかないか。それは、ひとつにTPP(環太平洋経済連携協定)のプラスがあるからです。ヒラリー氏は、本当のところはTPPに賛成だから、オミット。ほかにいいところもない。結局、アメリカの富裕層に寄与する政策ばかりと思われる。

これからの世界の経済は、アジアでのTPPを中心とする世界一極集中を果たすと思われ、それは富裕層に大きく貢献するものです。

日本では、安倍首相が「わが国が率先してTPPを推進し、世界をリードする」とのたまいました。それに合わせて昨日9月29日も、自民党の福井照衆院議員が、衆院TPP特別委員会理事を務めるかたわら、「TPPの思いを、強行採決という形で実現するよう頑張らせていただく」と語りました。もっとも、すぐに“火消し”のため、辞任するよう伝えられましたが――。

この国会では、TPPが最重要課題です。アメリカの最大の課題も日本の“働き方”に影響があるようです。安倍首相は、これからロシアと北方四島の交渉をするにあたって、アメリカの了承を得なければならず、そのためにはTPPでアメリカに貸しをつくっておかなければならないわけです。

そのTPPを、トランプ氏が自ら潰すには、大統領が最も重要です。トランプ氏は、なかなか策士なのかもしれないとも思うようになりました。もうすぐ11月です。

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

160929 ・おひとり様のガンの厳しさ――社会で支え合う仕組みがほしい

2016-09-29 08:17:14 | 政治

こんにちは。今日からまたブログを再開しようと思っています。本日は160929(2769)をお届けします。

・おひとり様のガンの厳しさ――社会で支え合う仕組みがほしい

 ボクのハラの中に居座っているのは、食道と胃の合併症による悪性ガンでした。医者によると「手術ではとれない。リンパ腺による飛び火もしているようだ。抗がん剤治療をするしかない」となりました。

 しかし、抗がん剤治療にしたところで、治るわけではなく、できるだけ小さくするようにするもので、その間は抗がん剤治療も痛みは変わりません。

 結局、ボクは「緩和ケア」に入ることにしました。つまり、痛くなったら、緩和ケアで少し痛みを取ってもらい、静かに「お迎え」を待つものです。

 ボクの妻は、昨年亡くなりましたので、この夏に初盆でした。息子は長男と次男ですが、いずれも千葉(仕事は東京)やフランスです。だから、ほぼひとりでやるほかありません。その「緩和ケア」病棟で、先日からお世話になることになりました。その病院で、くる年を待つのです。

 この年まで、社会にあまり負担をかけてはすまないな、という気持ちがありました。しかし、ひとりで過ごさないといけなくなる場合、自分が動けなくなったら、どうするか。息子たちに世話を懸けるのも、なかなか難しい。

 支援センターにはいろんな人がおり、さまざまな世話になる場合もあります。それでもやはり、一人でやるほかはないのかもしれない。ただ、人間はやはり一人では生きていけないのかもしれない。多くの人と交わって、生きていくものらしい。これからは、誰かもいっていたけれどもっと社会で支え合う仕組みがほしい。

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする