台湾ワン!(Taiwan One!)

台湾にまつわる様々な話、中国語教室の出来事、日々の生活...

新年號「令和」(新元号「令和」)

2019年04月01日 | 日々の日記帳
今天早上萬里無雲的晴空可熱鬧了.好幾架直升機不停地在空中盤旋.
今朝の晴れ渡った空は慌ただしかった。何機ものヘリがグルグルと上空を飛び回った。


新年號發表了,叫「令和」.在鍵盤上輸入「れいわ」,再按space,沒想到很順利地就出現了「令和」二字.
新元号「令和」が発表された。「れいわ」とキーボードで入力して普通に「令和」に変換されてびっくり。


不曉得一般日本國民對這個新年號有什麼想法?我個人的話,「和」因為有「昭和」的「和」,所以還滿習慣的,不過對「令」這個字的第一印象只有命令的令,而且盯著看越久就越覺得像「今」,不禁有點擔心起不使用漢字的人能否分得出來.
日本の一般国民はこの新元号をどう思うのだろう。個人的に「和」は「昭和」の「和」があるから馴染みがあるが、「令」の第一印象は命令の「令」でしかないし、じっと見てると「今」の字に見えてしまいそうで...漢字圏以外の外国人は区別できるのかな?

這次引用自萬葉集中的「令」字,是時節的意思,找了一下帶有同樣意思「令」字的中文單字,大家耳熟能詳的有「時令」「節令」「冬令」「夏令」「當令」,這才總算比較可以接受「令」字當年號了.
今回万葉集から引用した「令」は「時節」という意味だ。同じ意味の中国語の単語を改めて考えてみた。「時令」「節令」「冬令」「夏令」「當令」など、身近なものでいくつかあった。これでやっと「令」と少し仲良くできそうだ。

但我還想到另外一個問題,那就是,耳朵比較重聽的人能否清楚地區分出「令和」(rei wa)跟「平和」(hei wa)呢?
だけど、やはりもう一つ気になることがある。はたして少し耳の遠い人が「令和」と「平和」をはっきり聞き分けられるのかなと。

這回皇位繼承中,更改年號成為一大話題,但我個人卻比較關心皇太子59歲坐五望六這個年齡.以一般企業來說,這已是接近退休及思考如何度過餘生的時候了,但皇太子卻必須在這個階段接下這個重責大任,不知道他個人有什麼想法?
今回の王位継承は新元号が大きな話題になったようだが、個人的に、即位を控えた皇太子の59歳という60の一歩手前の年齢が気になる。一般企業だと定年に近いし、余生をどう過ごすかを考える御年なのに、皇太子の場合はむしろ大役を任される。ご本人はどんなお気持ちだろう?

早上那般的萬里晴空,新年號發表過後,下午西邊的天空烏雲開始密布,風也強了起來.這是在暗示我們,即將換新年號,局勢依舊嚴峻,我們每個人還是必須得發憤圖強的意思嗎?
あれほど晴れ渡った午前中の空は、発表後の午後になり、西のほうからみるみる暗雲が垂れ込め、風も強くなってきた。新元号になってもなお時代は厳しく、一人一人が粛々と努力を重ねなさいという暗示かな。

【上午11點左右】午前11時頃


【下午1點半左右】午後1時半頃




台湾華語・台湾中国語は任せて!台湾人による中国語教室・翻訳・通訳サービス T-Chinese
コメント (2)