デラシネ日誌

私の本業の仕事ぶりと、日々感じたことをデイリーで紹介します。
毎日に近いかたちで更新をしていくつもりです。

第1部サンクトペテルブルグ下

2023-01-30 07:48:43 | 漂流民を追って~あるくみるきく

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

雪の追廻へ

2023-01-29 06:04:48 | デラシネ日誌
また夜雪が降ったようだ。うっすら積もっている。この寒さじゃしばらく溶けないだろう。
地下鉄で国際センターまで出て、そこから歩いて追廻へ。4月には公園になるということなので、どんなものかと気になったことと、雪のある追廻を見たかった。長沼は雪に覆われていたので、氷が張っているのだろう。昔はここでもスケートをやっている人がいた。

そして亜炭山にも雪が。ここでよく橇すべりをした。子どもの頃はもっときつい傾斜だったような気がしたが、こんなもんだったのかと思う。

4月下旬から公園として生まれ変わり、イベントがあるらしいが、どのような進行状況なのかはよくわからない。

大橋から眺めてみる。雪の追廻というのもなかなか見れない景色だ。

13時15分仙台駅で待ち合わせ、その前に昼飯食べて買い物もしたいということで、近くの同級生の店には寄らず、次回にと思ったら、店の前に救急車が停まって、サイレン鳴らして出ていった。いったんは通りすぎたが、どうにも気になって店(風ち草)へ。同級生のところでなにかあったというわけではなかったようだ。ちょっとだけ立ち話、旦那さんも現れて、名古屋の思い出などをお話しする。
文化横町の味噌ラーメン屋で昼飯食べて、ロフトでお気に入りのボールペンを5本まとめ買いして、仙台駅へ。「石巻学」8号で執筆してもらおうかと思っている方と落ち合って、エスパルの中のカフェでいろいろ話を聞かせてもらう。英吉さんのことをよく調べているし、なにより50代という若さが魅力。石巻の歴史に関心をもって調べるだけでなく、いろいろな人に会ったり、資料を集めているようで、なんとも頼もしい。いま考えている石巻郷土史をつなぐための連合体つくりにも加わってもらおうと思う。とても有意義なミーティングだった。明日のプラスワンで皆さんに見せてくださいということで、カンタータのレコードを2枚貸してもらった。
ユニクロでズボンを購入、ここは年寄りでもひとりで簡単に買えるのがありがたい。
泉中央のセルバでいつも行列ができている鳥屋さんで、から揚げを買ってから帰宅。
今日の夕食は、寿司をとったとのこと。から揚げと寿司で一杯。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

家籠もり

2023-01-28 06:13:11 | デラシネ日誌
こっちは寒い。路面にも雪がべったりこびりつき、とてもウォーキングなどできる状態ではない。おふくろが5時に起き出して、居間でいろいろ動いているので、寝ているわけにもいかず、いつもどおり5時に起きて、こっちもごそごそ。
それにしても寒いし、来週月曜日ぐらいまでは続くとのことで、雪も溶けないだろう。
娘と孫がいる札幌も最高気温が零下10度とかとんでもないことになっているらしいが、娘たちが住んでいる近くの円山公園にはバンクシーが出現しているらしい。
娘からその作品が送られてきた。

夜中につくっているのだろうが、ご苦労さんなことだ。
昼飯の具材を買いにウェルシアに買い物に行く以外は家籠もり。パソコンはもってきていたので、いろいろたまっていることを片づけることもできるのだが、また例によってとちりを・・・・原稿やその他もろもろのデーターが入っているHDDの方ではなく、ストック用のHDDをもってきてしまったので、原稿とかは書けない。こうなるとやることはないので、今日はもっぱらテレビッ子状態。
「旅サラダ」のこれうまでは石巻が。日和山の近くカフェのシュークリーム、とまきいしという釜飯屋のハンバーグ、これは知らなかった。今度食べないと。
昼はちゃんぽんをつくる。
夜は弟の指示でカレーをつくる。最近ひとつ覚えたこと、じゃがいもは炒めたりせずに、ルーを入れてから、煮込むあたりに、チンしておいたものを入れること。そうするといものかたちは崩れない。
それにしてもおふくろの食欲はすごい。カレーのご飯を自分で盛らせたが、がっつり盛って、ぺろりと食べる。たいしたもんだ。
土曜日は釣りばか。このあたりが一番面白いところかもしれない。面白かったのは、萩出身の宮沢りかと会津出身の吉岡秀俊が若い恋人役なのだが、吉岡の父親が絶対長州藩の娘との結婚は許さないというところでエンディングだったこと。なんとなくわかるなあ。
今日は休肝日にして、22時前に就寝。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

雪化粧の仙台

2023-01-27 06:17:28 | デラシネ日誌
日本列島を今年最大の寒波が覆っているということで、あちこち大変なようだが、横浜はそうでもない。昨日よりは寒くないのでは。冨岡公園までウォーキング。
12時の新幹線で仙台に向かうことにして、桑野塾まであまり時間ないので、号外を配信するほか、雑用を片づける。
東京駅地下で弁当購入、まいせんのごまだれカツ丼。680円という地下では最安値の弁当なのだが、なかなかいけた。
大宮と小山の間の架線にビニール袋がひっかかっているというので、新幹線は停まっていた。結局40分近く遅れて発車。別に今日はただ行くだけなので、どうってことはない。
14時過ぎに仙台着。そんな積もってはいないが、すっかり雪化粧。寒い。これじゃ雪は溶けないだろう。エスパルのカフェでコーヒーを飲んで、ひといきしてから、頼まれた日本酒を買って、バスで実家に向かう。
バス停から家までは坂道なので、転ばないようにゆっくり歩く。
16時過ぎに到着。ふたりともお変わりはないようでなにより。
夕飯はすきやき。今日は弟が鍋奉行をしてくれた。
猪木の特番を見たこともあり、新日のプロレスを見てしまう。二試合見たが、ずいぶん練られた構成にはしてあるが、やはり猪木のストロングスタイルとは違うな。そして猪木の柔らかさをあらためて感じる。柔道でも同じだが、柔らかいと受けることができる。いまのプロレトは攻め合いだけで、猪木のような受ける柔らかさというか、しなやかさに欠ける気がする。猪木の偉大さはそんなところにもあったんだろうな。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

仙台へは明日に

2023-01-26 05:52:08 | デラシネ日誌
冨岡公園までウォーキング。今日も寒い。浜空碑のまわりがとてもきれいになっている。またどなたかが掃除してくれたのだろうか?
寒波到来で、あちこち大変なことになっているようだが、春は確実に近づいているようだ。灯台もと暗しで、いままで気づかなかったが、庭の蝋梅がすっかり満開になっていた。そして梅の木もなんとなく桃色ずいてきたような・・

弟からライン、やはり今日の上京はやめるとのこと。楽しみにしていたのに・・それにともない自分も今日ではなく明日仙台入りすることにする。
やることはいろいろある。
来月のスケジュールをいろいろ埋めていたら、なにかとんでもないことになっている。例によって自分の首を絞めるようなことをやっている。先日提案したクラウンパレードの件がどうやら動き出そうな気配。たぶん明日には正式決定されるとのこと。これが動き出すとますます大変なことになりそうだが、自分がやりたくて進めた話、腕がなるというか、喜んで取り組みたい。
ただ原稿書きの方がいろいろ大変になるだろうな、いままでのように締め切りに合わせてではなく、先々早め早めに書いていかないと。
そういうことで、今日は原稿書きに集中。
ACC時代に一緒に仕事をしていたハンガリー人からメール、アーティストとしても、エージェントとしても働いてもらったが、会社をやめて5年にもなるのに、何の用事もなくても、こうして思い出してくれるというのはうれしいもんである。
2月の桑野塾の案内を出す。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カレンダー

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

バックナンバー