お茶のあずま園-しんちゃん-ここだけの話ねんけど・・・

自家焙煎の美味しい加賀棒茶「加賀棒ほうじ茶」を追求する、お茶のあずま園、店主、東信一の四方山話。全国の産地直送茶もOK。

ちょっと早いか・・・金沢名物「氷室饅頭」

2013年06月28日 23時36分57秒 | お茶屋

金沢市内と近郊だけの風物詩・・・
「氷室饅頭」
金沢では、7月1日は「氷室の日」です。
その昔、藩政期には、冬の雪を地中に詰めて、
自然の冷蔵庫として、夏まで氷の状態に保管し、
7月1日に開けて、当時としては貴重な氷を、
江戸の将軍家まで運んだ・・・との話です。
この「氷室開き」の7月1日に、
酒まんじゅうを食べると、病気をせず、息災になる・・・
と言われています。
このまんじゅうのことを「氷室饅頭」といい、
金沢市内では、市民の行事のようになっています。
しんちゃんも、ちょっと早いが、今日「氷室饅頭」を買ってきました。

以前から、酒まんじゅうが美味しい!と評判の、
さすが、評判の店だけあって、すでに「氷室饅頭」は
予約終了!とのことでした。
通常の販売も、午前9時30頃には「売り切れ!」となります。

しんちゃんのように、飛び込みで買う時は、
朝9時頃までに行ってみてください。
ここの酒まんじゅうは、ふわふわでとっても美味しい!
その酒まんじゅうが、この季節は「氷室饅頭」になります。
赤青白の3色。
これで、1年、息災で過ごせるでしょう。

コメント   この記事についてブログを書く
« ガッテン効果?・・・夜中に... | トップ | 棒ほうじ茶の研究会・・・棒... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お茶屋」カテゴリの最新記事