お茶のあずま園-しんちゃん-ここだけの話ねんけど・・・

自家焙煎の美味しい加賀棒茶「加賀棒ほうじ茶」を追求する、お茶のあずま園、店主、東信一の四方山話。全国の産地直送茶もOK。

今年のソフト、終了しました。来年春また会いましょう!アイスはまだありますよ!!!

2009年09月30日 21時56分24秒 | お茶屋
しんちゃんの店の名物、「抹茶&ほうじ茶ソフト」。
今年の販売は、9月30日で終了しました。

今年も、旅マガジンやフリーペーパー、ラジオ、TVでも
多く取りあげていただき、感謝しております。

また、冷夏にも関わらず、連日お客様に来ていただきました。
旅マガジンのおかげで、県外からも沢山食べに来ていただき
本当にありがとうございました。

しんちゃんの店のソフトはサッパリして、特徴があり、
何個でも食べられる、っと大変喜ばれました。

来年4月のゴールデンウィーク前に再開いたしますので、
それまで楽しみにしていてください。

なお、ソフトクリームを冷凍した、「抹茶&ほうじ茶アイス」
は、しばらくは販売しておりますので、
ソフトを買いそびれたお客様は、アイスを
お求めください。

最終日となった9月30日の夜、手持ちのソフト原料をすべて
使って、アイスを冷凍庫一杯作りました。
この、「お茶屋さんの手作りアイス」も結構評判が良く、
ソフトを食べたお客様が、お持ち帰り用に買い求めて行かれます。
「抹茶」と「ほうじ茶」があり、形も「コーン」と「カップ」を用意しています。
30分程度のお持ち帰り用にピッタリです。

また、宅配の冷凍便で遠方へも送ることができます。

数に限りがございますので、売切れ御免となります。
皆様のご利用をお待ちいたしております。
コメント

話題の「ほうじ茶ソフト」、あと2日で終了。お早めに!

2009年09月29日 10時12分14秒 | お茶屋
今年も、フリーペーパーや旅ガイド、TV、ラジオ等で話題を頂いた、

今年の販売は、9月30日(水)・・・明日まで・・・で終了いたします。
あと2日・・・、お早めに起こしいただき、特別な味わいを堪能してください。

当店のソフトクリームは、牛乳ベースでは無く、「フローズンヨーグルト」ベース
のため、カロリーも少なめで、サッパリしており、
牛乳ベースのようなコッテリしておりませんので、
お年寄りや子供はもちろん、女性の方には大変好評です。

牛乳ベースと違い、抹茶やほうじ茶の本来の味と香りが生かされており、
郊外にも関わらず、今年も遠方より沢山お立寄りいただき、
感謝に耐えません。ありがとうございます。

旅のガイド誌やグルメ誌で紹介されたこともあり、
連休中は、県外ナンバーの
車も数多く寄っていただきました。

なお、ソフトクリーム終了後も、ソフトクリームを冷凍した、
手作りアイスは、在庫あるかぎり販売いたします。
アイスのほうは、お持ち帰り可能ですので、
こちらの方も、好評です。
ソフトクリーム型そのままのアイスと、
カップ入りのアイスがあります。
(無くなり次第、販売終了となります)
冷凍便で遠方にも送ることができます。

機会がありましたら、是非お試しください。
コメント

今年の稲作集大成、籾摺りをしました。

2009年09月27日 23時11分15秒 | お茶屋
しんちゃんの山間の田圃で作っている「こしひかり」。
娘の結婚式があり、刈取りまで終わって、籾摺りだけを
残していました。

本日、天候も良く、さわやかな秋日和でしたので、
朝から籾摺りをしました。

女将や弟、近所のお父さんにも手伝ってもらい、
夕方までに終了できました。
(暗くなったので、片付けは明日以降ですが・・・)

籾摺りの工程をたどります。

・」乾燥させておいた籾を、籾摺り機に入れます。
ここで、籾殻を取り玄米になります。
籾殻は、ホースで外に出されます。

・籾摺り機から出た玄米は、米選計量器に入ります。
ここでは、玄米の小さいものやくず米を選別し、粒の揃った
仕上げ玄米にします。
そして、仕上げ玄米は袋に入れられ、一袋30kgに
自動的に計量されます。

・ホースで外に運ばれた籾殻は、10連の籾殻袋に
自動的に入っていきます。
以前は、そのまま外に積みあげて置き、
後日袋に入れて片付けていましたが、
この機械のおかげで、直接袋に入り、
後始末が楽になりました。

・仕上がった新米は、積み上げておきます。

四月から始まった、今年一年の米作りの集大成です。

これで、皆さんのところには新米が届きますが、
しんちゃんの家は、昨年の米がもう少しありますので、
新米はもうしばらくお預けとなります。
コメント

金沢の婚礼祝い菓子、「五色生菓子」を持って、挨拶回りをしました。

2009年09月25日 23時32分47秒 | お茶屋
先日、しんちゃんの娘の結婚式が東京でありました。
金沢に帰ってきて、やっとお役目が終わった感じです。

金沢では、昔から婚礼のお返しに、祝い菓子として、
「五色生菓子」を配る習慣があります。

しんちゃんも、昨日、女将と二人で、
金沢でお祝いを頂いた方に、五色生菓子と赤飯を持って、
ご挨拶回りをしました。

本当は、新婦(娘)と一緒に回るのが本当ですが、
東京に居ますので、親の務めとして二人で回りました。

この、「五色生菓子」・・・
五色とは、「日」、「月」、「海」、「山」、「里」の5つをで、
天地の恵みを表し、五色生菓子は、それらに対する畏敬の念が
表現された菓子です。

金沢では、今でも、婚礼に欠かせない祝い菓子のひとつです。

・「婚儀の嫁家からの挨拶」ーお部屋見舞いー
・「お嫁さんの始めての里帰り」ーお里帰りー
・「お里帰りを終えて嫁ぎ先に帰るときの挨拶」ーちょうはい帰りー
として、広く用いられています。

由来は、徳川二代将軍秀忠の娘・珠姫が前田家三代藩主利常侯に
嫁入りした時に、祝い菓子として用いられました。

金沢近郊だけの風習ですが、後世に残して行きたいものです。

五色生菓子の情報です。
コメント (2)

ト音記号の水引!・・・

2009年09月24日 23時25分25秒 | お茶屋
22日、23日と臨時休業して、娘の結婚式のため、東京へ大挙して行って来ました。
式も滞りなく無事終了し、一安心!
最近の結婚式は、両家の厳かな式と言うより、
新郎新婦が出席者と一体となって楽しく過ごすことに
重みをおいていますね。
しんちゃんの結婚式時代とは、一味も二味も違います。
吹奏楽団の生演奏あり、DVD映像の放映有り、
ケーキ&アイスクリームのバイキングあり・・・
仲人は立てず、新郎自らマイクを持ってスピーチしたり、
新婦が生演奏に参加したり・・・
とっても賑やかで盛り上がりました。
結婚する二人が幸せで楽しくあればなによりです。
これから山あり谷ありですが、二人でなんとか乗り越えてくれることでしょう。

頂いたご祝儀袋に掛けてある、「水引」も
時代の流れか、色々な楽しい形がありました。

桜の花びらをあしらった水引は、心を和ませてくれるようです。

そして、なんと、「ト音記号」の水引!
女将曰く、「なにこれ!変わった素敵な水引やわ、楽しい!」。
しんちゃんもちょっと驚きです。

娘は、アマチュアの吹奏楽団に所属していますので、
多分楽団員のご祝儀だと思います。
もちろん、外袋も楽譜が印刷してあります。
最近は、こんな楽しい水引がどんどん出ているのかな・・・。

何はともあれ、お二人とご両家に幸多かれと願います。
コメント

9月22日、23日は臨時休業いたします。

2009年09月21日 22時01分04秒 | お茶屋
しんちゃんの店は、9月22日と23日は、申し訳ありませんが
臨時休業させていただきます。
長女の結婚式のため、東京まで親戚一同を
引き連れて行きます。

連休で、しんちゃんの店の「ほうじ茶ソフト」
楽しみにしておられる方も居ると思いますが、
大変申し訳ありませんがご容赦をお願いいたします。

今日(21日)も、県外ナンバー車など、
多数のお客様が、ほうじ茶ソフトを食べに
来て頂き、感謝申し上げます。

皆様には、24日以降のご来店をお待ち申し上げます。
ほうじ茶ソフトは、今シーズン9月月末までで終了となります。
お持ち帰り用に、ほうじ茶ソフト&抹茶ソフトを
冷凍した、アイスもご用意しておりますので、
皆様のご来店をお待ち申し上げます。
コメント (3)

コシヒカリの稲刈り、終了。籾の乾燥も終了。

2009年09月19日 22時54分54秒 | お茶屋
しんちゃんは、山間の田圃で、美味しい「コシヒカリ」を作付けしています。
今年の稲刈りも、月曜日に開始してから、5日間(火曜日は雨でお休み)で
本日、終了しました。

今年の秋は天候も良く、順調に刈取りができました。
最後の田圃もご覧のとおり、綺麗サッパリ・・・広場に早代わり。
すぐ横の山の斜面に、アケビが自生していました。
これから秋も深まり、アケビも熟成して紫色になることでしょう。

刈取った籾は、すぐ作業所の乾燥機に入れます。
約8~12時間(一晩)かけて、ゆっくりと乾燥させます。
途中で乾燥機の水分表示や、精密な水分計で
乾燥状態を確かめながら、乾燥させます。

乾燥が終了すると、次の日の刈取りの籾を乾燥するため、
すぐ外に出し、大きな入れ物に一時保管しておきます。
後日、まとめて籾摺りを実施し、玄米となって、
みなさんにお渡しすることになります。

しんちゃんも、連休中は所用があるため、来週の週末以降、
籾摺りをすることにしました。
またブログでお知らせします。
新米まで、もう少しお待ちください。
コメント

澄み渡った秋空に、さわやかな日の出です。

2009年09月18日 23時25分57秒 | お茶屋
秋本番になり天気も良くなってきましたので、今朝は結構冷えました。
しんちゃんは、稲刈り(コシヒカリ)真っ最中で、毎日1~2枚の田圃を
刈取りしています。

今朝も、朝5時過ぎに山の家に出かけました。
澄み渡った空気で、結構寒く感じました。

車内の温度表示(外気温度)で、14度と表示されています。
車のセンサーは、1度位高くでますので、実際は13度でしょう。

ちょうど、日の出直前で、秋の空に鱗雲が、朝日に照らされ
茜色に染まっていました。

いよいよ、太陽が顔を出し、眩い光を放ちました。
素晴らしい朝日を拝み、気持ちも洗われます。

太陽に向かって、拍手(かしわで)をバシッバシッ!
コメント

自家焙煎、加賀棒茶「加賀棒ほうじ茶」を焙煎しました。

2009年09月16日 00時21分29秒 | お茶屋
しんちゃんの店自慢の、香りの良い「加賀棒ほうじ茶」(加賀棒茶)
は、お客様から大変好評を頂いております。

加賀棒ほうじ茶の焙煎は、余裕を持って少しずつ仕上て、
いつでも香りの良い、炒りたてを皆様に提供しているのですが、
今日夕方になって、女将から、
「今日、大口の注文が入り、急遽在庫が無くなったよ!
明日の注文分が無いので、今夜、焙煎して!」
とのことで、急遽、夜に焙煎することになりました。
(こういうことは、たまに発生しますので、慣れていますが・・・)
で、焙煎工程を写真に撮りました。

・棒ほうじ茶の材料の茎茶を焙煎機に投入します。

・材料が、バイブレーターにより、均一に均されて、焙煎ドラムに入ります。

・焙煎機全景です。この機械は、砂炒焙煎機です。

・焙煎されたほうじ茶がドラムから出て、揺動網カゴを通り、粉を分離します。

・協力磁石により、金属異物を取り除き、外に出てきます。(まだ熱くて触れません)

・台に広げ、攪拌して素早く温度を下げます。

・温度を下げてから、茶箱に詰めて、加賀棒ほうじ茶の出来上がりとなります。

一連の作業は、少量ロットで、約2時間掛かります。

皆様に、香りの良い、焙じたての加賀棒ほうじ茶を提供できることを、
誇りに思っています。
コメント

山間のコシヒカリ、今日から刈取り始まり!始まり!

2009年09月14日 22時14分38秒 | お茶屋
今年は、夏の天候の関係で、金沢の水稲の刈取りが少し遅れています。
しんちゃんの山間の田圃でも、コシヒカリの刈取りが若干遅れていましたが、
ようやく、今日から刈取りを開始しました。

今週は、天候も安定するとの予想ですので、
お店の配達の合間を縫って、毎日、少しずつ刈取りをしようと
考えています。
そして、今日の午後、今年の初刈取りをスタート!

今年は、コンバインもグレンタンク式に替えたので、
駆り始めは機械の操作の慣れにちょっと手惑いましたが、
慣れてくると、調子よく刈取りが進みました。

しんちゃんのコンバイン上の姿は如何でしょうか?

黄金色の田圃は、コンバインの上から見ると、まばゆいくらい
とても綺麗です。
日本の田園風景の素晴らしさ!
自然の恵みの有り難さ!
を体一杯に感じました。
コメント