お茶のあずま園-しんちゃん-ここだけの話ねんけど・・・

自家焙煎の美味しい加賀棒茶「加賀棒ほうじ茶」を追求する、お茶のあずま園、店主、東信一の四方山話。全国の産地直送茶もOK。

加賀棒ほうじ茶が台湾中国茶ハーブ専門店に・・・

2008年11月28日 23時25分04秒 | お茶屋
しんちゃんの店の加賀棒茶「加賀棒ほうじ茶」が、
お隣富山県の台湾中国茶ハーブ専門店
「七碗茶詩」さまで紹介されました。

「七碗茶詩」さまショップブログ

「七碗茶詩」さまは、先日(11月初めに)しんちゃんの店にお寄りになり、
加賀棒茶の香りや作り方など熱心に勉強されて、「是非お店でお客様
のおもてなしに使いたい」と、大変気に入って頂き、ひと時、お茶のお話
に花が咲きました。

「七碗茶詩」さま
「七碗茶詩」とは

後日しんちゃんの加賀棒ほうじ茶をお送りしたところ、早速お店にアイテ
ムに加えていただき、感激です。

これからも、心を込めて焙煎し、皆様に美味しい加賀棒茶をご提供して
行きたいと、気持ちを新たにしました。

寒い季節になりますが、熱い加賀棒茶で心も体も暖まって、健康で
冬を乗り切りたいものです。

皆様も、富山市に行かれることがありましたら、是非お立寄りいただけ
れば、しんちゃんとしても大変うれしいです。

しんちゃんも一度お邪魔させていただこうと思っています。
コメント

冬前の収穫!・・・大根・葱・長芋・・・

2008年11月26日 00時19分13秒 | お茶屋
しんちゃんの畑では、冬前に収穫の真っ最中です。
雨が降ったり、雪が降ると作業が大変なので、一寸の晴れ間に
作業しました。

まず大根・・・
真っすぐ上へ引っ張って、抜き取ります。
近くの水で洗うと・・・真っ白な大きな姿が現れます。
大根は、ビニールのゴミ袋に入れて、口を縛って倉庫の隅に保管すると
来年の春までみずみずしく、パリッとしています。

次に葱・・・
スコップで根元を深く動かしてから、上に抜き取ります。
葱も太くて美味しそう!
葱は、そのまま大き目の袋に根元から入れて、封をせずに、
開けたまま、風の当らないところで立てて置くだけです。
これで、春頃まで大丈夫です。

それから今年は、春に長芋を5株植えてみました。
おそるおそる、掘り起こしてみました。
筒の中から丸々太った「長芋」が出てきて、感動!
まともなのは2本ほどでしたが、初めてにしては上出来ですね。
また来年も植えることにしよう。

空は鉛色でしたが、つかの間の晴れ間のひとときで、
畑からは雪景色した白山も間近に見えていましたが、
掘り起こした後しばらくして冬特有の時雨で冷たい雨模様となりました。
コメント

いよいよ冬到来!か?・・タイヤ交換しました。

2008年11月19日 20時11分21秒 | お茶屋
いや~、今日の日本列島は寒い!いきなり冬に突入。
九州でも積雪のニュースが流れていました。

しんちゃんの金沢でも、昨夜から雷鳴が轟き、朝からアラレまじりの雨が降り、
平野部でも初雪を観測したそうです。
しんちゃんのところはまだ積雪はありません。
まだまだ、と思っていましたが、いつ積雪があっても良いように
店の車を急遽スタッドレスタイヤ交換をすることにしました。

ジャッキを当て、タイヤをはずします。
コンプレッサーがあるので、昔に比べれば随分と楽になりました。

スタッドレスのタイヤを取り付けます。

最期に、空気圧の調整をして終了です。

丁度、雨も小止みとなり、外で仕事が出来ラッキーでした。
これで積雪があっても、一安心!
コメント

特別調達のお茶が入荷・5袋限定!売切れ御免です。

2008年11月18日 21時47分19秒 | お茶屋
しんちゃんは、取引のある問屋さんにお願いして、めったに手に入らない貴重なお茶を5袋づつ、2種類調達しました。

一つは、徳川家康公がこよなく愛した熟成茶、その故事に習い現代の手法で貯蔵熟成させた「大御所さまのお茶」です。

そしてもう一つは、今年の関西茶品評会で三等入賞茶「前川 怜さんの手摘み煎茶」です。
(二等以上は市場に回らないそうです)

どちらも、問屋さんでも、限定50袋しか手に入らなかったそうです。
そのうちから、5袋づつ仕入れました。

いづれも、店でも販売しているので、先着順で無くなり次第、売切れ御免!となります。

◎「大御所さまのお茶」・・・5袋限定・・・¥1,500(80g)・・・
大井川上流の井川の大日峠の蔵で貯蔵させ、秋も深まる頃、深い味わいの熟成茶を楽しんだと伝えられるこの「大御所さまのお茶」は家康公が愛飲した古式に習い、同じ大日峠のお茶蔵で貯蔵熟成されたお茶です。
今年、静岡の問屋さん3社がチャレンジし、1社のみ成功したお茶で、限定数十キロしか出来なかったそうです。

しんちゃんの店に5袋調達させていただきました。
---お茶の状態:
・形状は良
・ゆっくり丁寧に出さないと味が出ない
・渋みはやや強
・香りは熟成した香り

◎第61回関西茶品評会 三等入賞茶
「前川 怜さんの手摘み煎茶」・・・5袋限定・・・¥1,300(50g)・・・
高知県で行われた、平成20年8月5日~7日の茶品評会審査会において、
”普通煎茶”部門でみごとに三等入賞。
丁寧に手摘みした新芽の馥郁とした味と香りを是非一度ご賞味ください。

しんちゃんの店に5袋調達させていただきました。
---お茶の状態:
・中蒸し茶
・味は濃い濃厚な味
・旨みが強い

●お店の情報:ホームページ
●お店の場所:金沢市百坂町リ109
●電話:076-258-4000
コメント

焼酎の加賀棒ほうじ茶割り、第十五段、屋久島焼酎「太古-屋久の島」!

2008年11月15日 22時10分19秒 | お茶屋
しんちゃんのところでは、焼酎を自店で焙じた加賀棒茶「加賀棒ほうじ茶」で割って飲むようになって以来、すっかりはまっています。

その第十五段。屋久島の芋焼酎・・・「太古-屋久の島」。 屋久島のさつま芋使用の焼酎です。
屋久島伝承蔵、「手作りかめ壷仕込」とありました。
早速、加賀棒ほうじ茶割りで飲んでみました。

最近の芋焼酎は全般的に芋の匂いが弱くなっているようで、この焼酎も芋の香りはそんなに強くありません。
何十年か前のしんちゃんの若かりし頃の芋焼酎と言えば、結構匂いがきつかったように覚えています。
アルコール分25%で、普通。香りが良いです。
加賀棒ほうじ茶の香ばしい香りともうまくマッチしていて、good!です。

ラベルの模様は・・・杉の年輪のようで、屋久杉をイメージしているのかな。
しんちゃんオススメの一品でした。

お店:金沢市百坂町リ109
地図:http://www.azumaen.jp/store/index.html
コメント

「南天」が紅葉真っ盛り!

2008年11月14日 22時39分06秒 | お茶屋
今年の紅葉は、台風も無く、本当に綺麗ですね。

しんちゃんの家の「南天」も、今が真っ赤な色を付け、紅葉真っ盛り!
青空に映えて、とっても鮮やかです。

ここ2~3日は天候も快晴で、朝方は空気も澄んでいて、しんちゃんの家からも
遠くまで見渡せます。

朝の日の出一寸前は、まだ太陽が差しませんが、しんちゃんの家から見える
白山に、頂上から朝日が差し始め、とっても綺麗でした。
しばらくして、しんちゃんの家のも朝日が差し込み、後ろの山の紅葉と
相まって清清しい雰囲気でした。

南天の横にある、飾り柚子も今年は豊作?みたいで、大きな柚子が
鈴なりです。

この天気も、明日までですかね?
コメント

しんちゃんの作った米・・・食味分析・・・太鼓判です!

2008年11月10日 23時44分58秒 | お茶屋
しんちゃんは、山間で米を作っています。(9月のブログを参照ください)
山間のため、用水のような流れがなく、田んぼの横から出てくる湧き水だけで作付けしています。
水管理が、大変です!!!
今年の収穫も終わり、先日、しんちゃんの米の食味検査をしてもらいました。

◎H20年 新米 食味データ
・調査日時:平成20年11月3日 AM10:42
・スコア     76 B

でした。

まずは、日本の標準60~65を上回っており、美味しい米で一安心です。
ただ、昨年は「80のA」でしたので、一寸残念。夏の猛暑が響いたのかな?
それでも、検査の人からは、
「今年は殆ど60台(標準)で、76を超えたのは2~3人程しかいないよ。良い米ですね」
とのお言葉を頂ました。
おかげで、今年のお米も、お分けしたみなさんから大変美味しいとのお言葉をいただき、感謝しております。

◎お米の食味とは・・・
食味値近赤外線分析機で、「アミロース」「タンパク質」「水分」「脂肪酸度(玄米)」の4つの成分を測定し、食味方程式により食味値を出します。

味値は、100点満点で表し、数値が高いほど美味しいお米になります。
最近の良食味品種の増加や美味しい米作りの努力により、日本産では、
60~65点が標準になっています。
70~80%の人が美味しいと認めるのは、70点以上。

どんなお米(ごはん)が好きかは個人差が大きいと思います。
食感などは炊き方によって大きく変わりますし、同じ産地の同じ銘柄がいつも同じ味というわけではありません。
おいしさの基準といっても「人それぞれ」の部分が大きいので、細かい数値の差は味の差に直接反映するわけではありません。
それよりも保管や炊飯方法や銘柄の個性の方が実際には影響が大きいようです。
コメント (2)

立冬・・・白山の初冠雪が見えました!

2008年11月10日 22時25分40秒 | お茶屋
いよいよ立冬で、日に日に冬に近づく時節になりました。
しんちゃんも最近は、朝早くに山に行くことが億劫になってきております。

でも、先日朝7時に山の家に行ったとき、ふと遠望に見える白山も冠雪
しているのかな~っと見たところ、
見えました!白い初冠雪に覆われた白山が、クッキリと見えるではありませんか。

一眼レフのカメラは持ってこなかったのですが、なんとかコンパクトカメラに
収めることができました。
これから冬本番に向かいますが、まだまだ畑や田んぼの仕事が
いろいろとありますので、雪が降るまで結構忙しいです。
(もちろん、お店も大忙し・・・であるように願っていますヨ)

・カメラ:OLYMPUS μ1020 光学7倍ズームにて
コメント

焼酎の加賀棒ほうじ茶割り、第十四段、徳島焼酎「焼き芋」!

2008年11月08日 21時33分27秒 | お茶屋
しんちゃんのところでは、焼酎を自店で焙じた加賀棒茶「加賀棒ほうじ茶」で割って飲むようになって以来、すっかりはまっています。
最近はめっきり寒くなり、熱い焼酎の加賀棒茶割りが益々美味しく頂ける季節です。
その第十四段。徳島・鳴門の芋焼酎・・・「焼き芋、二十八度」。

徳島の鳴門金時(さつま芋)使用の焼酎です。

焼酎は蒸留酒ですが、・・・「本格焼酎 情留酒」とありました。
早速、加賀棒ほうじ茶割りで飲んでみました。
焼酎そのものは、芋の香りはそんなに強くありません。

アルコール分28%で、ちょっと度数が高いかも。甘い香りがします。
加賀棒ほうじ茶の香りや味ともうまくマッチしていて、good!です。

ラベルに書かれている内容は、
「まれな芋である。
 蒸して甘く、焼いて香ばしく、茹でてコク深い。
 至高の芋に心血をそそいで仕上た情留酒、
 鳴門金時焼き芋を味わってください。」

しんちゃんオススメの一品でした。

お店:金沢市百坂町リ109電話:076-258-4000
メール:ocya-ya@azumaen.jp
地図:http://www.azumaen.jp/store/index.html
コメント

加賀棒茶にお客様!

2008年11月06日 21時13分16秒 | お茶屋
しんちゃんの店に、本日、お隣の富山県富山市で、喫茶/茶葉販売/ボディケア、を営んでいる
「七碗茶詩」というお店の代表、釜井さまがお立寄りいただきました。

お店は、ボディケアを受けることが出来、また美味しい台湾・中国茶&ハーブティ専門店で
世界の美味しいTeaを楽しむことが出来るそうです。
また、おいしい茶葉をお買い求めも出来るとのこと。

釜井さまは、金沢特産の加賀棒茶もメニューに加えたいとのことで、
しんちゃんのお店にお寄りいただき、「加賀棒ほうじ茶」の種類や、香り・味わいを
試飲していただき、おいしい加賀棒ほうじ茶を確認していただきました。
さすが、世界の茶葉に長けていて、当店の加賀棒ほうじ茶についても、産地から製造工程まで、
意見交換に熱中し、気が付いたら、2時間ほど経っていました。

しんちゃんの加賀棒ほうじ茶も、世界の茶葉に少しでも仲間入りできるといいな・・・。
皆様も、富山市に行かれることがありましたら、一度訪れてみては如何。

(参考)
・七碗茶詩
・しんちゃんの店
・七碗茶詩の意味
コメント