ぶっちゃけ…独り言?

日記と言うよりも雑記…映画とか漫画の感想やらスポーツの観戦記やら、そりゃもう思いっきり雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第38回 高松宮記念

2008-03-30 | 競馬
ファイングレイン、新短距離王に!

予想通りのハイペースを中団で追いかけ、直線一気、計ったよーな差し切り。
しかもレースレコードのおまけ付き。
実にお見事でした。
これで1200m3連勝ですからねぇ。
NHKマイルCで2着になったことはあるものの、実際あまり結果が出てなかった
だけに路線変更は大正解でしたね。
まぁ、今回に関して言えば、幸の好騎乗と多少のラッキーもあったよーな気も
しないでもないですけどね。
ま、気の早い話ですけど、秋のスプリンターズSで真価が問われるでしょう。
もちろんワタクシは次も本命にしますけど。

2着はキンシャサノキセキ。
好位追走で早めの抜け出しと、完全に勝ちパターンでしたよね。
最後の最後で差されちゃいましたけど、力は出し切ったんじゃないでしょうか。
てか、何気にこっちも同じ年のNHKマイルCで3着だったり。
しかもどっちもフジキセキ産駒だったり。

3着には一番人気のスズカフェニックス。
いや~、ぶっちゃけ0.5秒で終わっちゃいましたね。
最後の追い込みは見事でしたけど、中京でアレはキツすぎですよ。
ま、力負けって感じじゃないので巻き返しはありそーですね。

てなわけで、春のスプリント王となったファイングレインですが、やっぱり安田
記念には向かわないんですよねぇ?
府中1600mで実績があるのだから全く無理ってわけじゃないんでしょうけど・・・
まぁ、せっかく軌道に乗ったんだからこのままスプリント路線で更なる上を目指
した方が良いかもしれませんしね。
コメント

WBA世界フライ級タイトルマッチ

2008-03-29 | 格闘技
王者坂田、判定で3度目の防衛に成功!

う~ん、はっきり言って大苦戦でしたね。
まぁ、山口が頑張ったって言った方が良いのかもしれませんけど。
取り敢えず序盤は完全に山口のペース。

その上、3Rにはダウンまで奪われる始末で・・・

正直、これで終わったかなぁ~と思ったりもしたのですが、ま、元々階級が下の
山口のパワーのなさに救われましたね。
あそこはあのまま押し切られてもおかしくなかったですよ。
でまぁ、その後盛り返したのは流石・・・って程じゃないけど、まぁ頑張ったかと。
あれだけ打ってもスタミナ切れを起こさなかったのは立派。

てか、何で頭っからアレが出来ないんでしょ?

普通にやってれば圧勝しても良い相手のはずなのに、坂田の欠点と山口の開き
直りがまんまとハマっちゃいましたよね。
変に”王者”としての戦い方とか、綺麗なKOを狙ったりしなくても良いので、次は
最初から”らしい”ボクシングをして欲しいです。
って、エンジンのかかりが遅いのはある意味坂田らしいんですけどね。
ま、次回はスカ勝ち(流れの中での)を期待します。
コメント

のだめカンタービレ 20巻

2008-03-27 | 漫画
今回はわりと早めの感想UPで御座いますよ。
て、出遅れには変わりないですけど・・・
そもそも本屋さんで偶然見つけるまで出てる事すら知らなかったり・・・
まぁ、そんなこんなでワタクシ的ツボ・シーンで御座います。

『のだめのコンクールを思い出す』
やっぱり千秋は自分じゃないんですねw

『ちょっとうそ』
いかにもワタクシの真っ赤なルビー清良ちゃんらしいです。

『どん引き』
黒木くん、思い切り過ぎw

『なんちてー☆』
いや、もう、これは可愛すぎるかと。

『レッスン1回でミイラかよ』
有り得ないからw黒木くんの冷静なツッコミもgoo。

『はぁ?』
峰のド単純と清良の気の強さが絶妙に滲み出てますよね~。

『のだめさん!はい!』『のだめさん!はい?』
これ最高でした。ハロウィン辺りからかなり好きです。

『おせーよ』
確かにw

『これでも食ってろー!!』
久々に来ましたw

てなわけで、今回はこんな感じでしょうか。
ま、今回も前回に引き続きワタクシの真っ赤なルビーの出番が多かったので、
そりゃもう大いに楽しませて頂きました。
あと、ノリがちょっぴり昔に近かったりもしてそれも楽しかったですね。
にしても、相変わらず演奏シーンの描写が抜群。
めっちゃ伝わるので、そーゆー面でもかなり楽しめました。
てか、今回のはかなり好きかもです。(きっと毎回思ってるんでしょうけどw)
コメント

’08 F1マレーシアGP

2008-03-24 | F1
王者ライコネン、今季初勝利!

いや~、先週あらゆるところで「次戦リベンジ!」と言い続けた甲斐あって、早速
やってくれましたね。
先週とは打って変ってめっちゃ良い気分で御座います。

がっ!

本来なら「圧倒的じゃないか、我が軍は!」と余裕綽々で観戦出来たはずなのに・・・
えっと、マッサは一体・・・
まさかね、ま~さ~か単独の自爆スピンって事はないですよね?
何らかのトラブルがあってって事ですよね?
ったく、せっかくのワンツーが水の泡ですよ。
もちろんこの借りは次戦辺りで早々にきっちりと返してもらいますよ。

で、Hondaは・・・
トヨタが可能性を見せ付けたのに対し、まるっきり何も感じさせず・・・

スーパーアグリは2台とも完走と、琢磨自身が言ってた通り、テストが出来なかった
事を考えればかなり有意義なレースになったんじゃないかと。
こーやって少しずつでも結果出して、データ拾って、中盤以降に繋げて欲しいですね。

二人のJr.は今回は見せ場なし。
一貴に至っては、前回のことで最後尾スタートでしたしね。
まぁ、きっちり完走出来たのは良かったんじゃないでしょうかねぇ。

てわけで、開幕2連戦が終わったわけですが、どーやら今季は2強だけが圧倒的に
別次元の速さってわけでもなさそーですね。
それはそれでバトルも増え、ポイント争いも白熱するので大歓迎ですよ。
もちろん最終的にはフェラーリの勝利を信じてますけどね。
コメント (7)   トラックバック (4)

亀田興毅vs.レクソン・フローレス

2008-03-22 | 格闘技
うん、不発。

まぁ、単純に勝ち負けで言えば間違いなく勝ってましたけどね。
ただなぁ、これで”世界”言われても・・・
取り敢えず、ジャブがショボすぎ。
パンチを打ってく時の足の運びが悪すぎ。
全体的に亀2よりちょっとマシぐらいなレベルでちょっとガッカリでした。
もう少しレベルの高いものを見せて欲しかったですね。

にしても、客席から大声で指示出しまくって亀父って・・・
やっぱり反省0なんでしょうね~。
ま、どーせ「ちゃんとセコンド外れてるし、客席で応援してるだけなんだからガタガタ
言われる筋合いはない」なんて感じなんでしょう。
協栄セコンド陣がやたら静かだったので、確信犯な可能性もかなりアリですけどね。

てわけで、色んな意味でどーかなぁ~と思いながら観たのですが、はっきり言って
かなり期待ハズレ。
ただまぁ、今までと比べてもかなり出来が悪かったよーな気もしたので、今回に関し
ては8ヶ月のブランクが響いたと好意的に解釈してみます。
コメント (2)

’08 F1オーストラリアGP

2008-03-17 | F1
大波乱!

続きは後ほど・・・ZZzz…(。-ω-)。。ooO((【・:*:・夢・:*:・】))


っと、一晩経ってすっかり気持ちも落ち着いたので(ぉぃぉぃ)感想を。

先ずはワタクシが愛して止まないフェラーリ。
キミが怒涛のスタートダッシュを決めてくれていきなり熱かったのですが・・・
その後はいまいちパッとせずで・・・
何度かチャンスもあったんですけどねぇ。
マッサに至っては見せ場すらなし・・・
とにかく、凄く残念な開幕戦になってしまいました。

でもって、Hondaは・・・
今年も厳しいシーズンになりそーですね~。
せめて去年よりは良い結果を出して欲しいんですけどねぇ。

今年もギリギリで参戦出来たスーパーアグリは・・・
明らかにテスト不足で結果的には残念でしたけど、琢磨がスタート直後にまさかの
ジャンプアップを決めて、取り敢えず魅せてくれましたね。
色々と問題山積みですけど、何とか頑張って欲しいです。

で、今年は二人の二世ドライバーにも注目ですよ。
早速二人のバトルもありましたしね。
でも、何と言っても今回は中嶋Jr.でしょ。
親父譲りの納豆シコシコ走法でいきなり6位入賞ですからね~。
まぁ、相方のニコが表彰台なのでマシンのポテンシャルも高いんでしょうけどね。
それでもよく頑張ったし、今後が期待出来ますよね。

てなわけで、ワタクシの予想、いや、願望に反して今年を占う開幕戦の主役は終始
安定した走りを見せたハミルトン=マクラーレンでした。
う~ん、ぶっちゃけここまでコテンパンだとは思わなかったのでショック大きかった
ですよ。
時間ないですけど、次戦のマレーシアGPまでには何とか立て直して欲しいものです。
じゃないとストレスが・・・
コメント (6)   トラックバック (4)

DREAM.1~ライト級グランプリ2008開幕戦~

2008-03-16 | 格闘技
いや~、まさかこんな日が来るとは~!
ぶっちゃけ、日本の総合はPRIDEの崩壊と共に終わったかなぁ~と思っていたけど、
超大逆転と言うか、正直、ほぼ最高の形で復活してくれたんじゃないかと。
まぁ、「出来れば放送局は・・・」とか、「あの選手がまだ・・・」とか、思うところもあり
ますけど、そんな贅沢は言ってられないですよね。
てか、ほんと、かなり理想的な復活ですしね。
なわけでワタクシ、もちろんテンション上がりまくりだったわけですが・・・

うわぁ~ん、見逃しましたぁ~!!!

うぅ・・何やってんだか・・・
取り敢えず動画サイト周りまくるしかないですね。
きっと親切なマニア達が上げてくれてるはず!
とにかく行こう、行けば分かるさっ!(ほぼヤケクソ・・・)

てわけで、各試合の感想ですが、動画で観た順なので実際の試合順、もしくは放送
順とは大きく違うと思います。
でもって、随時追加されてく事になるでしょう。

○ミルコ・クロコップvs.水野 竜也●
かなり直前まで対戦相手が決まらなかったよーですが・・・
まぁ、レベルが違いすぎましたよね。
取り敢えず、ミルコが何も変わってなくて良かったです。
当然、今後はもっと強い相手とやって欲しいですね。

△青木 真也vs.J.Z.カルバン△
ノーコンテストかぁ・・・
かなり楽しみなカードだっただけに残念。
是非再戦して欲しいですね。

○桜井”マッハ”速人vs.門馬 秀貴●
五味風に言わせて頂きます。
昔のマッハさんだぁ!
ま、左はオープンでしたけど、そこから一気に畳み掛けたのは見事でした。

○ミノワマンvs.イ・グァンボム●
まぁ、いくら体重差があっても素人相手なら当然あっさりですよね。
取り敢えず、”足関節萌え”なワタクシには嬉しいフィニッシュでした。

○ヨアキム・ハンセンvs.朴 光哲●
結構ハンセンのやりたい放題だったのですが、フィニッシュまで持っていけない事に
イラついてちょっと雑になっちゃったかなぁ。
まぁ、朴がよく凌いだと言っても良いのかもしれませんけどね。

○石田 光洋vs.チョン・ブギョン●
実に渋い試合でした。
でも、それなりに面白かったです。

○エディ・アルバレスvs. アンドレ・ジダ●
アルバレスは寝技のポジショニングが上手かったですね。
まさかこーゆー展開になるとも、ジダが完封されるとも思わなかったですけど。

てなわけで、せっかく待ちに待った、夢にまで見た旗揚げ戦だったのに見逃すという
大失態を犯してしまったワタクシで御座いますが、辛うじて各所にUPされた動画の
お陰で全敗(全見逃し)だけは避けることが出来ました。
UP主の皆さんに感謝です。
でもって、DREAMですがかなりの好カード、夢のカードの実現も期待出来そうなので
全力で応援していきたいですね。
それと、ワタクシのよく知る彼も前と同じポジションで無事復帰出来たよーなので、
それもまぁ良かったなぁ~って感じです。
コメント (2)   トラックバック (1)

ARIA (12)

2008-03-15 | 漫画
噂には聞いてましたけど、ついにこの日が来ちゃったんですね。
いや~、ぶっちゃけかなり凹みますよね。
もうですねぇ、頭の中真っ白で当分立ち直れそーもないくらいですよ。
がまぁ、締め括りとしては上出来ですかねぇ。
正直、ウルウルしっぱなしで読みました。

と言うわけで、エピソード毎の一言感想です。
(バレになってるかもなので要注意)

「Navigation56 生き人形」
天野さん、自分に言い聞かせているのか、ワタクシ達に言い聞かせているのか・・・

「Navigation57 薔薇の名前」
晃さん、最後の最後まで良いですよね~。
にしても、ローゼンクイーンとは・・・

「Special Navigation 3人娘」
このエピソード、かなり好きです。
間違いなく「でっかい大丈夫!」ですよね。

「Navigation58 遥かなる蒼」
ジーンと来ますよね~。
ただ、アクアマリンにしてもローゼンクイーンにしてもオレンジプリンセスにしても、
日本語表記がないとちょっと微妙な・・・
「遥かなる蒼」「薔薇の女王」「黄昏の姫君」の方が圧倒的に良いかと。

「Navigation59 未来」
無理無理無理無理、ワタクシは全然大丈夫じゃないです。

「Navigation60 水の妖精」
めっちゃ上手く纏めてくれたなぁ~と。
取り敢えず、講師姿のアリシアさんが超絶に素敵です。

てなわけで!
多少不本意なところもあったりしますが(アリシアさんの事とか、アリシアさんの
事とか、アリシアさんの事とか)、まぁほぼ理想的な形でグランドフィナーレを向か
えたんじゃないかと。
ほんと、感動しまくりの最終巻でした。
が、やっぱりもっともっともっと続けて欲しかったですね~。
なんて言ったところでどーにもならないので、とにかく、お疲れ様&有難う御座い
ましたって感じですね。
コメント

ウィッカーマン

2008-03-13 | 映画 あ行
4点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)

えっと、一体コレは・・・
元々はイギリスのカルト映画らしいのですが、いや~どーなんでしょ。
ぶっちゃけ、何が描きたいのかが結構微妙かなぁ~と。
取り敢えず布石の蒔き方がダメダメと言うか、結果グダグダと言うか・・・
ニコラス・ケイジがどんなに頑張ってもこれっぽっちも緊張感が伝わらないのがあまりにも悲しいところではありました。
まぁ、その辺は投げっぱなしとまでは行かないけど、釈然としないラストのせいってのもあるんでしょうけどね。
ま、サスペンスとしてもスリラーとしてもかなりイマイチでしたし、オカルトホラーとしては怖さがまるっきり足りなかったですね。
てか、やっぱり全体的に煽り方が下手だったかなぁ~と。

主演はニコラス・ケイジです。
何でこんな映画に出てしまったのか・・・
なんて思ってたら何気に製作にも関っているよーで・・・
よっぽどやりたかったって事ですかぁ。
まぁ、困った顔させたらNo.1なので(もちろん役者として実力はお墨付き!)
役にはばっちりハマってましたけどね。
共演は・・・
アーロン・エッカートとジェームズ・フランコが出ていたよーなのですが、気付かなかったのはワタクシの集中力が足りないのか、気付けないほどチョイ役だったのか・・・

にしても、古いホラーのリメイクって面白い確率が極めて低いですよね。
映画以上に凄い事が現実で起こっちゃってるからってのも少なからずあるんじゃないかと思ったりするのですが・・・
虚構の世界で良いのでもっともっと驚愕させて欲しいですよ。
いっそ、ドゥカブニーが出てくれてれば(しかも主演とか、更にジリアンもとか)諦めもつく・・・じゃなくて、それだけで大いに楽しめるんですけどね~。
コメント (6)   トラックバック (5)

WBC世界フライ級タイトルマッチ

2008-03-08 | 格闘技
内藤、ドローで王座防衛!

いや~、ぶっちゃけ見事な引き分けでしょ。
名チャンピオンだったポンサク相手に一歩も引かないファイトでしたよね。
お互いに調子の良さときっちり練習を積んできたのが見て取れましたし、最後まで
両者アグレッシブで素晴らしい試合でしたよ。

まぁ、展開としてはほぼ予想通りでしたね。
オーソドックスなポンサクとトリッキーな内藤。
序盤は有効打でちょっとポンサクがリードしてたかなぁ。
敢えて大振りな内藤をポンサクが上手く捌いてましたしね。
ただ、中盤から内藤の手数が増えてからリズムに乗れましたね。
逆にポンサクは手が出なくなる場面がチラホラと。
にしても、あれだけ大きいパンチばかりだったので終盤はかなり苦しくなるかと
思ってたら全く落ちなかったのは流石と言うか凄いですよね。
相当濃い練習してきたんじゃないかと。
もうそれだけでも評価したいですよね、内藤を。

てわけで、本当に良い試合を観れたのは良かったのですが・・・
やっぱり噂通りチケットは売れてなかったんですね。
上の方、ガラガラでしたよね~。
お金ないジムですからねぇ・・・
まぁ、日本で出来ただけでも良かった(タイなら100%負けちゃいますからね!)と
思うべきなんでしょうけど、これだけのもの見せられたらね~。
勝たせてあげたかったと言うか・・・
ぶっちゃけ、ジャッジ接待しまくるお金もなかったんだろうなぁ。
となると、次はお金になる日本人対決の可能性が・・・
コメント