ぶっちゃけ…独り言?

日記と言うよりも雑記…映画とか漫画の感想やらスポーツの観戦記やら、そりゃもう思いっきり雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第56回 宝塚記念

2015-06-28 | 競馬
春のグランプリホースはラブリーデイ!

うん、快勝ですね。
大外枠だったのでどーでるかと思ったのですが、好スタートを決め、隣一頭分が空いてるのも幸いし、スムーズに二番手まで着けることが出来ましたよね。
後はスローな流れをリズム良く走り、直線で先頭に立つとデニムアンドルビーをクビ差凌いで先頭でゴール。
阪神大賞典、天皇賞と距離が合わず結果が出てませんでしたが、お得意の中距離に戻って、バッチリ最高の結果を出すことが出来ましたね。
まぁ、一番人気がちゃんとレースしてたらどーだったのか・・とも思わなくもないですけど、勝ちは勝ち、てか、やっぱり勝って何ぼなわけですからね~。
ちゃんとレースしてちゃんと勝ったんだから立派で御座います。

2着はデニムアンドルビー。
後方二番手、いや、実質的な最後方から怒涛の追い込み。
正直、阪神大賞典はフロックというかラッキーで、残念ながら今はそこまでの力は、ましてや牡馬を相手に渡り合うだけの力はないかなぁ~と。
あのスローペースであの追い込みっぷりは中々の迫力でした。

3着はショウナンパンドラ。
最内枠から最短距離の競馬をしましたよね。
ただ、去年の秋華賞を最後にイマイチどころかイマサンぐらいなレースが続いていたので、いくら経済コースだからといって、ここまで好走するとは思わなかったです。
まぁ、デニムアンドルビーともに秋の古馬牝馬路線が楽しみかもです。

1番人気のゴールドシップは・・・
う~~ん、何なんでしょうね、アレは。
もはや出遅れとかそーゆーレベルのお話ではないよーな・・・
ぶっちゃけ、酷すぎて言葉になりませんでした。
ま、とにかく、歴史に残る大失態でしたね。

てわけで、ラブリーデイが初のG1制覇を果たした今年の宝塚記念。
てか、ゴールドシップが派手にやらかした今年の宝塚記念って言った方が正解でしょうね。
ったく、困ったものです。
コメント

’15 F1オーストリアGP

2015-06-22 | F1
ロズベルグ、今季3勝目!

で、我がフェラーリは・・・
ベッテルが4位でライコネンが・・・
ったく、何やってくれてんだか・・・
まぁ、車に問題あったんでしょうけど、それにしてもねぇ・・・
そろそろ、いー感じに結果を出して欲しいですよね、二人とも。
じゃないと、そろそろワタクシの堪忍袋がヤバイことになりそーです。
ま、シルバーストンではやってくれるでしょう。
コメント

ワイルド・スピード SKY MISSION

2015-06-16 | 映画 わ行
7点(10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)

ワタクシ含め、車好きには堪らない「ワイスピ」のシリーズ7作目で御座います。
えっとぉ、1作目>2作目>>>>>3作目とシリーズが進むに連れて残念さだけがワイルドに増えてしまっていたわけですが、4作目で一時期の迷走から完全に抜け出し、ついに5作目で1作目並み、でもって前作も安定の面白さを見せ、ワタクシ的シリーズ評価はこんな感じに。
1作目≧5作目6作目>2作目=4作目>>>>>3作目
その辺を踏まえて、シリーズ最大の大ヒットを記録している今作、そりゃもう、楽しみ~~に・・してはいたのですが、あまりにも悲しすぎる訃報が・・・
なので、正直、色々と複雑な思いの中で観させて頂きました。
で、感想ですが・・・

うん、泣きました。

いやまぁ、その前に・・うん、面白かったです。

もうですねぇ、ここまで来ると基本っていうか、面白さのベースの部分さえきっちり押さえてくれれば概ね満足なわけですよ。
それが、たとえ思いっきり畑違いとも思える『』シリーズのジェームズ・ワンの監督作だとしても、押さえるとこさえ押さえてくれれば十の分なわけです。
で、そこからプラスアルファでどれだけ面白さを盛れるか・・みたいな。
まぁ、今作に関しても、スカイな部分で更にポイントアップ・・てほどではなかったのですが、まぁ、スカイじゃない部分で楽しむことが出来たので結果オーライかなぁ~と。
まぁ、とにかく、余計なことをし過ぎず、このシリーズの良さを存分に発揮してくれればOKなので御座います。

主演はヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカー。
はい、今回も紛れもなくドムとブライアンでした。

で・・・

ね・・・

ポール・ウォーカーがまさかの事故死・・・
あまりにも突然のことだったので、本気で暫しボー然としてしまいました。
本当ならご冥福を祈らなきゃいけないんでしょうけど、気持ち的に認めなくないというか、なので祈りたくないというか、だから、戻って来て欲しいというか、正直、まだショックから抜け出しきれていない自分がいたりするわけです。
で、最後にあの映像ですからね。
こんな痛快娯楽作品を観たのに最後に号泣するなんて思いもしなかったです。
本当にただただ残念でならないです。
で、共演はドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス、ジョーダナ・ブリュースター、タイリース・ギブソン、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、ルーカス・ブラック、カート・ラッセルに何と言ってもジェイソン・ステイサムですよね。
ただ、ぶっちゃけ、ワタクシ的にはステイサムはあまりこの作品にフィットしてなかったかなぁ~と。
何というか・・存在感ありすぎるんですよね~。
変な話、出番が多ければ多いほど、作品自体を喰っちゃってる感じが・・・
ぶっちゃけ、結構「ステイサム作品?」な瞬間がありました。

てわけで、ワタクシの大好きなポール・ウォーカーの遺作となってしまったこの作品。
本当に、まだまだまだまだ続いて欲しかったのですが・・・
まぁ、シリーズ自体は続いていくでしょうから、シリーズ自体がどー乗り越えていくのか・・て、そんなの楽しみでも全然ないんですよね。
まぁ、次までにワタクシもきっちり乗り越えて、心の底からご冥福をお祈りできるよーになっておきます。


ワイルド・スピード SKY MISSION@ぴあ映画生活
コメント

ちはやふる 27巻

2015-06-14 | 漫画
いや~~~、ずんどこ。
まさに、ダァウン、ダァウン、ダァ~ウンで落ちまくりで御座います。

ま、そんな二人はほっといて・・・

花野さんがちっとばっかり大人に。
でもって、かなちゃんはやっぱり良い。
でもって、机くん偉い。
でもって、新がいよいよ。

そんな感じで頑張ってる人はちゃぁ~んと頑張って前に進んでます。
なのに・・・
まぁ、レイン・ハード・グラウンド・・いわゆる、雨降って地固まるってやつですかね。
きっと、そーゆーふーに決着がつくはずなので、鬱展開全開でも今は我慢の時ですね。
コメント

’15 F1カナダGP

2015-06-08 | F1
ハミルトン、今季4勝目!

で、我がフェラーリは・・・
ベッテルが猛追の5位フィニッシュでライコネンは4位フィニッシュ。
まぁ、ベッテルが魅せてくれたから良しとしますかねぇ。
贅沢を言えば・・いや、贅沢でも何でもなく、ライコネンは表彰台は外さないで欲しかったですよね。
てか、FLは取れてるんだから決して遅くはないんですよね~、うちは。
なので、何とか結果まで繋げて欲しいです。
次、次こそはお願いします。
コメント

第65回 安田記念

2015-06-07 | 競馬
春のマイル王は、モーリス!

いや~、強かったですね。
今回は出負けることなく好スタート。
道中は好位、てか、まさかまさかの番手からの競馬。
出負けない限り、ある程度は・・とは思ってましたけど、あんなに前に付けるとは思わなかったです。
で、4角周って直線向いたときには、視界良好、後は突き抜けるだけでしたね。
まぁ、前にいた分、いつものよーにズババッと切れる脚ではなかったですけど、それでも、前で粘るケイアイエレガントを捉え、ヴァンセンヌの猛追を凌ぎ、G1初制覇と相成りました。
ま、馬の力を信じて横綱相撲を取った川田の好騎乗も光りましたね。

2着はヴァンセンヌ。
あのペースであの位置取り・・正直、無理かなぁ~と思っちゃいました。
が、4角も外へ回さず、前が開くのをジッと待ったのが良くも悪くもこの結果に結びついたかと。
あそこから外持ち出してたらとーてー届きませんし、かと言って、すんなり前が開いたわけでもなくロスがあったので・・・
よくまぁ、2着に持って来れたなぁ~という思いもありつつ、1着も見えていただけに勿体なかったなぁ~という思いも・・・
まぁ、勝負のあやってやつですかね~。

3着はクラレント。
勝った馬を見る形でレースを進め、直線で追い比べ・・といきたかったんでしょうけど、残念ながら地力の差が出ちゃいましたかね。
ま、ソツなく乗って上出来の結果だったんじゃないでしょうか。

2番人気のフィエロは4着。
これまたモーリスを見ながら、直線ではクラレントと並び、ここからモーリスと追い比べ・・となるはずが、思ったよりも伸びなかったですね。
う~ん、どーなんでしょうね。
マイルもこなせるけど本質的にはスプリンター寄りなのかもですね。
府中のマイル戦はどちらかと言うともうちょい長い距離もこなせるスタミナも必要ですからね~。

てわけで、今年の安田記念はここのところ3連勝と絶好調だったモーリスが制覇。
群雄割拠だった短距離戦線に新たな主役が誕生ですかね~。
個人的には、ヴァンセンヌのリベンジにも期待したいところですが・・・
まぁ、この2頭を中心に3歳勢も絡みつつ、秋も色んなドラマが生まれることを楽しみにしてます。
コメント

進撃の巨人(16)

2015-06-02 | 漫画
う~ん・・・

・・ね。

どーもワタクシの好みから完全にハズレちゃってるよーで・・・
てか、すっかり面白味のないお話に・・・
色々と謎解きを見せていかなきゃなのは分かるのですが、根本というか、この作品の面白さの原点はキープしつつ、そーして欲しかったかなぁ~と。
ぶっちゃけ、思いっきり冗長で、読んでても全然・・・

まぁ、そのうちまた「おぉ!」と思わせてくれるんじゃないかと、微かな期待を抱きつつ、次の巻を待つことに致します。
コメント