ぶっちゃけ…独り言?

日記と言うよりも雑記…映画とか漫画の感想やらスポーツの観戦記やら、そりゃもう思いっきり雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

’12 F1インドGP

2012-10-29 | F1
ベッテル、4連勝!

ぐぁ~~~~、アロンソの猛追もあと一歩、いや二歩・・いや、まぁ、ぶっちゃけ10歩ぐらい及ばず・・・
1ポイントでも差を詰めたいっていうのに、逆に広げられちゃうとは・・・
残り3戦で13ポイント差・・・

うん、全然大丈夫。

とにかく、ベッテルよりも前でゴールするのが第一。
でもって、2戦は勝たないといけませんかね。
てか、三つとも勝っちゃえば全然問題なしですね。
うん、やっちゃいましょう。

で、今日の可夢偉。
結果出せず・・・
もはやHONDAが救ってくれるしかないよーな・・・
コメント (2)   トラックバック (1)

第146回 天皇賞(秋)

2012-10-28 | 競馬
エイシンフラッシュ、ダービー以来のG1制覇!

ツボにハマれば豪脚炸裂するものの、それでも勝ちきれないのがエイシンフラッシュだったわけですが・・・
今回も展開&位置取りがばっちりハマって直線では豪脚炸裂。
いつもならそれでも勝てないのですが、やっぱりデムーロの腕ですかね~。
ラチ沿い、一番ロスが少ない競馬で一気に突き抜けちゃいました。
さすがです。
さすがです。(ほんと上手かったので二度言いました。)
ま、これで古馬の主役になるかと言うと、そーも思えないのはフラッシュの今までの行い故ですね。

2着はフェノーメノ。
ダービー2着、菊よりこっちを選んだのはダテじゃなかったですね。
あの流れを前目で追走してのこの結果は中々立派なんじゃないかと。
ま、内外の差での半馬身、それはそれでかなり悔しくもありますけどね。
ただ、能力の高さは証明されたので、先々可能性あるんじゃないですかね。

3着はルーラーシップ。
後方から上り最速タイ、怒涛の追い込みを見せたんですけどね~。
G1だとちょっと足りないところがいかにもこの馬らしいかと。
出来ればずっとこのままでいて欲しいです。

3番人気のカレンブラックヒルは5着。
まぁ、厳しいレースをさせられちゃいましたね。
それでも大崩れしなかったのは、この馬の能力の高さの裏返しかと。
いずれはG1に手が届くんじゃないですかね。

4番人気のダークシャドウは4着。
どこからでもレースが出来るのが強みでしたけど、この流れで終い比べになるとちと分が悪かったですかね~。

てわけで、エイシンフラッシュの復活Vとなった今年の秋天。
レースも良かったのですが、それ以上にデムーロのパフォーマンスが良かったですね。
結構、ワタクシ的競馬名場面になりました。
コメント   トラックバック (1)

WBC世界スーパー・フェザー級タイトルマッチ

2012-10-27 | 格闘技
○ガマリエル・ディアスvs.粟生隆寛●

う~ん、またしてもやらかしちゃいましたね。
エリオ・ロハス戦デビス・ボスキエロ戦の時と同じく、今日はダメな方の粟生でした。
正直、今回はきっちりスカ勝ちして欲しかったんですけどね~、次に向けて。
う~ん、がっかり。
まぁ、まだ20代なのでもう一度上を目指しても良いとは思うのですが、どーやら本田会長がかなりご立腹なよーで・・・
ま、こんな不甲斐ない試合を見せられた後だからかもしれませんけど、ワタクシ的には引退してくれちゃっても全然問題なしです。
コメント

宇宙兄弟 (19)

2012-10-26 | 漫画
一難去って、また・・じゃなくて、去ってなかったぁ~~。

ったく、何してくれてるんですか、NASAは。
こーなったらワタクシも嘆願書を集めて・・・
まぁ、可能性は0ではないよーなので、何とか良い方向に進んで欲しいですね。

で、ヒビトとは対称的にムッタの方は・・・

色んな意味で着実に前に進んでるよーです。
まぁ、ムッタのことだからまだまだ色々と起こるんでしょうけどね。
それはそれで楽しみ。

後は、ケンジが報われそーなのがちと嬉しい。
コメント

第73回 菊花賞

2012-10-21 | 競馬
ゴールドシップ、二冠達成!

いっやぁ~、強かった。
1番枠を引いた時点で経済コースを後ろから追走するのが確定だとは思ってたんですけどね~。
まさか、いきなり最後方とは思わなかったですよ。
ただ、折り合いはバッチリついてましたし、コーナーも6回も回るのでラチ沿い行けば、まぁ、直線向いた時には良いとこ行くだろーなーと・・・
思っていたら、これまたまさかの、向こう正面三角坂下からメイショウサムソンばりの超ロングスパート。
淀の坂は素早く上ってゆっくり降りるというセオリーを無視して、豪快に上って豪快に降りて4角で先頭からそのまま一気に押し切っちゃうなんて、着差以上の圧倒的な勝ちっぷりでした。
これならディープブリランテとかワールドエースがいても同じ結果が出せてたんじゃないでしょうかね。
ほんと、何のケチもつけられない素晴らしい勝利でした。

2着はスカイディグニティ。
最後まで食い下がりましたけど、まぁ、完敗ですよね。
でもまぁ、ステイヤー資質をガッツリ発揮して、力を出し切ったんじゃないでしょうか。

3着はユウキソルジャー。
結構良い脚を使って差してきたんですけど、まぁ、完敗でした。
でもまぁ、距離が伸びて良いタイプなだけに、力は出し切ったんじゃないですかね。

2番人気のマウントシャスタは9着、3番人気のロードアクレイムは6着。
それぞれ全く見せ場なしでした。

てわけで、ゴールドシップ圧巻の走りで2冠制覇となった今年の菊花賞。
次走はやっぱり有馬に直行ですかね。
まぁ、ダービーのよーに33秒台で上がっても届かない展開にならない限り、勝ち負けに絡むのは間違いないかと。
うん、楽しみですね。
コメント

メン・イン・ブラック3

2012-10-19 | 映画 ま行
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)

トミー・リー・ジョーンズの新境地を開拓した大人気SFコメディの10年ぶりの新作で御座います。
ぶっちゃけ、今さら感たっぷりで所謂”ダメ続編”の予感がプンプンしていたのですが・・・

何か、意外と面白かったです。

えっとですねぇ、取り敢えずアイディアの勝利だったかと。
2作目で既に何ら新しいことが出来ず、ただただ1作目を劣化させただけになっちゃってましたからね~。
どーしてくれるのかと思っていたら、その手がありましたかぁ~。
ま、アイディア自体は特別新しいものではないんですけどね。
キャラの個性を最大限活かすことが出来ていたので、ぶっちゃけ、終始ニマニマしっぱなし。
ゲラゲラ笑えちゃうところもたっぷりで、その上、チミっと感動出来たりもして、ほんと、良い続編でした。

主演はウィル・スミス。
いつも通り、まんまウィル・スミス。
でも、エージェントJに限っては全然アリです。
共演はトミー・リー・ジョーンズ。
ぶっちゃけ、彼自身のキャラクターが大きいんですよね、エージェントKも。
トミー・リーがこんなことやってるってことが一番の面白味なんですよね、このコンビ。
そこを踏まえつつ、今作が面白くなった最大の立役者がジョシュ・ブローリン。
かなり上手くトミー・リー&エージェントKをコピー&消化しましたよね。
お陰でこの作品の面白さに更に新鮮味も加えることが出来、2のよーな駄作にならずに済んだんじゃないかと。
ほんと、グッジョブでした。

てわけで、珍しくワタクシ、男をベタ褒めしちゃってますが、期待してなかった分だいぶ楽しめたこの作品。
ストーリー的にもワタクシ好みでしたし、アクションもそこそこ頑張ってましたし、これなら次も楽しみ・・・
いやいやいや、あるとしても不安しかなかったり・・・


メン・イン・ブラック3@ぴあ映画生活
コメント   トラックバック (1)

’12 F1韓国GP

2012-10-16 | F1
ベッテル、3連勝!

うん、首位陥落。
や~っぱり厳しい展開になってきましたね。
このままズルズルといきたくないですよね~。
まぁ、早速次戦で反撃&逆襲しちゃいましょう。

で、可夢偉は・・・
やらかしちゃいましたね。
何か色々と終了の可能性が高まってしまったんじゃ・・・
コメント (2)   トラックバック (1)

WBC・WBO世界S・バンタム級王座統一戦

2012-10-15 | 格闘技
○ノニト・ドネアvs.西岡利晃●

う~~ん・・大惨敗。
厳しいのは分かってましたけどね~。
それでも、ここまで圧倒されちゃうとは・・・
序盤は捌いて中盤以降で勝負ってプランは正解だと思うんですけどね。
ただ、それにしても手数が少なすぎたかと。
てか、ドネアの左フックを警戒しすぎて右ガードを外せなくなっちゃってジャブが打てなくなり相手の好き放題&リズムを作られるという最悪のループに・・・
ドネアの動き出しと打ち終わりだけを狙って、嫌がらせのごとくジャブを突きまくってればもちっと違ったのに・・・
後はやっぱり、2Rに貰ったアッパーで余計に慎重になって更に悪循環になっちゃったのが痛かったですかね。
あと、ドネアが思ってた以上に西岡のことをリスペクトしてて、ここ数戦の雑な戦い方じゃなく、丁寧なボクシングをされたのも敗因かなぁ~と。
てか、もうちょいリスクを背負ってでも勇気を出して攻めて欲しかったですね。

てわけで、これで西岡は引退ですかね。
今まで熱いボクシングをいっぱい見せて頂き感謝感謝です。
お疲れ様でした。
て、続行とか言わないですよね?
コメント

第17回 秋華賞

2012-10-14 | 競馬
ジェンティルドンナ、史上4頭目の牝馬三冠達成!!

いや~、シビレました。
前は離れてるし、4角手前で鞭は入るしで、ぶっちゃけ、これはかなりヤバいかと。
ただ、直線を向いて、ギアがトップに入ってからが、またしてもハンパじゃなかったですね。
ものっ・・凄い勢いで他馬をかわし、逃げ粘りを計るチェリーメドゥーサを捉え、追いすがるヴィルシーナをハナ差退けたところでゴール。
もうですねぇ、ディープ産駒に使われすぎてるので、あまり言いたくないのですが、それでもあの脚を見せつけられると「飛んだ」と言わざるを得ないなぁ~と。
ほんと、ディープを彷彿させる凄い脚でした。
オークスの時点で「三冠ほぼ確定」なんて言っちゃっていたのですが、それにしても見事な勝利でしたね。
素晴らしかったです。

2着はヴィルシーナ。
桜花賞、オークスに続いてまたまた2着。
でもって、ジェンティルがいなければもしかしたらこっちが三冠馬に・・・
いや~、同じ年にこんな怪物がいたのを恨むしか、て、恨んでも恨みきれないですかね。
ま、どっかでリベンジ・・出来なくて、でも、他には負けないってのがちと格好良いなぁ~とか。

3着はアロマティコ。
何気にジェンティルをがっつりマークしてましたよね。
まぁ、出し抜くには色々と足りなかったかと。

3番人気のアイムユアーズは6着。
道中、多少かかり気味だったのが響きましたかね~。
ジェンティルとほぼ同じ位置&タイミングで仕掛けたもののあっさり突き放されちゃいました。

てわけで、史上初の父娘三冠制覇。
やっぱり感動的ですね。
コメント   トラックバック (1)

ちはやふる 18巻

2012-10-12 | 漫画
人生は人生用の地図があり それはTSUTAYAで売ってない泣く

てわけで、今回も激熱&大笑い。
ほんと、細かくあれこれと面白いんですよね~。

先ずは前半、合宿ですね。
理音てこんなでしたか。
でもって、太一覚醒への第一歩って感じですかね。

後半は吉野会大会。
はい、またまた変人大集合。
そして、キャラの濃い人たちが残っていくという・・・
いや~、面白かったです。
でもって、ここからはどんなカードになっても更に面白そーですよ。
先ずは元クイーン。
さて、どんな闘いになるのか、めちゃ楽しみです。
コメント