ぶっちゃけ…独り言?

日記と言うよりも雑記…映画とか漫画の感想やらスポーツの観戦記やら、そりゃもう思いっきり雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

PRIDE GRANDPRIX 2005 決勝戦

2005-08-31 | 格闘技
最高でした!

もうそれしか言葉が出ないくらいに素晴らしい大会でした。
ほんとに全試合熱かった!
てなわけで感想です。

やっぱり最大の注目は、ヒョードルvs.ミルコ。
1ラウンドは序盤から激しい打撃の攻防。
ある程度距離を潰したいヒョードルがじわじわと前に出て、
あまり近づかれたくないミルコが捌く展開が続きましたが、これがまた
緊張感たっぷりでシビレました。
まるで真剣で切り合う試合を見ているよーなピリピリした感じ。
中盤でミルコが滑ってグラウンドにもつれてヒョードルが上に
なってからは、ミルコは苦しかったですね。
ただ、世界最高のパウンダーのヒョードルをもってしても仕留めきれない
ミルコのディフェンスも凄く成長してたと思います。
負けない試合運びをするかと思われたヒョードルが2ラウンドにいきなり
全開でキタのには驚きました。
少し良いのを貰ったのと、スタミナがキレ気味のミルコはこのラウンドから
がっくりとスピードが落ちてしまったね。
テイクダウンも取られてまたしても下で苦しい展開でした。
結局、3ラウンドに入ってもヒョードルがグラウンドで終始上から
攻め続ける展開が続いてミルコはなす術がないまま試合終了。
待ちに待った世紀の対決は、王者ヒョードルが判定で勝利となりました。
う~む。
やっぱりヒョードルは強い。
スタンドでもミルコ相手にほぼ互角に戦えて、グラウンドでは圧倒。
究極のオールラウンダーですよ。
ミルコも何度かチャンスがあったんですけどね。
ちょっと力が入りすぎてたのか、肝心な時に身体が流れたり滑ったりで
チャンスをモノに出来なかったですね。
完全に決着がついたとは言えないと思うので、是非またいつか近い将来
二人の対決が見たいです。

そして、もう一つの注目はもちろんミドル級GP。
まず、準決勝。
ショーグンvs.オーフレイムは序盤こそオーフレイムが必殺の
フロントチョークを繰り出したりと流れを掴みかけていましたが、
グラウンドになってからはショーグンの独壇場。
あっさりパスガードしてあとは上からボッコボコでした。
アリスタは腰の強さとか、強さの片鱗を見せてはいたけど、グラウンド
でのディフェンスが課題かも。
ショーグンはダメージもなくスタミナも温存出来て、理想的な形で
決勝進出となりました。

準決勝のもう一試合、シウバvs.アローナは個人的には大波乱でした。
1ラウンドから常に、シウバがやりたい事を全部アローナに先に
やられちゃってる感じでした。
ローで飛ばされたり、膝の相打ちでもシウバの方がバランスを崩されたり
するのも微妙にアローナが先手のタイミングで攻撃してたからでしょう。
2ラウンドに入ってもアローナが上から攻めて、シウバが下で守る
展開は変わらずそのまま試合終了。
シウバ、まさかの準決勝敗退でした。
1ラウンドで後手踏んだのが痛かったですね。
2ラウンドはポイントで負けてる事もあってか打撃もKO狙いすぎてたし。
個人的にはシウバに勝って欲しかったんだけどなぁ~。

そして決勝のショーグンvs.アローナ。
絶対王者シウバを破ったアローナか、今一番乗っているショーグンか、
どんな試合になってどっちがどんな勝ち方をするのか想像も出来なかった
のですが、何と何と!
ショーグンの圧勝でした。
スタンドもグラウンドのアグレッシブに攻めてくるショーグンの勢いを
アローナが止め切れなかったってとこでしょうか。
アローナとしては、いつも通りネチっこい展開にしたかったんだろーけど、
ショーグンの爆発力の前にはどーにもなりませんでしたか。

これで新王者マウリシオ・ショーグンが誕生したわけですが、
絶対王者の時代が完全に終わって暴れん坊将軍の時代になるのか、
または群雄割拠の時代に突入するのか、ミドル級は今後も目を離せませんね。
日本勢にも台頭して来て欲しいし。

で、その日本勢として今回登場したのが吉田と中村の師弟コンビ。
二人とも他の試合に負けないくらいに良い試合をしてました。
中村はミドル級の優勝候補にも挙げられてたボブチャンチンを相手に
完勝と言って良い試合をしてくれました。
まさか、イゴール相手にこれほどの試合をするとは思ってもみなかったので
かなりビックリでした。
特にグラウンドでは完全に相手をコントロールしてたしね。
ただし、キメが甘い。
何度か腕ひしぎに入りかけてたけど、徐に取りに行くから抜かれちゃうし。
グレイシーみたいに他の箇所に布石を打って、必然的にキマる流れを
作るよーにしないと。
ま、もの凄く成長してるとは思うから先は楽しみです。

そして師匠の吉田。
盛りが過ぎてて、体重もオーバー気味なタンク・アボットが相手でしたが、
いきなりハイキックを当てたり、パンチも割りとスムーズに出てたりと
しっかり成長を感じる事は出来ました。
グラウンドでは体重差からちょっと苦労してたけど、最後のフロントから
膝で頭を蹴って、相手が嫌がったところを後ろに回って首を取った動きは
中々良かったと思います。
今回は相手が格下だったけど、上の相手の時も同じ戦い方が出来れば
また活躍出来るんじゃないでしょうかね。

てわけで、かなり割愛したつもりだけどハチャメチャに長い感想になって
しまったのですが、総括して言える事は・・・
PRIDE最高!
って事ですね。
今度行われるライト級・ウェルター級GPも期待しています。


格闘技を語る
コメント (11)   トラックバック (16)

Mr.インクレディブル

2005-08-30 | 映画 ま行
7点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)

率直な感想・・・ピクサーは凄い!

CGでの表現力に関しては圧倒的ですらありました。
この手のジャンルではピクサーの独壇場っと言っても良いでしょう。
髪の毛とか、ほんと細かいところまで行き届いてるんだよなぁ。
それにキャラ設定やストーリーもちゃんとそれなりのレベルをクリアしているので映画自体結構楽しむ事が出来ました。

楽しめたんだけど・・・

もう少し笑えるシーンが欲しかったかなぁ。
もちろんそれなりにはあったんだけど、やっぱりどんなに映像が綺麗だろうが漫画は漫画なわけで、だからこそ随所に思わず声が出ちゃうよーな”笑い”を散りばめて欲しかったです。
その辺は、普通の生活に溶け込めない様子を面白可笑しく描いてくれればもっと笑えたと思うんだけどなぁ。
どっちかって言うと苦悩(そこまでじゃないかもしれない)って方向にもってっちゃったのがね。
ま、元ヒーローの復活劇ってのが大前提だったのと、キャラの人間味を描写したって事なんだろーけど・・・続編(やるでしょう。)では期待したいとこですね。

あと、ワクワク・ドキドキするよーな楽しさってのが欠けてたかも。
各キャラの能力の見せ方にもう少し工夫があればね・・・
ぶっちゃけ、後半の戦いなんてインクレディブル一家よりフロゾンにワクワク・ドキドキさせられたし。
「のわっ!氷のおっちゃんすげぇ~~!」って感じで。
インクレディブル一家に対してもこーゆー工夫が欲しかったですね。

とは言っても、本当に良い出来だったと思います。
ベタでバレバレだったけど、最後も良かったし。
監督・脚本のブラッド・バードって『アイアン・ジャイアント』の監督で『ニューヨーク東8番街の奇跡』の脚本担当なんですよね。
どっちもかなり・・・てか、大好きな作品です。
彦一じゃなくても”要チェック”な人ですね。
コメント (4)   トラックバック (7)

エイリアンvs.プレデター

2005-08-27 | 映画 あ行
4点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)

ぶっちゃけ、エイリアンとプレデターが戦う事にこれっぽっちも
魅力を感じないので(むしろ戦わす事に反対)、当然この作品を
楽しめる可能性が低いとは思ってました。

そして予想通り・・・全然面白くない。。。

てか、別にどっちが強くたって良いもん。
てか、所詮作り物なんだから作った人の選択次第で勝敗が決するじゃん。
(「それを言っちゃあ~お終いよ~。」と寅さんに言われそうだ・・・)
なんて思ってる人は見ちゃいけない映画なんだろうなぁ。

でもねぇ・・・

それぞれのシリーズを通じて、ちゃんとした設定・ストーリー・布石があって
”結果として”両者が戦う事になって、凄いバトルが繰り広げられる
ってのなら見てても自然に感じられるんだろうけど、そーじゃないもんなぁ。
「エイリアンってすげぇ!」+「プレデターもヤバイ!」→「戦ったら
どっちが強いんだ~!?」って発想は子供染みてるとしか言いようが・・・

監督のポール・W・S・アンダーソンはかなりのSFオタクらしいのだが、
きっとこれを作って「ワォ!最高だ!どっちもめっちゃ強いぜ!」なんて
感じで大満足なんだろうけど、こんな事は自分の脳内でやって欲しいです。
両シリーズが作り上げてきたものが台無しになってしまった気がしますよ。
ま、『エイリアン』は「3」で終わっちゃってるし、『プレデター』は
「1」も微妙だから良いんだけどね。


映画について書こう!
コメント (2)   トラックバック (7)

ホワイト・ライズ

2005-08-25 | 映画 は行
7点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)

ぶっちゃけ、この手の時間軸を行ったり来たりする映画が苦手だったりします。
だんだん何の事か分からなくなって、終いにはどーでも良くなっちゃうから。

でも!

この作品はかなり入り込んで観れたかも。
確かに途中何回か「何のこっちゃ?」な状態に落ちかけたりもしましたが、少しずつほころびが見えて来て、次第に色々と分かっていく様が丁度良いタイミングだったので。
「ヒッチコックのような緻密さ」ってジャケに書いてあったけど、そこまで行くか分からないけど、緻密なのは間違いないです。
下手すると単にストーカー合戦になりかねないよーなストーリー展開をギリギリのところで上手くまとめてますから。

主演のジョシュ・ハートネットはこの役にぴったりでした。
何となく頼りないと言うか・・・
決して強そう(内面的にね)には見えないと言うか・・・
そんなジョシュのイメージと役どころがハマっていたと思います。
共演のローズ・バーンも中々の熱演でした。
何か居そうだもん。あんな感じの人。
てか、この人、こーゆー事しそーだぁって思えちゃったし。
『トロイ』の時よりも全然良かったです。
で、その『トロイ』でローズと一緒だったもう一人の助演女優のダイアン・クルーガーは・・・綺麗でした。
ジョシュ(てか、マシューか)みたいなタイプならこーゆー女性に惹かれそうだなぁ~って説得力がありました。(単に自分の好みだと言う説も・・・)

後半で色々な事が判明し、迎えたラストシーン・・・最高です。
コメント (12)   トラックバック (19)

F1トルコGP

2005-08-22 | F1
キミ・ライコネン今季5勝目!

スタートで後手を踏んでフィジケラにトップを譲るものの直ぐに取り返し
後はほぼ独走と言っても良いくらいの安定した速さでした。

ルノーは燃料を少なめにしてスタートからマージンを稼ぎたかった
みたいだけど、ライコネンに前を行かれては作戦は失敗でしたね。
それでもアロンソが棚ボタで2位をゲット出来たのは大きいか。

逆にマクラーレン陣営はせっかく1-2フィニッシュ出来そうだったのに
残り3周でのモントーヤのコースアウトがかなり痛かったでしょ。
ライコネンのアシストもそーだし、コンストラクターズ争いでも
絶好のチャンスが潰れちゃいましたからね。

我らが琢磨は・・・
予選タイム抹消されて最後尾スタート。
フォーメーション・ラップの後にピットに入った時はびっくりだったけど、
給油をして作戦を変更したんですね。
その後は粘り強い走りで結構追い上げてはいたけど、9位までが精一杯。
う~ん・・・厳しいね。
来シーズン、BAR=HONDAにバリチェロが来る事が決定して少しでも
良い結果が欲しかったんだけど・・・
来シーズンのシートがなくなりそーだぁ。

そして我がフェラーリは・・・全く良いところなしですか。
これで数字的にはマイケルの6年連続チャンピオンはほぼ無くなりましたね。
てか、流れ的にはとっくになかったんだけど・・・

HONDA=琢磨もフェラーリ=シューも残り5戦、少しでも良いところが見たいなぁ。


☆2005年F1グランプリ☆
コメント   トラックバック (15)

東洋太平洋フライ級タイトルマッチ

2005-08-22 | 格闘技
辰吉を彷彿させるビッグマウスで注目されている亀田興毅が3ラウンド
TKOで東洋太平洋フライ級タイトルを獲得しました。

いや~、強いね。
開始早々、セコンドの父から「カウンター!カウンター!」って声が
飛んでたけど、最初のダウンは見事なカウンターでした。
全くのノーモーションでアレが打てるとは、凄い18歳かも。
1ラウンドに2回目のダウンを奪った後は、本人も言ってたけど
倒そうって意識が強すぎて少し焦っちゃったね。

ただ、ガードがしっかりしてるから。
大振りで身体が流れちゃっても危ない場面はなかったです。
今までも何度か試合を見てるけど、その辺が一番成長を感じられました。
いくら攻撃力があってもガードが出来なきゃ世界を相手に戦えないからね。
今回の戦い方が常に出来れば確実に世界に手が届くと思います。

基本的にはビッグマウスな選手は好きじゃない(にっこり笑って人を斬る
タイプや完全に冷静に殴り倒すタイプが好き)けど、最近のボクシング界
は華がないから、亀田みたいな選手も必要ですね。


格闘技を語る
コメント (6)   トラックバック (5)

ザ・インタープリター

2005-08-19 | 映画 さ行
6.5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)

ワタクシが世界で一番好きなニコール・キッドマンの主演作です。
先ずは何と言っても・・・ニコールが綺麗です。
ただひたすらにニコールが美しい。
個人的には『アイズ・ワイド・シャット』に並ぶ、素敵っぷりでした。

で、肝心の作品の方なのですが、名匠シドニー・ポラックにしては作りが散漫かなぁ。
恐らくはサスペンスとして作っているのだろうが、それにしては”謎”に対するツッコミが甘く、解き明かされるまでのドキドキ感が足りない。
主役二人が歩んできた人生・生活、そして二人の心が通っていく様子をを丁寧に描いているが、それが逆に緊張感を持続させる妨げになっちゃってるよーな気がしました。
サスペンスでいくのか、人間ドラマでいくのか・・・
どっちでもいける作りのまま、結局はどっち付かずになってしまってるのがもったいないです。
てか、ポラックの作ったってサスペンスっていつも微妙か・・・
人間ドラマだと『ハバナ』みたいな超名作があるんですけどね。

共演のショーン・ペンはやっぱり良いですね~。
表現力においては、既にアル・パチーノやデ・ニーロに匹敵するんじゃないでしょうか。
どんな役を演じても常にベスト・フィットしてるんですよね。
これだけ出来るのに役者はアルバイト感覚とは・・・
そして本気でやってる製作の方は・・・変な人だ。
そのショーン・ペンに一歩も引けを取らないニコールも本当に役者として一皮向けましたね。
何故かトム・クルーズと離婚してからだけど・・・何か吹っ切れたのかな?
ま、あまりにも美しいので画面に映っているだけで大幅にポイントアップだってのもあるかもしれませんが・・・アップも多かったし。
髪型も素敵だったなぁ~~。
コメント (12)   トラックバック (24)

K-1 WORLD GP 2005 IN LAS VEGASII

2005-08-16 | 格闘技
久しぶりにKのリングが熱かった!

それもこれもあれもどれもカラエフのお陰です。
6月のレイ・セフォー戦では秒殺されてしまったので、まさかこんなに
良い選手だとは思いませんでした。
スピードとテクニックに関しては今のトップファイターの中に入っても
かなり高いレベルに居るんじゃないでしょか。

そして何より!

スピリットが抜群でした。
「絶対に勝つ」という強い意志があるから良いのを貰っても引き下がらないし、
”ここ”って時には一気に畳み掛ける事が出来るんですよね。
身体は大きくないし、パワーでは他のヘビー級ファイターに劣っている
かもしれないけど、スピードとテクニックとスピリットさえあれば
十分に戦えるって事ですよね。
はっきり言って、日本人選手は彼を見習うべきですよ。

実は今回はトーナメントの方は見どころがないかなぁ~なんて思って
いたのですが・・・
堀と富平の試合以外は全部面白かったです。

アンディの練習パートナーだったマクスタイは一回戦で優勝候補だった
マイケル・マクドナルドと見応え十分の戦いの末に撃破し、二回戦の
カラエフ戦は負けたとは言え、今年のベスト・バウトと言っても良い
くらいの死闘を魅せてくれたし、反対側のスコット・ライティと
ハリッド“ディ・ファウスト”も見ていて力の入る試合をしてたしね。
皆、気持ちの強い選手だったので好勝負になったのでしょう。

それにしても日本人は・・・
富平は世界を相手に戦うには全てが足りないですね。
堀はせっかく体格に恵まれてるのに活かせてないかなぁ。
もっとアップライトに構えてキック中心に組み立てれば良いと思うんだけど。
まぁ、先ずはカラエフの爪の垢を煎じて飲むべきだね。

壮絶など突き合いになると思ってたマイティ・モーvs.フランソワ・ボタは
予想に反してモーの圧勝でした。
モーの大振りなパンチは元ボクサーのボタには中々当たらないと思ってた
んだけどなぁ。
振りもデカイけど、スピードもあるんでしょうね。
ボタ、全く見えてなかったし。
モーは前回ボンヤスキーにも勝ってるし、今年は絶好調ですね。
グランプリ優勝も有りそう。


格闘技を語る
コメント   トラックバック (1)

リディック

2005-08-15 | 映画 ら行
4.5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)

SFやホラーでよくありますよね。
続編を作った時に前作よりも思いっきりマイナーな作品になったり
(映画会社が前作の成功に便乗して作り、「あんた誰やねん!?」な
役者ばっかり出てたりする。)、やたら仰々しく派手になったり
(製作側が気合が入りすぎて必要以上に世界観を広げすぎたり、
色々と詰め込みすぎて空回りしてしまう。)する事が。
どっちも設定だけ引き継いでて、前作の何処が受けたのかって事が
全く無視されてるんですよね。

で、残念ながらこの作品は後者に当たります。

前作『ピッチブラック』では、極悪な囚人・未知の惑星・謎の肉食生物など
SFホラーな雰囲気が満載で緊張感たっぷりの面白さがあったのですが、
今作は主人公が同じってだけで前作の良さがこれっぽっちも入ってません。
170億円も使っただけあってもの凄く壮大なスケールの映像だったり
するのですが、『ピッチブラック』の続編としては不要でしょ。
派手なアクションを駆使して戦いまくってますが、SFホラー的な要素が
緊張感を生んでいた映画の続編がSFアクションじゃ・・・求めてるものが
違いすぎですよ。
話自体も何だかよく分からないし・・・

正直言って、かなり期待ハズレでした。

主演のヴィン・ディーゼルは、この役自体にはかなりハマっていて
『トリプルX』と並ぶ人気シリーズを手に入れたと思ったんだけどねぇ。
これ以上続編やってもダメっぽいかな。
コメント (8)   トラックバック (7)

スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー

2005-08-12 | 映画 さ行
6.5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)

ポスターを見た瞬間、「こりゃ無理だな。」と思ったのですが・・・
迂闊にもちょっと面白かったです。
何と言っても映像が抜群。
1939年のニューヨークを舞台にしていて、街並みやファッションからもレトロな雰囲気が
十分に伝わるのですが、それ以上にセピア色の画面がより良い雰囲気を醸し出してました。
さらに、影の付け方も昔の映画っぽくて、より世界観にマッチしていたと思います。
どーせならポスターもSFチックにしないでレトロな色付けすれば良かったのに。

また、主演のジュード・ロウとグウィネス・パルトロウのやり取りが楽しく、
しょーもないストーリーなのに飽きずに観る事が出来ました。
特にグウィネスは良かったなぁ。
今まで綺麗だって思った事なんて無かったのに、クラシカルな美人って感じが
よく出てたし、それでいて役どころが可愛いしで凄く光ってたと思います。
ほんと、見直しました。
もう一人のヒロイン(?)、アンジェリーナ・ジョリーはオイシイ役どころでしたね。
出番は少ないけど、十分キャラは立ってたし。
やっぱり、この手の映画ではキャラ立ちが大事ですからね。
そんな意味では実はジュード・ロウのキャラが一番立ってないかも。
個性やアクの強さあるわけでもないし、オイシイところは二人に持ってかれてますから。
まぁ、バランスを考えればそれでも良いのかな。

前述したよーに、ストーリーはしょーもないです。
でも、あくまでもマンガとして観て、世界観やキャラのやり取りに浸る事が出来れば
この映画を楽しむ事が出来るでしょう。


映画について書こう!
コメント (6)   トラックバック (14)