ぶっちゃけ…独り言?

日記と言うよりも雑記…映画とか漫画の感想やらスポーツの観戦記やら、そりゃもう思いっきり雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

プライド 栄光への絆

2005-12-31 | 映画 は行
6点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)

『コーチ・カーター』がかなり良かったので、同じく実話が元になっている
この作品にも期待したのですが・・・

う~ん・・・まーまーかなぁ。
いえいえ、決して悪くはないんですけどね。
スポ根好きだし。

物足りないと思わせる最大の原因は”人”に対する描き込みが足りないって
事ですね。
状況描写がメインになりすぎていて、物語の中心にいるコーチと選手の
人物像が見えて来なかったです。
むしろ、感情を露にする町の人達の方が分かり易いし・・・
結果としてコーチ・選手に感情移入出来ず沸騰するほど熱くはなれません
でした。
まぁ、チームとチームを取り巻く状況や、どーいった環境の中にいるのかは
十分過ぎるくらいに伝わりましたけど。

ゲームのシーンは迫力もリアリティもありました。
ハンディを多用してピッチレベルの目線で観る側にあたかもチームに
参加してるよーな感覚を与えるカメラワークも良かったです。
が、ちょっと細切れにしすぎましたね。
アメフトの迫力を伝えたいってのは分かるけど・・・
ここまで細切れだと緊張感が削がれちゃうんですよね。
だったら本物のスーパー・プレイのダイジェストで良いって気が・・・
もう少し”今”の状況を観る側に分からせて、緊張感を味あわせて欲しかった
気がします。
て、上で「状況描写がメインになりすぎ」なんて書いてるくせに・・・
ま、”ゲーム・シーンでは”って事です。

え~、主演のビリー・ボブ・ソーントンが熱血コーチを好演してましたが、
ワタクシは演技よりも別の事が気になって・・・
何か・・・サム・ニールと似てるなぁ~なんて。
「どっちがどっちだ!?」みたいな・・・
いやいや、並べたら全然似てないってのは分かってるんですけどね。
他の映画では思った事なかったし。
ま、人物描写が甘かったから、せっかく熱の入った演技をしてもこんな関係ない
事を考えちゃったりするんですよ。(超責任転嫁)

う~ん・・・個人的には、コーチや選手達の人間性にまでツッコンだ
『コーチ・カーター』『僕はラジオ』の方が圧倒的に好きです。


プライド 栄光への絆@映画生活
コメント (2)   トラックバック (9)

ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ

2005-12-29 | 映画 は行
5.5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)

お前かよ・・・

と、いちおーツッコミを入れつつ、デ・ニーロとダコタ・ファニングの共演が話題となったサスペンス・スリラーです。

う~ん・・・思ってた以上に古典的なパターンでしたね。
残念ながらネタが分かった時も驚かなかったです。
その辺、もう少しね・・・布石と言うか、「えぇー!?」ってなるよーにもっていって欲しかったですね。
前半の雰囲気は悪くなかったんですけど。
それなりに怖かったし。
もっと緊張感を与えてくれるよーな演出があれば良かったんですけどね。
全体的にイマイチ底が浅くて・・・
ラストが一番ゾクゾクっと来たんだけど、それくらいのモノが他でも欲しかったです。
ちなみに別エンディングはもう一つかもです。
てか、アレだけだと前後の流れがイマイチ見えないし。

主演のデ・ニーロはワタクシなどがどーこー言うまでも無いですね。
ちゃ~んと、普通のおっさんに見えます。
で・・・ちょびっとロビン・ウィリアムスに見えなくもなかったですが、(いや、むしろデ・ニーロが先か・・・)ソツのない分かり易い演技でした。
共演のダコタ・ファニングですが、やっぱり上手いのかも。
『マイ・ボディガード』の時も書いたけど、顔で演技しすぎなければ非常に上手く見えます。
正直言ってこの映画、かなりダコタ嬢の演技に救われてるんじゃないかと思ったりします。
喜怒哀楽がはっきりしてる役だともう一つなんですけどね。
ま、実際子供なのにここまで出来るんだから凄いよなぁ。
もし今『オーメン』を作るなら”ダミ子”としてダコタ嬢を使って欲しいかも。
と、しょーもない話は置いといて、ファムケ・ヤンセンとエリザベス・シューの”結構美人コンビ”(失礼)も中々良かったです。
綺麗だしね。(いつもソレだ。)

しっかし、サブタイトルの「暗闇のかくれんぼ」って誰が付けたんでしょ?
ぶっちゃけ、最悪。


ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ@映画生活
コメント (17)   トラックバック (33)

機動戦士ガンダム THE ORIGIN [11]

2005-12-28 | 漫画
前回の「シャア・セイラ編」に続いて今回もオリジナル・ストーリーの
「開戦編」です。
前回もかなり良い出来だったのですが、今回もかなり良いかも。
痒いところに手が届くと言うか・・・
本編では描かれていなかった部分、ファンが脳内で妄想していた部分が
安彦良和の手によって描かれているだけでも満足な上に
キャラをきっちり捉えてるから「あ~こーゆー事言いそー(やりそー)。」
って思えちゃうんですよね。

ちなみに、ワタクシ的見どころとしては、
1.クールで裏を見せないシャア
2.既に坊や丸出しなガルマ
3.人間味溢れるドズル
4.野心メラメラなギレン
5.MS開発・開戦への流れ
中でもシャアとガルマの繋がりが分かる士官学校時代の話はかなり面白かった
です。
後に”坊やだから”死んでしまうガルマを早速利用するシャア・・・
たまらんです。
シャアが士官学校卒なのにMS乗りなのはこーゆー事だったんだね~。

今回は前編なので後半がどーなるか凄く楽しみ。
次あたりで”赤い彗星”と呼ばれるよーになるのかな?
もちっと先?
コメント (6)   トラックバック (8)

奥さまは魔女

2005-12-27 | 映画 あ行
7.5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)

いや~~、ニコール・キッドマン可愛すぎですよ!
はっきり言って、ニコールは何をやっても許されます。
否、例え世の中が許さなくてもワタクシが許します。

てわけで、往年の名作TVシリーズをモチーフにしたこの作品ですが、
やっぱり見どころは1も2もなくニコール・キッドマンです。
とにかく、可愛い。
今までも美しさやエレガントさやゴージャスさはこれでもかってくらいに
溢れ出てましたが、こんなにも可愛い一面もあったとは。
役どころとして普通の人とズレた感じを出してるんだけど、
その小ボケキャラっぷりがハチャメチャにキュート。
ワタクシ、生まれて初めて脳内に「萌え~~!」って感情が発生しました。
(使い方違う?てか、初じゃないか・・・ちょい大袈裟。)

内容の方も単にリメイクするのではなく、ちょっと捻りを入れたのは
良いアイディアだったかもしれませんね。
個人的にはまんまリメイクでも良かったけど、それで2時間近くもたせる
のは難しいだろーし、まとめるのも難しいかもしれないですからね。
中途半端なモノにしちゃうよりはコレで良かったんじゃないでしょうか。
ま、ニコール主演ならどっちでも良いです。(オイッ!)
映画を観ながら「どことなくメグ・ライアンな感じが・・・」なんて思って
いたのですが、監督がノーラ・エフロンなんですよね。
納得です。

共演のシャーリー・マクレーンとマイケル・ケインは存在感アリアリで
凄く良い味を出していました。
何か二人が画面に出てると思わずニンマリしてしまうと言うか・・・
それぞれに役どころとピッタリだし、演技も安定してるのでニコールにも
全然ヒケを取らないんですよね。
ほんと、良かったです。
がっ、残念ながら相手役のウィル・フェレルがイマイチだったかなぁ。
そーゆー役だったと言えばそれまでなんだけど、それでもスマートさが
足りない気がしたのと、ちょっと空回り気味な演技が・・・
他のキャストが良かった分、余計にイマイチっぷりが目立ってしまったかも。

それにしても、何度も言うけどニコールの可愛さは只事じゃなかったです。
ぶっちゃけ・・・恋?
完全に落ちてしまいました、ワタクシ。
もしも近い将来、「ニコールの日本人ストーカー逮捕!裁判所命令でニコール
の半径500m以内に近づく事を禁止される!」なんて新聞記事が出たら
ワタクシだと思ってくれて結構です。(て、何か違う・・・)

ちなみに7.5点の評価には、例によってニコールポイントが1点入ってます。


奥さまは魔女@映画生活
コメント (20)   トラックバック (32)

有馬記念

2005-12-26 | 競馬
無敗の三冠馬ディープインパクト敗れる!

いや~、まさか負けてしまうとは・・・
日本では負けないで欲しかったんだけどなぁ。
悔しいと言うより凄く残念。

てわけで、歴史的名馬に初黒星を付けたのはハーツクライ&ルメールでした。
追い込み脚質で不器用なので中山は向かないんじゃないかと思われていましたが、
ルメールの超好騎乗(と言うか大博打?)が炸裂しましたね。
3番手につけるなんて誰も思わなかったんじゃないでしょうか。
しかも、当初はタップとバルクが引っ張るからハイペース必至かと思われて
いたのにバルクに折り合いがついてしまいスローに落ち着いてしまいました。
ルメールだってそこまでは読んでなかったでしょ。
直線を向いてからはいつも通りに確実に伸びる末脚を繰り出してディープの
猛追を凌ぎきりました。
しっかし、あれだけ楽に前に着けて道中も力を温存しちゃうんだもんなぁ。
今までのハーツは何だったのか・・・
ま、もう一度同じ事をやれと言われても人馬ともに出来ない気がします。
それくらい勝つ為の全ての条件が噛合ったレースだったんじゃないでしょうか。

そして、悔しすぎる2着のディープインパクト。
ハーツが不器用だから中山は向かないのと同じく、実はディープも追い込み
一辺倒でハーツに負けず劣らず不器用だから中山が向かなかったんですよね。
今までも中山ではそれなりに苦戦してたし。
それでも同世代なら能力差で凌げてたんでしょうね。
相手が古馬で、しかもハーツが最高のレースをしたんだから、届かなかった
のも仕方ないのかな。
ま、それでも中団より後ろだった馬が全滅なのに最後方から一頭だけ突き抜けて
きたのは能力は高さは証明でしょ。
ハーツさえ居なければ完勝と言って良い差をつけてたし・・・
ただ、今までは死角無しだと思ってたんだけど、やっぱり競馬が上手くない分
それなりに付け入る隙があるんですね。
世界を相手に戦う為に好位差しが出来るよーになって欲しいなぁ。

今回が引退レースとなった両馬のうち、ゼンノロブロイが全く見せ場もなく
8着ですか。
こんなに負ける馬じゃないはずなんですけどねぇ。
う~ん・・・イマイチ原因不明です。
タップダンスシチーは”らしい”レースをしましたが、最後まで粘れないのは
やっぱりかつて程の力がなくなったって事でしょう。
8歳までよく頑張りましたよ。
両馬ともお疲れ様でした。

ま、ディープは負けたけど、あのルドルフだって負けた事があるんだからね。
内容的には悲観するほどでは無いし、来年も主役なのは間違いないでしょ。
日本最強の称号を取り戻し、世界に羽ばたく事を願ってます。
コメント   トラックバック (36)

香港国際警察/NEW POLICE STORY

2005-12-24 | 映画 は行
5.5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)

やっぱりジャッキーは香港でやるべきですね。
ハリウッドじゃジャッキーらしさが出ないもん。
そんな事を再認識しつつも・・・

まだまだ、かつての面白さには及ばないです。

アクションは近年最高の全開っぷりでした。
例によって、落ちて壊して壊して落ちて落ちて落ちるって感じです。
新しさも感じさせてくれたし、久々にジャッキー作品で「おぉ~!」って
思いました。
が・・・カンフー・シーンで工夫がないんですよね。
これは単純にワタクシが見慣れてしまっただけかもしれないけど、『プロジェ
クトA』や『スパルタンX』の時のよーなスリルを感じないんですよね。
う~む・・・
何かこう、一工夫欲しい気がしました。

ストーリーはどーって事ないです。
てか、今までの香港製ジャッキー作品とちょっと違って演技者としての
部分も見せようという意識が・・・ちょっと強いかも。
正直言って、ジャッキーにそんな事望んでないんだけど・・・
ま、アクションだけの俳優じゃないってとこも見せたいんでしょうね。
個人的にはもっとジャッキーらしさ全開な作品を観たいです。
あと、最後の学芸会みたいなのは頂けません。
いくらなんでもクサ過ぎでしょ。

エンドロールはお決まりのNGシーン。
やっぱりコレがないとね。
本編とNGシーンで2度オイシイのがジャッキー作品ですから。
でも・・昔のジャッキーだったらワイヤーなしだったんじゃ・・・


香港国際警察 NEW POLICE STORY@映画生活
コメント (4)   トラックバック (13)

ファイティング・ガール

2005-12-23 | 映画 は行
6点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)

ワタクシの愛するメグ・ライアンの主演作です。
どれ位好きかと言うと、メグメグが出てる(?)某英語教材を買おうか
真剣に迷ってる位に好きなのです。
「あれ?ニコール・キッドマンは?」と言う声が聞こえてきそーですが、
ぶっちゃけどっちも同じくらいに大好きです。
メグとニコールがワタクシにとってNo.1です。
どっちかなんて選べません。
てか、その前にワタクシがどちらからも選ばれませんが・・・

ま、そんなどーでも良い話は置いといて・・・
実在のボクシングのマネージャー、ジャッキー・カレンをモデルにした
スポ根的ヒューマン・ドラマなんだけど、ぶっちゃけて言えば、
もう一つ深みが足りませんでした。
エンターテイメント性を重視して現実には存在する夫や子供を居ない事にし、
生活感を徹底的に排除したみたいなんだけど、それが逆に人間性や人物像を
リアリティのないものにしてしまい、共感し辛くしてしまったと思います。

エンターテイメントとして楽しめるものを目指すか、ヒューマン・ドラマ
として深みのあるストーリーを展開するか、ってとこなんだろーけど
この題材だったら後者にして欲しかった気がしますね。
最後はどの道、感動に持っていくわけだし。

ここ数年、脱ラブコメを目指しているメグメグですが、今回もイメージからの
脱却を図るべくセクシー系の衣装でブイブイ言わしてます。
『エリン・ブロコビッチ』のジュリア・ロバーツに負けないくらいに
寄せて上げてます。
が、そんなメグもまた可愛いし、すっごく綺麗でした。
役者としての幅や年齢的な事も考えて色んなジャンルに挑戦してるんだろーけど
やっぱり「ラブコメの女王」なんだからまたラブコメやって欲しいなぁ。
ま、ワタクシはメグが出てれば何でも良いんですけどね。
てわけで”6点”と評価した今作ですが、メグポイントが1点入ってますので。


ファイティング・ガール@映画生活
コメント   トラックバック (5)

バタフライ・エフェクト

2005-12-21 | 映画 は行
5.5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)

決してツマラナイわけじゃないんだけど、何か納得出来ないと言うか・・・

これって結局は本人の脳内で止まってしまうんじゃないのかなぁ・・・なんて思いがどーしても頭から離れなかったんですよね。
そー思ったら最後、何をやっても「そーなのかなぁ?」としか・・・
だってねぇ・・・修正したから周囲の状況もって言われても・・・

いやいやいや、もっちろん本質は分かってるんですよ。
日記=デロリアンって事でしょ。
それは分かるけど、イマイチ納得しかねるって言うか・・・
何故そーなのかってのが分からないから・・・
説得力に欠けちゃうんですよね。

ま、最近気が付いたのだけど(て、遅っ!?)どーもワタクシはSF的要素が入ったサスペンス、特に核心の部分がSFだと好きじゃないみたいです。
と言っても『X-ファイル』は全部観るほど好きだったんだけど・・・
予めSFって分かっていたから好きになれたのか、スカリー捜査官が微妙に可愛く見えたから好きだったのか、どちらかでしょう。(どちらも?)

で、この作品のキャッチコピーや予告編を観るとSF的な要素は・・・皆無。
例によって本編とかけ離れたものになってます。
だって、”きみ”のためにやってたわけじゃないし、”愛”も決してメインで描かれてたわけじゃないのに・・・
最近、予告編の作りがあまりにも酷すぎる気がします。

主演はデミ・ムーアとの事で有名になった(失礼!)アシュトン・カッチャー。
『ジャスト・マリッジ』の時はただの爽やかな人にしか見えなかったけど、今回は割りと頑張ってたかもしれません。
ま、素晴らしいって思うほどじゃないですけど、役者っぽくなりました。
他の共演者たちも特に目を惹くよーな感じもなく、可不可なしってとこですね。
どっちかって言うと子供達のほーが頑張ってたかも。

DVDには別エンディングが2つ入ってますが・・・笑えます。
そりゃボツだよな~。


バタフライ・エフェクト@映画生活
コメント (16)   トラックバック (37)

マスク2

2005-12-20 | 映画 ま行
3.5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)

ジム・キャリーじゃない『マスク』なんて『マスク』じゃないよ!

ジム・キャリーとキャメロン・ディアスの出世作となった『マスク』の
続編ですが、はっきり言って前作とは全然違う作品になってました。
そもそも『マスク』はジム・キャリーのキャラクターを最大限に活かしつつ、
特撮技術をブレンドして映画のキャラクターと融合させた事が成功の要因の
一つなのに肝心のジム・キャリーが出ていないじゃ~ねぇ。

前作から10年経って、飛躍的に上がったCG技術を駆使してキャラクターを
作っているものの「だから何?」程度にしか思えず、言ってみれば
『マスク』のパクリ映画を観ているよーな感じにしか・・・

そもそも今作の製作者は、前作が何でがヒットしたのか分かっているのか・・・
確かにジム・キャリーと言う強烈なキャラはあったけど、前作は決して
キャラだけで押し切った映画じゃなかったはずなのに・・・
ここまで”漫画”にされちゃうと・・・
やっぱり分かってないとしか思えないんだよなぁ~。

ま、基本設定だけを引き継いだ名ばかりの続編って事ですね。

出演者に対しても特に印象ないです。
だって、”漫画”だもん。
あ、赤ちゃんは可愛かったなぁ~。
あのプニプニっぷりがたまりません。
コメント (2)   トラックバック (7)

フォーガットン

2005-12-18 | 映画 は行
4.5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)

『シックス・センス』以来、最も衝撃的なスリラーって・・・

嘘つき~~!

どこをどーとったら『シックス・センス』になるのやら・・・
どっちかって言うと笑撃的だった『サイン』と同じ種類でしょ。
こーゆー映画をサスペンスとして宣伝するのは止めて欲しいですよ。
「一体どんな真実が・・・」なんてドキドキ・ワクワクしながら観てるのに
コレやっちゃったら何でもアリだもん。
個人的には夢オチと同じくらいに許せません。
ネタが分かった時に、思わず脳内で「うわっ!?出た・・・モルダー
そ~さか~ん!」と叫んでしまいましたよ。
はっきり言って、このオチを使えば小学生でもミステリーが書けちゃいますよ。
前半がかなり面白かっただけに、このオチには本当にガッカリしました。

主演のジュリアン・ムーア、結構迫真の演技してるんですよね。
子を思う母の気持ち、愛(恐らくこの辺がこの作品の本来のテーマでしょう。)
がよく伝わって来たし、パニクってる時のヒステリックな演技も流石と
思わせるものがありました。
がしか~しっ!
それもネタが分かるまで。
後は何をやっても「あーそーですか。」としか・・・
他にゲイリー・シニーズやアンソニー・エドワーズなど、ワタクシの好きな
役者さんが出てて、それぞれ裏に何かありそーな雰囲気を醸し出す良い演技
をしていたんですけどねぇ。

サスペンスやミステリーは常に観る側の予想・想像を上回るよーに作って欲しい
けど、それは同時に観る側を納得させた上にあるべきだと思うんだよなぁ。
例え最初は「えぇっ!?そーなの!?」ってなっても全てが理解出来た時に
「なるほど~!そーだったのか~!!」ってなるのがサスペンスとして
正しい姿なんじゃないかと・・・

何度も言うけど、前半はかなり面白いです。
役者もそれぞれ良い演技をしています。
でも結局は「は?オイオイオイっ!」じゃーねぇ・・・


フォーガットン@映画生活
コメント (14)   トラックバック (27)