ぶっちゃけ…独り言?

日記と言うよりも雑記…映画とか漫画の感想やらスポーツの観戦記やら、そりゃもう思いっきり雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

WBA世界フライ級&IBF世界ミニマム級タイトルマッチ

2015-09-28 | 格闘技
《IBF世界ミニマム級タイトルマッチ》
○高山勝成vs.原隆二●
うん、お見事!
高山らしさ全開な試合でしたね。
決してエグエグじゃないんだけど、あれだけの手数をあれだけの回転力で出せるのは本当に凄いですよね。
そーとー練習してるんでしょうね~。
てか、自分のスタイルをきっちりと貫き、かつ、それを出し切れるんだから大したもんだなぁ~と。
でもって、見ていて気持ち良いですよね。
まぁ、エグエグじゃなくたって立派に王者としてやっていけるっていう良いお手本なんじゃないかと。

《WBA世界フライ級タイトルマッチ》
○井岡一翔vs.ロベルト・ドミンゴ・ソーサ●
まぁ、完勝ですね。
ですけどぉ・・・
正直、ワタクシ的としては井岡にはもう少し上のレベルの試合を見せて欲しいんですよね~。
相変わらず、手数が少ないというか、待ちすぎてるというか、見すぎてるというか・・・
カウンター取りたいのは分かるんですけど、それにしてはどこに何を合わせたいのかよく分からないし・・・
せっかく相手がかなり大振りになってるのに、打ち終わりにも何も出来てないですし・・・
これぐらいの相手ならもちっと見せ場を作って欲しいですよね~、てか、本当ならKOして欲しいくらいですよ。
まぁ、やっぱりこの階級だと普通なんですかね~、レベル的に。
いやまぁ、もちおん王者としてってことですけどね。
てか、ぶっちゃけ、ボクサーとしては結構ダルンダルンな体になっちゃってますもんね。
もともと、肉そぎ落として瞬発力で勝負してたのに、肉つけて瞬発力落としちゃったって感じなんですよね。
結果、それに伴うパワーまで落ちちゃってるという・・・
まぁ、体の方はここから更に作ってもらうとして、試合内容、プランに関してはもっともっともっと何とかして欲しいですね。
年内もう一戦あるよーなので、次、もっとビシッとした試合、期待してます。
コメント

’15 F1日本GP

2015-09-27 | F1
ハミルトン、鈴鹿を制し今季8勝目!セナに並ぶ通算41勝目!

で、我がフェラーリは・・・
ぶっちゃけ、先週まではもしかしたらもしかしちゃうんじゃないか・・なんて思ってたんですけどね~。
まぁ、予選後はちぃ~っと厳しいかなぁ~と・・思いつつ、結構やっちゃうんじゃないかなんて・・・

がまぁ、蓋を開けてみたら完敗でしたね。

ぶっちゃけ、今季何度も見た光景でしたよ。
まぁ、せめてもの救いはメルセデスAMG以外には負けてないってとこぐらいですかね~。

正直、ハラワタ沸騰しまくりですけど、完全にノーチャンスな感じでもないので、次こそは、次こ~~~そは、反撃の火ぶたを切るワンツーフィニッシュ期待しちゃいましょう。
でもって、そこから怒涛の5連勝・・あるあるあるある。
コメント

WBC世界バンタム級タイトルマッチ

2015-09-22 | 格闘技
○山中慎介vs.アンセルモ・モレノ●

いっやぁ~~、いー試合でしたね。
展開としては思いっきり予想通り。
まぁ、山中としてはちぃ~っと良くない面も出たかなぁ~と。
特に中盤はモレノのディフェンス力が凄すぎて、活路が見いだせず、”待ち”に入っちゃって手数が減って、モレノにペース持ってかれちゃいましたからねぇ。
正直、あそこはゴリゴリで行って欲しかったですね。
そんな中で、10Rにジャストミートではなかったにしろ左が当たったのは大きかったですね。
モレノがリスク避けちゃいましたもんね。
当たらずとも、あーやって一発で空気変えられるんだから、もっともっと出し惜しみしないで左出すべきですよね。
とは言いつつ、相手はモレノですからね。
ぶっちゃけ、完封されてもおかしくない相手だったので、結果も内容もワタクシ的には大満足でした。

で、モレノもやっぱり流石だなぁ~と。
あのディフェンス力は全盛期のメイウェザーに匹敵するんじゃないかと。
でいて、今のメイウェザーと違ってちゃんと仕合ってますもんね。
いや~~、ほんと、流石はスーパーチャンピオンでした。
てか、そりゃ亀1も逃げ続けるよなぁ~と。

てわけで、結果は判定でしたし、ガチガチな殴り合いにもなりませんでしたが、それでいてこれほど手に汗握る判定決着も珍しいんじゃないかと。
一瞬の隙で勝敗が決まってしまう好勝負、ほんと、レベル高くてシビレました。
でもって、最後までどちらも隙を見せず、どちらも世界の頂点に相応しい素晴らしい試合で御座いました。
コメント

’15 F1シンガポールGP

2015-09-21 | F1
来たっ!!!

・・かもしれない!
ベッテル完勝で今季3勝目!
キミもしっかり3位に入り、我がフェラーリがワンスリーフィニッシュ。

これはいよいよ反撃の狼煙モクモクなんじゃないですかね~。

っと、ぶっちゃけ、大はしゃぎしちゃってますが、今日の結果だけで浮かれてはダメですよね。
うんうん、ライコネンの言う通り。

次の鈴鹿で更に良い結果を出してもらって、その時こそ浮かれまくってしまいましょう。

いや~、不可能を可能にするために、絶対に諦めませんよ~。
うんうん、ベッテルの言う通り。
コメント

君に届け 24巻

2015-09-16 | 漫画
いや~~、男前。

と言いたいところなのですが、ワタクシ的には・・・

うん、不穏。

何というか、普通に格好良いし、普通にいー感じになっちゃってるし。
そりゃまぁ、ケントは違うなぁ~とは思ってましたし、どちらかと言えば、同年代よりも年上の方が合うななぁ~と。
となると、やっぱり相手は・・がベストなのは分かっているのですが・・・
っと、いやいやいや、ベストはワタクシですね。(大馬鹿)
ま、取り敢えずあやねちゃんに関しては一安心。

で、他の面々は・・・
まぁ、変わらずに青春してますね、うんうん。
てか、学祭いーなぁ~。(遠い目・・・)
コメント

’15 F1イタリアGP

2015-09-08 | F1
ハミルトン、今季7勝目!

で、我がフェラーリは・・・
グリッドもハミ包囲網を敷いて、ここで勝たなきゃ何処で勝つって感じだったんですけどね~。
期待のライコネンが・・一瞬にして2番グリッドから最後尾・・・
まぁ、5位まで持ってきて、かつ、ベッテルが2位でフィニッシュしたのがせめてもの救いでしょうか。
正直、ここは何としても勝って欲しかったので、今回の負けは結構厳しいですね。

とは言いつつ、白旗を上げるわけにはイカンので、シンガポール・日本と連勝して倍返ししちゃいましょう。
コメント

バケモノの子

2015-09-07 | 映画 は行
7点(10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)

『デジモンアドベンチャー/ぼくらのウォーゲーム!』『ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』と、常にワタクシの期待にガッツリと応えてくれる細田守監督の最新作で御座います。
なので、今回も期待しまくり・・と言いたいところなのですが、どーもテーマ的にも世界観的にもワタクシには合わないかなぁ~なんて思ったりも・・・
まぁ、いつも通り極力事前情報入れてなかったので、ほぼほぼ先入観というか食わず嫌い的な・・・
そんな感じでち~っとばかり後ろ向きなところもありつつ観たのですが・・・

うん、面白かったです。

傑作・・とまでは言いませんけど、結構な良作で御座いました。
てかまぁ、相変わらずの細田節って言うんですかね~。
それなりにしっかりしたテーマを持ちつつも、エンタメ性はたっぷり盛り込んでちゃんと娯楽作品の王道に乗っけてるところは流石だなぁ~と。
ぶっちゃけ、多少安っぽく多少無理矢理なストーリー展開だったにも関わらず、有無を言わせない(くもない?)演出力はある意味、宮崎駿にも通じるものが・・あるかもしれないなぁ~なんて思ったり。
ってまぁ、ツッコもうと思えばいくらでもツッコめるんですけどね。
良いか悪いかは別として、テイストは違いつつも方法論はいつもと同じで、その中で最終的には細田な作品に仕上がってたって感じですかね。
まぁ、宮崎でも高畑でも庵野でも、名の通ってる監督は皆そーゆーところはありますから。
と言いつつ、彼らはその上で更なる引き出しも持っていて、毎回新しい面も見せてくれるわけですが・・・
そーゆー意味では、そろそろ細田監督の別の面なんかも見てみたいかなぁ~と。
ま、それは次の作品に期待しましょうか。

で、作画も相変わらずのクオリティ。
格闘シーンはもちろん、群衆のシーンなんかも細かいところまでよ~~く動いてましたし、背景やら美術やらはこれまた相変わらずの超美麗。
ま、クレジット見たら見覚えのある大層な名前がチラホラ出ていたので、そりゃクオリティも上がるわなぁ~と一人納得。
それでいてヒット作連発でお金も時間も今まで以上に使えるよーになってるでしょうからね~。
『ハウルの動く城』事件であわやアニメ界から干されそーになった細田監督がここまで来たなんて、何とも感慨深いものが・・って、大袈裟ですね。

てわけで、今回もバッチリ期待に応えてくれた細田監督。
もしかしたら押井×今敏的な、しかもそれが上手くいってない方向の作品なんじゃないかと、劇場行くのを躊躇していたのですが、ほんと、観に行って良かったです。
まぁ、ちみっと感動も出来る、細田流『もののけ千尋の神隠し』って感じの映画で御座いました。


バケモノの子@ぴあ映画生活
コメント

銀の匙 Silver Spoon 13巻

2015-09-03 | 漫画
ズキュウゥゥゥン

てわけで、今回はスポコン・・には全然ならないところがいー意味で銀匙だなぁ~と。
それでいて大会のエピも十分に面白いと。
でいて、試食とか他のエピは更に面白いんだから、金華豚もびっくりで御座います。
でもって、ところどころで御影が可愛いわけですよ、そりゃもう抜群に。

ま、そんな感じで相変わらずの面白さ。
ファンドの方もまた新たな動きがありそーで楽しみで御座います。
コメント