Credo, quia absurdum.

旧「Mani_Mani」。ちょっと改名気分でしたので。主に映画、音楽、本について。ときどき日記。

「クローバーフィールド/HAKAISHA」マット・リーヴス

2017-03-26 02:56:39 | cinema
クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
クリエーター情報なし
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン


これは面白かった。
話題になってから9年くらい過ぎてますけど・・

POV手法なので現場なわけだけど、
現場はむしろ情報がない。
その情報途絶の必然性と、おもしろい怪獣ものとかホラーの一つの要素である
「正体不明」性をうまく結び付けている。

とかまあ今頃言うのもなんですが(笑)

かといって、本当に現場で巻き込まれた場合と違って、
だいぶ見せるべきものは見せるように仕込まれてもいるじゃないですか。
案外うっかり(というか逃げるのに必死で)撮り損ねたみたいなのがない。
見せるものと見せないものをかなり綿密に設計している。

そこが傑作になったポイント。

それができるということは、POVでなくても面白いものが撮れるわけですよね。
たぶん。

****

主人公は辛くも果敢に生き延び、愛が成就する
という風でないのが非常に現代風。
さすがにそんな都合の良い話は今時ないよねえと思いつつも
実は結構あるのかも。


そこらへんもバランスをしっかり塩梅していると思う。
主人公たちは、奇跡的に生き延びはするけれど、
やっぱり最後はなすすべものなく状況に飲まれる形で「整った」終わり方をしない。
パニックの現場にいたらそうなるだろうな
という納得とともに
なんというか人生ってそういうクソみたいに終わるもんだという
納得があるのが、好感の秘訣かもしれん。


猿の惑星も観てみようかしら。
「猿の惑星・新世紀」だったっけ?
「10 クローバーフィールド・レーン」もずいぶん変な映画のようだな・・・


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「牯嶺街少年殺人事件」エド... | トップ | 「豚小屋」ピエル・パオロ・... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (piaa)
2017-03-27 23:46:08
おっ、珍しくフツーの映画ですね。
観たの結構前ですが、今しがたWOWOWで「レーン」やってたので思い出しました。これは面白かったですよね。「レーン」はつまんなかったですけど(笑)

新しいシリーズの「猿の惑星」は最初のティム・バートンのやつが死ぬほどつまんなかったので観てません。って「猿の惑星」J.Jかかわってないですよね?
piaaさま (すた)
2017-03-28 22:54:26
どうも〜
WOWWOWで「レーン」の後にこれをやったので観たのです。「レーン」はみ損ないました。。

「猿の惑星」はティムのやつはまたちょっと別扱いらしく、ルパート・ワイアットの「創世記」からが新シリーズってことのようです。ちょっと観てみたいです。
JJは関わってないみたいですね。

コメントを投稿

cinema」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL