何かをすれば何かが変わる

すぐに結論なんて出なくていい、でも考え続ける。流され続けていくのではなくて。
そして行動を起こし、何かを生み出す。

アンパンマンの遺書

2014-01-29 15:57:28 | Book Reviews
「アンパンマンの遺書」 やなせたかし・著、岩波現代文庫/文芸233、2013年12月17日

p.70 しかし、正義のための戦いなんてどこにもないのだ。正義は或る日突然逆転する。正義は信じがたい。

p.196 ほんとうの正義というものは、けっしてかっこうのいいものではないし、そして、そのためにかならず自分も深く傷つくものです。そしてそういう捨身、献身の心なくしては正義は行えませんし、また、私たちが現在、ほんとうに困っていることといえば物価高や、公害、飢えということで、正義の超人はそのためにこそ、たたかわねばならないのです。

p.209 「正義とは何か。傷つくことなしに正義は行えない」




Comment   この記事についてブログを書く
« スターバックスCEO だった私... | TOP | 日本でいちばん大切にしたい... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | Book Reviews