さいふうさいブログ

けんちくのこと、日々のこと、いろんなこと。長野県の建築設計事務所 栖風采プランニングのブログです。

我が家でロケをしたドラマがグランプリ受賞!

2017年10月27日 | 現場0~海野宿 扇屋プロジェクト(当事務所)

今年の2月に我が家でロケをしたテレビ東京のドラマ『破獄』が

フランス・カンヌで開催されていた世界最大規模の国際テレビ番組見本市(MIPCOM 2017)で

「MIPCOM BUYERS’ AWARD for Japanese Drama」グランプリを受賞したとの事です!

 

(https://www.oricon.co.jp/news/2099363/full/ より)
 
   

ドラマ関係者の皆様、受賞おめでとうございます

撮影場所を提供した者としても嬉しいニュースです!
 
(海野宿では我が家と白鳥神社が撮影場所に使われました^^)

  

ロケに関するさいふうさいブログ記事はこちら↓

我が家でいよいよロケ!

我が家でロケをしたドラマが放送されました^^

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


コメント

我が家でロケをしたドラマが放送されました^^

2017年05月13日 | 現場0~海野宿 扇屋プロジェクト(当事務所)

今年の2月に我が家でロケをしたドラマ「破獄」ですが、4月12日にテレビ東京で放送されました。

うちでは残念ながらテレビ東京を観る事ができませんでしたので、知人に録画をお願いして、後で録画で観ることができました

 

で、我が家で撮影されたシーンはこれ。

(全部で僅か1分30秒くらい

 

 

 

 

 

撮影の時が思い出されます

我が家も含め、長野での撮影は寒くて大変だったと思う、、、

(なんてったって、一番寒い2月の撮影でしたからね、、、)

なので、どんな環境下でも演技する俳優さんって凄いなぁってホント思いましたですね。

スタッフさん達は完全防寒だったけど、俳優さん達は撮影時は衣装のみですもの。。。

  

という事で

なんだかんだと破獄を録画3回見ちゃった

 

そして後日、撮影に協力した我が家に、こんなご褒美もありました

わーい!有難うございます

嬉しいです

俳優の山田孝之さんと監督の深川栄洋さんのサインです

ガラスのショーケースの中に入れて飾っておこうっと♪

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

コメント

下座敷ビフォーアフターからの海野宿ひな祭りへ(2017年)

2017年03月04日 | 現場0~海野宿 扇屋プロジェクト(当事務所)

怒涛の日(ロケ)が過ぎ、やれやれ、と思ったのも束の間、、、

次は海野宿ひな祭りです。

 

 

2017年(平成29年)第3回 海野宿ひな祭り

平成29年2月25日~3月20日まで開催中!

詳しくは東御市観光協会からのお知らせをご覧ください。

 

さて今年も飾りましたよ~お雛様

2017年3月 海野宿ひな祭り 夜のライトアップ(我が家です)

 

 

昨年に比べ、うちの展示スペースが増えましたデス。

そう、それも、先月のロケ工事のお陰です(笑)

 

あ、そうだ!

まだ下座敷工事(別名ロケ工事)のビフォーアフターまだでしたね

一応、こんな感じになりました。

 

2005年 ビフォー

  

2008年 構造部分 保存修理工事 アフター

    

2017年 内部、部分工事 アフターアフター?

 

取りあえずここまで。

それでもまだまだ未完成な主屋内部でございます

いつ完成するのか分かりません~

 

  

 

 

一応、頂いた建具の障子紙だけは貼り替えました。

 

さいふうさい定番のいつもの立岩和紙を張りました。

 

手漉き和紙は、何と言っても耐久性がいいんですよね。

在庫していた無漂白の障子紙を使いましたです。

無漂白の紙は、紫外線で次第に漂白され、それから黄ばんでいきますから

その分、長持ちするみたいです。(以前、奈良の紙漉きの方から聞いた話ですが)

 

まめに障子紙を貼り替えないズボラな私は、

少々高くても、いい素材の物を使って手を抜く、そんな性格

無垢の物や繊維を壊さないで作られたものっていうのは、保ちがいいです。

はい。障子貼り、完了~

 

さてと、

この状態から今年の雛飾りをしましたですよ~

 

 

 

 

ちなみに昨年はこんな感じでした。  

2016年 雛飾り

    

 

そして今年2017年の雛飾り

座敷側の壁が仕上がったので気分がいいです☆

木部の塗装もしたので、何となく汚い感じだった木部もこれで少しは落ち着きました。

建具は、本来なら元々の建具を補修して使うところなのですが、

俄かに始まった1ヵ月工期の下座敷工事でしたので、補修する時間もなく、

ちょうどタイミング良く頂いた建具を入れてあります。 うふふ

 

あと、お人形の展示数も増えました

 

と言いますのも、

これから始まる予定の古民家再生計画のお施主さんから

古いお雛様を譲り受けまして

我が家で飾らせていただく事になったのでした!

 

 

古い五人囃子、小野小町、高砂、鍾馗、天神様(松本張子天神)

これらがお施主さん(佐久地方)から譲り受けたものです。

 

ちなみに

市松人形は母から貰ったもので

座っている市松人形は父が胴体や顔を作り、母が着物をつくったものです。

手まりは私が作ったもの。趣味手芸品。

 

文机は、上田の古民家改修現場から頂いたもの。

 

文机の上の享保雛も頂いたもの。

 

 

そもそも私共はこの海野宿に移住してきた者ですし

この家に 代々受け継がれてきた伝来物 というのが無いんです。

ですので、このような頂き物の寄せ集めのような展示になってはしまうのですけれども、

海野宿に観光しに来られる方々に少しでも喜んで頂ければ嬉しいものです

  

そんな訳で

今年は昨年に比べ展示数も増えまして

はたまたテレビ局からの取材もあったりで

ドラマロケに引き続いての てんやわんやな事になっております

 

2017.3.3

NHK長野

うちの旦那さん、頑張って受け答えしております

お疲れ様ー

 

さらにもう一回、3月4日 NHK「おはよう日本」でも、海野宿ひな祭り、放送されます。

(関東甲信越のみ)

 

我が家も出ます。

うちの旦那さんも出ます。(一応、ひな祭り実行委員だったりするので

私は出ません(笑)(夫婦で仕事を割いてまで取材協力している場合ではないのです。テレビ局の皆さま、そこのところご理解願います)

 

そんな訳で、

2017年 海野宿ひな祭り 只今、開催中です~ 

(海野宿ひな祭りは3月20日まで。我が家は4月上旬まで飾る予定です^^;;)

  

~~~さいふうさいブログ、ひな祭り関連記事~~~

 

2016.2.23 海野宿〈初〉ひな祭り 開催中です♪ 2015年

2015.3.8 いろいろ取材のあった海野宿ひな祭り♪

2016.3.2 2016年 海野宿ひな祭り 始まりました♫

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

コメント (1)

我が家でいよいよロケ!

2017年02月22日 | 現場0~海野宿 扇屋プロジェクト(当事務所)

我が家でいよいよロケ!

(と言いましても、凡そ2週間前の事ではありますが

 

下座敷工事、何とか終わりまして(いや、正確には終わって無いですが)

工事終えた翌日には軽トラの納車

新しい中古車で勢いそのまま工事の後片付け、そしてゴミ搬出

大道具さん現場入り

  

という、、、

もう本当にギリギリ、スレスレな日程に冷や冷やものでした

 

大道具さん現場入り~

どこで作業するのかと思いきや、

まさかの路上での作業

この寒い時に、お外でやるなんて凄い、、、

  

下座敷工事が終わったばかりの畳の上に、セット用の敷居を入れてました(^_^;)

内心、古畳で良かったーって思いましたね…

  

何故、セット用に敷居を入れているかといいますと、

うちの内法は5尺6寸という低さ…

セット用の建具は5尺7寸だったようで、敷居鴨居の高さが合わない。

どうするんだろう、と思ったら、

敷居も鴨居を部屋側にふかして作っちゃうんだから、へぇ~ でした!

私らは本物の家を作るが仕事ですけど

舞台美術さんは“仮”で作り上げちゃう。そのやり方は、見事でした!

どうやって部屋に傷を付けずに敷居や鴨居を取り付けるの?

それを、たった一人で組み立ててる大道具さん。

すごい~

敷居はただ置けばいいから分かるけど、そこからどうやって鴨居を乗せるの???

つっかえ棒的な物、柱的なもの、いるよねぇ。

建物に固定する事なく、柱的なものをどうやって自立させるの? 

フレームを一人でどうやって作るの?

です。

いや~面白い。

 

出来あがったセット、お見せしたいところですが

残念ながらそれは駄目という事なので

是非、こちらのドラマを見て、茂木さんちはどれだ~?と探してみて下さい!

テレビ東京 ドラマ特別企画
破 獄

 

テレビ東京なので、そうです。信州では観れません

が~ん

スタッフさん、ビデオ?DVD?を送って下さるという事のようですが

う~ん、テレビで観たかったです。。。

  

 

という事で、

事前にまずは大道具さんがセットを作り上げ

その翌日には、デザイナーさん?がセットをチェック、

また次の日には、照明さんが照明をセットし、

そしてその次の日がロケ本番でした。

なので準備期間に3日。

4日目に撮影。

 

きゃぁ~

 

場所を提供している私達としましては、

この準備期間から撮影までなんとも落ち着かず、

結局撮影のあった週は殆ど仕事が出来ませんでした

  

それだけではありません。

この真冬の我が家(主屋)での撮影は

撮影の皆さまと、海野宿や市の関係者の皆さん、寒い中の撮影になるだろうなぁと思い、

撮影場所を提供している我が家ですけど、暖房設備もないトイレもない水回りもないですから

(あぁ、未完成な建物ですみません

建築現場と同じように、

せめて温かい飲み物くらい用意しておこうと思いたちまして(ほっとけない女将?な性分)
 
現場用に使ってたポットやら保温庫やら、はたまた生活に使ってたポットまで全部出してきまして

土間にちょっとした休憩飲み物サービススペースを設けてみたりして♪

個人でそこまでする必要も本当は無いとは思ったのですが、

なんていうんでしょう、、、

現場制作、現場の大変さっていうのは、建築もそうだし、撮影の方々も同じ感じなので、ほっとけないんです。
 
夜の撮影なんか、外気温は-2℃くらいにもなりますからね。

寒かろうに。。。

 
 
スタッフさんは撮影当日、総勢50名くらい来るとの話でしたが

とても個人で50名様もの飲み物を用意出来るような余裕はありませんでしたので、

量販品の缶コーヒーやらインスタントコーヒーをセルフで飲めるようにして、

あとは、信州の韃靼そば茶を煮出したものをポットに入れて熱々で飲めるようにしておきました。

 
そうしたら、結構、韃靼そば茶をスタッフ皆さん飲んでくれて嬉しかった☆

しかーも! 俳優さんの手にも渡って、きゃぁ~ 嬉しいーーー!
 
紙コップだって、断熱性のあるちょっと高い紙コップを用意したんですよ。

ホント、寒いって大変だもの。

寒い時は、温かいが一番のおもてなし。

中身は高級じゃないけど、温かい、それだけでもー、という一心でした。

 スタッフの皆さま。

  

そしてホッカイロも提供しました♪


  
これだけ用意しておいたのですが、

結構、無くなってましたね。

皆さん寒かったんでしょうね

  

 

 


 
そして、撮影は無事に終わりました。

書きたい事いっぱいあるけど、内容については口外禁止なので我慢デス。

 

 

ドラマの中で、格子と、ちょいと華やかで色気あるシーンは、多分、我が家です♪

あ~ん

ホント、一夜限りの夢のような一時(撮影)でした。

その儚さに、未だにその時を引きずっている私。。。

役者さんの写真撮影は厳禁でしたので、いくら場所を提供している家人であっても撮れませんでした。

あと撮影セット(室内)、撮影中の様子も含めて、著作権があるという事で無断撮影はNG。

ギリギリここまでは許してもらったところです。 


 
あぁ、、、我が家がこんな姿になるなんて。。。ぽっ♡

 

ということで、 

テレビ東京 ドラマ特別企画
破 獄

乞うご期待!

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメント

8年越しの土

2017年02月18日 | 現場0~海野宿 扇屋プロジェクト(当事務所)

主屋の下座敷工事。(別名 ロケ用工事)

さて

2月に入って早々、左官屋さんが土を練りに来られました。

 

実は2005年から2008年にかけて主屋の保存修理をしてありまして、

補助金の対象になる外壁や内壁(耐力壁)は土中塗り仕上げ になっておりました。

  

2008年2月当時の土中塗り施工風景です↓

親方、後ろ姿が若い~!

 

 

で、この時に使った土が余ったのですが、また続きの工事をやるだろうから庭に寝かせておけばいい、と言う事で

以来8年間、余った土を寝かしておりました

おぉ~ 8年振りの壁土~!

舟に入れたまま、その上に養生を幾重にもして置いておいたので

地が凍るこの2月でも、土、凍ってなかったー!

 

 

親方、土を練り練り♪

スサを入れながら練り練り♪

 

練ってから2日後に施工

表通りから見えるこの壁は、大戸を引き込む戸袋の裏で、

8年前の保存工事の時は、補助対象外だったため仕上げていませんでした。

なので、今回、ロケ用工事のついでに、

せめて観光客に見られるようなところだけでも仕上げてしまうと思いましてね

土塗り施工中

 

塗り終わりました。

 

格子を嵌めるとこんな感じ。

わ~ いい色♪

格子の陰影と土の風合いがグー

8年前に施工した時よりも、同じ土なのに、いい色になってる(笑)

 

  

格子周りは外壁の並びで土中塗りにしましたけども、

ロケに使う下座敷は漆喰塗りにします。

漆喰を塗っている親方です。

あと数年で引退するって宣言してる親方。。。

最近は弟子達がメインで仕事されているんですが、

我が家のロケ用工事。急な話だったので、親方自らが塗りにきてくれましてね。

久しぶりにコテを持ったみたいでした

親方  「いやー久しぶりだ。でも大したもんで、ちゃんと体が覚えているもんだなー」と😓

あは♪

うちだから、多少アレでもノープロブレムよ〜

なーんてね。

いや、一応、綺麗に仕上がっておりましたよ。はい✨

 

 

で、親方、漆喰を塗り終えた後、何を言うのかと思ったら

「デートしよう♪」ですって! 

きゃぁ~

うふふ♪

快くお付き合いしましたデス~

 

どこへ行くのかな~と思ったら

なーんと

美味しい鯛焼き屋が佐久にあるから一緒に行こうですって

 

わーい

たいやき~

 

薄皮であんこたっぷりの鯛焼きでした~

おいしー

親方、お土産にとごっそり鯛焼きを買いこんでましたね。

私も家族用と職人さん用に幾つか買って帰りました☆

  

で、

親方と鯛焼きデートのみならず

更に、思いがけないプレゼント?を頂きまして

いや、もう、感謝感激

 

え? プレゼントは何かって?

うふふ

それは、なーんと、古い建具!

  

うちの主屋に使われてた昔の建具は保管してあるんですが、

状態があまり良い建具ではなく。。。

もし今回の工事で再度使うとなれば、修理するか作り変えないといけなく

ロケ用の突貫工事でそこまでやるつもりはありませんでした。

  

そんな時にまさか、親方が

こんな程度の良い建具を持ってきてくれまして

きゃー

うそー

ホント?これ貰っていいの? 

 

頂いた建具は高さが5尺7寸。

我が家の内法はそれより低い5尺6寸。

丈が合いません。

けど大丈夫。

大工さんに調整加工してもらう事にしました。

 

そんな訳で、

ロケ撮影予定日の1週間前に何とか左官工事が終わり、

左官屋さんの工事が終わった次の日には、電気コンセント等の工事をしてもらい、壁は終了。

そして電気工事の翌日には大工さんに建具の調整建てこみ等して頂きまして、

ギリギリセーフ!

下座敷工事、何とかロケに間に合いました!!!

下座敷工事、ちょうど1ヵ月かかって終了。

とはいえ、全て完成した訳では無いですが 

未了部分は ①床暖房接続関係 ②照明器具 ③本来の建具の修理、造り替え、建て込み ④床暖用新畳、、、

 

写っている建具は全て、その左官屋さんから頂いた建具

(あぁ、障子紙張り変えなきゃ

本来の建具姿とは違いますが、当面はこれでいいかなーと思ってます♪

有難や~

 

そして畳は古畳。

この部屋には床暖房を予定している関係で「床暖房用の薄い畳」を新たに作らないといけないのですが

今回は予算無いですし、

畳はやはり最後の最後、「全ての工事が終わった後」に納めたいもの。

主屋は今後、2期、3期工事と続きますから、その間に畳が汚れるのは嫌ですからね。

なので、今回は古畳を「無理と」敷いています。

と言いますのは、敷居と畳の高さが合ってないのです。実は😓

床暖房用の畳は20mm厚。古畳は60mm厚。その差40mmが敷居より畳が上がってしまってます。。。

取り敢えず仕方ない、、、

  

この古畳は、数年前、現場から要らない畳を貰ってきてストックしてあったもの。

枚数がちょうど足りました。

助かった~

黒縁の畳だから、時代物の撮影にもいいのよね。

これが柄入りの一般的な縁(ヘリ)だったら撮影ロケ候補にならなかったでしょう。

  

 

さーてさーて、これでロケの方々に入って頂けます!

我が家でドラマ撮影、どうなる事やら~

きゃぁ~ ワクワク♪

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

 

コメント

工事始め~我が家でロケ?!~

2017年01月06日 | 現場0~海野宿 扇屋プロジェクト(当事務所)

海野宿に暮らすようになってから、早13年目となりました

2005年1月にまだ5ヶ月だった息子を連れて

大雪の中、須坂から引っ越してきたんだよなぁ、と、

時々思い出したりします。

以来、12年間、

この荒れた屋敷と格闘してきた訳ですが、

未だに完成の日は遠く

古民家再生、とか、そんな域ではない「屋敷再生」な我が家。

資金も相変わらず無いし、

そろそろ体力も気力も無くなりつつもあり、

こんな屋敷にしたーい

という完成形を一応は想像してはいるものの

まぁ、私らの代では無理っぽいので

せめて息子の代には借金とゴミは残さない!を目標に頑張るしかないな~

ってな感じです

 

そんなお疲れモードな私達ですけども、

海野宿という場所柄、

伝建地区でもありますし、色んな事がありまして、

海野宿に背中を押されて、動く、いや、動かされる事がしばしば

 

で、今回も背中を押される出来事が舞い降りてきました

 

え? それは何かって?

 

それは 

 

我が家で

 

なんと!

 

あるテレビドラマの撮影ロケ

 

  

詳しい話はよく聞いていないので、まだ詳細をここで記す事は出来ませんが

有名な俳優さんが来るそうで!

キャー

どうしましょう!

 

それよりも、それよりも、

我が家(主屋)は平成17年度~平成19年度まで3年に渡って保存修理工事をしましたけども、

外観周りのみの保存修理でしたので、

内部は未完成のまま、9年間も放置

今やほぼ物置き状態

 

さあ、どうする

 

2008年3月 保存修理工事完了写真

 

この状態のところに、適当に合板とか、現場で不要になった畳を貰ってきて

取りあえず、ひな祭り用に舞台をこしらえてあるのが今の現状です。

2015年2月からこんな感じにしてあります。

 

 

ロケに使うというのなら、床ぐらいは張っておかないと、スタッフさん達と役者さんの荷重に耐えられない。

あと壁はどうする?

 

スタッフさん、測量中。

大道具さんが壁とか鴨居とか建具とか作れるようにと。 

 

そんな話をスタッフさんとお話しまして、

基本的には撮影用に壁や建具等は制作側で作ってくる、という事なので

こちらとしては、床だけ張っておけば良さそうなのですが、

もう、そうとなれば

海野宿のひな祭りで、どちみちお雛様と毎年飾らないといけませんし

2016年雛飾り

 

ならばならば

下座敷だけは、仕上げてしまおうか!

こんな機会でもなければ、自分の事は何もしない私達ですし

よし!やるか!

先立つもの無いけど、お金は天下の回りものだ

(ん?本当に大丈夫なのか? 笑)

 

という展開になりました

 

ロケ日から逆算して、

いやもう1月にすぐ工事しないと間に合わないので

本日より、仕事始めというより、工事始め、になってしまいましたー!

 

まずは、物を片付けるために、空いている部屋のお掃除から

小屋裏に取りあえず、今ある家財等を置こうという事になりましたが

この小屋裏がこれまたエライ状態でしてね。

古民家あるあるな風景ではありますが

とんでもない埃、塵。 これでいつも気管支がやられるので気をつけないといけません。。。

大工さん、いつも有難うございます。

 

 

小屋裏にここから上がれます。。。取りあえず。

さて、いろんな工芸品?趣味品をここに飾ってあったので、

私はそれを片付けないといけないのですが、、、

一足早く、工事が始まっちゃって

どうしましょう!

片付けないと! 埃だらけになっちゃって、きゃ~(泣)

あわあわ

  

 

怒涛の年越しを終えたかと思えば

すぐさま煽られる感じで

気の休まる暇もありませんが

これくらいで丁度いい?のかもしれませんね。

(じゃないと動かないから 笑)

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

見直し調査~海野宿の付属屋~

2010年08月31日 | 現場0~海野宿 扇屋プロジェクト(当事務所)

今日は重要伝統的建造物群保存地区『海野宿』の

保護・保存の見直し調査に

信州大学の土本研究室の学生さんが

聞き取り調査に来ました。

  

昔の暮らしや家業などについての聞き取りをされましたが、

私達は2002年に、この海野宿の屋敷を競売で取得したので、

昔のことはわかりません。

でも、

私達も我が家の歴史を知りたくて、

登記簿からわかる範囲で調べたことや、

ご近所の方々から聞いた話など、

調査員の学生さんにお話をしました。

  

あとは、

屋敷内から発見された年代の確定できるもの

の話などもさせてもらいました。

  

P1110059

[追記]

屋敷の中で、年代の分かるものは、こちらの井戸だけ。

『明治十五年 午一月建』

とあります。西暦でいえば1882年。

今から128年前の井戸です。

   

 

うちの屋敷内では、

付属屋の土蔵と

主屋につながる上雪隠

などを見直し保存対象建物として欲しい旨を伝えました。

  

そして、今週の土曜日には

見直し調査の報告会の開催が予定されております。

  

とにかく、

荒れた屋敷と建物ですが、

保存対象として残していく責務があると思っておりまして

補修費も 本当は頭が痛いのですが

人生をかけて

保存していきたいと思っております

  

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

  

 

 

 

コメント