さいふうさいブログ

けんちくのこと、日々のこと、いろんなこと。長野県の建築設計事務所 栖風采プランニングのブログです。

建物の見え方

2009年08月28日 | 現場1~小諸の別荘 古民家再生

小諸の古民家再生のおうちです。

ポーチが仕上がり、外回りが

とても綺麗になりました!!

こちらはもともと敷地が傾斜地にあるため

家の周りも起伏に富んでいます。

もともとの敷地状況だと

玄関のちょうど前のあたりが

とても低く、

家をいつも見上げるような状態でした。

P1020304

(わかりづらいかな)

それを今回の工事で

家の周りの犬走りと同じ高さまで

地面を均しました。

その高さ、40センチ。

違うんです。家の見え方が全然。

より、バランス良く見えるようなりました。

Photo

40センチの差がここまで見え方に影響する

とは思っていなかったので

少し驚き

このよな細かな寸法と身体的感覚の

体験は、常に意識しなければならないなと

感じたのであります。

(k.f)

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

コメント

夏の妄想 ~風鈴~

2009年08月20日 | ◆まち歩き・町並み・カフェなど

仕事中、海野宿内を歩いていたら

ガラス工房橙さんで風鈴がたくさん売られていました。

とても涼しげです@@

Img_0925

しかし、この夏の風物詩の風鈴、、

なーんで涼しげに思えるのか、、

ふと気になりはじめて

少し妄想にふけりました

  

風鈴自体に風を起こす機能はないし、

むしろ風を受けることによって

初めて風鈴本来の仕事をしているものです。

風を受けている風鈴自身が、「涼しいわぁ」と思うのは

わかるけれど、それを見て、聞いて

涼しくなる人間の心。。。

  

うーむ

  

 

少し眺めていて感じたことは

  

風鈴とは、「涼しさ増幅装置であるのだな」

  

人間が涼しいーーと思うのはやはり

暑い中でも風が吹いていること@

単純に涼しいですもんね。

その時風鈴は 風が吹けば、風に揺れ、ちりんちりん

と音を立てる。

つまり、風鈴が揺れ、ちりんちりんと鳴ることによって

人は風が吹いていると感じることができるわけですよ@

  

風鈴がなければ風が吹いているということを

ただ肌で感じるだけ、「触覚」に

訴えられているだけの行為を

  

風鈴があることにより、

風鈴が風で揺れているのを見る「知覚」、

また、揺れることにより生じる

ちりんちりんという音を聞く「聴覚」

にまで訴えられている!?

  

つまり風が吹いているという事実を

人間の感覚3つに

訴えることができる装置、風鈴!

ということは風鈴があることにより

3倍涼しいのである!!!

  

違うかっ

  

と、まぁ妄想はここまでにしまして

風鈴の音に

下駄のカランコロン

夏に聞こえる音は

風情があるし、心の中にすぅっと

沁み渡りますよね

(k.f)

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

コメント

小諸の別荘 ビフォーアフター

2009年08月19日 | 現場1~小諸の別荘 古民家再生

小諸の古民家再生も、

家具工事を残し、凡そ完成です。

ポーチ周りも、ようやくお盆前に工事が完了しました

P1040419

玉石はお施主さん自ら敷いてくれました

   

ポーチの仕上げは、モルタルに土を混ぜて

たたき風にして欲しいとお願いしましたら、

有明の土とビリを混ぜた 

土入りモルタル洗い出し仕上げ?

とでも言えば良いんでしょうか。

左官屋さんが考案してくれました

   

さて、ここまで仕上がったので、

小諸の古民家再生のビフォーアフターの様子を

ちょっとだけ。

こんな感じです。

    

ビフォー ↓

Dscf7773

アフター ↓

P1040424

    

内部 ビフォー ↓

Dscf6416

内部 アフター ↓

P_1030689

     

土間だったところには、

これから囲炉裏テーブル、火棚、自在鉤を作ります。

出来上がったら、またUPします

  

(k.m)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメント (2)

仕上げに向けて

2009年08月04日 | 現場1~小諸の別荘 古民家再生

P8042660

こちら小諸の古民家再生の物件です。

玄関周りの仕上げがゆっくりと着実に進んでおります

本日は御影の延石を敷き並べてポーチ、

軒下の左官仕上げの

下地コンクリートまで打設を行いました。

打設をしているときに左官屋さんがちょうど

材料を運び入れ下さいました

P8042661

穂高の有明土に

ビリという細かい砂利をまぜたものをベースに

今回は仕上げを行います。

ん~いい色!!

もうすぐで玄関廻りが完成します!!

(k.f)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

コメント

ブロック造物置の改修

2009年08月02日 | 現場3~東御市田舎暮らし 沢の見える家

沢の見える家の現場です。

今日は東京からお施主さんが来られました

ブロック造の物置を改修している途中ではありますが、

出来れば泊まりたい~ ということで、

水周りを一応、使えるようにしました。

     

改修前 のブロック造物置の内部↓

Dscn0436

     

改修中 ↓↓↓↓ 

P1040066

改修前と後では、窓の位置は変わっていません。

あの窓から、沢が見えます。

こちらの部屋は台所になるわけですが、

取り急ぎ、ガーデニング用の流しを仮設的に

取り付けて、宿泊に使えるようにしました。

P_1040070

    

奥に見える階段は、古民家の階段です ↓    

P_1040067

    

     

こちらはトイレです。

取り急ぎ、トイレだけ木部を古色に塗りました↓

P_1040085

    

    

お施主さんは、この夏には是非とも泊まりたい~

と楽しみにされておりましたので、

取り急ぎではありますが、

泊まれるようになって良かったです 

   

(k.m)

   

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメント