さいふうさいブログ

けんちくのこと、日々のこと、いろんなこと。長野県の建築設計事務所 栖風采プランニングのブログです。

2015年の伝建協の総会・研修会は海野宿

2015年05月27日 | ◆建築に思うこと

今年2015年(平成27年度)の全国伝統的建造物群保存地区協議会(伝建協)総会・研修会並びに住民プログラムが、

ここ長野県東御市で先週の5月20日から22日にかけて開催されました 

  

海野宿では保存会を中心に昨年より準備を進めていまして、

うちの主人も準備委員会の一員として協力をして参りました。

 

ちょうど今年の2月に海野宿ひな祭りイベントをやったばかりでしたので、

我が家ではその流れのまま、この仕上がっていない主屋の仮舞台に5月飾りをしまして、視察の方々をお迎えすることにしましたデス

 

息子の兜の他に、親戚のものや、この屋敷にあったものなど

ぜ~んぶ 飾りました

しかし、こうして眺めてみると古い物ばかり。。。

 

大会前には、町内一斉清掃もし

今まであまり掃除しなかったようなところまで念入りにお掃除してスッキリ

自宅周辺の他に、私共で管理している建物の周りも

折角の機会なのでお掃除☆

息子も頑張りましたよ~ えらい~

  

そしていよいよ全国大会を迎えまして

海野宿では幟を立て、視察の方々が見学する時間帯は街道を通行止めにしてお迎え致しました。

 

  

 

全国に109箇所ある伝建地区の市町村から大勢の視察の方々がこの海野宿のいらっしゃいました。

幾つかのグループに分かれてもらい、其々グループ毎に町内の方がガイド案内をしながら海野宿を視察して頂きました。

我が家では武者飾りをしてお迎えしておりましたので、地元ガイドの方も我が家の前に立ち止まって熱心に説明して下さっていたようです

武者飾りの目印に、ひな祭りの時と同じように短冊を掛けておきました。

前日に急遽こしらえたものです

いつもギリギリ~

  

また、地元住民による手作りの胡桃おはぎの振舞いや

地元小学6年生による説明などもありました。

(うちの息子はまだ小5でしたので、今回は残念ながら出番はありませんでしたケド)

視察の様子については全国町並み保存連盟さんのフェイスブックにも紹介されてました

 

この視察の後は、住民プログラムがありまして

これがね、、、住民の皆さん、かなりのプレッシャーだった様子で

皆さんの表情をみているだけで、私まで冷や汗ものでしたが

無事にそれも終えまして

本当にお疲れ様でした~

 

ちなみに

昨年2014年の全国大会は、福井県の若狭町熊川宿で開催されまして

来年2016年は石川県加賀市で行われるという事です

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

コメント

仕上げ工事も終わり、あともう少し

2015年05月16日 | 現場13~海野宿 上州屋プロジェクト

4月末頃には完成させたかった上州屋さんの改修工事でしたが

職人さんの手配等でちょいと間に合わず

5月に入っても、これまたGWで、、、職人さんも色々ご事情もあったりでお休み。

(という事で、私共もGWは休ませてもらえましたデス

   

連休も明けまして、先週には残っていた仕上げ工事が終わりました

あと残すは設備器具の設置だけ~。

 

という事で、取りあえず暫らくブログUPしてませんでしたので、上州屋さんの改修工事のこれまでの様子をまとめる事にします。

 

前回の記事では、床材選びのところまででした。

あの後、お施主さんと床の色の検討しまして、最終的に古色に決定しましたー

かなり黒い古色のフローリングなんですね。これ。

昭和レトロというよりは、昭和モダンという言葉が似合いそうな雰囲気

ちなみに、改修部分の床には、全て床暖房敷設してます。

温暖地からいずれ移住されてくるお施主さんですから

信州の寒さに耐えられなくなって、温暖地へ帰ってしまわれても困りますもんネ。

   

それで床材ですが、この色をお施主さんがチョイスされたということで、

さ、さ、さーて、、、正直、内心、ちょっと焦る私

木部の塗装費を、実は予算調整で削ってしまっていて

床材の色がこれだけ濃い古色となれば、

木部の塗装、、、した方がいいよねぇ。(ですよねぇ)

  

こうやって実際に色決め等をお施主さんと検討する中で

お施主さんの好みというのが、だんだん分かってきたりもするものなんですが、

一応、私共に声を掛けて下さるお客様は、

ある程度、意匠の好みに傾向があり

基本的には古民家の持つ美しさや雰囲気に好意を示す方々ばかりです

 

で、こうやって床材の色一つ取ってみても、

あー やっぱり古色ね!

そこを期待されていたのか、と、改めて私の方が再認識させられる訳なのでした。

 

あちゃー

古色、、、そこの予算を削ってはいけなかったなぁ、と反省。

で、また見積を睨めっこしながら電卓叩き

どうしようか、と

緊急対策会議 (って私一人でですけど!)

んー

これはお施主さんにDIYでなんとかやってもらうしかないかも~

   

それから天井。

こちらもね、見積もりでは一応、天井は既存のままにして予算に合わせていたんですね。

なんですが、、、

やっぱり工事を進めていくと、既存のままにしておいていいのか、って

なってしまうんですな。

 

改修工事では想定外な事もあったりして

(上州屋さんの場合は、井戸の出没とかね)

取りあえず、工事の増減なんかを確認しつつ

また電卓叩きながら、

大工さんの手間などそれまでの状況をみて

なんとかあまり増額にしなくても天井を張り変えることが出来そうだと判断しまして

天井もやり直す事にしました

(こういう現場判断を迫られるのが改修工事の大変なところでもありますし、予算をギリギリで設定してはいけないところでもあります。なので予算を組む時はその加減が難しいのですが、それでも調整できる巾が若干あったのでなんとかなりそうです)

  

さて 

台所の天井を剥がしてみると

ややっー! ハクビシンの糞が一杯~

 

やっぱり天井やり直して良かったです。

天井やり変えなければ、このまま糞と共に・・・でした。

  

あと、天井を壊してみて分かったのは

外壁には断熱材?として、ミラーマットが1枚だけ入っていた事。。。

壁は土壁ではなく、、、木下地とミラーマットのみ。。。
 
今回は外壁や内壁をいじれるだけの予算はみてないので
 
このままにしておかざるを得ません。
 
これでは真冬に-13℃くらいまで下がるこの地域では当然寒いでしょうし、
 
下手に石油ファンヒーターでガンガン室内暖房すると壁内で結露するパターンです。
 
お施主さんには少々ご予算的にご無理させてしまいましたが、床にセルローズファイバーと、床暖房入れておいてホント良かったと思います。
 
   

ハクビシンもどこから入ったのか、取りあえず、疑わしいところを塞いでもらって

天井を剥いだついでに、電気配線(コンセントや照明の増設)も現場監督(一応電気工事士もあるうちの旦那さん)にやってもらって、天井ボード張り終了。

 

予定に無かった廊下やトイレの天井もやり変え。

トイレの天井。タモの無垢板です。

うちで在庫していた古いものなので、増額なしに納品しました。

(他の現場でも、古物、半端物、廃番品で売り物にならない在庫が使える時は格安もしくは無料でサービスしています)

 

一応、これで大工さんの仕事は終わりまして、次は仕上げ工事になります。

で、木部の塗装をどうするか。

予算に入れてなかったので、取りあえず、お施主さんにDIY出来るところをお願いしようと思ったのですが、

お施主さんは遠方でご商売されている方ですから、この時期は稼ぎ時~

そうそう簡単には現場へ来れるはずもなく、

また、塗装もDIYとなれば自然塗料を使ってやるのですけども、自然塗料は刷毛で塗った後にウエスで拭き取りをしないといけないため、

改修しない既存の壁を汚さないような養生の問題等、いろいろ検討した結果、

DIYをお願いするのは断念し、プロに刷毛塗りでお願いする事になったのでした。

 

塗装の色決め。

現場で塗装屋さんに色をいくつか調合してもらいながらお施主さんと色決めをしました。

床の色に合わせてこの色に決定~

(結構、黒い古色です☆)

 

これだけ濃い色を木部に塗るとなると、

次にこれまた気になってきたのが、既存の建具。。。

どーする

建具は現状のままで一切、見積もりに入って無いのです。

   

塗装屋さんに掛かる費用を伺ったり

あと、

天井仕上げも増額工事になるので

どーする、、、みたいな事で、

またもや電卓登場

あれこれ調整して、

なんとか建具も塗装してもらえる事になり

天井はクロス仕上げで予算的になんとか折り合いがつきそうです。

  

クロス選び。

 

ここでも、お施主さんのチョイスは、モダンな感じのものを選ばれました

なるほどね~

私の方で、ある程度チョイスした物の中から選んで頂くのですが

ちょっと意外なお施主さんの一面を発見した気分です♪

でも、お話を伺っていると納得なんですけどね。

私もまだまだ人間観察(?)に修行が必要です(笑)

   

既存の建具の枠を古色に塗装してみると

なんだか、これも結構モダンな仕上がりになって意外でした。

昭和な建材が、時として安っぽい感じになってしまうのですが

こうして枠を古色にしてみますと

案外、安っぽさは薄れて、引き締まった格好になりましたデス。

こういう意匠は私にとっては始めてでしたので意外な発見でした♪

 

天井クロスが終わり、

木部塗装が終わり

台所の壁の塗装も終わりまして、

とりあえず、まだ完成はしておりませんが、こんな感じになってますビフォーアフター。

 

   

綺麗になってきました☆

 

 

さて、残すところは器具類の取り付け。

相変わらず超多忙の設備屋さんなので、(というか、職人さんを指名しているものですから)

なんとか早めに来て今月中に終わらせて頂けたらな~と期待しているところです

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

 

 

コメント