さいふうさいブログ

けんちくのこと、日々のこと、いろんなこと。長野県の建築設計事務所 栖風采プランニングのブログです。

古民家再生の建築相談

2018年02月21日 | うちの事務所

今年もまた確定申告シーズンですが

先週から作業を始め、ようやく一段落しました

やれやれ。

     

さて、先月1月には何組かの古民家再生のお問い合わせがありました。

古民家付き土地を購入しようと検討されている方でした

古民家物件の取得を考えてる方にとって

 検討物件の状況・状態の良し悪しが分からない

 古民家を直すとすればどのくらいの費用がかかるものなのか

 耐震性などはどうなのか

 住宅ローンの審査は通るのか

など、古民家取得には不安材料、不確定要素が多いものです。

そのため、不動産購入前に古民家再生についてお話を伺いたい、というお問い合わせが実は少なくありません。

    

私共は建築関係団体には全く所属せずに建築活動しておりまして、

団体に所属しない個人が社会に対して建築で貢献できる事といえば、せいぜい建築相談を無料でやるくらいと思い、

栖風采のHPより建築相談も承っているのですが、

実際、私共へお問い合わせ下さる建築相談と言いましても、栖風采の設計の殆どが古民家絡みなので、ほぼ、古民家再生相談窓口みたいになってマス

 

ちなみに、広く一般向け建築相談窓口としましては

 建築士会に設置されている建築相談窓口

 JIAの建築相談室

 長野県ですと長野県建築相談連絡会

などがありますので、建築関係でお悩みや困り事がある場合はそちらをご利用下さいね。

  

あと、私共が海野宿で暮らしている手前、海野宿で新たにご商売したい方(移住も含め)からも時々、私共にお問合わせが来る状況でもあります。

ならばもうこの際、海野宿 伝統的建造物 利用活用建築相談窓口なんてものを非公式でやってしまう

なーんて 冗談ぽく書きましたけども、しかしその必要性を正直感じてはいます。

なぜなら、最近特に気になっているのは、重伝建地区の制度や取り決め等

(海野宿の場合:東御市伝統的建造物群保存地区保存条例、海野宿保存憲章、歴史かおるまち海野宿景観形成住民協定

を当事者・関係者それぞれが知らない、或いは知らされてないまま、条例・憲章・協定に違反してしまってる「コト」が最近目に付くようになってきたからです。

  

あと、つい最近、こんな残念なニュースがありましたね。

同じ長野県の重伝建地区稲荷山での解体騒ぎです・・・

稲荷山はH26年12月10日に重伝建地区に選定されたばかり。

  

  

この記事を読みますと、

元々の所有者さんが東京という事ですから(地元に居ない方)、

恐らく空き家になっていて、伝建地区に選定を受ける前から売却を望んでいたのではないのかな、と私は推測するのですが、

調べてみると、この解体されている建物は伝建地区内であっても保存指定されてなかったようなので、

きっと最初から建造物の保存に対しては協力的では無かったのかなと察するわけです。

  

保存条例には財産権まで制約をつけるものではありませんから、

売買や賃貸にはむしろ地域として理解を示してあげつつ、問題となるのはその先です。

所有者の意向や情報を一早く地元で共有できるような仕組みや流れを作っておく必要があります。

住民・所有者に定期的に意向をアンケートするとか、

日頃から行政と地元とコミュニケーションの取りやすい関係性を築くようにするとか、

また、行政内でも各部署との連携も大事。

建築指導課・住宅課・建設課、商工観光課、地域づくり課で扱った伝建地区に関わる案件については、

教育委員会へ繋げてもらうようにする工夫(連絡網みたいなもの)が欲しいところ。

あと地元の商工会との連携も欲しいですね。

移住者、新規事業者、起業者からの最初の相談窓口になりやすいのは商工会でもありますから、

その際にに、関連法令を調べるよう関連部署の案内、或いは専門家に尋ねるよう助言して頂きたいものですし、

伝建地区などに参入したい人には、教育委員会へまず尋ねるようにと言って欲しいのです!

そして教育委員会から、審議会や伝建地区の保存会や関係諸団体へほう・れん・そう。

そういう仕組み、若しくはコミュニケーションがあれば、もう少し違う展開もあったかもしれませんね。

コトが起きてから「知らなかった!知らされてない!」では遅すぎます。。。

  

ちなみに、このニュースによれば、審議会へ知らされて無かったとのことですが

条例上では審議会へかけずに教育委員会が解体の許可を出すことは手続上、問題はありません。

解体を許可した市教委の判断の是非については、条例第5条(6)に抵触するかどうか、という点が気になりますが、

しかし、一つ気がついたのは

この千曲市の保存条例には、許可を受けることが出来なかった場合の損失の補償条項がありませんね・・・

(東御市の保存条例にはあります)

  

あと、このニュースを見て、私個人的には、この場合一番問題なのは、不動産屋だと思ってます。

売却の仲介代理人の不動産屋さんはどこまでこの保存地区の条例等を知っていたのか。

保存地区に相応しい買い手を見つける事ができればこんな解体騒ぎにはならなかったのでは?とも思います。

建設業者が新しい所有者となったようですが、この伝建地区内で、いくら更地にして買えたとしても、自由に好きな建築は建てられない事は知っているのでしょうかね?。

そして、これだけ批判を受けた教育委員会は、今後この土地に計画されるだろう建造物に対して、

しっかりと千曲市伝統的建造物群保存地区保存条例許可基準(伝統的建造物以外の建築物等の新築、増築若しくは改築又は修繕、模様替え若しくは色彩の変更でその外観を変更することとなるものについては、それらの行為後の当該建築物等の位置、規模、形態、意匠又は色彩が当該保存地区の歴史的風致を著しく損なうものでないこと。)を守ったものに許可をするようして頂きたいものです!

  

こんなゴタゴタを目にするたびに思うのは

法的なものを含めルールの周知も大事なのですが、それ以前に、どこの誰に何をまず相談すれば良いのか

そういうアドバイスを当事者に対し各所で適切に行われてない事が問題なのでは、と思ってしまいます。

  

そして最近、特に気になるのは、

空き家活用促進・移住促進の流れから、何だか面白そうだと安易に安価に、古民家に手を出す方が増えてきて、

ルール違反、延いては違法性すらあるような、そして、安全性、健全性が担保されないようなグレーな改修(DIYも含む)が

平然と行われている実態が見受けられます。

それに対して、何とかしないといけないという危機感があります。

また、そういう問題アリな建築行動こそ、ブログやSNSで拡散され、もてはやされる傾向にあり、

ますますグレーな事例が助長されていく・・・ 

  

そして、そういう案件には当事者(建築主・所有者・利用者)以外に

建築関係者(各業者、職人さん等)が部分的に関わっていたりもするのですが、

彼らはそもそも受身の立場の施工技術者ですから、小難しい規制には疎い場合があり、

依頼人当事者の言いなりのまま、問題が無いかの如くコトが進められてしまいます。

だいたい当事者と建築関係者は利害関係にあるので、

立ちはだかる法規制や制約には、端から調べようともしませんし、

知ってても守る意識が両者共が低ければ目をつぶろうとしがちです。

行政側も当事者から相談を受けていても、縦割り行政では各部署の範囲内でしか助言しなかったりする訳です。

  

古民家を所有すれば、権利として自由に使っていいのですが、

古民家が多く残っている地域では、景観保護、歴史や文化の保護の観点から、法規制がかかっている場合もありますし(伝建地区は特に)

所有者だからと言って、そもそも建造物に対して完全な自由を有している訳ではありません。

また、法規制を超えたところで、古い建造物には建物の老朽化に対して修理を施すなど対処しながら維持していかなければなりませんし、

当然、防火には気をつけなければなりません。

所有者の安全性に対する意識は、なければならないものですが、

安普請で古民家をリノベ、DIYを楽しむ人達の中には、その意識が希薄な方もいて危惧しているところです。

(安全が担保される部分、仕上げ等についてはDIYされる事に問題はありません)

自己責任だからいいだろう、と言いながら、自分で構造部分を弄ったり、火の気の出る物を建造物に導入したりするのも

建築物に対する社会的責任の認識の甘い行動だと思います。

  

なので、

当事者が何か「コト」を始めようとした時に、最初の第一歩、問い合わせる先を間違えると(ネット上の経験談等も含む)

必要な助言や情報を得られないどころか、

誤った方向へ進む場合もあり、

当事者(移住者や起業者も含め)のその後を大きく左右する事態にもなりかねません。

早い段階で適切な助言指導を受け、当事者(建築主・所有者・利用者・移住者・起業者など)として建築物の社会的責任

きちんと認識してもらう機会を設ける必要があると思います。

 

 

ので、

私共個人の出来る範囲で、身近なところから相談に乗る事が出来れば、その方が古民家の存続のためにもいいのでは!と思い、

ならばこの際、遠慮なく何でも聞いて下さい というスタンスで私共はやっております

  

そのようなわけで、

時々栖風采に寄せられる問い合わせには、仕事になるか否かは別として、出来るだけ相談に乗るように努めております

(ただ、私には時間的な余裕はありませんので、相談回数も1回まで、メールで回答可能なものは数回程度までメールで対応させてもらってます。また、古民家の現況を見てほしいという御相談の場合は、設計依頼前提の場合はサービスでやってますが、そうではないお問合せのみの場合は、基本的に有償(交通費と時間給程度)にさせてもらってます。*例外もありますが^^;;)

ただし、この通り零細事務所な個人自営業ですので、サービス業務として取れる時間には限りがあります。

(基本的にその時の仕事進捗具合に左右されます)

沢山のお客様をお相手することは無理ですので、せいぜい月に1~2組ぐらいまでしか対応は出来ません。

そしてお客様のご都合に出来るだけ合わせるよう、週末休日を使って対応をしているのですが、

この2月は日数は少ないし、確定申告と、更に2/24日から始まる海野宿ひな祭りの準備もあり

なかなか思うようにスケジュールが空きません

   

   

それでも今月は建国記念日前後の連休を使って、一組だけ面会いたしました。

幼児連れの若い御家族です

久しぶりに幼児がうちに来るー!と私のテンションも上がります

普通、お客様や営業マンとの打ち合わせは、主屋の仮事務所で済ませていたのですが、

流石に2歳近いお子さんをこの仮事務所にお通しするのは忍びなく

(写真がちょっと古いですが、今もこんな感じで散らかってます・・・)

 

こんな狭苦しい雑然とした所で、とても幼児が大人しくしていられるような空間じゃないし、

危ないものも沢山あるし、

床は汚いし、

イタズラされると困るものも沢山あるので、

久々に自宅で接客する事にしました

 

そんな訳でー...

建国記念日前後の連休を使って自宅をまず大掃除

  

あと、9日からちょうど平昌オリンピックも始まりましたし

オリンピックを見ながら片付け

(工具や釘などが普通にそこら辺に転がってるので幼児には危ないのだ

  

確定申告を控えていたので、合わせて書類関係の整理もしたり

そして、幼児の手が触れそうな床から1mまでの範囲を拭き掃除。

 

あと、息子が小さい頃に遊んだおもちゃも押入れから出す。

ただ、2歳頃ってどんな遊びをしてたか、絵本はどんなの好きだったか、

すっかり忘れてしまって、息子の2歳頃の写真を見ながら思い出す

懐かしいおもちゃ♪

   

次は食べ物。

2歳頃って、何が飲めたっけ?おやつは何を食べれたっけ?

そんな事を考えながら、お客様にお出しする茶菓子を考える


たかだかお問い合わせのお客様にそこまでする?って言われそうですけども、

幼児を連れて来るお客様というのは、まず、奥様もお話を聞きたい、知りたい、話したい訳なんです。

でも奥様はお母さんとして幼児の動きに目を離せない、泣いたらあやす、おむつの心配と、忙しいもの

旦那様ももちろん子守りをしますけど、夫婦、交代交代で忙しないことになります。

なので、子守りアイテムとして、おもちゃやおやつは打ち合わせには必須だったりします。

そしてこれらアイテムに飽きて子供がもう限界~!っとなった時に、だいたいお話終了、って感じになりますね

(それでも何とか3時間くらいはお話出来ましたョ)

  

それよりも、私としましては久しぶりの2歳児が超絶かわいくて

もう孫を持ったおばあちゃん気分♪

私の方が、お話より子供から目が離せなくなっちゃうくらい(笑)

  

で、これは幼児用お菓子なんですが、

実は何を隠そう只今ダイエット強化月間なワタクシ

おやつはなるべく食べないようにしています・・・

でも、確定申告なんかやってると、つい口に何か入れたくなるもので

よく見ると、このお子様用おせんべい、低カロリーじゃないですか

2枚で23kcalだなんて!!!

この際、ダイエット中の私のおやつはこれでいいかも~♫

(本当に!)  

 

 

さて、接客を終えた後は、ひたすら確定申告の作業してました。

黙々と領収書など整理してましたら、

そんな時にこれまた美味しそうな物を頂いてしまいました!

お施主さんから沖縄のお土産

これがまた、私の好きそうな感じのお菓子・・・

ひょいと裏の表示をみて愕然

カロリーが、た、高すぎる

1個200kcal・・・

小分けにしてチビチビ頂く事にしました

(息子と旦那さんは一度でペロッと食べてしまいましたが、私だけは4回に分けて頂きました!)

  

実は、このお土産を下さったお施主さんから凍結の連絡がありまして、沖縄から帰ってきたところでの凍結事故発覚だったそうです・・・

そんな訳で取り急ぎ現場へ駆けつけ、凍結箇所を見つけまして今後の対処?を考え中デス

  

さて、そんなことでここ2週間ばかりはバタバタしてましたけども、何とか確定申告作業は終え、

ちょうど旧正月(2/16~)でもありますし、それを口実に一人晩酌(笑)

お裾わけに頂いたお酒

一人一升瓶抱えて呑んでました(笑)

   

さて、いよいよ海野宿ひな祭りが今週土曜日2/24から始まりますので

これから私は雛飾りの準備に入ります

(ひな祭りについては追ってまたお知らせしまーす!)

そんな事で、先週から全く仕事が出来ない状況に陥ってますが、仕方ありません。。。

雛飾りやらねば~!

  

  

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

 

 

コメント

IT環境整備な1か月・・・

2017年09月26日 | うちの事務所

気がつけば既に9月は、下旬?!・・・

うわぁ~と焦りが超ピーク

です・・・

9月9日の田んぼ。 

  

只今、現場は職人さん待ちの状態でありまして、

現場がストップしている間の今のうちに!!!

事務所&我が家のIT環境整備事業を大々的にやっておりました。

それも気がつけば丸々1ヶ月にもなってまして

うっわーーーと焦ります

 

今年の3月頃から、まずワタクシの仕事用PCの調子が悪くなり、

PDF印刷が出来なくなったり、

ソフトが起動しなくなったり、

ホームページの更新も出来なくなっておりました

 

まずいまずいと思いつつも、誤魔化し誤魔化しPCを使っていたのですけども

しかし、いい加減に新しいPCを検討しなければ、と思っていた矢先に、、、

  

今度は凡そ17年分のデータを保存している外付けハードディスクも怪しくなり、

バックアップを早急にしなければと、5月頃だったでしょうか?

取りあえず新しいHDDを買ってバックアップはしたものの、、、

 

次は事務所のFAX付きA4モノクロレーザープリンターから異常音?が出たり

あと、ちょうどトナーも切れそうになってたりで、、、

うーむ、これも買い替え時か?

 

更に更に、

もう一台ある、事務所のA3カラーレーザープリンターもドラムユニット交換の表示が出ていて、

このドラムユニットが結構なお値段だったりするので、悩む・・・

カラーレーザープリンターも新調するべきか?、、、なんて考えはじめつつ

 

そうしたら今度は、お盆過ぎだったのですが

北海道から帰ってきた矢先に

ん?! まさかのまさかで

うちの旦那さんの事務所用パソコンが壊れました

えーっ! ウソでしょ? な展開・・・

    

2月の車検時の車廃車事件に続いて我々に衝撃が走る

 

壊れる時は次々と壊れるの法則

  

こういうIT環境は数年毎にある程度は更新しないといけないものではある。

IT環境の変化は目覚ましいので、壊れるまで使うのではなく、

変化に応じてその都度、入替えるのが良いのかもしれないのですけども、

なんせ、物持ちの良いワタクシなのでギリギリまで使おうとする

 

ですが、これだけ不具合が続けばもう諦めもつきまして

この際、IT環境、通信も含めて

えーい!全部見直ししてしまえ~

  

たまたまタイミング的にも携帯電話の更新月でもありましたし、

名付けて 事務所&我が家のIT環境整備事業、やるぞぉ・・・(泣)

   

思い起こせば

2001年、開業時にパソコン、プリンター、ソフト関係を一気に揃え、

2008年には、更にスタッフを雇う関係で事務所を広げ、またパソコン、プリンター、電話機関係、ソフトなど揃え、

自宅用のも含めれば、パソコンが5台、プリンター4台(うち複合機2台)、携帯電話も3台持ち、更にタブレットも追加、

端末がたくさんデス

  

しかーも、2008年頃のパソコン5台が全てWindows XPで、、、

XPのサポート終了した2014年以降が大問題でした

取りあえずPC5台の内2台はWindows7に入れ替えたりしてはいたものの

その1台も、今年のはじめ頃より少し調子が悪くなり

  

パソコン以外の機材、FAXやプリンター類も2008年から9年も経ってることですし、

中途半端に入れ替えるより、その時のスペックにある程度揃えた方が機能は活かせるというもので、、、

仕方ないIT環境全て見直しデス

   

まずは携帯電話

8月は更新月だったので、家族中の携帯電話を機種変更やら乗換えやら、しました。。。

こちらの写真↓ 私が今まで使った歴代の携帯電話端末です・・・

あちこちにバラバラ仕舞い込んであった使わなくなった携帯端末を、この際だからと全部出してきて整理しました。

左端が一番古いです。今からちょうど20年前のものです。

右端のは今回新しくしたもの。

こうやって並べてみてみると、なんだかなぁ、と思ってしまいますね。

(うちの旦那さんはもっと古くから携帯電話を使ってるので、もっとスゴい事に・・・)

  

頻繁に端末を更新しなければならない携帯電話地獄。。。

私は強いストレスを感じます

 

そして携帯電話が新しくなれば、それまでの環境と同じ環境にするのがこれまたシンドイ

設定やら、データの移行やら、同期やら、なんだかんだとイライラ

  

ひとまず新しいスマホの設定関係を先に済ませ、

ネット環境をスマホで確保したところで、

事務所&我が家のIT環境整備に着手することにしました。

   

まずはFAX関係機材から。

これ↓は私が大学時代から使っていたリコーのファクシミリ。平成元年製です。。。

さすがにこのFAXは感熱紙なので、普通紙FAXを使うようになってからは使ってません。

ただ電話機として5年前くらいまでは使ってましたけど

しかし、もうここ5年くらいは全く使ってなかったので、処分する事にしました。

27年も前の物ですしね。十分使ったと思います。

 

あとこの↓複合機も処分する事にしました。2008年製のインクジェットプリンター複合機。

 

 

仕事ではカラーレーザープリンターの方を良く使うため、

殆どこのインクジェットは使わなくなり、、、

そうするとインクのノズルが詰まり、綺麗な印刷が出来なくなってしまいまして

この際だから処分する事にしました・・・

 

で、これら2台を処分する代わりに、新しくビジネス用FAX付きA4カラーレーザープリンター複合機を一台導入

これがまた結構デカイ

最新モデルなのでかなり色んな事が出来るらしい。

携帯電話、PC、クラウド、そういうので連携できるようになっている

が、またその設定に苦戦

   

そして更にもう一台、事務所で使っていたFAX付きA4モノクロレーザープリンター複合機も調子が悪かったので入替え。。。

  

結局、

 FAX付きレーザープリンター複合機2台、

 デスクトップPC3台

 携帯電話2台、

 データ保存用外付けHDD2台

を入れ替えたので、その設定 が 

全て有線LANやらクラウド等で連携させようとアレコレ

どれくらい設定に時間をかけたでしょうか・・・

1週間ぐらいガタガタと、FAXの送受信・データのメール、クラウド、モバイル管理がなかなか一筋縄にいかず、

ネットで調べたり試してみたり、、、

  

ついでに、ここ10年くらいの積り溜まった旦那さんの書類の山も片付け始め・・・

片付け始めたらこんな状況に・・・ 仕事、一つもできません・・・あーあ

何度もくどいですが、この散らかりはうちの旦那さんの未整理書類です!

  

一方、離れの方では、OA機材の入れ替えに伴い、

今まで開かずの窓になってた障子窓の障子紙を13年振りに張り替える事に

障子貼は私の仕事

13年振りに張り替えた障子

  

組子の割り付けに半端な部分があったので、ちょいと色和紙を貼って遊んでみました

ステンドグラスみたい?

 

障子紙はいつもの立岩和紙♪

和紙は美濃和紙で、かれこれ20年以上前に旅先で買って仕舞ってあったものです。

どちらも手漉き和紙♪

手漉き和紙と分かる簾のスジが透けて見えるのが分かりますでしょうか?

  

 

  

たまにはこのように何かが起こらないと片付けないのが我が家&事務所・・・

IT環境の数年に一度の更新は、面倒ではありますけど、

そのお陰で重い腰もあがるというもの・・・

   

さて、ようやく今、こうしてブログは書いておりますが

事務所のIT環境がガタガタしていても、

こういうSNSはネットにさえ繋がっていれば、いつでもどこでも使えて投稿も出来る。。。

便利で簡単ですね。
 
ただその簡単っていうのが、逆に恐ろしい。

複数台のパソコン、スマホを幾つもいじってると、同期?の怖さを感じます。

   

World Wide Web

世界中に張り巡らされたクモの巣

頭文字をとって「www」

このwebの世界に

良くも悪くも自分もまんまと引っかかってしまってる感がします・・・

 

  

我が家の露地をまるで通せんぼするかのように蜘蛛の巣をはってた女郎蜘蛛・・・

web上の蜘蛛は一体、誰に相当するのでしょうねぇ・・・Googleとか?

 

なので

仕事上のものは、メールも合わせて無料サービス的なものを利用するなんて、怖くて出来ません、、、

出来るだけwwwから切り離しておきたい。

完全にwwwから切り離せないものかもしれませんが、せめて仕事のものは

レンタルサーバーや、自前のサーバー(クラウド機能もある)で管理したいと思い、

これがまた一苦労だったり。。。 

  

そんな訳で、取りあえず一通り、機材の入れ替え作業は終わりましたが

まだ若干、IT周辺環境が整っていない状況が続いています・・・

  

プリンターサーバーが未インストールだったーーー

とか、

専用ソフトのインストールが何故か出来ないーーー

とか、とか

   

んー・・・

気がつけばホント丸々3週間くらいもやってる・・・

 

でも、今年の3月頃から更新出来なかったホームページはやっと更新出来るようになりました!

2005年に作ったホームページ、改めて見返してみると、

そろそろ内容も変えた方がいいのかなぁ、と思ったりもするのですが

こんなIT絡みばかりに手間取られてると、

設計の本業が一つも出来ない 

(だからホームページの作り替えも取りあえずまだ先送り!)

 

山積してる仕事の事がアレコレ頭をよぎる・・・

  

あの計画、そろそろやりたいのに・・・

こっちの計画、打ち合わせしたいと施主さんからコンタクトが来た・・・

あっちの計画も、見積もり待ちだ・・・

そう言えば、別腹案件も盆前にお声がかかったが測量いつする?・・・

あれ?そういえば、現場、職人さんはまだなのかーーっ

別荘のメンテナンス、手配した修理の報告がまだ来てないー

   

とか

わわわ

 

そしてよく考えれば、

今年ももう僅かじゃないですかっ!

9月ももう下旬だし

   

IT環境整備事業に手間食って今月はまともな仕事一つもしてない感が

それなのに、

慣れない設定地獄の疲れがどどーんと・・・ 

  

そんなわけで本日も

相変わらずの言い訳さいふうさいブログでございます。。。

申し訳ありません ←誰に謝っているのか・・・お待ちいただいてる全てのお施主様に・・・

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

コメント

9月は更新月。事務所は16年目に入りました♪

2016年09月27日 | うちの事務所

9月は更新月。

一つは私のこの一級建築士事務所の5年毎の更新。

二つ目は主人の木造建築士事務所の5年毎の更新。

三つ目は主人の建設業許可の5年毎の更新。

あとは、

業務上の保険の更新。主人の建設関係の方だけど。これは毎年。
 
更に

私の自動車免許の更新もある。5年毎のね。

そんな時に限って、

レンタルサーバーのバージョンアップとやらで、それも更新?しないといけなく

本日、無事?に切り替わった様子です。

取りあえず、メールの送受信は大丈夫みたい。

  

で、

建築士事務所の更新は、基本的には更新の切れる1ヵ月前までにやることになってるのですが

5年前の更新の時は、迂闊にも更新日の前日に書類を出しに行って、注意されました^^;;

で、今年こそはちゃんと1ヵ月前までに出そう!

と思ってたら、1ヵ月前の8月18日のギリギリになっちゃって、

慌てて、提出先まで車を走らせて行ったものの、

ちょうどその8月18日は大雨で

余裕もって家を出たのにも関わらず、

提出先機関の営業時間を12分程、上回って到着。。。

ゆえに

玄関は施錠されて入れず

アタター

  

さて、どうしよう・・・

片道2時間以上も掛ってきたのに、提出出来ないなんてそれはないよなぁ、

事務局へ一か八か、駐車場から電話すると事務員さんが出てくれた!

ヤッター

事情を説明しまして、玄関の鍵を開けてもらい、

何とか無事、書類を提出

 

  

もう、ホント情けないです。

でも事務員さん曰く、

「まだ全然大丈夫ですよ! 本当にギリギリな事務所は結構ありますから(笑)」

とのお言葉に、ちょっと慰められました

 

で、事務員さんが書類をチェックして下さり

書類は不備なく完璧 ほっと一安心でした。

で、事務員さんが玄関まで送って下さいまして、帰り際に、一言。

「素敵な事務所ですね~♪」

と。

え? 何の事?

と尋ねましたら

そう、この我が家の事でした。

 

エヘ

(事務所登録の書類には、事務所の写真を添付しなければならないのです。)

  

  

で、つい玄関(というか通用口)で事務員さんと立ち話になっちゃったのですが

訊けば、事務員さんの御親戚?の家は、登録有形文化財なんだそうで!

へぇ~!

色々大変だというお話を伺いましたデス。

なんだか、思いがけないところで、そんなお話になってしまいましたけど

でも何か、アドバイスだけでも力になれる事があれば、と思ったりもしましたね

  

さて、事務所の更新も無事に済みまして

これで、栖風采プランニングは開業してから16年目に入りました

これからもどうぞ宜しくお願いします

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

  

 

 

コメント

こんな時に限ってパソコントラブル

2014年09月01日 | うちの事務所

とうとう9月に突入していまいました

非常にまずい状況でございます

 

先月の23日から

仕事用パソコンがトラブってしまって

未だに復旧出来ず

 

仕事用のパソコンはデルの2008年製なので

そろそろ買い替えなくてはと

思っていたところでもあり

先週、取り急ぎ

新しいのを注文はしましたが

納品は今週末くらいかも

という状況にて

ほぼ2週間、仕事が出来ないという

最悪な事態に陥っております。

 

ああ、、、

工事開始をお待ちになっているお施主さんがいらっしゃるのに

しかも、

まだ設計の詰めが終わっていないのに

どうする・・・

 

 

一応データは、

パソコンとは別に管理しているので

大丈夫なんですが、、、

作業ができなくなってしまって

大ピンチ

ただでさえ

効率の悪い零細事務所なのに

  

そんな訳で

今月はブログをUPする回数も多いのです。。。

(自宅で出来る事はこれくらいなので) 

  

そうでなくても8月は 

息子の夏休みやら

お盆休みやらで

私の仕事は阻害されがちで

息子の夏休みが終わった20日からが正念場

と思っていた矢先のパソコントラブル・・・

青ざめてます

 

先月22日急遽、

遠方のお施主さんが

信州にいらっしゃるという事で

大慌てで仕事してたのですが、

その時は、

夜中もパソコンを点けっぱなしにして

四六時中いつでもデスクに向かえるようにしてたのがいけなかったのでしょうか。。。

23日の朝、パソコンの画面がおかしくなってました。。。

 

電源を入り切りしても

Windowsが立ち上がらない

   

あの手この手でやってみるも

堂々巡りでWindowsは一向に立ち上がらず

こんな画面になってしまうのです 

P1100752  

この画面のエラーメッセージの通り

オリジナルセットアップ CD-ROM

で修復しようと思ったのですが

このCD-ROMが何処にあるのかが

これまた分からない

 

   

主人に聞けば

以前スタッフが取説など整理していたとのこと

そのファイルは見つけたのですが

肝心の

オリジナルセットアップ CD-ROM

は、、、? どうも無い。

  

その代わりに 

前から無い無いと探していた音楽CDが

ファイルから出てきたから不思議!

 

どうも前のスタッフが間違って

パソコン関係ファイルに仕舞ってしまったらしい

道理で探しても無かった訳だ~

とっくに諦めていたCDが

このタイミングで出てくるなんて

なんか笑えます。

     

 

パソコン復旧は取り敢えず保留にして・・・

 

まずは

新しいパソコンを買うことにしたのですが

なんだかんだとスペックを検討するのに

1~2日も要してしまいました

 

パソコンに疎い私にとって

パソコン選びも結構ハードルが高かったです・・・

 

建築3Dパースのソフトも一応あるので

(あまり使ってませんが

ソフトの動作環境を確認したり

グラフィックボードは何が良いのか等

メーカーに問い合わせてみたり

・・・

てな事をやってますと

普通に店頭で売っているPCでは難しく

カスタマイズ出来るPCってことになり

自ずとBTOパソコンになってしまうのですが

(BTOとは「Build to Order(受注生産)」の略語)

 

今まで使ってきた何台かのPCの感触から

やはり国内メーカーがいいかなと思いまして

今回はマウスコンピュータ(プロ)に決めました。

 

ちなみに自宅で使っているPCは

2005年製のPCデポのozzioですが

もう9年も使っています。

スペックの問題は

時代の流れと共にありますけど

途中でメモリを増設したりしながら

取り敢えず目立つ不具合もなく

使い続けていることもあり、

なんとなく国内メーカーの方が

当たり外れが少ないような気がしています

(単なる私感ですけども)

 

パソコンに詳しい方に言わせれば

保つものは保つし、

保たないものは保たない、

3年保てばいい、

という事らしいですけどね

 

マウスコンピューターは

長野県の飯山に工場があり

うちの旦那さんが気にしていたメーカーでした。

長野県に工場がある国内メーカーといえば

エプソンもあるんですが、 

最終的には価格面

マウスコンピューター(プロ)になりましたデス

  

カスタマイズの選択肢も割りと充実していましたし

3DCGやCADソフト向けのグラフィックボードも

選択肢にありましたので(Quadro

取り敢えずそんなところが決め手になりました。

   

さて

新しいPCを注文はしましたけど

納品はまだ

   

なので

納品までの間に

トラブっているPCを出来れば復旧したい。

  

こういう時はSNSで助けを求めてみる!

栖風采のHPを作る時にお世話になった方が

早速アドバイスを下さった!

有り難い~!

 

アドバイスを要約すると

Windowsが起動しないので

KNOPPIXというLINUXベースで動く別のOSの起動CDを作成し、

KNOPPIXを走らせてハードディスクを開き、

レジストリの復旧をするといい

そうなのです

 

 

参考サイトとして教えて下さったのがコチラ↓

「レジストリの復旧」

http://pctrouble.lessismore.cc/boot/restore_registry.html

「KNOPPIX 5.3.1(5.1.1)CDでWindows XPのファイル救出」 

http://www10.plala.or.jp/palm84/knoppix511cd.html

Index of /Linux/simosnet-livecd/knoppix

http://ftp.riken.jp/Linux/simosnet-livecd/knoppix/ 

 

うう・・・

かなりハードルが高そうです。。。

 

まずは[起動CD]を作るところから

始めているのですが

今、自宅で使っている生き残りPCは

どれもこれも年季が入っていて、、、

そのせいでしょうか、、、

うまいことCDが作れず

悪戦苦闘しております

 

そして

なんとか起動CD作れた!

復旧を試みること数回、、、

起動CDがうまく作動せず。

P1100860_2

ここまでは出たのですが

P1100856

こうなってしまう・・・

起動出来ないみたい。。。

 

起動CDがちゃんと作成されてないのかも

と思いまして

何度もCDを作ってみたのですが

エラーが出ます。 

ライティングソフトの問題か?と思い

いくつかかのライティングソフトを

試しているのですがそれでもダメ。

 

もしかするとPC側(古い)の問題かもしれない。。。

と思いまして

数台ある自宅PCそれぞれで

CD作成して試しているんですが、、、

やっぱり出来なくて

手こずっています

 

さて、どうしたもんか。

新しいPCが届いた時点で

起動CDを新しいPCで作るか、

やはりサポートをお願いするか

悩んでいますけども、

 

取り敢えず新しいPCが届くのを待って

判断しようかなと思ってます。。。

   

その新しいPCが届くまでの間

まだ復旧作業は続きそうです

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

<script type="text/javascript" src="http://static.ak.fbcdn.net/connect.php/js/FB.Share"></script>

コメント (2)

行列のできる設計事務所?!(ではないですが)

2014年07月08日 | うちの事務所

P1090431

白菊と蕎麦菜。

 

ここ最近、

またお問い合わせが増えている

栖風采(さいふうさい)プランニングでございます

 

これは時期的なものなんでしょうか?

  

P1090377

我が家の家庭菜園では夏野菜が採れ始めました。

木イチゴも沢山採れています☆

  

   

年末年始や年度末前後ですと

誰もが慌ただしいですから

その時期を過ぎて落ち着いてくるこの6月前後

お盆過ぎて10月前後くらいが、

不動産を取得されたり、

以前から考えていた家づくりに

何らかのアクションを起こす時期

なのかもしれませんですね

 

そういう訳で、また急に

何件かお問い合わせが入ってきて 

わぉ~っ

今週だけでも4組のお客様が!

 

すごいー

って自分で言うのもなんですが、

ど、ど、どうなっているんでしょう?!

 

P1090458

こちらは先週末、打合せしたK様から頂いた御煎餅♪

納豆チーズ味の手焼き煎餅です

納豆とチーズが妙に馴染んでいて

何コレ珍せんべい?!だそうです

納豆チーズ煎餅の通販あります☆ 気になる方はコチラ↓
http://item.rakuten.co.jp/bonnenature/nattou-chizu/?s-id=pc_srecommend_01

  

話戻しまして

 

私共へお問い合わせ下さるお客様の殆どが

古民家を改修したい

という内容の方なのですが

  

私共自身が

伝統的建造物群保存地区 「海野宿」で

古民家を取得し、修理し、暮らしている、

そんな関係で

同じようなニーズや価値観をお持ちの

お客様が集まってくるのは

当然かもしれませんが、

やはり

設計者自身が古民家の経験者である

ということも要因だとすれば

嬉しい事ではありますネ。

 

キャー

(嬉しい悲鳴~)

  

と言いたいどころではありますが

しかし、、、

  

事務所の体制が

夫婦零細事務所ですから

結果的には

年に1~3件くらいしか受注することが出来ず

こちら側の体制をご理解いただき、

半年から1年くらいお待ち頂ける方で

タイミング家づくりの価値観

ある程度合うお客様からしか

どれだけお問合せがあっても

実際は依頼は来ないものなのですけれどもね

   

さてっ

今週も目まぐるしい週になりそうです。

  

P1090439

庭先のオレガノにやってきたスジグロシロチョウ

 

 

この2~3週間程、

ノンストップな日々でしたので

少々疲れ気味なワタクシ。

こんな時は

書き溜めていたブログを更新しよう!

と思っても

疲れている時って

意外とブログは書けないものだったりします。。。

 

今日も本当は別のテーマで

書きたかったのですが

頭がぐるぐるで

さっぱり纏まらず

結局、こんな話になってしまいました

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

<script src="http://static.ak.fbcdn.net/connect.php/js/FB.Share" type="text/javascript"></script>

 

  

 

 

コメント

女性建築士

2013年10月11日 | うちの事務所

ブログを書く時間がなかなか取れず少し間が空きました

 

しかし、日常的なことや些細な事は

フェイスブックにちょこちょこ投稿しておりますので

フェイスブックに登録されている方は

宜しかったら私のFBも覗いて下さいネ

  

荒れた我が屋敷の隅っこで

咲いていた黄色い花。

これはなんていう花なのかしら?

P1020895

調べてみるとヤクシソウという植物のようでした。

名前の通り、薬効もあるようですし

食べることも出来るみたいです♪

   

我が家にはこうして知らず知らずのうちに

自然に生えてくる植物が色々ありまして

雑草と言ってしまえばそれまでですが、

山野草と言えば風情もあるし、

荒れている屋敷ですけども

案外面白いものです

(単に手入れをしていないだけなんですけども、物は言いよう~ってことで!)

 

さて、このところ、7月に続きまして、

またもや?お問い合わせが多くなりまして

今の時点で設計のお問合せ頂いても

設計期間、そして施工期間合わせて考えて

消費税UPは避けられません!

 

ですが、

  

お問合わせ下さったお客様方々は

それは承知のご様子。

(ほっ)

  

ですので

消費税UP前の駆け込み需要ではない

ということです。

 

世の中の景気や社会情勢にに殆ど左右されずに

細々と設計人生を送ってきた私共ですけども、

ここへきてお問い合わせが続くのは

何故なんでしょう???

不思議です。

  

特にSEO対策をしたわけでもありませんし、

雑誌に掲載されたわけでもない。

当然ながら広告を出したわけでもないのですが。。。

 

******************************************************

少し前のことですが、

現在進行中の上田の古民家再生のお施主さんと

お昼をご馳走になりながらお話をしていた時のこと。

何故、私共に設計を依頼したかというお話になりました。

(ドキドキ)

P1320079

↑写真は只今改修工事している上田市の古民家で蚕室だった部屋。

現在は物置になっていましたので

片付けて清掃した後の写真です。

  

こちらの古民家には現在

お母様がお一人で暮らされていますが、

受け継ぐことになる息子さんがお施主さんとなり

お母様とこれから同居をするために

今回の改修工事を進めています。

もちろん、ご結婚されていて

奥様は私と同い年

  

そしてお子さんは、

設計のご依頼当時はお一人だったのが

設計期間があまりに長かったためもう一人増えまして

今はお二人のお子さんが居ます

(これがまた可愛いのだ~!)

  

このように

子育て真っ最中の同世代のお施主さんからの

設計依頼だったわけですけども、

さて

どうしてご依頼下さったのかということについて

改めて聞いたことはありませんでした。

(恥ずかしいですし、聞くのがちょっと怖かったりして・・・)

  

今まで何度も改修されてきた古民家ですから

工務店や大工さんに直接改修工事をお願いするということには

経験的に慣れていらっしゃるお施主さんご家族です。

 

なのに、敢えて

「設計事務所」に家づくりの門を叩くということは

やはり、本当のところ、

敷居が高く感じたそうなんです。

 

(やはり、そう感じるものなんですね。

最近は設計事務所もコンビニ並みに沢山あるので、

そんな時代ではないのですが・・・)

  

その敷居が高かった設計事務所、

そして、設計事務所がどういう役割を持っているのかも

よく分からなかったというお施主さん。

なのに

何故ー?!門を叩いて下さったのか。

 

(って、門というような門も無い事務所ですけどもね。

ついでに看板も表には出してないし!)

 

それは、私にとっては思いがけない理由でした。

なんと

古民家再生をやっている女性の建築士だったから

というのです。

 

へっ?

 

そう、

代表設計者が女性だったから、

そして古民家再生やっていたから、

だったそうなのです。

 

これには正直、驚きました!

私は、女性建築士であることを意識して

それを売りにしたことはありませんでした。

 

(まあ、ブログ村のカテゴリーの中では

女性建築士にエントリーはしていますけども

 

私の設計事務所としての売り

実際に古民家を取得して生活するものとして

設計者としてだけではなく、古民家生活者として

両方を経験していることを強み

にしているつもりでした。

ハイ

 

なので、

女性建築士だから、とか、

主婦目線とか、

子育て経験者目線とか、

収納計画とか、

いわば、

女性向けなアピールはしていませんでした。

ハイ

 

あくまで

古民家生活者目線

 

そこが最大の売り!

 

ところが、

そこにプラスαで、「女性だから

が付くとは思いもよらずで

 

でも何故、女性であった方が良かったのか

をお聞きしましたら、

 

ご主人様は、お嫁さんである奥様に

古民家の改修に興味を持って欲しかった

というのです!

 

そのためには、同じ女性の方が

いろいろ相談にも乗ってもらえるし、

ということだったらしいのです。

 

そうか、そこだったのか

目から鱗状態。

   

要するに

古民家に嫁ぐお嫁さん目線に添える建築士ってところで

女性である、ということも、

一役買っていたということだったのかと

始めて気が付いた次第です。

   

私自身が新規古民家生活経験者でもあるし、

お嫁さんの始めての古民家生活への心配な気持ち等

に配慮しながら計画してもらえる

という期待もきっとあるのかもしれません。

 

  

これが工務店のおじさんだったら、と考えると

確かに

私がもしお施主さんだったとしても

女性側としては共感は得られにくいかなって思いますね。

うん、うん、確かに、確かに。

(工務店の男性陣には申し訳ありませんが)

  

なるほど、

自分がどのようにお客様に映っているかということを

なかなか客観的に知ることは出来ないのですが

今回、このようなお話を聞かせて頂いて

自分の立ち位置を改めて見直すいいきっかけになったように思えます

  

*******************************************************

 

実は最近、お問い合わせのあったお客様も

同じ事を仰ってました。

やはり女性で生活者目線であるから

と。

 

そっかー

そこなんですね。

自分ではあまり気づいていなかったです。

 

生活者目線を忘れないようにと意識はしていますが

女性ってところは・・・

 

こちらのお問い合わせについても

来週、古民家を拝見に伺う予定にしています

 

*******************************************************

更にもう1件、お問い合わせがありまして

こちらは私と同じ年のご夫婦でした

P1020877

これから不動産の取得をするとのことで

事前に古民家を見て欲しいというものでした。

 

そういえば、

今年お引き渡しした長野市の古民家再生

ご夫婦揃って私と同じ年でしたし

やはり古民家を取得する前からお問合せを頂いていた案件でした。

    

*******************************************************

 

他にもお問い合わせが続いておりまして

ともかく零細事務所でありますから

一度にたくさんの仕事を引き受けることが出来ず

タイミングの合う方のお仕事を

お引き受けするしかないのですが、

このさいふうさいブログを読んで下さって

お問い合わせ下さる方、

最近では

フェイスブックも手伝って?でしょうか

フェイスブックからお問い合わせ下さる方、

が増えているように思え、

有り難いことだなぁと思います。

  

問題は、

こうして期待してお問い合わせ下さっているお客様の

ご期待になかなか添えない(すぐに対応出来ない)事を

なんとかしていかないと、

と焦りもありますが

出来ることは頑張ってやって参りたいと思います

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

今月のお客様~古民家暮らしを求めて~

2013年07月29日 | うちの事務所

朝顔が毎朝、涼しげに咲いています。

P1300685

7月に入ってから何故か

お問合せが急増しています

 

6月まではずっと忙しく、

とてもお客様をお迎えしている場合じゃなかったのですが・・・

  

7月からは、

ちょうど次の現場が始まりまして

(ようやく着工できたー 良かった~)

     

そんなこちらの事情を見計らったかのようなタイミングで

今月に入ってからというもの

6組ものお客様か事務所までお越し下さいました

P1300429

↑ お土産に頂いた手焼堂の御煎餅。

美味ーい

手焼きの御煎餅ってこんなにも美味しいものだったのですね。

(有難うございましたー♪ 既に完食☆)

  

こんな個人事務所に

わずか3週間程の間に

6組ものお客様がみえることだけでもなのに

 

驚いたことに、

その内の3組のお客様が

私共の暮らす東御市(もしくは東信地方)に

移住を検討しているというから驚きです

しかもっ

後で判明したことではあるのですが

皆さん、同じ物件(古民家)の購入を検討されていた?!

らしい。。。

そんなことってあるんでしょうか

   

私の気がつかないところで

何かが起こっている?

東御市(或いは信州の東信地域)が今、人気なの?!

何?何?

ワイン特区のお陰?(←東御市の場合ですが)

  

が、しかし、移住のニーズあれども、

肝心の不動産物件が無い!

(特に古民家付き)

皆さん、苦労して物件探しをしておられるのですが

  

物件もさることながら、

「古民家の改修費用」

「寒冷地の寒さ対策」

など

実際、ど、どうなの?!

ということも

気になるところなのでしょう。

 

お客様には事務所までお越し頂きまして

お時間の許す限り(長い方は4時間くらい)

お話を伺ったり、

見学にご案内したりします

 

   

  

P1300489_2

こちらは当事務所のある未完成な主屋。

未完成なため、内部は資材置場と化してしまっています。。。

早く続きの工事をやりたいのですが、少々疲れ気味です。

もう少し落ち着いてから、、、

なんて言っていると

次世代(息子)にこのまま引き渡すはめになりそうな。。。

いやいや!もうひと頑張りしなくては!

  

とにかく屋敷全体が荒れている我が家ですけども

それでも楽しみながら暮らしています♪

今年はかなり頑張って朝顔のカーテンを作りましたョ

P1300272

 

話が逸れました。元へ戻しまして、

  

土地・建物の取得段階から

このようにご相談を頂ければ、

改修にかかる建築計画設計料及び工事費まで

ざっくりとではありますがアドバイスしますので

ご予算を立て易いかと思います。

  

実際に、

古民家を取得する段階からご相談を頂き、

凡その改修イメージに沿って

大まかな工事費を助言し、

そのアドバイスに基づいて資金計画を立てた上で、

不動産の取得し、

その上で改めて

古民家再生の設計のご依頼を承った物件もあります

 

古民家暮らしをお考えの方にとりましては

不動産探しから~古民家を住めるようにするまで

長い期間を要することが多いですから、

  

そのような場合におきましても

お声を掛けて下さいましたら

例え何年か掛かろうとも

お付き合いして参りますので

(3年~5年くらいは何てことありませんので

どうぞ遠慮なくお問い合わせ下されば

古民家再生(古民家暮らし)の

あ、もちろん新築もですが、

お手伝いをさせて頂きたいと思います

  

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

  

コメント (2)

さまよえる人達?

2012年07月06日 | うちの事務所

P1090528

このところ、

何故か

就職に さまよえる30代前後の人達が

うちの事務所に集まって(?)きます。

 

こんな小さい個人設計事務所なのに

就職したい、という問い合わせが

意外とあります。

 

現在スタッフを募集していないし、

それなりのお給料を払えないという理由で

ほとんどお断りをするのですが

中には、

それでもっ

事務所の門を叩く若い(?)人が

結構いるのです。

  

最近、そういう人達とお話をしたりしていて

想うこと。

 

皆、努力もしているし

行動力もあるし

学歴とか経歴も結構しっかりあって

能力も恐らくありそう。

それなのに

さまよっている。。。

 

私には、逆にそういう経験がないので

何故なんだろうと思ってしまいます。

   

むしろ、私には

彼ら、彼女らのような行動力はなかった。

(私は引っ込み思案な性格)

 

彼らと私の違いは何か

ふと考えてみました。

 

たぶん・・・

大きな違いは「勇気」

だと思いました。

 

勇気

 

行動力のあることと、勇気があることは

違う。

似ているように思えるけども。

 

私が、今、

設計事務所の代表を務められるのも

責任を負うという覚悟

つまり矢面に立つ覚悟

があるから出来る。

(実際、矢面に立っているし)

 

責任を負う

とはどういうことか、

簡単に言えば、

自分の財産をなげうつ覚悟とも言えます。

これが現実。

   

 

自分の道を

自分の責任で歩むということは

そういうこと。

 

その勇気があれば

一歩、踏みだせる。

    

しかし、

その勇気が無いから

(お金がないと困るとか)

どこかの会社に就職させてもらう

ということになる。

組織や会社に属することで

個人の責任は回避されるから。

   

そこで、自分の道を歩めるのか?

  

歩めないことが多いから

きっと悩めるのだろう。

  

 

なーんて、厳しいことを言いながらも

そんなさまよえる人達に対して

心の中では

  

がんばれ~っ

  

と本当は想ってマス

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

コメント

学科合格したそうな

2012年07月02日 | うちの事務所

P1020312

学科、合格したそうです。

うちの旦那さん。

 

と言えば、

フツー

うちの主人の事を知っている人は

「おっ やっと一級(建築士)か?!」

 

と思われるでしょう。

・・・

違います

  

 

現場好きの主人。

  

なんだかんだと理由を付けながら

道具をそろえ

現場で職人さん達からいろいろ教わりながら

自分で出来ることはなんでもやるようになってきた

よろずや な 主人。

   

   

私にこっそりと

なにやらいろいろ講習会や試験を受けていて

先日、電気関係の試験を受けてきたそうな。

  

電気関係の何の試験かと聞けば

電気工事士?!

だそうです

 

難しいのかどうなのかさえ

私には良く分かりませんが

学科は受かったらしく

次は実技だそうです。

とりあえず

お祝いでもしようかしら

  

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

コメント

事務所カフェ?

2012年06月12日 | うちの事務所

私共のこんな小さい設計事務所にも

いろんな業種の営業の方が

来て下さいますが、

今日はサッシメーカーYKKap

営業さん(Aさん)が来ました。

  

Aさんは毎月1回必ず来られるのですが、

(しかもわざわざ長野から)

私達にとっては

常連さん?みたいになっていて

「まだ今月はAさん、来てないね~}

なんて、nanaちゃんと話をしたりしています。

  

そのAさんが今日、事務所に来られたのですが

なーんとっ

こんな手土産を持ってきて下さいました

P1220074

わーいわーい

松代にある蔦屋本店の「大名のおこびれ」です☆

かりんとう饅頭です~

おこびれとは信州松代地方の方言でおやつだそうです。

(Aさん、有難うございます☆)

 

今日は事務所に私と所員nanaちゃんしか居なかったので

Aさんと女子3人集まれば

スイーツの話☆

  

うふふ。

 

さて、Aさんが帰って

nanaちゃんも定時に帰りまして、

 

私一人、事務所でおやつタイム♪

  

おうちカフェならぬ

事務所カフェ?みたいにして

今日は肌寒い日だったのに

(無理して)

テラス、いえ、土庇

一人一服しました。

P_1220072  

まだまだ我が屋敷内は荒れていて

(石ゴロゴロ、廃材山積、雑草だらけ

庭を眺めて一服、、、とはいかないのですが

ささやかながら

事務所カフェに

しちゃいましょう♪  

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメント

今日のお昼~信州の郷土料理「竹の子じる」

2012年05月29日 | うちの事務所

今日も食べ物ネタですみません

 

昨日、断熱屋さんのTさんが

うちの事務所にみえました。

Tさんは、私のブログの愛読者(?)で

うちの旦那さんや所員さんよりも

よく読んで下さっています

  

先日UPしたばかりの記事も

既に読んで下さっていて、

(うれしい

 

我が家で採れる蕗や竹の子の話になり、

   

Tさんは

竹の子じるを食べないと春が来た気がしない

という事をおっしゃいました。

 

ん? 竹の子じる?

  

どんな汁なのかと聞きましたら、

サバ缶根曲がり竹のお味噌汁だそうで、

  

うちの事務所に

竹の子じるを知っている人は誰もおらず

 

Tさんによれば、

信州の郷土料理だと言うではありませんか。

 

ほほぅ

 

うちの旦那は信州人ですが知りませんでしたし、

nanaちゃんの旦那様も信州人ですが、

ご実家で竹の子じるが食卓に出たことはないそうです。

更に、見習いY君も信州人ですが、知らないという。。。

 

あれれー?

  

調べてみましたら、

信州でも北の方(北信地方)の郷土料理のようでした。

 

それなら、うちの旦那さんは中信地方だし、

nanaちゃんの旦那様のご実家は北信の中でも南の方ですし、

Y君は東信地方ですから、

馴染みが無かったのかもしれません。

 

ということで、

Tさんから竹の子じるのことを教えてもらいましたから

早速にも

我が家の竹の子を使って

今日のお昼に竹の子じるを作ってみましたー☆

  

P1210708

  

(根曲がり竹ではないので邪道かもしれませんケド)

  

所員さん達のお昼にも食べてもらいました♪

  

これは、イケます

私にとっては、

お昼よりも

夜の晩酌に

エヘ

いいかもです♪

  

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

  

   

コメント (2)

見習いY君

2012年05月19日 | うちの事務所

5月にもなると

季節の花々が一斉に咲き出して

木々の新緑と共に

とても気持ちの良い季節です。

P1210402

海野宿の街道沿いには

アヤメが咲き出しました。

   

私は今年、「保健補導員」という役を

引き受けております。

市からの委託という形で

市が行う保健事業の推進に協力したり、

保健補導員自らが、健康に関心を持ち、良い生活習慣を身につけ、

研修などにも参加して学び、

それを家族や地域の人々に広め、

地域の健康保持増進に努める

という役目です。

  

また、保健補導員と兼任で

日赤奉仕団の活動にも協力しなくてはならず、

今日は、日赤社費の集金に

割り当てられた地区を回ってきました。

  

正直、仕事をしながら

こうした活動に協力するというのは

とても大変です。

   

最近は、

「仕事」と、「子育て・家事」 の両立どころか

「仕事」と、「子育て・家事」と、更に「地域の活動」 の3つの両立に

どうしよう と困ることも多いので、

     

やはり、こうなったら

スタッフを入れて、乗り越えて行くしかない!

となりまして

   

今週から、見習いのY君 

を事務所に迎え入れまして

私達夫婦2人+スタッフ2人

事務所を切り盛りしていくことになりました

  

事務所の平均年齢が

うふふ 下がりました☆

(って 自分が若返るわけではないのですが

 

P1210418_2

都忘れ 

  

これから事務所には若い(?)男の子Y君が

新たに出入りしていますので

どうぞ宜しくお願いいたします☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

コメント

ランチへ♪ ~ヴィラデスト~

2012年04月11日 | うちの事務所

先日、「あれこれ理由」を付けて

ずーっと行きたかった

地元東御市にあるガーデン アンド ワイナリー ヴィラデスト

ワイナリーカフェ

所員nanaちゃんを連れて

ランチしてきました♪

P1200964

 

ヴィラデストは

玉村豊男さんがオーナーの農園とワイナリーです。

 

「あれこれ理由」の一つには

長野市の古民家再生の設計が2月に終わりまして

そのお疲れさん会としてヴィラデストへ行こう!

と思い立ったのですが、

冬季は休業で、4月からオープンとのこと。

 

そろそろ4月になったし、

徐に、nanaちゃんったら

ヴィラデストのHPをチェックしてくれまして

「kaoriさん!今なら期間限定で、

3500円のランチが3000円になってますよ!!!」

と、嬉しそうに教えてくれました☆

 

それは、もう、今、行くっきゃないでしょー!

 

ということで前日に予約を入れて

行って参りましたー☆

 

わーいわーい

 

ちょうど、今月はnanaちゃんのお誕生日月だし

それに、

nanaちゃんが事務所に来てもらうようになって

まだ、歓迎会もやってなかったし

(今頃かいって

つっこまれそうですが、、、)

  

そういうわけで、「あれこれ理由」をつけまして

ちょっと豪華なランチへ行ってきたのです~

  

P1200965

ぶどうの柄でコーディネートされたテーブルセッティング。

食器やペーパーナプキンはワイナリーのオリジナルのもので、

ワイナリーショップにも売っておりました。

 

P1200970

まずはアミューズ。

蕗の薹が入った揚げ物でした。

  

次に飲み物。  

P1200972

ランチコースの他に

ワイナリーですから、やっぱりワインが飲みたい!

と言いましても、

車の運転の問題もありまして、、、

結局、私だけワインを頂くことに

(nanaちゃん、うちの旦那さん、スミマセン

  

折角なので、

数少ない赤ワインのテイスティングワインセットをお願いしましたら

2種類の赤ワイン50CCずつ出てきました♪

 *ヴィラデスト ピノ・ノワール

 *プリマレーラ メルロー・カベルネ

 

  

P1200974

次に、前菜。

「春のお楽しみ前菜」

  

P1200976

「黒酢サラダ」

  

サラダは大きくて深めのガラスカップに

たっぷり入ってました。

黒酢独特の風味は全く無くて

やさしいドレッシングでした。

クルミや雑穀?らしきものが

トッピングされていて

これがまたなんて言うんでしょう。

あーうまく表現できません。

(我が家でも真似できないものかなー

なーんて密かに思っています

 

それと、パンがおいしい!

ローズマリーの効いたハーブパンなど

3種ありました。

  

     

P1200981

主菜です。

7種類の中から選べるのですが、

私は「本日の料理」にしました。

料理名を忘れてしまったのですが

仔牛の料理でした。

付け合わせの温野菜が、これがまた美味い!

記憶に残る野菜の甘味でした。

    

  

P1200984

最後はデザートとコーヒー。

文句なし! ん~ん~

いやー

もう、大満足なお料理でした!

 

息子を出産してから

なかなか、美味しいレストランへは行けず、

そもそも、自由な時間すらも無く、

息抜きもなかなか出来ず

そんな つらーい(?)日々を送っていた

働くママとして(nanaちゃんも)

子供達には申し訳ないけれども

たまには、こうした時間も許して下さい!

ということで!

 

誰に弁解しているんでしょうか。。。

(息子かな・・・)

  

そして、

レストラン好きのnanaちゃんにも

とても喜んでいただけたようで

「こんな美味しいレストランが、

事務所の近くにあるだけで

嬉しいです~!」

だそうです

 

あは あは

 

そ、そ、そーねー

 

たまにしか・・・これない・・・と 

思う・・・けども も も 

 

あと帰りにショップで、赤ワインを1本買いました☆

来月は、うちの旦那さんのお誕生日月だし

なーんて、また適当な理由を付けたりして。

うふ。

  

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

コメント (2)

今日が提出期限日・・・

2012年03月30日 | うちの事務所

北海道から無事(?)帰って参りました

  

パソコンと、ネットから1週間も離れていますと

なんだか、浦島太郎な気分。

  

 

気がつけば

  

!!!

  

今日は、業務報告書(設計等の業務に関わる報告書)

の提出期限日

  

別に大した書類ではありませんが、

北海道へ帰る前に

書類を準備していたのにも関わらず、

バタバタしているうちに

すーーっかり忘れておりまして、

慌てて、本日、地方事務所へ提出

 

セーフ

 

・・・

  

まったく、自分でも情けないです。

今年は確定申告を早目に終え

面倒な書類関係は順調~

なんて

油断していたら

このザマです。

  

反省

   

さて、今日はポカポカ日和で

1週間も我が家を離れていたら

お庭には

いろんな芽が

ニョキニョキ出ていました

 

この荒れた屋敷をどうにかせねばっ

と、

いてもたってもいられなくなって

夕方時分から

庭仕事を始めてしまう私。

  

ちょっとのつもりが

大掛かりになって

晩ごはんもそっちのけ。

  

息子が

「ママ~ ご飯まだー?」

と催促。

   

そーいえば、

私の母もそうでした。

  

私の母も仕事(自営業)を持っていたので

仕事と家事、そして庭仕事、趣味、全部をやろうと思うと

時間が全く足りない。

  

結局、そのしわ寄せが、、、

あちこち(特に家事)に・・・

   

私も母と同じか~

なんて思う日々なのでした。

  

息子よー

こんな母を許しておくれ

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

 

  

 

  

 

コメント

火鉢生活2日目~事務所編~

2011年12月15日 | うちの事務所

昨日に引き続き、

今日は古民家の事務所に

火鉢を導入してみました☆ 

P1180833

 

更に、私のデスクの足元にも!

P1180844

うふふ☆

 

こちらの火鉢は両方とも、

昨年竣工した土蔵再生工事の時に、

お施主さんより

土蔵の中の物を処分されるというので

頂いてきた火鉢です♪

(その節はありがとうございました。

活用させてもらってます。)

 

私が、いそいそと

火鉢を用意していると

うちの旦那さんがとても心配そうにしておりまして

もし、海野宿で火災なんぞ

起すものなら

それこそ、大変なことになりますから、

万が一のことを考えて、

消火スプレーを用意。

P1180847

  

本物の火を直接

建物の内部に持ち込むというのは

やはり危険を伴うもの。

密閉式の薪ストーブとは違います。

  

用心用心 火の用心。

   

さて、

昨日、今日と火鉢を使ってみて

なるほど、

いろいろ感じることがありました。

 

火を起こすというのは

結構、煙も出ますし

空気も必要です。

室内で火を起こすのは

今の気密性の高い住宅でやるには

換気扇を回し、給気口を確保し、

その上でやらないと

危ないなと実感しました。

 

昭和の家の離れで炭火を起こす時は、

外へ出てやりました。

炭火がきちんと起きて

安定したところで

室内へ戻す

というのが、やってみて良さそうでした。

  

一方、主屋の古民家では、

我が家の場合は

保存建物ということもありまして

外壁の開口部は、気密性の高いサッシではなく

昔ながらの木製建具のため(木製サッシでもありません)

昭和の家の離れよりも、格段に気密が低いですから

難なく、

通り土間で炭火を起こせました。

煙は小屋裏の茅の方へ適当に流れて行くので

気になりません。

炭火が安定したところで、

事務所内へ入れました。

 

そうしましたら

所員nanaちゃんは、

「豆炭自殺って・・・」

なんて、物騒な話をし始めるではありませんか。。。

 

なんとなく、心配だったのでしょうね。

酸欠とか一酸化炭素中毒とか。

 

私も、炭火を見ながら

空気足りているだろうか

となんとなく、思いましたもん。

でも事務所は、確実に空気が流れているので

(揺れる暖簾でわかります)

大丈夫なはず。。。

 

そこで、思ったのは、

古民家の気密の低さゆえに

寒冷地の場合、

冬は半端ない寒さで

とても暮らすのが大変なのですが、

  

良く考えますと、もしかすると、

本物の火と共に暮らすには

この気密の低さ(つまり隙間)は必需なのではないか

ふと

思いました。

 

夏のためにも、冬のためにも

開放的で、隙間だらけの古民家は

実は、理にかなっていたのではないかと。

(もちろん、煙出しもありましたし)

 

しかし、

その本物の火を

暮らしの中から追いやってしまったがゆえに、

夏にはいいけども

冬はとてつもなく寒い

ということになってしまったのではないのだろうか?

 

うーん・・・でも、

囲炉裏やかまど、火鉢があっても

やっぱり冬は寒いかな?

 

本当のところ、

経験していないので、わかりませんが、

 

火のある暮らしと古民家は、

本当は切っても切れない関係であったのではないか。

 

火を追いやってしまったから、

暮らしが変わり、

建物も変わってきたと。

 

頭の中で

いろいろと

繋がって

 

そもそも

暮らしあっての

建物なのだと。

 

当たり前なのですが、

この「火」と共に

人間の暮らしがあったからこその

古民家。

 

今頃、気がついた(遅い!)。

  

あー!

火鉢のお陰で

私の中で、何かが、繋がったような気がします。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

 

コメント