藤井祥子のいろいろ

ピアノ&ヴァイオリン教室・飼い猫のルイ…
いろいろな日々の話題をご紹介しています。

コンサート*発表会*生徒募集のお知らせ 

♪ヴァイオリンレッスン、ピアノスタジオ内教室にてレッスンしています。見学・体験レッスン受け付けております。 ♪ピアノスタジオ発表会、2019年2月10日(日)川越西文化会館にて開催予定です。 【ピアノレッスン】ピアノの楽しさをとことんお伝えします!年齢問わず、スムーズで音楽的な演奏を目指しましょう。子供のレッスン:心の成長を大切に見守りながら、ぐんぐん上達を目指します。ピアノコンクール全国大会等でも入賞多数。大人のレッスン:初心者・経験者ともじっくり取り組みたい方が多数通われています。 【ヴァイオリンレッスン】東京芸大大学院卒の講師による丁寧な指導を月3回行っております。 お問合せTel.090-2301-4587まで。詳細は下ブックマークより藤井祥子オフィシャル・ページをご覧ください。

音楽探しの旅

2018年06月09日 | ピアノ教室
年長Hくん、
作曲家バルトークの楽譜に出てきた2度音程を、
「ここにも!ここにも!」とたくさん見つけて、
こんなに不協和音がでてくるなんて!!!と驚いた様子。
それをみて、少しバルトークさんのお話をすることにしました。

バルトークさんは、まるで昆虫採集に出かけるように、
街から街へと色々な音楽を探しに出かけたのです。
虫だったら、虫取り網と虫かごを持っていくのですが、
音楽は網で捕まえるわけにもかごに入れて持って帰ってくるわけにもいきません。
だからバルトークさんは、五線紙とペンを持って出かけて、
その地方その地方で聞き取った音楽を採譜して帰ってきました。
だから、モーツァルトやベートーヴェンには出てこないような、
不思議な音程が沢山あるのです。

Hくんがどこまで理解してくれたかはわかりませんが、
作曲家の人となりやその時代背景が曲に反映されている面白さ、
それは紛れもない事実です。
コメント