藤井祥子のいろいろ

ピアノ&ヴァイオリン教室・飼い猫のルイ…
いろいろな日々の話題をご紹介しています。

コンサート*発表会*生徒募集のお知らせ 

♪ヴァイオリンレッスン、ピアノスタジオ内教室にてレッスンしています。見学・体験レッスン受け付けております。 ♪次回ピアノスタジオ発表会、2020年2月23日(日)川越西文化会館にて。出演者全員がピアノコンチェルトを演奏しました。 【ピアノレッスン】ピアノの楽しさをとことんお伝えします!年齢問わず、スムーズで音楽的な演奏を目指しましょう。子供のレッスン:心の成長を大切に見守りながら、ぐんぐん上達を目指します。ピアノコンクール全国大会等でも入賞多数。大人のレッスン:初心者・経験者ともじっくり取り組みたい方が多数通われています。 【ヴァイオリンレッスン】東京芸大卒業後ドイツにて学んだ講師による丁寧な指導を月3回行っております。 お問合せTel.090-2301-4587まで。詳細は下ブックマークより藤井祥子オフィシャル・ページをご覧ください。

お問い合わせありがとうございます

2020年08月10日 | ピアノ教室
全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)のサイトの中に、
先生紹介のページがあります。
世の中のほとんどの事が、スマホで検索すれば瞬時に出てくる時代です。
大抵の教室検索サイトの問い合わせが自動メールで行われるのですが、
このピティナのシステムは生徒さんから紹介依頼があると、
まずは担当者の方から電話がかかってくるのです。
そして問い合わせのあった生徒さんの少々の情報と、
受入可能かどうかの確認をして下さいます。

生徒さんのレッスンのご希望と先生の指導の得意分野を、
ベテランのスタッフがちゃんと考慮した上でのマッチングです。
機械的でない!自動でない!これは凄いことです!!

お問い合わせくださった生徒さんから早速連絡をいただき、
お盆明けに体験レッスンに来ていただくことになりました。
(紹介システムのお陰で、初対面ですが安心感があります…笑)
お会いできるのを楽しみにお待ちしております。
コメント

虫食い楽譜の作曲

2020年08月08日 | ピアノ教室
今日のソルフェージュ・小学生チームは、
歌を歌って平行調のお勉強をして、
そのあとは虫食い楽譜を使って作曲をしました。

虫食い楽譜なのであちらこちらが空白になっています。
自分の好きなようにメロディーを作ったり、
メロディーに合うハーモニーを書き込んだり。

楽譜を読んで演奏するのとは全く違う頭の使い方ですから、
音楽をまとめるまでには四苦八苦。
でも自分のイメージを具体的な音にするのは、
実はとても大事な能力なのです。

完成したあとは、お友達同士で聞き合って、
自分が思いもしなかった音使いに、
「なるほど〜!」
それぞれに個性が出るから面白いです♪
コメント

合唱伴奏

2020年08月07日 | ピアノ教室
今日のレッスンはクラス合唱の伴奏でお願いしますと、Yくんから注文がありました。
おっ!やる気だなぁ~♪
普段はいたってクール男子なのですが、
やると決めたら徹底的にやる性格。

夏休みが終わったら伴奏者を決めるオーディションがあるのだそう。
今年の夏休みは超短縮で、お盆明けにはもう2学期が始まります。
だから合唱伴奏の練習ができる時間も超短期間。
でもそれも集中力が途切れなくていいかもしれませんね。
頑張れYくん!
コメント

発表会のリクエスト

2020年08月06日 | ピアノ教室
12月の発表会の演奏曲について、
生徒さん一人ひとりの希望を聞かせてもらっています。

具体的な曲名でなくても、
「勇ましい曲がいいなぁ」とか、
「練習していて楽しい気持ちになるから、絶対明るい曲!」という曲のイメージだったり、
兄弟で連弾、ママと連弾がしたいという希望だったり、
連弾のセカンドパートをぜひ弾いてみたいというもっと具体的な希望だったり。
ショパンとベートーヴェンを、という作曲家指名も。笑

これから具体的に曲を絞り込んでいきたいと思っています。
せっかくの発表会ですから、一人ひとりにピッタリのこれぞという演奏曲を探します。
コメント

読譜力育ってきています

2020年08月05日 | ピアノ教室
五線の音名がわかっているだけでなく、
リズムの理解も伴ってはじめて楽譜がスラスラ読めます。

音名ドリルをまるまる一冊制覇し、
少し前からリズムドリルに入ったAちゃん。
毎回3ページずつコンスタントにページを進めています。
少しずつ力が定着して、ピアノの弾き方までスムーズに進化してきました
耳の良いAちゃん、読譜にも自信が出てきたら怖いものなしです。
成長が楽しみですね!
コメント

教えてもらう

2020年08月04日 | ピアノ教室
自己研鑽のため、私自身も時々ピアノのレッスンを受けています。
練習で感じた‘壁’を1人で悩んでいるのではなく、
適切なアドバイスをもらえるありがたさを、
レッスンに行くたびにヒシヒシと噛み締めています。

でも、アドバイスをもらったから出来るかというと、
そうそう一筋縄でいくものでもなく…。
帰ってきてから再びの試行錯誤が始まるのが、シビアな現実。笑

そうこうしながら、けれど確実に近づいていけるのは、
ひとつのことに向き合う醍醐味と喜びですね。

教える立場と教わる立場、
両方あるからわかることがあります。
日々、生徒さん達とピアノに向き合いながら、
自分も研鑽を積むというこのペース、
大切にしていきたいと思います。


コメント

ピアノがあって本当によかった

2020年08月03日 | ピアノ教室
「ピアノがあって本当によかった」
最近何人もの大人の生徒さんが、そうおっしゃってくださいました。

喉に刺さった小骨のように、
コロナ関連のニュースが片時も頭を離れない時も、
仕事がらみの逃れられないストレスを感じる時も、
個人的な心配事が続く時も、
音楽と向き合い、指を一心不乱に動かす時間があるから、
自分の心を取り戻す事ができます。
そして、練習後に少し前に進めた充実感を感じると、
まるで小さな明かりが心の中に灯るようで、
なぜか勇気が湧いてきます。

こんな時だからこそ、ピアノを弾きたい。
その想いに共に寄り添って。



大人のピアノ、
記事の一文一文が心に染みました。
コメント

エール

2020年07月28日 | ピアノ教室
周囲が部活へ勉強へと打ち込んでいくその中で、
ピアノも何とかやめる事なく…というのは、
中高生にとって人生の一大試練です。

小学生の頃はただひたすら楽しければよかったのに、
1日24時間しかない持ち時間に直面して、
部活や勉強やいろいろなものとピアノを天秤にかけなくてはならなくなる。
その事だけでも、大きなカルチャーショックのはず。

何とか自分なりのピアノとの付き合い方を探して、
生徒たち試行錯誤しています。
たくさんの葛藤があってこそ心も大きく育つのですが、
今はまだどこか頼りなげ…。

でも時間と共に、
きっと私なんか追い越して、
頼もしい大人になるんだろうな。
その時、きっとピアノを続けたことが、
人生を何倍にも面白く膨らませてくれるはずです。
コメント

実感で分かる!

2020年07月27日 | ピアノ教室
雑誌の付録でついてきた五階建てマンションの絵。
各階には色々なリズムが描かれています。



三階の四分音符は、言ってみれば標準的なお住まいです。
それが下の階へ行くほどに部屋割りが狭くなり、
一階の十六分音符になってしまうと、まるでカプセルホテル並み。
もしこんな部屋に家族みんなで住むとなったら。

一方で上の階へ上がると、
ワンフロアをたった二件のお宅で使う四階は、
ゆとりがありちょっとしたお金持ちの気分。
五階のお宅にいたっては、家の中でサッカーだってできるかも。

みんなとっても実感が湧くらしく、
嬉々としてこの絵に見入っています。
それから楽譜を見てピアノを弾くと、
誰もリズムの読み間違えをしなくなります。笑
コメント

夏休みのレッスン

2020年07月26日 | ピアノ教室
本来ならばこの4連休は夏休みの始まりで、
夢の東京オリンピックの幕開けとなるはずでした・・・。

どんよりしたお天気にはもう辟易していますが、
それでも夏休みはもうすぐ始まります。
きっとそのうちに梅雨もあけるでしょう!

8月のレッスンスケジュールは少し前にみなさまお知らせしました。
ご家族のご予定などでレッスン変更を希望される方は、
調整いたしますのでどうぞお気軽にお知らせください。
コメント