藤井祥子のいろいろ

ピアノ&ヴァイオリン教室・飼い猫のルイ…
いろいろな日々の話題をご紹介しています。

コンサート*発表会*生徒募集のお知らせ 

♪ヴァイオリンレッスン、ピアノスタジオ内教室にてレッスンしています。見学・体験レッスン受け付けております。ピアノレッスン、現在平日夕方以降・週末の時間帯は満員ですので、空きが出た場合の入会予約のみお受けしております。平日昼間は若干名空きがございます。 ♪ピアノスタジオ発表会、2018年1月14日(日)川越西文化会館にて開催しました。沢山のみなさまのご来場、どうもありがとうございました。 【ピアノレッスン】ピアノの楽しさをとことんお伝えします!年齢問わず、スムーズで音楽的な演奏を目指しましょう。子供のレッスン:心の成長を大切に見守りながら、ぐんぐん上達を目指します。ピアノコンクール全国大会等でも入賞多数。大人のレッスン:初心者・経験者ともじっくり取り組みたい方が多数通われています。 【ヴァイオリンレッスン】東京芸大大学院卒の講師による丁寧な指導を月3回行っております。 お問合せTel.090-2301-4587まで。詳細は下ブックマークより藤井祥子オフィシャル・ページをご覧ください。

直前レッスン、目白押し

2018年06月23日 | ピアノ教室
土曜日のいつものレッスンのあいだ間に、
明日コンクール予選本番を控えた生徒たちがやってきて、
朝から晩までレッスンが目白押し。

コンクール組は、
まずまず仕上がっているかな…という生徒もいれば、
あと一工夫あれば…の生徒も、
前日だというのに大丈夫かな…の生徒も。

すべてが個性と言ってしまえばそれまでなのですが、
レッスンについていらっしゃって必死で応援しているママたちも私も、
少しでも安心してコンクールのステージに臨ませてあげたいと思っているのです。
けれどそうは問屋が卸さないところが、コンクールの難しい所。

ああ楽しかった!気持ちよく弾けた!
みんなにそう感じてほしいのですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一番楽しい時期

2018年06月21日 | ピアノ教室
午後レッスンにいらっしゃったSさんは、
2人の男の子を育て上げ、今は中学生のお孫さんを持つおばあさま。
Sさんの前にレッスンしていた年中の男の子やその弟くんの様子を、
いつも本当に楽しそうにご覧になっています。

「かわいいですね~!」
「あんな男の子二人を育てているなんて、毎日が楽しくて幸せでしょうね~!」

Sさんの口から、ママは子育て大変でしょうね…という言葉は聞いたことがありません。
ご自身も、お子さんが中学に入るころまでは毎日が面白くて仕方なかったとか。
「中学生になると、子供なりに考え方がちょっと大人に近づいてくるんですよ。
そうなるとびっくりさせられることが少なくなって。
それに比べて、小さい子供の発想力は本当にスゴイですよね!!」

中学生になるまでが、一番楽しい時期。
私もレッスンではいつも生徒たちに振り回されっぱなしですが、
成長のその瞬間しか味わえない、とっても楽しい時期なのです。
それを肝に目に銘じて、心に余裕を持って振り回されることにします。笑
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月ソルフェージュ

2018年06月20日 | ピアノ教室
7月のソルフェージュは、
コンクール特別レッスンのためお休みになります。

  ・・・8月からは、さらにパワーアップして頑張ります!・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ここがポイント!攻略法楽譜!?

2018年06月18日 | ピアノ教室
お仕事てんこ盛りのだった先週、
土曜日の夜、一番最後のレッスンにやってくる高1Mちゃんのために、
急遽もう一仕事することになりました。
それは、2週間後に迫ったコンクールの課題曲の楽譜に、
演奏のポイントを参考書のように書き込むこと。

高校へ進学してから、勉強も部活もてんてこ舞いの忙しさ。
今年のコンクールは参加を迷っていた時期もありました。
思うように練習時間が取れない中、何とか頑張っている彼女です。
少しでも練習の手助けになれば…と。

音楽は言葉を越えた芸術表現です。
身体感覚と感性でとらえている演奏という行為を、
言葉に置き換えて説明し書きこむのは簡単な作業ではありませんが、
指導ポイントをより深く吟味するいい勉強になりました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢は幻想即興曲

2018年06月16日 | ピアノ教室
ここのところ生徒さんが満員御礼に近い状況で、
新入会の受付に慎重になっているのですが…。

そんな中、不定期で構いませんので!とおっしゃってくださった
Sさんのレッスンをお引き受けすることになりました。
今までもピアノを長く習っていらっしゃった経験のある方ですので、
まずは夏に予定されているコンサートの曲のレッスンを、
お互いの予定を照らし合わせてスケジュールを組むことになりました。

今日はその2回目のレッスンでした。
次回までにできるだけ上達できるよう、
演奏のポイントや練習の方法、
疑問点の解消などを重点的にお話していると、
30分のなんて短いこと!

Sさんの夢は、いつか幻想即興曲を。。。
一歩一歩、ともに前進していきましょう♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつもの教本の合間に

2018年06月14日 | ピアノ教室
こんな曲なら、僕だって自分からすすんで練習できるよ!
それに、弾けると学校でも人気者になれるかも?



「ドラえもんを弾きたい!」とのK君の希望で、楽譜を一冊買ってきました。
「ドラえもん」あります。
「ハリーポッター」あります。
仮面ライダーもウルトラマンもアンパンマンも。

さっそく「名探偵コナン」を弾きたいとの声があがりました。
これはRちゃん、女の子からのリクエストです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

直前!ホール練習

2018年06月13日 | ピアノ教室
広いコンサートホールでの響きや、
コンサート用のフルグランドピアノでの演奏感覚を学ぶため、
生徒たちとホールに出かけての練習会です。

ホールでの響きは家で練習している感覚と全く違います。
だからこそ難しいのですが、
感覚をつかんでくるととても面白い!
音色もダイナミクスも何十倍も表現できるのですから。

コンクールはもう目前。
経験から学んで、本物の力につなげてほしいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公開レッスン

2018年06月10日 | ピアノ教室
コンクール直前の公開レッスンを聞きに出かけてきました。

だれもが弾きにくいと感じる所の解決方法、
それぞれの課題曲のポイントとなりそうな所、
その年齢にぜひ身につけておくといい所など、
聞きどころ満載の指導であっというまに時間が過ぎていきました。

今月も半ばを過ぎると、いよいよ予選も始まります。
私ももうひと頑張りして、学びを深めたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽探しの旅

2018年06月09日 | ピアノ教室
年長Hくん、
作曲家バルトークの楽譜に出てきた2度音程を、
「ここにも!ここにも!」とたくさん見つけて、
こんなに不協和音がでてくるなんて!!!と驚いた様子。
それをみて、少しバルトークさんのお話をすることにしました。

バルトークさんは、まるで昆虫採集に出かけるように、
街から街へと色々な音楽を探しに出かけたのです。
虫だったら、虫取り網と虫かごを持っていくのですが、
音楽は網で捕まえるわけにもかごに入れて持って帰ってくるわけにもいきません。
だからバルトークさんは、五線紙とペンを持って出かけて、
その地方その地方で聞き取った音楽を採譜して帰ってきました。
だから、モーツァルトやベートーヴェンには出てこないような、
不思議な音程が沢山あるのです。

Hくんがどこまで理解してくれたかはわかりませんが、
作曲家の人となりやその時代背景が曲に反映されている面白さ、
それは紛れもない事実です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

背伸び続き

2018年06月08日 | ピアノ教室
柔らかい関節の使い方と、
男の子ならではの筋力の強さに期待して、
小5のYくんに少々の背伸びに挑戦してもらっています。

先日までは、パイレーツ・オブ・カリビアン。
小柄の彼にはオクターブ演奏の連続は相当きついはず。
それにテンポも速いのでテクニックが必要。
そして、これをそこそこ仕上げた後は、
スカルラッティのソナタ。

どちらも本人がいつか弾きたいな…とつぶやいた曲です。
それならもう弾いちゃおう!と私が判断して、
少々の背伸びとなりました。

状況にもよりますが、
今のYくんには、この背伸び(無理?)が成長へのいい刺激になるはず。
毎日の練習はマイペースすぎる彼ですが、
これから迎える身体の成長期を見越しての判断です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加