藤井祥子のいろいろ

ピアノ&ヴァイオリン教室・飼い猫のルイ…
いろいろな日々の話題をご紹介しています。

コンサート*発表会*生徒募集のお知らせ 

♪ヴァイオリンレッスン、ピアノスタジオ内教室にてレッスンしています。現在若干名空きがあります。お申込み・お問合せ受付中です。 ♪ピアノスタジオ発表会、2018年1月14日(日)川越西文化会館にて開催しました。沢山のみなさまのご来場、どうもありがとうございました。 【ピアノレッスン】ピアノの楽しさをとことんお伝えします!年齢問わず、スムーズで音楽的な演奏を目指しましょう。子供のレッスン:心の成長を大切に見守りながら、ぐんぐん上達を目指します。ピアノコンクール全国大会等でも入賞多数。大人のレッスン:初心者・経験者ともじっくり取り組みたい方が多数通われています。お問合せTel.090-2301-4587まで。詳細は下ブックマークより藤井祥子オフィシャル・ページをご覧ください。

コンサートのお知らせ

2018年04月23日 | ピアノ教室
いつもは秋に行うコンサートですが、
今年は春にとお声掛けいただきました。

春は芽吹きの季節。
生きとし生けるものの命が輝きます。
だからコンサートのプログラムも、明るい曲が少々多めです。

  『ヒューマンライフ・コンサート2018』

     5月26日(土)午後1時半~
     川越市高階南公民館にて
        入場無料

        うた:鈴木裕子  
      フルート:神野朱美
       ピアノ:藤井祥子

前半はクラシックの名曲より。
そして後半は旅をテーマに。

どなたでもお聴きいただけます。
お気軽に足をお運びくださいませ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一般的には

2018年04月21日 | ピアノ教室
どの教本も「一般的にはこんな風に上達できます」とか、
「一般的にはこんな風に理解が深まります」とかを基準に作られています。
けれど、日々生徒たちを見ていると、決して教本通りに育ってくれるわけではありません。

一般的という言葉は一見みんなにとって良いように見えるのですが、
実は幅広い個性の平均値でしかありません。
すべてが平均値通りの人なんて、きっとごくわずかしかいないのです。

生徒たち一人一人を、平均値からこんなにもズレている…という目で見るよりも、
この子を基準にするなら、この教本はどうやって利用していけばいいのかしら?
そんな風に考える方がずっとしっくりときます。

今日レッスンに来た年長さん3名、
まったく一般的ではなくて、てんでバラバラ。
だからこそ、面白いのです!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月ソルフェージュ

2018年04月20日 | ピアノ教室
ピアノを弾くこと以外の+αの才能をどんどん伸ばしちゃおう!
歌うこと・ハモることで音感を磨いたり、
ぐいぐい楽譜が読める読譜力をつけたり、
曲のアナリーゼも楽典も、怖いものなしになるといいな!のソルフェージュクラスです。

5月のソルフェージュ

 ★月曜クラス
   7・21(月) 16:15~

 ★水曜クラス
   9・30(水) 20:30~
 
 ★土曜クラス
   12・19(土)  11:15~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽しいです!

2018年04月19日 | ピアノ教室
レッスンの最後にやってきたのは、
この春から高校の音楽科に通い始めたH君。

H君の前にレッスンをしていた小5男子のKちゃんのお母様は、男の子3人のママ。
ピアノ教室にこんな大きなお兄ちゃんが…と気になる様子でH君に色々と質問をしはじめました。
そして、この年齢で自分のやりたいことがはっきり決まっていることや、
夢に向かってしっかりと歩んでいる様子に「エライわねぇ、立派ねぇ」と感心しきり。

「練習は全然辛くないの?」と聞かれたHくん、
明るく自信に満ちた声で「はい、好きな事なので。むしろ楽しいです!」と。

H君はこの半年、入試に向かってゼロからピアノに取り組んできました。
たった半年しか時間が無い中だったので、かなりシビアで厳しいレッスンになりました。
口には出さなかったのですが精神的にもかなり大変だったのではと、実は私自身心配していて…。
その心配も、Kちゃんのお母様の質問のおかげで吹き飛びました!

何をさておいても「音楽が好き」という気持ちは、
底知れぬパワーと勇気を生んでくれます。
「楽しい!」という言葉を聞き、私も勇気100倍です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Twinkle Little Star

2018年04月16日 | ピアノ教室
今日こそは、音名と鍵盤名前をしっかり覚えてもらいたい!と、
年中Iちゃんのレッスン準備をして待っていると、
「せんせ~い、きょうわたちね、Twinkle Little Starがひきたいの!!!」
とIちゃんがレッスン室に飛び込んできました。

私の意気込みよりも、Iちゃんの意気込みの方がもっと上。汗
おまけにTwinkle Little Starの発音は、ほとんどネイティブです。

Iちゃんは自由奔放、これと思ったら一直線なタイプ。
まったくこちらの思うようにはさせてくれないのですが、
いつも意欲満々です。笑

そこで準備しておいたカードを使って、
キラキラ星の音探しゲームをしました。
例によってIちゃんはぬいぐるみのシマウマくんを抱きしめながら。


音名と鍵盤名、半分くらい覚えたかなぁ…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さじ加減

2018年04月14日 | ピアノ教室
お家での練習が楽しめるプラスちょっと頑張りたくなる。
そんな宿題の量はどのくらい?
宿題の中身はどういうものだったら?
1人1人ちがうからこそ、
そのさじ加減に頭をひねっています。

練習のしはじめはあまり楽しくなくても、
弾ける手ごたえが出てくると楽しくなるもの。
だからこそ、せめて練習に取り組む時の気持ちは、
ご機嫌悪くなく向かってほしいと思うのです。

時間に追われるのも、
楽しみより義務感が先に立つのも、
小さな子供にとってあまりいい結果を招きません。

ちょうどいいさじ加減。
量もペースも時間の使い方も。
いつも子供の表情を見ながらの永遠のテーマです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4年ぶりのレッスン

2018年04月13日 | ピアノ教室
今夜は4年ぶりのレッスンでした。

高校から大学へと進学。
音楽関係のサークルで大切なポジションを任されて、
常に湧き上がるのは、もっと音楽を学んでおかなきゃという気持ちだったそうです。

幼稚園の時からレッスンへ通ってきていたHちゃん、
やっぱり今夜も暖かく誠実な音色でピアノを奏でてくれました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大人の喜び

2018年04月09日 | ピアノ教室
大人になると、衰えを感じることはあっても、
進歩や成長を感じることは年とともに少なくなっていくようです。
(私の実感もありますが、多くの大人の生徒さんが同じことをおっしゃいます。)
だからこそ、日々自分の感覚が研ぎ澄まされていくのが分かるのは、
大きな大きな喜びになります。

数日ピアノを弾かなくて、忘れてしまったことを取り戻すために練習するのと、
毎日、何か昨日とはちがう新しい感覚が目覚めていないか見つけるためにピアノに触るのとでは、
心のありようもずいぶん違ってくるように思います。

昨日より進歩している自分を探すなんていう贅沢は、きっと大人の特権です。
子供の時には当たり前すぎて、そのありがたみは全く分かりませんでしたから。笑
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お姉さんになった生徒たち

2018年04月06日 | ピアノ教室
これから入学式に行ってきます!と、
朝一番に中学新1年生になったRちゃんが、顔を見せてくれました。
真新しいセーラー服に身を包み、
もうすっかりお姉さんです。
ピアノのレッスンはしばらく中断だけれど、
校内の合唱コンクールの伴奏には立候補したいそう。
「その頃になったらまたレッスンに来ます」と。

それともう一つ。
高校になってレッスンをしばらく中断していた生徒より、メールがまいこみました。
もうあれから4年もたつのです。
すっかり大人びた文章のメールはこちらが驚くくらいで、
どこへ出ても恥ずかしくない立派なもの。
ついこの前まで屈託のないかわいい笑顔で笑っていたのに…と、
私の頭の中には小学校へ上がって間もないころの彼女が浮かびました。
レッスン再開したいという嬉しい内容のメールです。
さぁ、お返事書かなくちゃ♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恐怖のCaugごっこ

2018年04月04日 | ピアノ教室
ソルフェージュでは和声感を研ぎ澄ますため、
色々な和音(コード)を味わう時間をとっています。
そこでの一コマ。

Caugのコードをピアノで弾いて、
「何だか怖いね~、不安だね~」と味わっていたその瞬間、
突然レッスン室の防音ドアがガチャっと大きな音を立てて開きました。
「キャー、おばけ!!泥棒!!!怖ーいい!!!!」
と、レッスン室は瞬く間に恐怖に包まれました。

けれど、その正体は通りがかったTちゃんがたまたま扉を開けただけ。

それ以来、Caugのコードが鳴ると、
みんな我も我もとレッスン室の外に出てガチャっとドアを開け、
お互いに恐怖を味わうごっこが流行っています。

和声感を味わうレッスンが、
まさかこんな遊びに展開するなんて…。汗
コメント
この記事をはてなブックマークに追加