藤井祥子のいろいろ

ピアノ&ヴァイオリン教室・飼い猫のルイ…
いろいろな日々の話題をご紹介しています。

音楽探しの旅

2018年06月09日 | ピアノ教室
年長Hくん、
作曲家バルトークの楽譜に出てきた2度音程を、
「ここにも!ここにも!」とたくさん見つけて、
こんなに不協和音がでてくるなんて!!!と驚いた様子。
それをみて、少しバルトークさんのお話をすることにしました。

バルトークさんは、まるで昆虫採集に出かけるように、
街から街へと色々な音楽を探しに出かけたのです。
虫だったら、虫取り網と虫かごを持っていくのですが、
音楽は網で捕まえるわけにもかごに入れて持って帰ってくるわけにもいきません。
だからバルトークさんは、五線紙とペンを持って出かけて、
その地方その地方で聞き取った音楽を採譜して帰ってきました。
だから、モーツァルトやベートーヴェンには出てこないような、
不思議な音程が沢山あるのです。

Hくんがどこまで理解してくれたかはわかりませんが、
作曲家の人となりやその時代背景が曲に反映されている面白さ、
それは紛れもない事実です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 背伸び続き | トップ | 公開レッスン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ピアノ教室」カテゴリの最新記事