藤井祥子のいろいろ

ピアノ&ヴァイオリン教室・飼い猫のルイ…
いろいろな日々の話題をご紹介しています。

コンサート*発表会*生徒募集のお知らせ 

♪ヴァイオリンレッスン、ピアノスタジオ内教室にてレッスンしています。見学・体験レッスン受け付けております。 ♪ピアノスタジオ発表会、2019年2月10日(日)川越西文化会館にて開催予定です。 【ピアノレッスン】ピアノの楽しさをとことんお伝えします!年齢問わず、スムーズで音楽的な演奏を目指しましょう。子供のレッスン:心の成長を大切に見守りながら、ぐんぐん上達を目指します。ピアノコンクール全国大会等でも入賞多数。大人のレッスン:初心者・経験者ともじっくり取り組みたい方が多数通われています。 【ヴァイオリンレッスン】東京芸大大学院卒の講師による丁寧な指導を月3回行っております。 お問合せTel.090-2301-4587まで。詳細は下ブックマークより藤井祥子オフィシャル・ページをご覧ください。

ヴァイオリンの仲間がふえました

2018年12月12日 | ヴァイオリン教室
レッスン見学と体験レッスンに来て下さったHくん。
ついに今日からヴァイオリンレッスンがスタートしました。

「楽器を肩に乗せてあごで挟んで・・・、
なんだか不思議な姿勢で構えるのですね。
お姉さんの生徒さんたちはみんなスッと自然に構えて、
もうそれだけでも凄いです。」とおっしゃっていたお母様。

Hくんもすぐに楽器になれて、
きっとステキな曲を奏で始めるんだろうなぁ!
麻名先生からたくさんたくさん教えてもらってね。

コメント

レッスン見学にきてくれました

2018年11月17日 | ヴァイオリン教室
ピアノのレッスンを楽しく続けている年長Hくんが、
ヴァイオリンのレッスンも見てみたいと、
ご両親と一緒にヴァイオリンのレッスンの見学に来てくれました。

初めて間近で見る楽器、
それを一生懸命弾いているお姉さんたちや、
楽しく教えて下さる先生。
Hくん、どう感じてくれたかな?
お姉さんが小さい頃に使っていた楽器をお借りして、
少し音も出してみたそうです。

ピアノとヴァイオリン。
同じ楽器の仲間だけれど、ちょっと違う。
それぞれにとっても魅力的です。
音楽の世界がますます広がりますように!
コメント

いいものです

2018年08月28日 | ヴァイオリン教室
今日はピアノのレッスンはお休み。
教室では夕方からヴァイオリンレッスンでした。

かすかにきこえてくる生徒たちのヴァイオリンの音色と、
森から聞こえてくる蝉の声をBGMに私は台所仕事を。
楽器の音も自然の音も、いいものですね。

コメント

音楽は?

2018年08月03日 | ヴァイオリン教室
人間関係では相手の気持ちをおもんばかって譲り合う気持ちも大切、
特に日本人はそうかもしれません。
いやいや、自分の考えを伝えなくちゃお互い分かり合えないよ!
そういう国民性もありますね。

では音楽は?

お盆明けにお仕事の仲間と連弾でステージを控えていらっしゃるSさん、
レッスンもいよいよ佳境に入ってきました。
よく口になさるのが、
「相手がとても上手な方なので、迷惑が掛からないように…」という言葉。
けれど実力がアンバランスなアンサンブルの場合は、
気を遣うのは上手な人のほうと相場が決まっています。
相棒が少しでも演奏しやすいように、
もし事故が起こったらそれをカバーしたり再発を防ぐのもその人の役目。
実力が下なほうは、相手の胸を借り、
できるだけ堂々とのびのびと気持ちよく演奏するのが最大の使命です。

コンクール本選でたまたま同じ選曲をしたYちゃんとMちゃん。
お互いに片手ずつ、連弾にしてその曲を演奏してみたところ、
なぜだかしどろもどろに。
自分一人で弾いているときは何となく弾けても、
誰かと合わせるとなると、自分の考えを伝えなくては音楽になりません。
こんなテンポで、こんなリズムで、音色はこういうのが好き等々、
どれもが‘何となく’では埒が明かないのです。

音楽は、自己主張の歩み寄りで成り立っています。

コメント

今日はヴァイオリンレッスン日

2018年06月27日 | ヴァイオリン教室
レッスン室から聴こえてくるヴァイオリン。
ピアノのレッスンの合間に耳を傾けると、
ずいぶん上達している様子です。
音色の美しさと、ちゃんとしっかり曲を演奏していることに、
嬉しくなってしまいました。

上達に時間がかかる楽器といえば弦楽器にピアノ。

それに比べて管楽器や打楽器や声楽は、
中学校や高校での部活で目覚めてプロの道へ…なんていう事もよくあります。

時間がかかる楽器だからこそ、子供の頃の今を大切に。
弾けてうれしい!その気持ちを育んでいきましょう。

(楽器に憧れる大人の生徒さんも、もちろんいつでも入会お待ちしております♪)


コメント

ヴァイオリンの体験レッスン

2018年05月16日 | ヴァイオリン教室
高校生のお兄ちゃんの弾くヴァイオリンに刺激を受け、
小5のKちゃんは習ってみたくなったのだそうです。
そこで体験レッスンを受けてみることになりました。

いつも弾いているピアノとは全く違う楽器。
きっと特別の緊張と面白さを感じたことだと思います。
少しずつ少しずつ、夢が広がります。
コメント

300歳のヴァイオリンで

2018年03月07日 | ヴァイオリン教室
発表会でいつも素晴らしい演奏を聴かせてくださる玉井菜採さんのリサイタルへ出かけてきました。
彼女がいつも弾いているヴァイオリンは300歳だそうです!!!
それを記念して、その楽器が生まれた年に作曲されたバッハの作品、
楽器が100歳の年に作曲されたシューベルトの作品、
そして今から100年前の200歳の年に作曲されたシベリウスとフォーレの作品を並べたコンサート。

ドイツ・フィンランド・フランスを200年の時間をまたいで旅をしたようなプログラムに、
そして300年もの月日を数々のヴァイオリニストの手に渡り音楽を奏でてきた目の前の楽器に、
深く壮大なロマンを感じた一夜になりました。

その時代時代によって社会のあり方も人の考え方も変わっていきますが、
あまたの作曲家によって音楽が生み出され、
人々が心を傾けてきたことはかわりなく今も続いています。
コメント

あれから、ちょうど一年

2018年01月24日 | ヴァイオリン教室
ちょうど一年前にお教室でヴァイオリンを始めたK君、
それなのに数か月後の春には、お父様のお仕事の都合でお引越ししてしまいました。
転勤先でも大好きなヴァイオリンが習えるように、
知り合いの素敵な先生をご紹介しました。

そのK君からなんとメールが来ました!
お正月明けにあった初めての発表会での演奏動画を送って下さったのです。
伸びやかで堂々とした演奏です。
嬉しそうに楽器を構えていたK君を思い出し、胸いっぱいになりました。

  ⇒K君がヴァイオリンを始めた一年前のブログ記事

今日はヴァイオリンレッスンの日。
教室から響いてくる生徒たちと音色もずいぶん美しくなりました♪
コメント

ヴァイオリンのレッスンも、始まりました

2018年01月17日 | ヴァイオリン教室
2018年のヴァイオリンレッスンも今日から始まりました。
今週から3回続けて水曜日はヴァイオリンデーです♪

夕方にいらっしゃった麻名先生はちょっぴり風邪気味。
けれどその後、元気に生徒たちがやってきて、
賑やかにレッスンが始まりました。

外はしとしと雨、
レッスン室の中はヴァイオリンの音色が響きます。
コメント

サンタさんより一足早く

2017年12月06日 | ヴァイオリン教室
今日はバイオリンレッスンの日でした。
夕方からは弦楽器の美しく甘い音色が響いていました♪

ふと郵便受けをのぞくと、
真っさらな五線紙の束が…?

この季節、いろいろな楽器店の方がご挨拶に見えて、
来年のカレンダーをくださるので、
始めはそんなごあいさつの一つかしらと思いました。
けれどそれにしては上等すぎます。

よく見ると五線紙にはお手紙が添えてありました。
「家に眠っていたものですが、
失礼とは思いつつ、もしよろしければお使いいただけないでしょうか?」

モノがあふれている時代ですが、
自分が使わないモノを五味にせずにちゃんと有効活用するのは、
本当に難しいと日ごろから感じています。
きっと、片づけに困って持ってきてくださったのでしょう。

子供にも書きやすい幅の五線で、
紙もちょっと厚めで扱いやすそうです。
クリスマスのプレゼントが届いたよ!と言ったら、
きっと生徒たち喜ぶだろうな。
来年はこの五線紙で作曲にチャレンジさせてみようかな?

あいにくくださった方のお名前がなく、
どなたかはわからないのですが、
大切に使わせていただきます。
どうもありがとうございました。

コメント