藤井祥子のいろいろ

ピアノ&ヴァイオリン教室・飼い猫のルイ…
いろいろな日々の話題をご紹介しています。

コンサート*発表会*生徒募集のお知らせ 

♪ヴァイオリンレッスン、ピアノスタジオ内教室にてレッスンしています。見学・体験レッスン受け付けております。 ♪ピアノスタジオ発表会、2019年2月10日(日)川越西文化会館にて開催予定です。 【ピアノレッスン】ピアノの楽しさをとことんお伝えします!年齢問わず、スムーズで音楽的な演奏を目指しましょう。子供のレッスン:心の成長を大切に見守りながら、ぐんぐん上達を目指します。ピアノコンクール全国大会等でも入賞多数。大人のレッスン:初心者・経験者ともじっくり取り組みたい方が多数通われています。 【ヴァイオリンレッスン】東京芸大大学院卒の講師による丁寧な指導を月3回行っております。 お問合せTel.090-2301-4587まで。詳細は下ブックマークより藤井祥子オフィシャル・ページをご覧ください。

予選通過

2009年02月28日 | ピアノ教室
初めてのコンクールにもかかわらず、
ちゃんと今の力を出し切ることができたのは、すごいことです。
さて、これで本選に向けてさらに磨きをかけていくことになりました。

新聞掲載のための予選通過者の写真撮影では、
女の子達に混ざりつつ、きょとんとした表情。
朝日少年少女スポーツ新聞に載るそうです。
やったね、おめでとう!
コメント

ランチ

2009年02月27日 | 日記
同じ仕事をする5人が集まりました。
今年一番の寒波。
窓の外を舞う小雪を眺めながら、ランチに舌鼓。
友情は長くなれば長くなるほど、いいものです。
コメント

newあしまわり

2009年02月26日 | RX8
磨り減ったタイヤを新しくしました。
走りながら感じる路面の感触、ハンドルさばき、耳に届く音・・・
足回りの感触がいいというのは、こういうことを言うのですね
痛んでいく時は徐々にですから、感触の悪さは自覚できませんが、
やっぱり新しくなるのというのはいいです~
コメント

残り3日

2009年02月25日 | ピアノ教室
コンチェルトのコンサートが終わり、わずか1ヶ月。
にもかかわらず、コンクールを受けてみよう!と声をかけました。
初めてのコンクール、難しい課題曲、迫る日程に悪戦苦闘しているRちゃん。
何をどうしたらいいのかと藁をも掴む心境の今が、
本人にとっては一番大変で、でもやり遂げたあと自信の根拠になるのです。
残り3日、まだまだ上手になれます!
コメント

紫のヒヤシンス

2009年02月24日 | 日記
ピンクに引き続き、紫も咲きました。
ちょっとへそ曲がりらしく、斜めに咲いています・・・。
お花の向こうに見えているネコ、(小さすぎて見づらいですね~)
わが家の初代ネコ、ガブリエルです。
コメント

よかった~

2009年02月23日 | ピアノ教室
月曜にレッスンのある小1の女の子2人。
今日は2人とも上機嫌でした。笑
やってみたら、なんだかわかる!できる!というのは、
こんなにも気持を明るく開放的にしてくれるのですね。

卒業式でうたう歌の伴奏オーディションがあるからと言って
「どうしよう、どうしよう・・・」と大騒ぎしていた小5のHちゃん。
無事に選ばれ、伴奏を弾かせてもらえることになったそうです。
けれど選ばれなかった子は、悔しくて泣いてしまったそう。
「大丈夫だよ、いいところいっぱいあったよ」と慰めたあげたんだ~とHちゃん。
上手に弾けなかった時の悔しさをたくさん知っている彼女だからこそ、
そんな言葉が口から出たのかもしれません。
そして、そんな友達の思いがわかるからこそ、
伴奏を弾かせてもらう責任の重さをかみ締めているようです。
(なんだか少し、大人になってきました。笑)

コメント

一大転機

2009年02月22日 | ピアノ教室
「先生、今人生の一大転機なんですっ!!」と開口一番。
何事かと驚いたのもつかの間、1年後に大学卒業を控えたAちゃんの説明で、なるほど~。
語学の勉強&今じゃなきゃ出来ない貴重な体験を求め、
なんとしても留学したい・・・そのための費用も自分で出したい!と。
大変な決意ですが、それをやり遂げたくて仕方ない彼女のパワーに感激しました。
その準備で超多忙な毎日が続きそうなので、
残念ながらピアノはしばらくお休みに。

ピアノは一生、夢を成し遂げた後の人生でも充分にできます。
今だからこその大きな夢、きっと素晴らしい未来が待っているはず!
彼女に精一杯のエールを送ります。
コメント

つくる過程

2009年02月21日 | 日記
コンサートは出来上がった演奏を披露する場ですが、
今日聴講に出かけたマスタークラスは、
演奏を創る過程を見ることのできる、貴重な場でした。

「決して最終的な演奏を目指して練習を重ねるのではなく、
そこへ至る様々な要素に思いをめぐらせて至ることが大切。」
何事にも共通するこの言葉が、印象的でした。


コメント

ソルフェージュ3月レッスン

2009年02月20日 | ピアノ教室
【プレクラス】…ソルフェージュを始めるための準備クラス
27(土)17:15~ゆめちゃん/けいちゃん/りょうきくん/ゆうきくん

【Aクラス】…譜読みを中心としたクラス
5(木)16:00~ゆうきくん/るなちゃん/さえちゃん
12(木)19:00~たっくん/しんちゃん/るなちゃん/はるくん/よっちゃん
19(木)16:00~るなちゃん/はるくん/さえちゃん/

【Bクラス】…小学生以上
14(土)14:00~りゅうちゃん/しょうちゃん/たっくん/しんちゃん/よっちゃん
28(土)16:30~りゅうちゃん/しょうちゃん/たっくん/しんちゃん/よっちゃん

【Cクラス】…小学3年生以上
5(木)19:00~ゆきちゃん/ゆいかちゃん
11(水)17:45~ちえちゃん/あやかちゃん
21(土)10:30~みゆちゃん/ひなちゃん
25(水)17:45~ちえちゃん/あやかちゃん
コメント

『できない』→『できる』

2009年02月19日 | ピアノ教室
『できない』という事の裏には、いろいろな要素があります。
できる方法を知らない。
できるために必要なことがまだ身についておらず、できるに至っていない。
これらの理由は『できない』中でも、上等!?な理由です。
他の理由には、
要求がない。
できていないという自覚が薄い。
なんていうのもありますが。笑

今日レッスンにみえたYさん。
『できない』ことをなんとかしたくて、
仕事から帰宅後、毎日2時間も練習を続けているそうです。
そして見えてきたのは、
がむしゃらに頑張る事が『できる』への最短距離ではないということ。
『できない』理由を見つけ『できる』方法へと自分を磨いていくこと。
時間のかかる作業ですが、必ず上達します!
がんばって
コメント