大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・アーケード・19・こざね編《県民子どもの日》

2018-03-21 15:21:56 | 小説

・19・こざね編
《県民子どもの日》

 

※ 順番が跳んだので、18回のあとに来る分です。




「この6ヵ月に、不特定の異性との性的接触はありませんでしたか?」

 この質問でぶっ飛んでしまった。
 松永さんへの輸血をする前にいろいろ聞かれるとは思っていた。最近献血をしましたか?とか、特定の薬を呑んでいませんか?とか。
 だからナースのおねえさんにシラっと性的接触なんて言われるとアセアセで頭に血が上ってしまう。
 顔を真っ赤にしていると「無いんですね」と決められて「では!」で、ブットイ注射をされてしまった。

 乙女の血は鮮やかで清純なピュアレッドだと思っていた。

 献血用のパックに溜まっていく血液は、ちょっと驚くほど赤黒かった。
――あたしっておかしいのかも?――と思っていると、隣のベッドのめいちゃんのも同様に赤黒かった。
「静脈から抜いた血液は赤黒いのよ。これが真っ赤だったら、それは動脈からの血液だから医療事故になっちゃうわ」
 心を読んだようにナースのおねえさん。若く見えるけどベテランなんだろうなあ。
「フフ、こざねちゃんは分かりやすい顔してるから」
 隣のベッドで嬉しそうにめいちゃんがウインクした。

 採血し終わって、ベッドから立ち上がると、視界が暗くなってクラっときた。

「フワ~~~~」
「おっとっと!」
 めいちゃんが抱き止めてくれる。自分だって血を抜いたところなのにしっかりしている。これって高校生と中学生の違いだろうか?
「フフ、うちのコーヒーって造血作用があるのよ」
 子どもみたくはにかむめいちゃん。コーヒーに造血作用?って思ったけど、なんちゅうか、女子としての有り方が違うと思った。
 お父さんもお母さんも亡くなっているけど、毎日お店の手伝いをして、勉強もうちの兄貴よりも出来る。絵本作家になる努力も怠らないし来週に行われる生徒会の役員選挙にも立候補している。もちアーケーズのメンバーとしてのスキルも言うことなし。

「由利もお礼を言いたがっていましたが、手術の時間があるので、ごめんなさいね」

 西慶寺に戻るためにロビーに集まっていると、松永さんのお母さんがやってきてお礼とお詫びを言われた。一瞬お姉さんかと思うくらい若くてきれいなお母さんだった。
「またお見舞いに来ます。これ、アーケーズの新しいコスチュームです。いっしょに着てステージを踏めるのを待っています……」
 はなちゃんに促されて、三好さんがコスを渡した。
「……ありがとうございます、きっと良くなって、みなさんといっしょに……夏には……」
 あとは言葉にならなかった。後ろで控えていたお父さんが、そっと肩に手を置いて、何度も頭を下げて手術室に向かって行った。

 昨日の『県民子どもの日』は大盛況だった。

 あたしたちアーケーズは前座だったけど、子どもたちは喜んでくれた。市役所の担当さんからは「子供向きにアレンジを」とか言われていたみたいだけど、「大丈夫です。商店街で実証済みですよ」はなちゃんはニコニコ笑顔で押し切った。
 で、あたしたちはいつものように演った。ちゃんと子どもたちは喜んでくれてスタンディングオベーションになった。
 そして新曲の『わたしは前へ!』はサプライズにしていたので、さらに客席は盛り上がった。

「ね、中央前から5列目見て!」

 袖に引っ込んでから三好さんが嬉しそうに言った。
「……松永さんのお父さんとお母さんだ!」
 観客席を向いたモニターに映っていた。
「うまくいったんだ……手術!」
 はなちゃんが声を押し殺してガッツポーズをした。
 みんなも音を立てずにエアー拍手をした。

 今年の子どもの日は最高だった!

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 高校ライトノベル・通学道中... | トップ | 高校ライトノベル・あたしの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小説」カテゴリの最新記事