大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・タキさんの押しつけ読書感想『大橋むつお:ノラ バーチャルからの旅立ち』

2014-08-29 07:39:05 | 読書感想
タキさんの押しつけ読書感想
『大橋むつお:ノラ バーチャルからの旅立ち』



 これは悪友の映画評論家・滝川浩一が身内に流している書評ですが、もったいないので転載したものです。


なんか、ほのぼのと胸の中から暖かくなる作品達やね、一気に読み切ったよ。

俺はノラが一番好きやね。好みのSF設定だし、落ちが二重になってるし。 WOWOWで「イヴの時間」のアニメやってました。テレビ放送があって(? 知らんけどね)それの劇場版らしい。
 タイトルと同じ名前の喫茶店があって、アンドロイドが普通に存在する未来、その喫茶店では人間とロボットを区別しない、それがルールですと、わざわざ入り口はいった所のボードに書いてある。
 ちょっと別な事をしながら見ていたから……でも、ノラを読んでから、何か気に成ってきた。もっかい見るわ。   ちょうど旧タイプが破棄されるタイミングで記憶回路が初期化されても、ノイズ入りで在るかなきかの記憶にすがっているロボットが悲しい……そこだけ、妙に覚えてます。他に、恋人が死んで引きこもった女の子の所に、その恋人ソックリに偽装されたロボがやってくるってのもあったなぁ。何? こういった設定が流行ってたんかい? 俺、最近 深夜帯のアニメを全く見てないから解んねーでんす。

 クララは、やり方によっては、立派に不条理劇になるよね。そのバヤイ、ちょっとしたホラーテイストがまざるとええんやない? ただ、そうすると、始めのチャット部分に弱い所があるかな。ハイジが来てからラストまでが短いから、チャット部分で匂わせるか、それでラストにドンってひっくり返す。まぁ、大橋さんはそんなつもりで書いてないから、俺の勝手な読み込みやけどね。でもな、これでクララはほんまに一歩踏み出せるんかな。ちょっと書き足りないんじゃない? 結論は観客に預けるにしても、問題点をも少しはっきり見えるようにしたほうがええような…… 。

 星に願いを……も、可愛いね。ただ、志穂がトコとトシ君の関係を知らなかったって所が……ムムゥなんだよな、王子の存在もファンタジーと現実の間に浮いたまんまに成ってるように思えるし。この距離感は嫌いやないけどね。

 すみれの~は懐かしいねぇ、高演の芝居を思い出すなぁ……あれが優勝じゃないなんて、いかん!怒ってたのを思い出したよ。この本が埋もれちゃうなんて(いや、これだけがそうなるってんじゃなく。今は本の回転が早いからなぁ)もったいなさすぎやね。誰か推薦図書とかにしてくれへんのかなぁ。 とにかく、書き続けてね、継続は力だよ。 ネット小説もええけどさ、脚本も続けようぜ。 高校生向けだけじゃなく大人向けにも書いてみようよ。

 大橋むつおは埋もれたらあかんでぇ。


『ノラ バーチャルからの旅立ち』ノラ バーチャルからの旅立ち:クララ ハイジを待ちながら:星に願いを:すみれの花さくころの4編入り(税込1080円)
『はるか ワケあり転校生の7ヵ月』     (税込み799円=本体740円+税)
 店頭では売切れはじめています。ネット通販で少し残っています。タイトルをコピーして検索してください。また、星雲書房に直接注文していただくのが確実かと思います。


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』    
    

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 


△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 ラノベとして読んでアハハと笑い、ホロリと泣いて、気が付けば演劇部のマネジメントが身に付く! 著者、大橋むつおの高校演劇45年の経験からうまれた、分類不可能な新型高校演劇入門ノベルシリーズと戯曲!

 ネット通販ではアマゾン(完売)や楽天があります。青雲書房に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

 青雲書房直接お申し込みは、下記のお電話かウェブでどうぞ。送料無料。送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351

コメント

高校ライトノベル・ムッチャンのイレギュラーマガジン[まだ学校が六日制だったころ]

2014-08-27 14:28:44 | エッセー
ムッチャンのイレギュラーマガジン
[まだ学校が六日制だったころ]


 もう30年ほどまえのこと。

 民間企業が、ぼつぼつ週休二日になりはじめていた。学校にはコンピューターはおろかファックスさえない時代だったころ。仕事はしんどかったが、生徒と話したり、関わりを持つ時間が多かった。わたしは困難校にいたので、この生徒との接触は教師の命だった。
 学年当初に生徒と人間的な関係を、まず作り上げる。人間関係があれば、万一の厳しい指導をしなければならない時にも話が通った。喫煙を発見しても(たいてい発見と同時に生徒はタバコを捨てて白を切る)喫っていた事実を認めさせることも、同席規定(タバコを喫っている友達の傍にいて話しているだけで同罪)でしょっ引くことも、そんなにもめなくて済んだ。今は同席規定の設定自体が難しい。
 生徒も、何くれとなく話しかけてきて、生徒の人間関係は大方掌握できていた。

 一つのメルクマールが、生徒の自殺である。

 生徒と人間関係があると、極端な行為(例えば自殺)に走る前に抑止ができた。30年の教師生活で何人か生徒に死なれたが、ことごとく交通事故で、自殺は一件もなかった。
 本職になる前、進学校で非常勤をやっていた。先生たちは図書館の司書室や、特定の教官室に集まり、株や投資の話や人の悪口に余念が無かった。一時間目と六時間目の授業を嫌がり、特別に希望時間を教務に言わなかった私の時間割は1時間目と六時間目が週5日入っていた。で、非常勤なのに丸一日学校にいるという変なアルバイト(非常勤)の先生だった。

 この学校では2年間に3人も自殺する生徒が出た。非常勤の目から見ても明らかなコミニケーション不足だった。

 話を本題に。当時は週に半日の自宅研修が認められていた。しかし、現場は、そんなものを悠長に取っているヒマなどないので、ほとんど絵に描いた餅でしかなかった。とにかく病欠などで休むと他の先生に迷惑がかかる。自習監督にいってもらって、一時間地獄のような生徒の守りをするのである。学年が違うと人間関係が希薄で、よく対教師暴力などのトラブルが起こった。心身ともにまいってしまう教師が続発。年間の自習時間は1000時間近くあったのではないかと記憶している。
 せめても、定期考査中には一日休みが取れるように教務が試験監督の時間をやりくりしてくれていた。

 そんなある年の一学期末のテストに、社会科で、教務に申し入れをして、社会科全員の休みを同じ日にしてもらい、強化研修会に出かけた。一泊つきで、前日のテストが終わった午後からほぼ全員の社会科の教師が研修に出かけた。むろん年休届は出してある。
 社会科の研修は本当に研修で、嵐山の互助会の宿泊施設を使い、風呂の時間以外は、学校や教科のことについて、喧々諤々の討論。あくる日は、比叡山の修行道を走破(実際は歩いてだが) これよりきついのは自衛隊の体験入隊しかないであろうというようなシロモノであった。もとより体力的に自信もなく仕事も溜まっていた私は抜けたかったが、教科主任をやっている手前抜けるわけにはいかなかった。

 午後三時に解散して、わたしは真っ直ぐ帰宅。そして母に真顔で新聞を突き付けられた。
「睦夫、いったい、なにやったんや!?」
「え、なに……?」
 新聞の三面のトップ記事を見てびっくりした。
「○○高校社会科、全員で許されざる研修!」そんな見出しが躍っていた。

 新聞によると、午後三時ごろ女生徒が社会科に質問にいくと教官室が閉まっていた。で、そのことを家に帰ってから保護者に言うと、保護者は、勤務時間内に教科の教師全員が不在なのはけしからんと、府教委に匿名で直訴。府庁の記者クラブにも話が及んで、三面記事のトップになったわけである。

 結果論から言うと、これは学校内部の人間が、保護者を騙って垂れ込んだドロドロな内部告発であった。

 生徒が質問に来た時間、教官室には不参加の教師が一人仕事をしていたのである。けして無人でも閉まってもいなかった。で、当時はテスト中の三時ごろ、閉まっている教官室は他にもあった。テスト中は5時15分までいなければならないようなシバリは無かった。
 また、12年勤務した、その学校で、テストの放課後に質問に来た生徒は、私が知る限りいなかった。

 教頭から始末書を書くように言われたが、教科全員が反対だった。主任として窮地に陥り、顛末書を書き、校長が府教委へ出かけた直後に教科の先生に報告。予想通りこっぴどく叱られた。
 社会科は、生徒指導や学校運営について原則を曲げない教科であった。これが遠因であるとしか言えない。

 あくる日、妙なことに事務所のガラスが何者かによって割られ、警察に被害届を出すという事件があった。関連性は分からずじまいだった。



『ノラ バーチャルからの旅立ち・大橋むつお第三戯曲集』    1080円(税込)
 書店には、まだ、あまり出回っていません。ネット通販、下記の青雲書房などでお求めください

『はるか ワケあり転校生の7ヵ月』     7月28日発売!(税込み799円=本体740円+税)
 店頭では売切れはじめています。ネット通販で少し残っています。タイトルをコピーして検索してください。また、星雲書房に直接注文していただくのが確実かと思います。


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』    
    

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 


△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 ラノベとして読んでアハハと笑い、ホロリと泣いて、気が付けば演劇部のマネジメントが身に付く! 著者、大橋むつおの高校演劇45年の経験からうまれた、分類不可能な新型高校演劇入門ノベルシリーズと戯曲!

 ネット通販ではアマゾン(完売)や楽天があります。青雲書房に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

 青雲書房直接お申し込みは、下記のお電話かウェブでどうぞ。送料無料。送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351


コメント

高校ライトノベル・ムッチャンのイレギュラーマガジン[第4回フラガールズ甲子園]

2014-08-25 13:22:19 | エッセー
ムッチャンのイレギュラーマガジン
[第4回フラガールズ甲子園]



☆フラガールズ甲子園

 一昨日、昨日(8月23日24日)いわき市で、第4回フラガールズ甲子園が盛況のうちに開かれました。

 北は秋田県から南は鹿児島県の奄美大島まで、1都9県から過去最多の24チーム、207人が出場。初めて特別支援学校のチームとして宮城県立支援学校小牛田(こごた)高等学園も参加するなど、裾野が広がりつつある(朝日新聞)

 NHKをはじめ、民放や新聞各紙で紹介されましたので、ご存じの方も多いと思います。たかがと言っては失礼なのですが、1都9県からの24チーム、207人が出場の催し物が、こんなに注目されることが興味深いのです。
 わたしが、ふだん取り上げる高校演劇は、参加校、参加人数の上では、フラダンスの何倍もありますが、取り上げるのは全国大会で地元紙の文化欄が関の山です。テレビはNHKが忘れたころにEテレビで収録したものを流してくれますが、数字は、そんなには取れていません。
 フラガールズもテレビ中継はありませんでしたが、ネット中継が行われ、あまりのアクセスの多さ(二日で80万近く)のために、繋がらなくなるというアクシデントまでありました。

☆なぜ、こんなに注目されるのか

 一言で言えば、フラダンス愛好人口の多さでしょう。2006年蒼井優などが出演してヒットした『フラガール』を見るまでもなく、全国各地にある、フラダンスの教室や愛好者の多さが物語っています。
 これに引き換え、高校演劇はふるいません。県によってはほとんど演劇部が絶滅したところもあります。比較的元気な東京や大阪でも、高校演劇連盟への加盟校は全高校の半分にも満ちません。気の毒に中学演劇にいたっては、全国的な衰退に歯止めがかかりません。

 わたしは仕事柄、芝居をよく観にいきますが、特徴的なことがあります。

 演劇の観客の老齢化です。60過ぎのわたしが観にいっても「おれ若いなあ」という感想をもつ公演が多くあります。むろん劇団四季や新感線のようなビビットな大劇団、や前世期からの生き残りの一部の小劇場などが例外的に若い観客を捕まえていますが、いわゆる新劇系統、その流れの上にあると言っていい高校演劇は衰退の方向にあります。だから、マスコミもほとんど見向きもしません。

 高校演劇を舞台にした映画も『桜の園』『行け 男子高校演劇部』などがありますが、興行的には『フラガール』に及びませんし、認知度も高いとは言えません。
 ぼんやりした推測ですが、国民的な演劇離れが背景にあるように思います。かつて、と言っても40年以上昔ですが、日本の各地に労演という演劇鑑賞団体があり、大阪ではサンケイホールを一週間ほど借り切って上演していたものです。

 プロの第一線の人たちは、実験的な取り組みに力を注いでおられます。実を結ぶことを祈るばかりです。



『ノラ バーチャルからの旅立ち・大橋むつお第三戯曲集』    1080円(税込)
 書店には、まだ、あまり出回っていません。ネット通販、下記の青雲書房などでお求めください

『はるか ワケあり転校生の7ヵ月』     7月28日発売!(税込み799円=本体740円+税)
 店頭では売切れはじめています。ネット通販で少し残っています。タイトルをコピーして検索してください。また、星雲書房に直接注文していただくのが確実かと思います。


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』    
    

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 


△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 ラノベとして読んでアハハと笑い、ホロリと泣いて、気が付けば演劇部のマネジメントが身に付く! 著者、大橋むつおの高校演劇45年の経験からうまれた、分類不可能な新型高校演劇入門ノベルシリーズと戯曲!

 ネット通販ではアマゾン(完売)や楽天があります。青雲書房に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

 青雲書房直接お申し込みは、下記のお電話かウェブでどうぞ。送料無料。送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351


コメント

高校ライトノベル・タキさんの押しつけ映画評『ハリウッド情報』

2014-08-25 07:30:14 | 映画評
タキさんの押しつけ映画評
『ハリウッド情報』



 これは悪友の映画評論家・滝川浩一が個人的に身内に流している映画評ですが、もったいないので転載したものです。


さて、エクスペンダブルス3は初登場1位になったんでしょうか?

 そいつは後のお楽しみ。月刊スクリーンの西森マリーさんのコーナー(この人、映画の引っ掛かり方が私と一緒ですわ)にまたまた注目です。
 今月のテーマは「いかにハリウッドは中国に媚びを売っているか」であります。あったりまえでは在りますが、「トランスフォーマー/ロストエイジ」があんまりっちゃああんまりだったので、アホらしいやら、フツフツと怒りが……中国は近日中に日本を抜いて世界第2の映画鑑賞国(アメリカがトップ)になると聞いていたのですが……2012年既に国内売上27億$を記録、堂々の世界第2にのし上がっています。この勢いだと、2020年にはアメリカさえ抜かれると予想されています。
 まぁ、そうはいかんと思います。数字の取り上げが偏っているし、映画産業総枠の稼ぎからするとまだまだ桁が違ってます。アメリカは何じゃかんじゃで1千数百億$ですからね。ハリウッドとしちゃ13億(15億とも)の人口は魅力ですが、映画を見にいけるのはそのうちの2億に過ぎません(それでもデカイ数字ではありますがね)
 アメリカ国内売上より中国での売上の方が上になる状況も続いています。「トランスフォーマー」がアメリカ17千万$の時に、中国では22千万$でした。「パシフィック・リム」の売上もアメリカ1億$少々に対し、中国11千万$(日本は1千4百万$で桁違い) とは言え、中国は自由市場ではなく「チャイナ・フィルム・グループ」っちゅう中国政府組織の上映許可がいります。外国映画の年間公開は34本(2011年まで20本)でかなりの狭き門。だからハリウッドはなりふり構わずチャイナ・フィルムに尻尾を振る訳です。 最近ハリウッドの悪役から中国人の姿が消えています。東洋人でなければならなければ「朝鮮人」になります。主人公が外国に行く設定も、原作ではフランスになっているものを中国に変えたり、主人公の恋人も、元々アメリカ人だったのに中国人に変更……日常チャメシすぎて、一々あげられない位です。

 当の中国人には、このハリウッドの“媚び”を「中国人を馬鹿にしている」と受け取る向きもあるそうで、何を考えてるんでしょうね? んなもん「商売」に決まっとりまんがな、ハリウッドが目指すのは「金儲け」に決まっとります。
 反中国の作品には、政府様から厳重なお叱りがございます。「セブン・イヤーズ・イン・チベット」なんざ“歴史改竄だぁ~!”てなもんで、どっかの国に対するようにカンカンです。ホンマにどの口がほざくやら、対するハリウッドは馬耳東風(今ならどうなるかわかりまへんけど)どこぞの国も知らん顔しとったらええのにね。いつ靖国に行こうと、こっちの勝手でんがな、ね〓 まぁ、チャイナ・フィルムにも抜け穴があって「合作映画」は範囲外っちゅう事で、今後中国資金がどんどこハリウッドに入りそうです。
 暫くは、ハリウッド映画で中国人が暴れ回りそうですね、しゃあないっす。
 
 まぁ、そら置いといて、“アリス・イン・ワンダーランド”の続編が決定いたしました。キャストはそのまんまで、2016年夏公開、もち“鏡の国のアリス”でんす。
 続編と言や“ミュータント・タートルズ”も2016年に公開決定。これ公開3~4日で発表されてます。
“シン・シティ”の続編が完成しました。ブルースとミッキーはこっちに出るから“エクスペンダブルス”に出なかったのかな?
 さて、ランキングですが、先週の⑧~⑩がランク外に、③~⑦が三つずつ下げてます。中でも「LUCY」が1億$〓“HUNDRED FOOT JURNEY”が邦題決定「マダム・マロリーと魔法のスパイス」…ムムゥ…このセンスはいかがなものか?新登場⑤THE GIVER(1230万$)ちょっと寒い売上、見てないんで解りませんが、“クラウド・アトラス”的失敗?④エクスペンダブルス3(1580万$)……信じられん低空飛行ですが、映画を盗まれ、違法ロードされたらしいです。ダウンロードが200万以上あったとか、災難ですね。③LETS BE COPS(2620万$)毎度お馴染みバディコップ・コメディ……全然知りませんでした。当の制作者が一番ビックリしてるようです。 ①②は先週と同じくタートルズとガーディアンズです。とは言え、どちらも3千万$以下、今週はどうも不作やったようです。
 年末にかけて、こんな感じで推移していくと思います。

 ローレン・バコールとロビン・ウィリアムスが亡くなりました。バコールは相当のお歳ですが、ロビンは60を少し超えたくらい。ご冥福お祈りいたします。 ロビンはまだまだ見ていたい俳優さんでした。色んなシーンが思い出されます。別に引っ掛けるつもりはありませんがクロエ・グレース・モレッツの最新作品は事故にあって肉体から離れてしまった魂の役、人間じゃないけど怪物でもない。久しぶりに普通の女の子を演じる彼女が見られそうです。では、この辺で。また、来週お目にかかります。



『ノラ バーチャルからの旅立ち・大橋むつお第三戯曲集』    1080円(税込)
 書店には、まだ、あまり出回っていません。ネット通販、下記の青雲書房などでお求めください

『はるか ワケあり転校生の7ヵ月』     7月28日発売!(税込み799円=本体740円+税)
 店頭では売切れはじめています。ネット通販で少し残っています。タイトルをコピーして検索してください。また、星雲書房に直接注文していただくのが確実かと思います。


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』    
    

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 


△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 ラノベとして読んでアハハと笑い、ホロリと泣いて、気が付けば演劇部のマネジメントが身に付く! 著者、大橋むつおの高校演劇45年の経験からうまれた、分類不可能な新型高校演劇入門ノベルシリーズと戯曲!

 ネット通販ではアマゾン(完売)や楽天があります。青雲書房に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

 青雲書房直接お申し込みは、下記のお電話かウェブでどうぞ。送料無料。送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351


コメント

大阪府立真田山学院高校演劇部公式ブログ・Vol・29『生意気ですがスランプです』

2014-08-21 11:13:01 | 小説4
大阪府立真田山学院高校演劇部公式ブログ・Vol・29
『生意気ですがスランプです』
   


☆どうしても入ってこないかおるという役

 いったんは完成しました『すみれの花さくころ』大女優佐藤恵さんや、先輩の坂東はるかさんに言われて、あと一歩のところがつまっていないことを気にかけて、自衛隊の体験入隊までやってきました。
 それで気が付いたのは、思っていたより遠いかおるとの距離でした。

 自衛隊の体験入隊で感じたんですが、カタチからして、全然あたしはできてへんいうことです。自衛隊の身のこなしには旧軍のものが、そのまま受け継がれているものもあります。それがあたしにはできませんでした。動画サイトで、女学生の勤労動員の様子なんかも調べました。これは、この作品に取り掛かったころにも見たんですけど。そのときは、こんなもんチョロこいと思てました。
 せやけど、稽古が進んで、自衛隊の体験入隊もやって見直してみると、全然違うんです。

 どな言うたら分かってもらえるでしょう……。

 4月の終わりごろに、学校で仲間の生徒を見ると、ああ、この子は一年、この人は三年となんとなくわかります。制服の新しい、古いもあるんですけど、発してるオーラが違うんです。ちょっと分かってもらえます? この感覚は学年が上がるほどよう分かります。つまり、高校生活を続けてるうちに分かるようになるもんなんです。

 わたしのかおるは、まだ一年生です。言い方悪いかもしれませんけど、勉強できて態度がええ子でも、やっぱり一年は一年のオーラです。以前、コンクールに出たら、地区大会優勝ぐらいはいけてるなんて生意気いいましたけど、全然自信がありません。

 坂東先輩にメールしたら、「役者は誰でも通る道。苦しめ苦しめ!」いう、ドSなメールが返ってきました。根拠のない自信が、あたしの取り柄やったんですけど、完全に自信喪失。もう逃げ出したいくらいです。

☆○○高校さんの芝居を観て。

 ご招待の案内がきたんで観に行きました。学校名も、どんな評も書いてええいわれたんですけど、やっぱり○○とさせてもらいます。
 戦争ものやいうことだけ書いときます。

 正直、頭の中でこさえた戦争やと思いました。全編通して真面目で悲惨なんです。あたしも戦時中のかおるという役をやるんで、調べたり、お話を聞いたりしました。言い方難しいんですけど、朝礼、訓示を受ける時、天皇陛下の言葉が出た時ぐらいは瞬間ビシっとします。
 せやけど、作業を含め日常は「ああ、お腹すいた」いう気持ちで、淡々と作業やってました。映像で残ってるようなもんは、カメラで撮ることを意識してるんで、どえらい力がこもってますけど、お年寄りに聞いたら、程よいペースでやってたようです。緊張してばっかりやったら、長時間の勤労には耐えられません。また怪我やらの事故もあります。せやから○○さんのは、高校演劇としては、そこそこのできでしたけど、似たような芝居やってると、違ういう意識が強くなりました。

 ただ、うちと違うて、臨時のスタッフ入れて10人以上でやってはるのは、羨ましくもあり、○○さんの日ごろの努力の結果やと思いました。そこは正直脱帽です。

☆しんどいクラブを見せてもらいます

 111校ある加盟校でうまいこといってるのは一握りのクラブです。大方は、うちみたいに兼業部員入れても5人以下いうとこばっかりです。そういうとこと連帯していきたいと思います。連帯てな大げさなこと言いましたけど、みんなが、それで元気に、立派なクラブになるちは思てません。ただ、そいうクラブがあるいうことを、みなさんに知ってもらいたいんです。立派な演劇部ばっかりやないいうことを。小烏高校さんは、盛んにブログ出して張ります。読ませてもろたら、勇気もため息も湧いてきます。世の中には、こんな演劇部もあるのかということも勉強になります。うちらは、そこからこぼれてる高校に(こんな言い方失礼かなあ)焦点をあてていきたいと思います。

☆文化祭の取り組み

 コンクールとは別のことします。『すみれ』は、ええ本ですけど、文化祭みたいなお祭り行事には向いてません。で、10分ぐらで楽しいことをやってみよ思います。いまアイデアを出し合うてるとこですけど、4人おったら、みんな意見がちゃいます。
 まあ、まとまったらご報告します。

※ このブログは、改編しない限りご自由にお使いください。出典だけ書いてもろたら嬉しいです。

 文責 大阪府立真田山学院高校演劇部部長 三好清海(みよしはるみ)
コメント

高校ライトノベル・タキさんの押しつけ映画評『ハリウッド情報』

2014-08-17 07:07:22 | 映画評
タキさんの押しつけ映画評
『ハリウッド情報



 これは悪友の映画評論家・滝川浩一が個人的に身内に流している映画評です。今回は番外ハリウッド情報です。



 てな訳で、お休み恒例“ハリウッド情報”

トランスフォーマー/ロストエイジ……世界興行10億$〓で、現在歴代19位! 因みに“アナ雪”は12億5千万$〓の5位でんす。
 エクスペンダブルス3……またまた新顔登場、その中で、ハリソン・フォード/ウェズリー・スナイプス/アントニオ・バンデラスは味方みたいです。メル・ギブソンが敵役。ジェット・リーも復活、ただ 今回もミッキー・ロークは出ないようで……大ブーイングであります(個人的に)
 スピルバーグ制作/ヘレン・ミレン主演“THE 100FOOT JORNEY”全米先週末公開(日本11/1)の作品。ヘレンのミシュラン星付きレストランの向かいにインド人が越してきて、インドレストランを開くというお話。最近のハリウッドは、オイルマネーやら日本資本、中国資金と並んでインドマネーも絡んでます。映画のストーリーにも反映されてて、金は出さんが増える傾向にあるのが、ヒスパニック向けと黒人
向け。キリスト教系作品は誰が金主かよぉ判りません。

では全米ボックスオフィス順位です。

⑩プレーンズ2(4週目、5290万$)アニメとしちゃ、お寒い売り上げ。とは言え「カーズ」の成績からすりゃこんなもんでありんす。
⑨猿の惑星:ライジング(5週目 2億$目前)前作が7週で1億7千万$強でしたからスケールアップ。 ここらで止めた方がええんやけどね……続編はあるんやろなぁ。
⑧GET ON UP(2週目 2千万$強)“ゲロッパ”でお馴染み、ファンクの帝王 ジェームス・ブラウンの自伝。まあ、来週は消えてますね。
⑦ヘラクレス(3週目、63百万$)なんとか7千万$には乗りそうな勢い、たぁ言え少々微妙。日本公開10/24……この類、最近日本じゃコケるんで、さて、どないだっしゃろ?
⑥STEP UP ALL IN(1週目 640万
$)STEP UPシリーズ最低スタート。ダンス映画で、ヒットしたためしが無いのに、毎年1本作ってます……まぁ、製作費が安いんでしょうね。これも来週には消える運命 ⑤LUCY(3週目、1億$弱)人間の脳が100%覚醒したら? っちゅうSF、今月末公開で、次の押し付けはこれです。スカーレット・ヨハンセン主演ですから“華丸お薦め”決定しとります。アハハハ〓
④THE 100FOOT JORNEY(1週目、1千万$強)上記、スピルバーグ制作の作品、内容からすると破格のスタート成績、さて、どこまで伸びますやら、注目です。
③イントゥ ザ ストーム(1週目、17百万$)これも、何年かに1本作られる“竜巻映画”……今回は同時多発巨大竜巻で、まぁ、展開は読めとります。来週 急降下すると思います。
②ガーディアンズ オブ ギャラクシー(2週目、1億8千万$)ご存知マーベルの“アベンジャーズ”系譜の一本。次がいよいよ“
アベンジャーズ2”で、これまでのいきさつからすると“ガーディアンズ”が新メンバーとして参加します。はてさて、どんな突飛なストーリーに成るんでしょうね、“アベンジャーズ2”を見る予定の人は必見。日本公開9/13です。
①ミュータント・タートルズ(1週目、65百万$)ある程度年配の方ならご存知の“亀の忍者”のお話です。キャラクターの歴史は古いと思とりましたが、なんと30年前に出来たキャラクターらしいです。案外新しいキャラなんですね。“トランスフォーマー”を、自らの暴言で首になったミーガン・フォックスが共演(これだけで、見る気が失せますなぁ)してます。1億$〓には成るんでしょうが、私、何やら嫌~~な予感がいたします。

 さて、来週は、いよいよ“エクスペンダブルス3”の公開です。初登場1位を取れるや否や。今回もド派手な映画なのは間違いなし、日本公開11/1からです。
 今回は、もう消えとりますが、日本公開未定ながら注目されるのが、“TAMMYメリッサ・マッカーシーっちゅう太ったオバサンのコメディ、低予算作品ながら全米スマッシュヒット。もう一本、ロブ・ライナー監督(名匠)、マイケル・ダグラス/ダイアン・キートン共演“AND SO IT GOES”頑固爺と隣のオバチャン設定と来たら、こらみのがしちゃいけません。十戒”のリメイク、日本公開は来年のようですが、アメリカは年末公開。さぁて、どんなモーセが登場するやら、またもや賛否両論/侃々諤々大作なんでしょうかね、相当意地悪な気分で待っております。 では、来週も“押し付けハリウッド情報”の予定。“エクスペンダブルス”の成績はどうなんでしょうか、乞う ご期待。




『ノラ バーチャルからの旅立ち・大橋むつお第三戯曲集』    1080円(税込)
 書店には、まだ、あまり出回っていません。ネット通販、下記の青雲書房などでお求めください

『はるか ワケあり転校生の7ヵ月』     7月28日発売!(税込み799円=本体740円+税)
 店頭では売切れはじめています。ネット通販で少し残っています。タイトルをコピーして検索してください。また、星雲書房に直接注文していただくのが確実かと思います。


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』    
    

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 


△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 ラノベとして読んでアハハと笑い、ホロリと泣いて、気が付けば演劇部のマネジメントが身に付く! 著者、大橋むつおの高校演劇45年の経験からうまれた、分類不可能な新型高校演劇入門ノベルシリーズと戯曲!

 ネット通販ではアマゾン(完売)や楽天があります。青雲書房に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

 青雲書房直接お申し込みは、下記のお電話かウェブでどうぞ。送料無料。送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351


コメント

高校ライトノベル・ムッチャンのイレギュラーマガジン[ちかごろ私が憑かれていること]

2014-08-16 19:40:54 | イレギュラーマガジン
ムッチャンのイレギュラーマガジン
[ちかごろ私が憑かれていること]
      


☆お盆に入ってから

 うちはリビングが二階にあって、引き戸をあけると幅の狭い廊下を挟んでトイレになっている。数年前に人感センサーをつけ、ドアを開けるとライトが点くようにした。ただセンサーの角度が悪いのか座って二三分すると消えてしまう。だから、消える直前に体を動かし、センサーに存在を認知させる。ところが良く晴れた日など、小さなライトの明かりなど、有っても無くても同じで忘れることがある。
 先日、トイレに入ろうとすると「入ってます!」と、カミさんの声。

 で、盆に入った初日。

 リビングの引き戸を開けると、トイレのドアの内側から、注意喚起するように、トントンとノックの音。ああ、またカミさんかと思って一階へ。こんなことが三回続いて一階に降りると、洗面でカミさんがガシガシと歯を磨いていた。
「え、トイレにおったんちゃうのん?」
「え、なんで?」
 カミさんは超常現象めいたことが嫌いなので、説明はしなかった。

 明日は母の新盆。さんざんボケて逝ってしまった母だけど、あのノックの早さは健常な反応だった。盆の終わりまではしゃっきりしようと思う。健常なころは口うるさい母だったから。

☆人形集め

 いい歳をして人形を集めるようになった。というか目覚めた。

 最初は1/6というビッグサイズのアメリカ戦車のプラモをAMAZONで発見。それに1/6の人形を乗せようと思った。特に人形やフィギュアーの趣味はなかったのでドラゴン製のドイツ兵が一体あるだけ。アメリカ兵を乗せたかったけど、このシリーズは、とっくに廃版になっていて手に入らない。
 そこで目についたのが『ガールズパンツアー』 1/6の女性の人形は適当な値段で売っている。まあ、戦車のプラモが届くまでに二三体も揃えれば……それが、いつの間にか9体に増殖してしまった。

 人形(ドールの名称の方が一般的)は奥が深い。

 人形はカスタマイズが基本で、素体というボディーとヘッドを別々に買い、ヘッドは自分で目鼻口などの造作を書き入れる。一体ずつ表情・個性が違う。違うところにハマってしまった。1/6が、いつのまにか1/3というビッグサイズになってきた。
 1/3になると目玉、ウィッグも買わなければならない。むろんヘッドは自分で描く。で、素体と組み合わせると、思いもかけない個性がそこに出現する。
 パソコンの傍に置いているので、仕事を覗かれているような塩梅になる。
「そんな表現しかないの?」
「その展開はないよ」
 などとかしましい。
 良くできましたという顔をしているときも、そうでないときもある。自分の心の投影だとは思うのだが、コミニケーションは、割にリアルである。わたしの仕事や作品に、まるで関心が無い家人よりはよく見てくれている。

 初期の状態を写真に撮りフェイスブックに投稿したのを見た大学生とおぼしき男子から、人形集めを揶揄するダイレクトメッセージがきた。最初は「観客の反応を審査に反映させない高校演劇について疑問を持った」というような内容で、これは、わたしが普段から思っている高校演劇の問題と同じ意識なので、真面目に持論を打って送った。

 わたしは高校演劇には審査基準が必要と考えていて、私案も用意しアップロードしている。で、そには観客に感動を与えられたかという項目がある。それを要約してダイレクトメールで送った。

 すると彼のキミは「それじゃ、お人形でも客席に並べて反応させれば」などと、アホな返事を返してきた。
 アホには二つの意味がある。高校演劇を心配しているふりをして、人を揶揄してきたこと。わたし個人を揶揄するだけでなく、高校演劇そのものをコケにしていることに気づいていない。
 もう一つは、人形を集めているということだけをとって、わたしを「きしょいオヤジ」とカテゴライズした浅はかさである。

 ドールやフィギュアを趣味としている人(意外に男に多い)すべてを「キショイ」でくくってしまっている。ドールやフィギュアが趣味な人は多い。趣味だけで人を揶揄するのは子供のすることである。

 大学生と思ってコメントのやりとりをしていたが、やめた。以前なら、直に会って話をした。3年前関東の演劇指導者の方と意見があわなかったので、来阪されたときに互いに時間をやりくりして3時間ほど論議し、根本ではいっしょだが方法論、表現の仕方が違うことを確認して、今でもSNSを通じてやりとりがある。
 彼にも、そうしようと思ったが、あまりの幼さに止めた。きっと「この線から、入ってくんな!」というような不毛で寂しいことを言われそうな気がした。中学生あいてにラインで、身のお粗末さを露呈した議員さんもいたことを思い出す。
 昔は、老若男女にかかわらず「寄らば論戦」という学生運動のころの癖が離れなかったが、どうやら、この憑物ははなれたようだ。



『ノラ バーチャルからの旅立ち・大橋むつお第三戯曲集』    1080円(税込)
 書店には、まだ、あまり出回っていません。ネット通販、下記の青雲書房などでお求めください

『はるか ワケあり転校生の7ヵ月』     7月28日発売!(税込み799円=本体740円+税)
 店頭では売切れはじめています。ネット通販で少し残っています。タイトルをコピーして検索してください。また、星雲書房に直接注文していただくのが確実かと思います。


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』    
    

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 


△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 ラノベとして読んでアハハと笑い、ホロリと泣いて、気が付けば演劇部のマネジメントが身に付く! 著者、大橋むつおの高校演劇45年の経験からうまれた、分類不可能な新型高校演劇入門ノベルシリーズと戯曲!

 ネット通販ではアマゾン(完売)や楽天があります。青雲書房に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

 青雲書房直接お申し込みは、下記のお電話かウェブでどうぞ。送料無料。送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351


コメント

大阪府立真田山学院高校演劇部公式ブログ・Vol・28『ああ、自衛隊体験入隊! その2』

2014-08-11 15:59:34 | 小説4
大阪府立真田山学院高校演劇部公式ブログ・Vol・28
『ああ、自衛隊体験入隊! その2』
    


☆体験ピックアップ その二

 昼からは「障害走路」
 隊旗を持ったあたしを先頭に、あやめ、はるな、長曾我部先輩、淀先生と続いて「エッチ、エッチ、エッチネ、ソーレ!」と掛け声も勇ましく、500メートルほど駆け足。なんか藪の入口みたいなとこに着いた。
「ただいまより障害走を実施する。障害走とは……(あとは言葉が難しいんで、よう分からへん)……以上。かかれ!」
 指導教官の説明のあと、返事だけはかっこよく、障害走にかかる。説明は、よう分からへんけど、見たら一目瞭然。簡単に言うたら『サスケ』の予選みたいなもん。メニューは以下の通り。

1 :飛び越え障害(これは簡単、20センチほどの柵越え)
2 :ロープ(4メ-ターほどのロープを登って降りる)
3 :丸太橋(8メーターほどの丸太の上を駆け足)
4 :囲壁(2メーターほどの壁を勢いつけて乗り越える)
5 :柵(50センチほどの木の柵を5つほど乗り越える)
6 :壕(要は小さな堀に飛び込んで出てくる)
7 :跨ぎ障害(40センチほどの鉄の柵を、いくつも跨いで走る)
8 :高鉄条網(高い鉄条網を、40度ぐらいの勾配でかけられた板に載って乗り越え)
9 :水平棒(ようは雲梯の親分)
10:壕飛越(6でやったような壕を飛び越える)
11:低鉄条網(やっとくぐれるぐらいに張った鉄条網を這いながらくぐる)


 要は障害物競走。ただ、これを全行程走って5分以内に終わらんとあきません。一発でクリアしたんは予備自衛官の淀先生だけ。あやめがドンケツで7分30秒。全員が時間以内にできるまでやります。
 何回やったかは内緒ですけど、5時になるとラッパが鳴って国歌君が代が流れます。ほんなら本職さんと淀先生は不動の姿勢になり、微かに見える日の丸が下ろされるのを、なんちゅうかキリっと見つめます。
 これは強制されませんでした。
 せやけど、本職さんらがやってると、長曾我部先輩が、これに倣い、気いついたらみんなでやってました。

 宿舎に帰ってびっくり。

 朝、きちんとメイキングしたベッドがメチャクチャ。シーツも枕もめくられ放られ。
「やりなおし、かかれ!」
 で、もっかいやり直し。理由はシーツが2センチずれてたから。厳しい~!

 晩御飯はフライの寄せ上げ、大盛りごはん、お味噌汁、サラダ。訓練はともかくご飯は美味しい。

 あくる日、起床にまつわるゴタゴタは省略。トラックに乗って別の演習場へ。途中一般道を法定速度を守って走るよって、車が何台も追い越していく。ガラの悪そうな兄ちゃんらが「おお、自衛隊にも可愛い子おるやんけ!」嬉しいような、腹立たしいような……。

 演習場に着くとエンピいう歩兵用の小さなシャベル渡されて、ひたすら壕掘り。一人一つずつ。どうやら、これがタコツボいうもんらしい。案外大変で、淀先生は30分ほどでやってしもたけど、全員が出来たんは、もうお昼前。

 で、昼食(なんや食べてばっかり)飯盒炊爨でカレーを作って食べる。本職さんらといっしょに喋りながら食べる。食事のときは指導教官の人らが付いてくれはって、最初はぎこちなかった会話も自然になってきた。戦時中の女学生やる言うたら、女性隊員の人で詳しい人が居てて、昔の軍事教練の基本姿勢なんか教えてくれはった。えらい詳しい思たら、夕べうちらの話を聞いて、資料室で調べてくれはったそうです。感謝!

 昼からは戦車に乗せてもろた!

 正式には戦車とちごて、歩兵支援戦闘車「ライトティーガー」いうらしいです。鉄の塊が、あんな速いとはびっくりでした。

 たった二日、それも、あたしの役作りのために、みんなもいっしょにやってくれて大感謝です。自分でも分かってきました。身のこなし方が、今までのはちゃういうことが。
 コンクールの日程言うたら、本職さんらが、観に来てくえはるそうで、ただでも少ないコンクールの観客動員に繋がると、嬉しなりました。


  文責 大阪府立真田山学院高校演劇部部長 三好清海(みよしはるみ) 
コメント

高校ライトノベル・タキさんの押しつけ映画評『トランスフォーマー/ロストエイジ』

2014-08-10 07:27:05 | 映画評
タキさんの押しつけ映画評
『トランスフォーマー/ロストエイジ』



 これは悪友の映画評論家・滝川浩一が個人的に身内に流している映画評ですが、もったいないので転載したものです。


アクションは、そらぁ見事なもんで、思いっきり食い足りなかったシリーズ第一作とは天地の開きです。

 殊に、戦闘でもつれ合うと、どちらがオートボットでどちらがディセプティコンか判然としない場面が有りましたが、前作くらいからデザインを判りやすく分けてあるので、そういう錯誤もありません。
 頭空っぽにして、いらん事は考えず、ただただお楽しみ下さいませ。お薦めいたします。

 で、ここからは私の私的小理屈であります。本作から、シャイア・ラブーフが外れて、マーク・ウォールバーグが人間の主役です。なんでシャイアが外れたのか、一切説明っちゅか情報はありませんが、作品のイメージを変えるってのは言い訳で、この所のシャイアの御乱行が祟ったんじゃないですかねぇ。
 このシリーズ、シャイアの恋人役が、暴言吐いて降ろされたり、なぁんかキャストにケチがつきますなぁ。間違いなく次回作が有りますから、今回キャストの皆様、くれぐれもご注意されたしであります。
リメイクではなく、リブートで、人間キャスト総入れ替え。しかし、前作から3年後設定なので、ドラマ構成が難しい所ながら、その点は上手く作ってあります。マーク演じるオヤジは果敢に戦闘にくわわりますが、シャイアのように単に無謀ではなく、動機も武器もちゃんと用意……し・か・し~~、ロボと人間の圧倒的なエネルギー差からして、あんなシーンに飛び込んだら瞬殺でミンチやなぁってのは今回も感じました。飛んできた小石一個が当たっただけでお陀仏でありますわ。まぁ、これを言い出すと映画にならんので禁句ですがね。
 それと、ストーリーそのものに唐突で乱暴な所が散見、これはマークと娘のエピソードに時間を割いたので編集上の都合でしょう。なんせ2時間45分ですからこれ以上長くは出来なかったでしょうからね。最後に、こらど~~でもよろしおまんねんけど。本作、中国にえらい気イ使ってます。ラストの戦場が香港で、「香港は政府(北京)が守る」っちゅう政府高官が登場、「ジェット機で攻撃する!」
とぶち上げる。どこの基地から上がったのか知りませんが、待てど暮らせど飛んできませんけどね。
 エレベーターに乗り合わせただけの兄ちゃんがえらい強かったり……。
 大作映画の場合、国内版以外にインターナショナルバージョンを用意しますが、本作にはもう一つ、中国バージョンがあります。 さぞかし、解放軍が活躍するんでしょうなぁ。人海戦術だとか言って、人民の海でディセプティコンを飲み込んだりして……アハハハ ハリウッドは政治に敏感で、政府が中国に秋波を送っているとなると、恥も外聞もなく摺りよります。ずっと敵対していた筈が、経済的に有効となると、政治的に何ら変化も無いのに百年前から友好国みたいな雰囲気です。

 これの一発目は、ディズニーが「ムーラン」なんてなアニメを作った辺りです。

 まあ、ええんですけどね、なんかしらけます。とは言え……です、中国の映画鑑賞人口は日本を抜いて、アメリカに次いで世界二位に成
ると言われています。本作は米中同時公開され、アメリカで1億7千万$売り上げに対して2億2千万$の売り上げ、こらぁゴマの一つもすらんとあきませんわなぁ。
 と、まぁ、ど~~でもええ小ネタでございました。おっと、忘れておりました。今日は久し振りに3Dを見ました。結論から言って、まぁまぁの出来で頭痛もしなかったのですが、映画の始めの方ではこれ見よがしに浮き上がる画面が気色悪いし、若干のブレも感じる、一番奥の背景が書き割りのように見えてしまう。ただ、見ている内に気にならなくなる……のではありますが、どうやらカラクリがありそうです。所々で3Dメガネを外して見るのですが、外すと当然ダブった映像が見える訳ですが、そのダブり具合が段々緩く成っているように見えます。映像の飛び出し加減で製作費に差が付くもんでも無いと思います。 ちゅう事は、やはり極端に飛び出す映像は不自然だという判断が製作側にもあって、見慣れると自然に見えるんだと観客に錯覚させる工夫(ワザワザ)がされてるんですね、なんのこっちゃら。
 てな訳で、やっぱり3Dはまだまだの技術です!と結論いたします。こんなもんで別料金盗るんやないわい〓〓〓 映画は2Dで充分であります。これ結論!



『はるか ワケあり転校生の7ヵ月』     7月28日発売!(税込み799円=本体740円+税)
 店頭では売切れはじめています。ネット通販で少し残っています。星雲書房に直接注文していただくのが確実です。


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』    
    

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 


△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 ラノベとして読んでアハハと笑い、ホロリと泣いて、気が付けば演劇部のマネジメントが身に付く! 著者、大橋むつおの高校演劇45年の経験からうまれた、分類不可能な新型高校演劇入門ノベルシリーズと戯曲!

 ネット通販ではアマゾン(完売)や楽天があります。青雲書房に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

 青雲書房直接お申し込みは、下記のお電話かウェブでどうぞ。送料無料。送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351

コメント

大阪府立真田山学院高校演劇部公式ブログ・Vol・27『ああ、自衛隊体験入隊!』

2014-08-09 10:12:07 | 小説4
大阪府立真田山学院高校演劇部公式ブログ・Vol・27
『ああ、自衛隊体験入隊!』
       


☆しばらく死んでました

 大女優佐藤恵さんの勧めで、こないだ一泊二日で陸上自衛隊S駐屯地に体験入隊してきました。帰ってからすぐにブログ書かならあかんかったんですけど、体力・気力完全に絞り切って、ようやく今になりました。ほんま、死にそうでした。

☆体験入隊ピックアップ その一

 なんと、顧問の淀貴美先生は、予備自衛官でした!
 宿泊を伴う行事なんで、顧問の先生の活動計画と引率がないとできません。当たり前やったら夏休み前に職員会議で一括審議されて、許可がでるんですけど、今回は二日で許可がおりました。その理由の一つが淀先生が即応予備自衛官(なんかあったら、すぐに自衛隊員の代わりになれる元自衛官)やったからです。

 朝7:30にJR谷町駅で制服で集合。電車を三回乗り換えてS駐屯地へ。
 最初に親の承諾書と同意書(万一事故があっても自己責任。シャレちゃいます)ほんで簡単な健康診断。で、体験入隊用の事業服を貸してもろて、あやめとはるなで4人部屋へ。淀先生と長曾我部先輩は隣の部屋へ。
 すぐに女性自衛官の人が来て、事業服なんかの着方、ベッドメイキングを教えてもらいました。そのまま集合かと思たら、もっかい事業服を脱いで、ベッドも元にもどして、一から自分でやるように言われました。時間は5分。

「かかれ!」の号令で一斉に着替えて、30秒遅れで隊舎から営庭に行こ思たら、入り口に置いといた靴がどこにもありません。先生と先輩は、とうに営庭に行った気配。
「あ、うちらの靴!」
 はるなが、外に放り出された靴を発見。
「なんでえ」言いながら拾いに行くと、後ろで声。
「あなたたちが、きちんと脱がないからよ。規律と連帯責任、頭に叩き込む!」

 結局1分遅れで営庭へ。

「遅い! A班全員腕立て伏せ20回!」先任指導教官に怒られる。で20回腕立て伏せ。その間も「体を真っ直ぐに! 頭を下げない! 腕はキチンと曲げて!」と責め立てられ、終わったら、もう、それだけで汗みずく。先生と先輩は涼しい顔。
 そのあと、訓示があって、気を付け、右向け右、左向け左、回れ右、列の整頓、敬礼の練習。一発で合格したんは先生だけ。

 それから、ひたすら行進の練習。

 掛け声は「一、二、一、二」やけど、発音すると「エッチネ! エッチネ!」と聞こえるけど笑えません。笑うたら、恐怖の腕立て伏せがまってます。
 駆け足のときは「エッチネ、ソーレ! エッチネ、ソーレ!」になります。列の戦闘は、あたし。最後尾が先生。その横を指導教官が付いて「声が小さい!」「間隔を広げるな!」と怒鳴られます。
 信じられへんことに角を曲がる時も直角。間違うと、その都度やり直し。

 もう、これだけで午前中が潰れ、顎の先からポタポタと汗。パンツもお漏らししたみたいにグチョグチョ。生まれて、ここまで汗かいたんは初めて。
 昼食前に事業服の上脱いで頭から水被って汗流して、タオル一枚だけで体拭いて、昼食。

 お昼ご飯は、カツ丼。もう丼からはみ出しそうなトンカツが載ってて、チョー山盛り。それにお味噌汁とサラダ。食べきれるか思たけど、完食。

 で、昼からは、もっとえげつないことが待ってた……。

 文責 大阪府立真田山学院高校演劇部部長 三好清海(みよしはるみ)
コメント

高校ライトノベル・タキさんの押しつけ読書感想『池井戸潤:銀翼のイカロス』

2014-08-08 07:11:55 | 読書感想
タキさんの押しつけ読書感想
『池井戸潤:銀翼のイカロス』



 これは悪友の映画評論家・滝川浩一が個人的に身内に流している読書感想ですが、おったいないので転載したものです。



北方版「水滸伝」「楊令伝」「岳飛伝」……漸く、頭からの読み返しが終わり、久方ぶりの新刊です。

「ロスジェネの逆襲」に続く“半沢直樹”シリーズ第四弾。半沢は本店に戻り、営業第二部次長に返り咲いています。
 前回の活躍からすると、平取部長……最低でも、と 思わんでもないんですが、この人 周りの迷惑考えずに喧嘩三昧ですからねぇ、敵を作り過ぎて、合併銀行内融和を図る中野渡頭取としては、あまり優遇人事が出来ないんでしょうね。これが生産現業なんかだと、一発で15人抜き出世しますな。
 半沢君、どんどん扱い金額がデカくなり、今回は500億の債権絡み、とうとう政治家も絡んできます。モデルに成っているのは「日航倒産」と「民主党の政権奪取」……いずれも日本を揺るがした大問題ではありますが、割と軽いタッチで仕上げてあります。半沢の行動原理は、ただただ“まっすぐ”ですから、普通は考えにくい選択を重ねて行きます。
 通常、本作のような“政策判断”に絡むマターはもっと複雑怪奇で、「快刀乱麻を斬る」なんて事をやっちまうと、後の混乱の方が深刻になります。 まぁ、民主党政権下では、「ありえね~!」と叫びたくなるような醜態が繰り返され、果ては こちらも呆れて笑うしかなくなりましたから……案外このストーリーもリアルなのかもしれませんがね。
 半沢が窮地に立たされ、そこから如何に反撃するかのシテュエーションを楽しむ作品ですから、ストーリーには一切ふれませんが、正直、反撃の方法に新し味が無いですね。金融現場では、これしか無いでしょうし、あんまり珍奇な事をされると、それこそリアルが滑り落ちるでしょう。とはいえ、少々先読み出来てしまいます。 その分、中野渡頭取の苦悩と決断を盛り込んで、これまで「謎の人」であった頭取の正体を開かしたりしています。

 評価としては、一級の金融小説ですが、第一作「俺たちバブル入行組」を超えられないように思います。

 真山仁の「ハゲタカ」程にぶっ飛んだ設定にも出来ないでしょうから、作者としても辛いでしょうねぇ。 本作は、明らかにテレビの2ndシーズン用に急がされた経緯もあると思います。日本ってのはまだまだ貧しいんでしょうね、熟成より消費優先です。決して つまらない訳じゃないんですが、段々軽く成っていると感じるのは私だけじゃないと思います。

 半沢はこの辺にして「水滸伝」を読み終えて(直訳本も含めると、通算15~6回読み返してますか?)毎回思うんですが、アタシャ梁山泊頭領/及時雨・宋江っちゅうオッサンに全く魅力を感じません。
 同じく「項羽と劉邦」の劉邦や「三国志」の劉備なんかも全くあきません。なんでこんなオッサンを担ぎ上げて、名だたる英傑達が従うのか理解不能。 北方謙三にせよ、司馬遼太郎にしても、このオッサン達を魅力的な人物に描こうとしていますが……どうもあきません。
 元々の中国原典が問答無用で「この人が親分なんだ」っちゅう書き方で、ある種の「中国人の理想」なんかなぁとも思うんですが、なぁんか納得行かない。三国志をよんでいても、つい呂布に肩入れしたくなります(最強戦士だが、あまりにも馬鹿)、だから、並み居る英傑達が純粋で一本気な所に、何やらウダウダと口先だけのオッサンはウザイのであります。



『はるか ワケあり転校生の7ヵ月』     7月28日発売!(税込み799円=本体740円+税)
 店頭では売切れはじめています。ネット通販で少し残っています。星雲書房に直接注文していただくのが確実です。


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』    
    

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 


△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 ラノベとして読んでアハハと笑い、ホロリと泣いて、気が付けば演劇部のマネジメントが身に付く! 著者、大橋むつおの高校演劇45年の経験からうまれた、分類不可能な新型高校演劇入門ノベルシリーズと戯曲!

 ネット通販ではアマゾン(完売)や楽天があります。青雲書房に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

 青雲書房直接お申し込みは、下記のお電話かウェブでどうぞ。送料無料。送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351

コメント

高校ライトノベル・タキさんの押しつけ映画評『るろうに剣心~京都大火編』

2014-08-03 12:00:02 | 映画評
タキさんの押しつけ映画評
『るろうに剣心~京都大火編』



 これは悪友の映画評論家・滝川浩一が個人的に身内に流している映画評ですが、もったいないので転載したものです。


タケルンとエミチャンファンの皆様、お待たせ!必見であります。

 だから「るろ剣」ファンは、以下 読まないでええよ~~〓
 正確には完結編を見た上で最終評価します。取り敢えず今作の感想。
 長いよ~、2時間20分? マァジですかい、ほんで9月に続きがあります。 正直、原作を知らない者には辛い2時間強です。
 私、結局 アニメビデオを見ただけで原作未読。 そんな私でも、剣心/佐藤健、薫/武井 この二人がドンピッタリなのは判ります。

 今作志々雄役の藤原竜也が名演です。志々雄の狂気と悲しみ(今作に“悲しみ”は関係ないけど、次回完結編には出てくる…筈。原作読んでなくても、それくらいは知っている)が、目の表情から現れている。 やっぱ、巧い役者は余裕があります。逆にダメなのが、志々雄の部下の一人 沢下条と、家族を志々雄の一党に殺されたガキ。
 沢下条役、よう喋らんのなら「大阪弁」使わないで頂きたい。耳障りなだけ。 ガキ役、最近の子役は巧い子ばっかりなのに、この下手さ加減は一体何?
 ついでに言うと、エキストラを5000人使ったらしいが、ちゃんと演技指導してません。ほとんど衣装を着けてウロウロしているだけです。
 これを書くと、まぁた剃刀の刃が届きそうですが、原作の世界観が元々ムチャクチャ(漫画には説得力が在るんだと思いますが)なのに、それを実写映画としてリアルに見せる工夫が無い。
 瀬田役/神木隆之介も、現代の中学生が着物を着てチャラチャラしているようにしか見えない。神木隆之介は巧い役者なので、これは偏に監督の責任、それとも堤幸彦の作品に出過ぎて壊れたのかな? 大体が大嘘の明治初期が舞台。大嘘を本当に見せるには、舞台がグルッと回って虚構が真実に見えるまで大嘘を積み重ねる事。それが、何の説明の無いままに小嘘を並べてある。原作を知っていれば、総て「前提」なんだけど、原作を知らない身には小嘘が出る度に一々納得しなければ先に進めない。

 前作ではアクションがまるで「香港カンフー」だったが、今作は多少マシ。但し、これは原作の曖昧さなのか、映画監督(アクション監督)の無知なのかは判らないが、暗殺剣と技巧的剣術と戦場の剣の区別がついていない。剣心の剣法は明らかに多数を相手の戦場の剣、細かいようだが、これの区別がついていないとリアリティがすり抜けていく。
 同様に、薫が木刀で素振りしているシーン。ヨレヨレの振りだし、切っ先が震えている。芝居じゃあるまいし映画なんだから、いくらでも細工できるのに、なんでそのまんまなん? そういや剣心も、振り抜かずになぜているように見える所がある。アクション監督 何してた?
 とにかく、細かいお約束が多すぎて、そのまんま受け入れるのがしんどい。 何度も言うが、実写にはアニメとは違う作法があります。それを守らずに漫画をそのまま映像にしてもリアリティは生まれない。 せっかくスケールのある話と迫力シーンの連続なのに、小嘘で繋ぐと、そいつに引っかかって楽しめない。
 来月までに原作を、せめて京都編だけでも読もうと思いますが……あの絵柄があきまへん。結局、読まんやろなぁ。

 誰か、持ってたら貸しておくんなさい。



『はるか ワケあり転校生の7ヵ月』  
 7月28日発売!(税込み799円=本体740円+税)
『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』    
    

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 

 ラノベとして読んでアハハと笑い、ホロリと泣いて、気が付けば演劇部のマネジメントが身に付く! 著者、大橋むつおの高校演劇45年の経験からうまれた、分類不可能な新型高校演劇入門ノベル!

 ネット通販ではアマゾン(完売)や楽天があります。青雲書房に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

 青雲書房直接お申し込みは、下記のお電話かウェブでどうぞ。定価本体1200円+税=1296円。送料無料。
送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

大橋むつお戯曲集『わたし 今日から魔女!?』
 高校演劇に適した少人数戯曲集です。神奈川など関東の高校で人気があります。
 60分劇5編入り 定価1404円(本体1300円+税)送料無料。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351 
コメント

大阪府立真田山学院高校演劇部公式ブログ・Vol・26『壁にぶつかりました』

2014-08-02 22:57:12 | 小説4
大阪府立真田山学院高校演劇部公式ブログ・Vol・26
『壁にぶつかりました』 
 
        


☆生意気なようですが完成はしました

『すみれの花さくころ』歌も芝居もバッチリです。このままコンクールの予選に行っても一等賞はとれる出来になりました。課題は挿入曲の演奏が生やったらええなあと思って、軽音に入ってもらおうかということぐらいです。スニーカーエイジのメンバーから漏れた軽音の部員がいっぱいいてて、発散の場所がないんでウズウズしてます。乗せ方と話の持っていきようかなと思うてます。
 将来的な問題ですけど、もう演劇部が単独では成立せえへん時代が来ると思うてます。かたや軽音みたいに所帯が大きなりすぎて、動きがとりにくいクラブもあります。

 舞台芸術部……てなもんを考えてます。発表の場が舞台にあるクラブからハミゴを集めたら面白いクラブになると……まだまだ夢物語ですが。

☆大ショック!

 坂東はるかさんが、うちの先輩やいう話は何回もしました。ご本人は一回だけ観に来てくれはりました。
 ところが、なんと今日は、東京の大劇団日本芸術座の佐藤恵さんが観にきはりました。もう80歳を超えた新劇界の重鎮です。
 なんで、こんなエライ人がきたかというと、テレビではるか先輩と共演しはったときに、うちの芝居が話題になって、大阪に仕事があるついでに観ていかはりました。
 緊張はしましたけど、自信はありました。プロに見られても恥ずかしない出来になったと思うてましたから。

「はるかちゃんのに比べたら数段落ちるわね」

 ガーン……空が落ちてきたみたいなショックです。
「どこが、あかんのでしょう……?」
 蚊の鳴くような声で聞いてみました。

「作品に血が通ってないのよ」

 ゲ、まさか、あのときの審査員と同じ評とは……。
 前の審査員は、そのあと具体性のある説明は一切してくれませんでしたけど、佐藤さんは具体的でした。
「役にはね、世代性と時代性がいるの。現代の女子高生のすみれと、70年前のかおるは女学生。そして、あなたたちも同じ年頃。世代性は出てるわ。笑ったり泣いたり喜んだり切ながったりは、いいと思うの。でもね、二人が同じ時代の人間に見えちゃう。これは主にすみれの三好さんの問題だけど」
「時代性と言いますと……?」
「立ち居振る舞いから、呼吸まで違うわ。だいいち三好さんからは戦争の匂いがしない。例えば教育勅語やってごらんなさい」

 で、あたしは、やりました。

「朕(ちん)惟(おも)フニ、我ガ皇祖(こうそ)皇宗(こうそう)、國ヲ肇(はじ)ムルコト宏遠(こうえん)ニ、徳ヲ樹(た)ツルコト深厚(しんこう)ナリ。我ガ臣民(しんみん)、克(よ)ク忠ニ克(よ)ク孝ニ、億兆(おくちょう)心ヲ一(いつ)ニシテ、世々(よよ)厥(そ)ノ美ヲ済(な)セルハ、此(こ)レ我ガ國体ノ精華(せいか)ニシテ、教育ノ淵源(えんげん)、亦(また)実ニ此(ここ)ニ存ス……」

 ここまでやって、佐藤さんの目力で止まってしまいました。佐藤さんは黙って舞台に上がり、最敬礼をされたかと思うと……。

「朕惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニ ヲ樹ツルコト深厚ナリ我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ 世世厥ノ美ヲ濟セルハ 此レ我カ國體ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス 爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ 恭儉己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ……で、このあたりから鼻水がズズーになるわけ」

 これだけで違いが分かりました。背筋の伸び方の自然なこと。あたしは力みかえってるのが初めて分かりました。で、その真似をしても、あやめもはるなも笑うだけ。
「アハハ、先輩、全然ちゃいます」
「仕方ないわよ、あたしは現役の女学生で、ほんとにやってきたんだから。数をこなすことね。逆を考えてごらんなさいな。あたしは、あなたたちみたいにスマホをいじりながら歩けません。まあ、わたしに女子高生の役なんかくることはないけど、やるとしたらスマホの習得からやるかなあ……」

 あたしは悟りました。あのころの女学生の生活をしてみならあかんと。

「一度一日だけ自衛隊の体験入隊やってごらんなさいよ。知り合いの息子が、どこかの連隊長やってるから、頼んだげる」
 で、佐藤さんは、その場で電話しはって、このクソ暑い時期に自衛隊の体験入隊が決まりました。
「でも、不思議ね……はるかちゃんの『すみれ』は白羽君から借りて観たけど、あたしが観ても引っかからないくらい、自然な女学生が出来てた。教育勅語なんかチョロイもんだったけど、空襲の恐怖感が本物だったのにはびっくりした」

 これは、分かってました。はるか先輩には見本になる人がいてたんです。信じられへんけど、人間やない見本が。
 その辺は、出始めた『はるか ワケあり転校生の7カ月』に詳しく出てます。

      

 とにかく役の肉体化いうのは、なかなか難しいもんです。全てのことに言えるんでしょうけど、物事に近道はありません。

 まだまだ道は遠いというのが実感でした。初心にもどってやり直します。


 文責 大阪府立真田山学院高校演劇部部長 三好清海(みよしはるみ) 
コメント