大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

大人ライトノベル・タキさんの押しつけ映画評『オブリビオン』

2013-05-31 15:35:48 | 映画評
タキさんの押しつけ映画評
『オブリビオン』



 これは悪友の映画評論家・滝川浩一が個人的に身内に流している映画評ですが、もったいないので転載したものです。



 映像良し、アイディア…う~ん、悪くはない。

 原案は、コシンスキー監督(TRON/Regacy)のグラフィックショートノベル(恐らく制作プロモ用に作られた?) デザインは極めてシンプルで徹底的に機能的、リアルな造形です。
 ただ、食い足りない。殊に普段からアニメの描く未来絵図に浸っている我々日本人を唸らせるには3つも4つも仕掛け不足。
 初めに説明される2077年の世界感が180度覆されるのだが、これじゃ足りない。日本のSFの優れているのは、180度から更に進み 359度…あと1度で元に戻る、そこで地平線がひっくり返る。世界は円ではなく、あるいは螺旋であったり 球体であったり、後1度の先は虚空に落ち込んだりする。日常、こんなひねたストーリーに触れていると180度の世界感は途中経過にしか過ぎず『これで終わりなん?』と感じてしまう。
 ならば、せめてキャラクターのドラマを見せて欲しいが…その部分が不足している。監督の感性なのか(トロンでも同じように感じた)映画化プレゼンを受ける連中の意識が古いのか(あり得る、今50台後半以上、漫画と言えばアメコミが限界の世代)のいずれか。
 40年前に『starwars』で我々の度肝を抜いた力を今のハリウッドに期待しても無理と言うものでしょう。これなら、ディックの長編やハインラインを最新のデザインで丁寧に作る方がよほどワンダーな映画になる。前半、荒廃した地球上で孤独な作業に明け暮れる一組の男女が描かれるが、この部分が長すぎて、この後の世界の真相が一枚ずつ剥がれて行く部分が駆け足過ぎる。しかも、伏線をすっ飛ばして設定があやふやになっており、後からの一言二言で納得しろと言う作り方はいかがな物かいな?
 SFの内容をバラすほど無粋な事もあるまい、この先はご覧になった方の判断にお任せいたします。

 本年は、これに続いて「壊滅後の地球」テーマの作品が知る限り3本あります。果たして納得いく映画がありますやら……この作品に限らないのですが、最近のハリウッド作を見ていて 思うのが……アメリカ人が『特攻』を認めはじめてるなぁって事です。前大戦中、日本軍の特攻は米軍にとって恐怖の作戦だったのですが、戦意萎縮を恐れた米軍はそれを否定、戦場PTSDと同じく無かった事として扱われてきました。今や、どちらも情報としては公開されていますが、ドラマの中では無視されて来ました。核兵器の影響が過小評価されるのと同じ理屈です。それが、9・11以降 違う評価に成って来ていると感じられるのは私だけなんでしょうか。ただ、彼らには『特攻』の精神がまだ判らないか、直視したくないのかのどちらかで……なら、如何なる絶体絶命の窮地からでも笑って生還するハリウッドの脳天気を大切にしたほうがええのんちゃいましょか?
 私には本作ラストでジュリアがジャックを見て そして浮かべる微笑みの方が、よっぽど不可解です。 こんな書き方だと、見に行きなはれと勧めるようなもんですかねぇ。アハハハハ〓


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』        

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 

お申込は、最寄書店などでお取り寄せいただくか、下記の出版社に直接ご連絡いただくのが、一番早いようです。ネット通販ではアマゾンや楽天があります。青雲に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

青雲書房直接お申し込みは、定価本体1200円+税=1260円。送料無料。
送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

大橋むつお戯曲集『わたし 今日から魔女!?』
 高校演劇に適した少人数戯曲集です。神奈川など関東の高校で人気があります。
 60分劇5編入り 定価1365円(本体1300円+税)送料無料。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351

大橋むつお戯曲集『自由の翼』戯曲5本入り 1050円(税込み) 
門土社 横浜市南区宮元町3-44 
℡045-714-1471   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大人ライトノベル・タキさんの押しつけ映画評『くちづけ』

2013-05-25 16:28:14 | 映画評
タキさんの押しつけ映画評
『くちづけ』


これは悪友の映画評論家・滝川浩一が個人的に流している映画評ですが、もったいないので転載したものです。


いやぁ~ 参った〓

バスタオルかティッシュが1ケースいります。劇場内、鼻をすする……なんてもんじゃない、嗚咽、オエツです! マジ泣きしてる人もいらっしゃいました。
 これ、芝居を見たかった、絶対芝居の方がもっとボロボロに泣けただろうなぁ…確実です。  映画をくさしているつもりはありません。監督は大嫌いな堤幸彦だけど、彼は今回“撮影監督”であって、本当の監督は 元の芝居を上演した“東京セレソンデラックス”主催、脚本、演出、出演の宅間孝行です。だから芝居のテイスト、ニュアンスは保持されていると考えられます。  
 知的障害者自立支援施設ひまわり荘を舞台に入所者と周りの人々の触れ合いが描かれる。そこで……とても悲しい事件が起こる。
 時に 事件の真相を知るにつけ、怒りや悲しみの前に涙があふれてしまう経験をする事がある。感慨、理解は後から……とにかく泣けてしまう。有るでしょ? そういう事って。
 宅間の脚本は障害者を必要以上に“ピュアな存在”として描いていない。舞台になる ひまわり荘はどこかファンタジアではあるが、障害者その者は社会的通念にてらして「困った人々」として描かれている。  そして、この作品は誰も告発していない。障害者年金を使い込む親も、功利主義で排他的な社会(健常者)をも……ただ……ただ『どうしてなんだろうねぇ』と問いかけてくる。

 事件そのものは極めて残酷な現実の果てなのだけど、その事で泣くんじゃない、怒るんじゃない。  言うなれば これを見ている自分が『もしかしたら、もう少し 優しくなれるんじゃないだろうか』という希望に泣けてしまう、というのが近いだろうか。
 泣かせの芝居は作りやすい、しかし流される涙が浄化の涙になる事は少ない。人間の“泣く”という行為には、必ず何がしか“浄化”の意味があるのだけれど、洗い流してしまう程の涙は滅多にない。我が身に起こった現実ではなく、芝居なり本なりに触れた結果なら 尚更である。だから、この映画で流した涙は自分にとって特別な意味があるんだと感じられる。
 お薦めしたいけれど なんだか 自分のお気に入りの店は秘密にしておきたいのと同じ気持ちで そおっとしておきたい。
 今回、堤君は撮影監督に徹していて偉かった! 脚本の宅間孝行って、どんな魂の奴なんだろうか、俄然「今会って話したい人間」No.1やなぁ。芝居から引き続き彼が演じた“うーやん”現実になんの前置きもなく“うーやん”が目の前に現れたら殴るやろなぁ……俺なんか大して優しく無いもんなぁ。貫地谷しほりの“マコちゃん”大変やったよね……でも……良かったよね、この役は本当に難しかったと思いますねぇ。貫地谷のあふれてしまう想いを内に押さえ込んだ演技は鬼神の域だと思います。それを受ける竹中直人/マコちゃんの父親・漫画家いっぽん先生……あなたと同じ選択が俺に出来るだろうか。竹中も同じく 叫び声を押し込めて演じている。すげえなぁ……俺なんか50年修行しても こんな芝居はできそうもないです、改めて御尊敬申し上げます。
 他の役者陣にも拍手です。ひまわり荘主人・小児科医 國村先生は平田満の為にある役です。その妻/麻生祐未、スタッフ/岡本麗、娘/橋本愛、うーやんの妹/田畑智子、みんな優しさあふれて本作の救いでした。殊に、橋本愛ちゃんは将来(現在だって)の大女優間違いなしです! 保証します。他の入所者、周囲の人々、一々ふれずにゴメンナサイ、みんな素敵でした。 キージー作、ジャック主演の あの映画を思い出しましたよ。  
もし、見に行くなら… バスタオルかティッシュ一箱、お忘れなく……。  チーフへ、「グッバイ マイラブ」 アン・ルイスでした。たまらん歌でした。


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』        

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 

お申込は、最寄書店などでお取り寄せいただくか、下記の出版社に直接ご連絡いただくのが、一番早いようです。ネット通販ではアマゾンや楽天があります。青雲に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

青雲書房直接お申し込みは、定価本体1200円+税=1260円。送料無料。
送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

大橋むつお戯曲集『わたし 今日から魔女!?』
 高校演劇に適した少人数戯曲集です。神奈川など関東の高校で人気があります。
 60分劇5編入り 定価1365円(本体1300円+税)送料無料。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351

大橋むつお戯曲集『自由の翼』戯曲5本入り 1050円(税込み) 
門土社 横浜市南区宮元町3-44 
℡045-714-1471   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大人ライトノベル・タキさんの押しつけ読書感想『探偵はひとりぼっち』

2013-05-23 19:48:09 | 読書感想
タキさんの押しつけ読書感想
『探偵はひとりぼっち』


 この読書感想は、悪友の映画評論家・滝川浩一が個人的に流しているモノですが、もったいないので転載したものです


 迷ってましたけど、結局読んじゃいました。
「探偵はBARにいる 2」の原作。 作者:東直己は1956年生まれ、北大文科中退後、ススキノでその日暮らし……結構アナーキーな生活を経て92年「探偵はBARにいる」でデビュー。ススキノ探偵“俺”は作者の生き様を反映して映画よりアナーキーな存在……映画は「原作物」と言うより古沢良太がインスパイアされて脚本化、大泉/松田が自分達のニュアンスで命を吹き込んだと言えそうです。

 原作中の“俺”と映画の大泉では背負っているものが違います。いずれの“俺”もニヒルな自分を演出しようとしながらそうは成りきれない。どちらも内に熱い塊を持っているのだけれど、その背に見えるペーソスが違っている。
 事実上、原作は今から20年前の作品、作中年数は出てこないが80年代らしき書き込みがある。  映画は現代の話になっているからニュアンスの違いは致し方ないが、それだけでは捉えきれない変更がある……だから、原作ファンは全く別物と思って見た方がいいと思います。

 さて、小説です。いわゆる探偵物カテゴリーよりも、ミッキー・スピレーン的ハードボイルドに分類した方がピッタリきます。
 船戸与一のような汗臭さはなく、探査手法は行き当たりばったりだが 結構スタイリッシュである。荒事の腕前は、トーシロー2人相手が限界、そっち方向は映画と同じく 高田にお任せ。
 今作では高田が早々と骨折でリタイア、なんの展望も無いままにそこら中で跳ね返ったため、複数正体不明のグループから付け狙われる……あらあら、これじゃ命がいくらあってもたまったもんじゃない。そこんところをなんとか切り抜けて行く訳ですが、それなりに納得いくストーリーになっていて、ラストの謎解きで全部“落ち”がつくかたちになっている。
 ススキノの裏も表も、それなりに見て来た作者ならではのリアリズムと言える。 映画と小説が補完しあっていると言うのではないので、どちらかのファンという形になる。
 私としては、映画/小説どちらとも言えず、ちょうど真ん中にいる感じ。今すぐ全シリーズ購入一気読み……までの“ノリ”は有馬線なぁ。
 映画を見ていて あんまり思わなかったのですが、“社会党国会議員の橡脇”という重要キャラが登場します、読んでいて「これって露骨に道知事から国政に出たY路じゃないの?」と思っていたら……解説の所に「道民なら一目瞭然のモデルがいる」と書いてある。もとより虚実ない交ぜと断ってあるのですがぁ~。  これって“実はホモ”ってのは虚? “身を守るに手段を選ばず”が実?
 最近あんまり名前が出ませんが……さて、どうなんでしょうねぇ。北海道の政治ってのは 中川一郎にせよ、鈴木のおっちゃんにせよ ミステリアスですからねぇ。ひょっとしたら各作中にそんなネタが転がっているんでしょうか? ちょっと興味ありますなぁ。
 こういうジャンルは読者にこだわりがあるので 特にオススメはいたしませんが、作者の腕前は確かです、この点は保証します。


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』        

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 

お申込は、最寄書店などでお取り寄せいただくか、下記の出版社に直接ご連絡いただくのが、一番早いようです。ネット通販ではアマゾンや楽天があります。青雲に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

青雲書房直接お申し込みは、定価本体1200円+税=1260円。送料無料。
送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

大橋むつお戯曲集『わたし 今日から魔女!?』
 高校演劇に適した少人数戯曲集です。神奈川など関東の高校で人気があります。
 60分劇5編入り 定価1365円(本体1300円+税)送料無料。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351

大橋むつお戯曲集『自由の翼』戯曲5本入り 1050円(税込み) 
門土社 横浜市南区宮元町3-44 
℡045-714-1471   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大人ライトノベル・ライトノベルセレクト№41『基礎代謝』

2013-05-22 16:44:33 | ライトノベルセレクト
ライトノベルセレクト№41
『基礎代謝』
      


 わたしは、いま事務用のジャンパーを着てパソコンに向かっている。向かいに座っている息子はTシャツである。我が家は三階建てで、なぜか二階が一番暑い。今日は三十度になったので、一階に非難してきている。
 で、なぜか中間考査の中休みというのがあって、平日にもかかわらず家にいる息子と、心ならずも、同じ座卓を向かい合わせで、それぞれのことをいたしている。で、息子がエアコンを点けたから驚いた。
 勉強しているのかと思いきや、家内のパソコンで、なにやらJとかKとかが頭に付くポップスを聴いている。

「R介、ちょっと寒ないか……」
 遠慮がちに聞いてみた。
「ちょっとの間、我慢して」
 いささかムッとした。しかし、ただでも多感な高校生である。まともに言ってもコミニケーションは成立しない。息子は、気持ちだけ設定温度を下げた……たぶん一度だけ。またたくうちにエアコンはアイドリングになり、室温を下げるのをやめた。
 リモコンをチラ見すると二十六度を指していた。

 別に、息子は働きの悪いオヤジに(ここで不覚にも鼻をすすってしまった)意地悪をしているわけではないのである。
 基礎代謝が、十七歳の息子と、還暦になりたてのわたしとでは大きな開きがあるのである。十七歳の基礎代謝量は1580キロカロリー、六十歳のわたしは1400キロカロリーである。
 その差、わずかに180キロカロリーであるが、午前中三階の自分の部屋でエレキに絞り声で元気いっぱい張り上げていた息子と、朝の六時から、ただ座ってパソコンを相手にしているわたしとでは、エネルギー消費は倍近く違うであろう。
 
 しこうして……この間、わたしは靴下を履きにいった。

 しこうして、Tシャツのアゲアゲニイチャンと、ジャンパーに冬用靴下のオッサンが同じ部屋で同居のはめとなった。
 基礎代謝は、バカに出来ないもので、感受性などにも影響してくる。
 息子はヘビメタとまではいかないが、かなりハードなポップスにはまっている。ビーズ、カンジャニ、スマップ、ゴールデンボンバー、いきものがかり……ぐらいまでは分かるが、あと目を輝かせて教えてくれたミュージシャンは、まるで分からない。わたしは、アイデアを喚起するために入り込んだAKBを時たまに聞くぐらいで、どうかするとナット・キング・コールの「LOVE」や、ジュディーガーランドの「オーバーザレインボウ」を聞いている。初音みくが歌う「軍艦マーチ」を聞いていたときは、母子揃って、ゴキブリを見るような目で見られた。

 息子は、大阪市内の男女共学の私学でケイオンをやっている。昔のようにチマチマしたものではなく、部員百余名、ケイオンの国体と言われるスニーカーエイジでは次代の優勝候補と目されている……そうである。
 三時過ぎに授業が終わると、三時半には家に帰ってきて……といっても、近鉄で十個も向こうの駅から準急で帰ってくる。そして私服に着替えると、心斎橋や大正区のスタジオに通いバンドの練習に余念がない。
 なぜ、正規の部活としてのケイオンをやりながら、そんな外のスタジオを借りているかというと、とにかく部員の多さである。遮音性のある練習場所は学校に三カ所しかなく、したがって、一度にレッスンできるのは部員の一割程度で、あとの九割は自分で都合をつけてくる。こういう根性は、わたしが応援している高校演劇からは概ね失われた。
 息子の帰宅時間は、日によっては十時を回る。それでも明くる日にはカミサンに叩き起こされて、遅刻、欠席もせず。欠点もとらず……スレスレはいくつかあるが、毎日を過ごしている。

 やはり、基礎代謝が違う。

 身長は、わたしより三センチほど高い。通知票で、それを知ったとき、同じ目の高さまでつま先立ちして見てみたことがある。わずか三センチであるが、見える景色がまるで違う。大げさにいうと七人のドアーフの家に入った白雪姫の目線になる。

 ずいぶん長かったが、ここまでが前説である。

 年齢とガタイからくる基礎代謝の違いは、他の感受性にも影響してくる。2011年11月11日という分かり易い日に逝った父の遺骨を家に連れて帰った夜のこと。親子三人葬儀の疲れでひっくり返っていると、急にガバッと起き出して「下におじいちゃんが居てる!」と叫んだ。本気で怯えるので、わたしは二階の祭壇を見に行くと、父はおとなしく骨箱に収まっている。
 わたしは、一年余、父の遺骨と同じ部屋に居て、何度も父を感じた。晩年を施設で過ごした父は、我が家のダンマリときどきアラシのような家庭が気に入ったようで、息子とは違った父を感じていた。
 先日納骨を済ませた。あきらかに人一人が居なくなった感じがある。気味悪がられるので、息子やカミサンには言っていない。

 で、さっき靴下を履きに三階まで上がったとき、息子の部屋で気配を感じた。
 わたしの家には、五十七年前に水子にされた栞(しおり)という十五歳の姿をした妹がいるが、普段は小説の中でいろんな役をやらせて、本人も、わりと、その生活に馴染んでいる。が、その妹の気配でもない。
 
 そっと覗くと、目線が合った。

 十六七の女子高生である。わたしでも知っている女子校の制服を微妙に崩している。白のブラウスは第一ボタンを外しているだけだが、リボンのストラップはやや緩めで、外した第一ボタンのちょい下。紺色のタンクトップが透けて見えている。スカートはお目こぼしギリギリの膝上五センチ。メイクはナチュラルだが、こういうのを長年チェックする仕事をしていたわたしには分かる程度。
 こいつが、息子のベッドに後ろ手ついて両足を緩いハの字に開いてくつろいでいた。
「あ……」
 目があった瞬間、自分の姿が見えていることに気づいたようだ。フェミニンボブの頭をクシャクシャ掻くと、照れ笑いで、こう言った。
「すんません……こないだまではオジイチャンいたんで遠慮してました……いけませんでした」
「自分が何者かは、分かってるんやろ?」
「はい、分は心得ています」
 そう言って、ベッドの上に正座した。いちおう心得ているとは思えた。
「自分名前は?」
「え、あ、はい。サチって呼んで下さい。苗字とかは勘弁して下さい」
「……ほんなら約束。息子といっしょに風呂に入らないこと。夜は、オッチャンのパソコンの中に入ってること。あ、オレの妹が入っとるけど、500ギガあるよって、住み分けて」
「はい!」
「それから、息子に彼女ができても邪魔せんように」
「イエッサー!」
「真面目に」
「はい、承知しました」
「ほんなら、よろしく」
 そう言って、ドアを閉めかけて、振り返った。サチは崩し掛けた足を正座にもどし、リボンまで直した。
「あ、なにか?」
「サッチャン、基礎代謝の良さそうな顔してるなあ」
「はい?」
「いや、独り言」

 サッチャンには通じにくいジョークのようだった。後ろで、目玉を回して考えている気配がした……。

『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』        

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 

お申込は、最寄書店などでお取り寄せいただくか、下記の出版社に直接ご連絡いただくのが、一番早いようです。ネット通販ではアマゾンや楽天があります。青雲に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

青雲書房直接お申し込みは、定価本体1200円+税=1260円。送料無料。
送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

大橋むつお戯曲集『わたし 今日から魔女!?』
 高校演劇に適した少人数戯曲集です。神奈川など関東の高校で人気があります。
 60分劇5編入り 定価1365円(本体1300円+税)送料無料。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351

大橋むつお戯曲集『自由の翼』戯曲5本入り 1050円(税込み) 
門土社 横浜市南区宮元町3-44 
℡045-714-1471   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校ライトノベル・志忠屋繁盛記・6『雨上がりの奇跡』

2013-05-21 23:06:39 | 志忠屋繁盛記
志忠屋繁盛記・6
『雨上がりの奇跡』
       


 通り雨が過ぎた跡の香りに夏を感じるのは、もう六十になろうかという歳のせいかもしれなかった。

 今夜は晴れて、けっこう繁盛するかと思ったが、案に反してディナータイムは坊主であった。
 予想に反して、イレギュラーな土砂降りになってきた。まだ、こういう勘が当たるほどの歳でもないかと苦笑して、片方の尻をあげて放屁しても笑う相手も居ない。パートのトモちゃんは娘(坂東はるか)のテレビ出演に、若手俳優の母ということで、バラエティーに出演中である。まあ、夜の入りはしれているので、自分一人でもこなせると、トモちゃんには見栄を張ったが、正直、この土砂降りには少し感謝でもある。
 それにしても、完全な坊主ではオーナーとして業腹である。
 自分の身から出た臭いに閉口して換気扇を強にしにいくと、それがスイッチでもあったように客が入ってきた。
「いらっしゃ……」
 そこまで言って、マスターは驚いた。レインコートを脱いだその下は、新しいともクラシックとも言える青と白の大柄なギンガムチェックのワンピ。それが若いプロポーションによく似合っている。
「マスターおひさです。とりあえず、白のワイン。で、覚えてたらいつもの」

 この子は、以前悪友の大橋が、よく連れてきた、大阪の高校演劇の名門(マスターも大橋も認めないが)R高校出身の君子である。けして名前を訓読みした君子(くんし)ではなく、取り扱いの難しい娘であるが、マスターほどのオッサンには面白い子である。たしか、この春に短大を卒業して就職したはずである。ワインを出しながら、マスターは思った。
 
「今日は、二重の意味で珍しいなあ」
 マスターの意地悪な言い回しに、君子は一睨みしておいた。このマスターを睨みつけられるなんて、わたしも大人になったもんだと、君子は思った。
「へい……チーズセットとサラダ」
「嬉しい、覚えていてくれたんだ!」
「ベッピンさんの好みは忘れへん……君子なあ、ワイン一気のみするやつあるかあ」
「ハハ、つい喉ごしいいもんで」
「おかわりか?」
「とーぜん、もう二三杯」
「一杯だけにしときや、まだ若葉マークやで」
「わたし、お客なんですけど」
「……突然変な天気になりよるし、君子はブスッとしとるし」
 カエルの面になんとかで、マスターは、完全な業務用の笑顔。この肉厚な笑顔に対抗できるだけのボキャブラリーは、二十歳の君子にはない。
「彼とは、あんまりけえへんけど、どないやねん?」
「ノーコメントです!」

 実は、昼間、君子には、あいつから電話があった。仕事が早く終わりそうなので、「今夜会わないか」というのだ。君子は、二人にとって恒例になっていた週末デートを二週続けてキャンセルしていた。最初のは、都合をつけられないこともなかったが、職場の女子会があるからと断った。二度目は本当にウザかった。
 理由は、その男の距離の取り方だった。

 成人式の日、家まで送ってきたやつにキスされた……させてしまった。

 成人式のアゲアゲのムードもあったし、ほどよく……少し度を超したアルコールも入っていた。
 でも、これは、その場限りの、成人式にありがちな、君子としては限度一杯の飛躍でしかなかった。
 それを男は、勘違いしている。もう恋のカリキュラムを一つ進めて良いような気になっている。その独りよがりな距離の詰め方が、君子にはウザかった。

「まあ、男て、そんなもんやけどな……」

 気づいたら、君子は喋らされていた。どうもオッサンというのは油断がならない。
「なんやったら、試しに彼読んで、テストしたろか?」
「はあ?」
「そやかて、ここは志忠屋やで」
「うん、シチュ-とパスタのお店」
「こういう書き方もでける」
 マスターは、メモ用紙にこう書いた。
『試チュー屋』
「もう!」
「君子のそういう顔は、高校生のときのままやな」
 そう、オチョクッて、紅の豚のポルコのように豪快に笑った。
「そういや、このお店来るようになってから、足かけ四年目かな……」

 君子はマスターの毒消し笑いで、昔の思いにふけっていた。

「このごろ、大橋とは会うてないんか」
「あ……ご無沙汰してます」
「まあ、ええけどな。あいつちょっと苦戦しとるで」
「え……?」
 マスターは、店のパソコンを大阪高演連のサイトに合わせて見せてやった。あいかわらず大橋ののブログは、ヤフーでもグ-グルでもトップのあたりにあった。トップのブログを見て、君子は悲しくなった。

 どうやら、大阪は曲がり角にきているようで、この三月には臨時総会を開いている。総会の内容は、定例なら明くる日にはアップロードされるが、これについては、連盟のオフィシャルには、なにも書かれていない。それも含め、先生は、この一年の大阪の不始末を列挙し、大阪の後退をラディカルに訴えて、三月の総会についても、いろんな資料から類推し、幹部の先生にも確認をとって書いていたが、見事に外れていた……もう、大橋には、君子たちのような存在がいないようだ。
「これって、卑怯です!」
「せやろ、さんざん確認させて、答えもせんとひっくり返す。連盟も大人げないなあ」
 君子は、スマホを出して、大橋にメールを送ろうとした。
「やめとき。大橋は、そういうの一番嫌がりよる。打つんやったら、還暦祝いぐらいにしとき」
 で、デコメいっぱいつけて、ちょっと月遅れのハッピーバースデイを送った。

 その時、にわかにカミナリがして、お店の電気が一瞬消えた。

「おいおい、昭和とちゃうねんで、こんなカミナリぐらいで……」
 マスターのボヤキの途中で、灯りが戻った。

「あ………」

 マスターが魂の抜けたような顔で、テーブル席を見た。つられて、君子も、そちらの方を見る。四人がけの席にソフト帽を被った、麻生副総理に、もっとスゴミをきかせたような、オッサンともオジイサンともつかない人がが座っていた。
「久しぶりやな。自分は山本高校で、ようゴネてた……コウチャンやな」
「まさか……四天玉寺高校の藤木先生……」
「今のカミナリで、二か月ほどはよ来てしもた。ちょっとロックで一杯くれるか」
 そういうと藤木先生は、帽子を脱ぎタバコを探した。
「切らしたなあ……コウチャン、朝日あるか」
「え、朝日ですか……あった……なんでやろ?」
 マスターは、そう呟くと、オンザロックと朝日というタバコを持って行った。
「君は、どこの演劇部やったんや?」
 鬼瓦のような顔に似合わない笑顔で、君子に聞いてきた。
「はい、R高校に居ました」
「ああ、あの道具に凝る学校やな。名前忘れたけど、顧問の先生は元気か?」
「あ……しばらく行ってないもんで。でもクラブの様子、ネットとかで見ていたら元気みたいですよ」
「コウチャン、そのパソコンで、R高校の顧問出してくれるか」
 マスターが、操作するとパソコンがオモチャのように見える。
「なんや、ガキチャレと格闘家しか出てきまへん……」
「あ、頭にR高校つけると出てきます」
 わたしの、アドバイスで、うちの顧問が出てきた。
「なんじゃ、難波の高演のリーダーがこれかい。RF高校のあいつは?」
「……九州の信用組合のえらいさん……ああ、二ページ目に出てきました」
「大げさな芝居やるわりには、しょぼいなあ……大の字は?」
「四万件出てきます。見ます?」
「ええわ、あいつも数だけやのう……」
 そう言いながら、藤木先生は老眼鏡を取りだした。
「ほう……そこそこには本も出しとるようやけど、こいつも口だけやからなあ」
 この先生にかかっては、蒼々たる先生達もカタナシである。

「芝居は、おもろないとあかん」
 そう先生が言ったころには、灰皿は『朝日』という強烈な臭いの吸い殻で一杯になり、マスターは手際よく灰皿を交換した。
「わし、沖縄戦の生き残りでなあ……斥候に出たとき、敵に囲まれてしもてなあ。撤収しよ思たら、隣の分隊長が撃たれてしもて……なまじ英語がでけるもんで、すぐに捕虜になってしもた。で、一年ちょっと捕虜生活。捕虜て退屈なもんでな。アメチャンの所長と相談して、収容所の中で劇団こさえた」
「え、ほんとですか!?」
「ああ、ウケタで。馬場の忠太郎、国定忠治、金色夜叉、松竹の舞台の真似もやったな。賢弟愚兄とかな。とにかく芝居は理屈やない。分かり易うて、笑うて、泣かしてくれるやつ。おもろかったなあ……」
「その間、奥さんは毎日大阪駅行って、『○○部隊の藤木はおりませんか!?』やってはったんだっしゃろ」
 そこで、先生は激しくむせかえった。
「コウチャン、それ、誰から聞いた?」
「大の字が、先人の体験を語り継がなあかんいうて、いろんな年寄りから話し集めとります」
「『戦争を知らない子どもたち』か……もう還暦のオッサンのくせして」
「でも、奥さんとは、感激の再会やったんでしょ?」
「それが、合うなり張り倒されてな」
「え、どうしてですか!?」
「わし、収容所でえらい肥えてしもてな。カミサンは栄養失調でガリガリや、そんなんが、汽車から降りてきて『よお、元気やったか!』……そら、張り倒したあもなるわな」
 先生は、ワケありげに体を傾けると放屁された。奇しくも、マスターが放屁した同じシートである。朝日の香りと混ざって、えも言えない空気になり、君子はは思わずファブリーズを探してしまった。
「今は、ケイオンやらダンス部やらが人気あんねんやろ?」
「ええ、参加団体では、去年ケイオンに抜かれてしまいましたわ」
 マスターは、また灰皿を替えた。
「いつまでも、とろくさい芝居やってたらあかんで、お嬢ちゃん、あんたも現役のころはハッチャケとったんやろ。せめて、今の気い抜けた高演、どないかしたってえや」

 それから、藤木先生とマスターの面白い話は続いた。そうやって、ボトルが一本空になったころ……。

「ああ、やっぱりここに来てたんか!」
 男が、店に入ってきた。
「あなたのこと呼んだ覚えはないんだけど……あれ?」
「どないした、君子?」
「藤本先生は?」
「え……そんな人おらへんで。オレと君子だけやったで」
 マスターはマジな顔で言う。
 姿は見えないが、まだ気配はしている……。
「マスター、おあいそ」
「へい、千五百円」
「じゃ、また……」
「今度は、オレに付き合えよ」
「ごめん、家帰って、メール打たなきゃならないから」
 それでも、男はは店の外まで付いてきた。
「あんまりしつこくすると、そこ交番だからね!」
 そんな若い二人の会話を聞いていると、フト記憶と藤木先生が戻ってきた。
 
 ブラインドの隙間から見上げた空には、すっかり上がった雨のあとに化かされそうな満月が浮いていた……。 
 この物語はフィクションであり、登場人物、団体は実在のものではありません


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』        

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 

お申込は、最寄書店などでお取り寄せいただくか、下記の出版社に直接ご連絡いただくのが、一番早いようです。ネット通販ではアマゾンや楽天があります。青雲に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

青雲書房直接お申し込みは、定価本体1200円+税=1260円。送料無料。
送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

大橋むつお戯曲集『わたし 今日から魔女!?』
 高校演劇に適した少人数戯曲集です。神奈川など関東の高校で人気があります。
 60分劇5編入り 定価1365円(本体1300円+税)送料無料。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351

大橋むつお戯曲集『自由の翼』戯曲5本入り 1050円(税込み) 
門土社 横浜市南区宮元町3-44 
℡045-714-1471   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校ライトノベル・ムッチャンのイレギュラーマガジン・6

2013-05-17 17:48:15 | イレギュラーマガジン
ムッチャンイレギュラーマガジン6      

☆つるの剛さんの例

 タレントさんや役者には、高校演劇の出身者が少ない。バラエティー番組などで、その人の高校生時代が紹介されることがあるけど、演劇部だった人を見たことがない。以下はつるの剛さんの例です。

 父の転勤でその後5歳までは広島県広島市で育つ、6歳から12歳の中ごろまで大阪府高槻市、その後は東京都練馬区で育ち。2008年から神奈川県藤沢市に転住。 同じく高校時代 に同級生の坪田塁と劇団キティママ社を旗揚げし、小劇場での公演を行う。


☆もしもボクが織田信長だったら 

「鳴かぬなら それでいいじゃん ほととぎす」

 そうかましてやろうと思っていたら、フィギアスケートの織田信成クンが言っていた。
 さすが直系の子孫だけのことはありますなあ。


☆ひょっとしてハミられたかな

 昨日から、小説なんかをアップロードすると、ランキングで、いい位置に出るんだけど、タイトルが全然出てこないという現象に見舞われる。タイトルが出てこないということは、次の記事をアップロ-ドすると、前の記事が、いくら人気があっても消えてしまうということである。
 無論、ぼくのインデックスから探していただければ、見つけることは可能なんだけど、ボクの記事は1000ほどもあるので、事実上抹殺されたに等しい。
 予想はついたが、知恵袋で尋ねたところ、あるサイトの管理人が、禁止ワードに登録すると、そういう現象がおこるらしい。試しに二三の言葉を削除したり、置き換えたりすると、あっさり出てきた。その言葉を書くと、このイレギュラーが出てこなくなるので、ボクが試した言葉の部分を抜いて紹介します。

 大○府高○学校演○連○ 大橋○つお バ○ツアー などなど。

 管理人とおぼしきところに「まちがいだったら、すみません。禁止ワードの設定をなさいましたか?」とメールで聞いてみるが、今のところ返答無し。大人同士なんだから、きちんと言葉で返して欲しいな。
 こういうのを、ネットハミーゴとでもいうのだろうか。

特定の個人又は団体から、大阪府高等学校演劇連盟のサイトへの、私の記事の掲載を忌避されているようで、新しい記事が反映されなくなりました。しだいに私の掲載記事は連盟のサイトから姿を消すと思います。短い間でしたが、ご愛読ありがとうございました。既存の記事は残りそうですので、引き続き御検索いただければ幸いです

 ブログ名をころころ変えて試している。いま、あるブログネームに変更。もし、これが入るのなら、システムエラーか? だとしても、ずいぶん長いシステムエラーです。管理者からはいまだに返事もこない。もともとは、このコミュニケーションの欠如にあるんだけど。



☆還暦をむかえて

 めでたく、この15日で還暦を迎える。フェイスブックの仲間から、いっぱい「おめでとうメール」をいただきました。ありがとうございます。
 多分、実感はないだろうと思っていたけど、「おめでとう」の数にうろたえる。
 本人は、まるで宿題を忘れたまま、お盆が終わってしまった小学生の心境です。
 人間ドックの勧誘が二件と、保険屋さんがやってきた。なんだか、たくさんの人が、ボクの知らないところで秒読みしてたみたいで、なんとも、いやはや……。


☆大阪春の演劇祭りから脱線

 劇団大阪の先輩から、お手紙をいただいた。参加劇団が増えないことを危惧しておられました。数年前から、どこの芝居を観に行ってもご高齢の方が多く、わたしも個人的には危惧していました。でも、この行事の主催者は、冷静にそれを知り、なんとかしなければと思っていらっしゃる。まず、現実をしっかり見据えておられることに好感。
 やや、牽強付会かもしれないが高○演劇の出身者が、この春演に参加する劇団に入ることはおろか、観にくることもほとんど無い。
 関東地方の仲間とは、このあたりで意見が食い違うのだけど、高○演劇の出身者が、そのまま次の演劇の世界に進むことが少なくなってきているように思う。かつて、わたしが教えた演劇○の生徒で、今も演劇の世界に居るのは一人だけ。
 他校の顧問は違うというかも知れない。某高○の顧問などは、卒業生を集め、それをもって劇団と称しているが、これでは高○演劇の延長に過ぎない。
 府内の高○演劇のリーダーと言われる人たちをネットで検索すると悲しいほどに出てこない。彼らの作品は、ほんのごく一部を除いて、他の都道府県はおろか府内の高校で上演されることもない。

 かつて、そんなことは無いだろうと思い府内のリーダーと言われる人たちの作品を知恵袋であつめようとしたところ、知恵袋に出した明くる日に質問が、知恵袋から削除されてしまった。暗澹たる気持ちになった。


☆記念保存

 明日(18日)で消える知恵袋……回答者がいないために明日消えたので、記念に残します。

今日、5月11日 2013年度の大○府○等学校演○連○の○会が終わりました。3...ohashletterさん

 今日、5月11日 2013年度の大○府○等学校演○連○の○会が終わりました。3月の臨時○会を直前に開いた上での重要な○会でした。○会の議事進行、決定内容をお教えくださいませんか。

 おもな議題は、地区の再編成、コンクー○本選○場の決定などであったと思います。この総○はOBであろうとコーチであろうとオブザーバー参加も認められない閉鎖的な総○で、例年原案に異議が出ることもなく、平穏に終わります。しかし、それは裏を返せばシャンシャン総○で、現実の運営では、地区加○校の偏り、シード制による、コンクー○本○選出に3倍以上の開きがあるなど問題が沢山あります。私たちのようなOBやOB教職員も知恵を出して乗り切らなければならない状況であります。
 地区編成には大きな隔たりがあり、昨年は8校から15校までの加○校の開きがありました。コンクールには、それにシード制の問題がからみ、○選における最優秀賞(本○参加権)の確率はおおむね1/3~1/13と大きな開きがありました。衆議院の一票の格差より深刻です。これを北中部の学校には「それだけの力があるのだから、これくらいのパイは与えられるべきだ」という、私には理解できない感覚から是認されている向きもあります。南北格差はコンクー○の本○会場の選定にも影を落としています。
また、広報が不備で、連○のサイトでは日程は載っていますが時程が載っていないために、一般の観客の方に混乱がありました。本○もパンフレットに明記されていた時間よりも30分も開演が遅れ、これも若干の混乱を生みました。
 また、高○生の作品が、よく言えば多様化、現実的には質の低下が著しく、上位の大会でも、昨年は振るいませんでした。中には「本○に出ながら近○大会にも出られずに」というシード制からくる不満の声も陰では聞こえてきます。きちんとした本を書く力を顧問作家も、生徒も付ける必要があります。そういう未来を見据えたビジョンがあまりに希薄です。
 昨年の○会は詰めの甘さから、この3月に臨時○会を開かなければならない事態にもなりました。この臨時○会の内容も開示はされていません。今は広く情報を開示し、問題を共有するところから始めなければならないのではないでしょうか。
顧問OBやOB、さらには広範な応援団の知恵と力を借りて、大阪の高○演○を再生させるためにも、議事の断片、総会のちょっとした様子でもご教示いただければ幸甚であります。

補足 連盟のオフィシャルな、○会で議決された活動計画を、やっと発見しましたwww.tcnet.co.jp/~○○です。ただ公開されているだけの資料なので、他に補足するようなこと「こんな意見が出た」「シャンシャン○会だった」「みんな、あまり関心がなかった。あった!」などあったらよろしくお願いします。


 禁止ワードを忌避するため、伏せ字が多く、読みづらくて申し訳ありません。


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』        

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 

お申込は、最寄書店などでお取り寄せいただくか、下記の出版社に直接ご連絡いただくのが、一番早いようです。ネット通販ではアマゾンや楽天があります。青雲に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

青雲書房直接お申し込みは、定価本体1200円+税=1260円。送料無料。
送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

大橋むつお戯曲集『わたし 今日から魔女!?』
 高校演劇に適した少人数戯曲集です。神奈川など関東の高校で人気があります。
 60分劇5編入り 定価1365円(本体1300円+税)送料無料。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351

大橋むつお戯曲集『自由の翼』戯曲5本入り 1050円(税込み) 
門土社 横浜市南区宮元町3-44 
℡045-714-1471   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校の演劇への提言AREKORE

2013-05-17 13:27:10 | エッセー
高校の演劇への提言AREKORE

 ちょっとジタバタしていませんか……?

 高校生活というのは三年間しかありません。それに十代の後半て、とてもキラキラしています。

 いてもたってもい~られない♪

 ……のではありましょうが、高校演劇に絞っていうと、もう少し落ち着いたらどうだろう。と、今日還暦を迎えたオッサンは思います。

 組織そのものがそうなってきてはいますまいか。むろん全国の高校の演劇組織では、その維持さえ難しくなってきているところがあるのも事実です。大分などは、組織の組織率が8%あるかないかだとうかがったこともあります。
 私の居るOOSAKAは、先日総会が終わりました。その活動計画を見ると思います。

 なにをジタバタと……。

 中間テストが終わると、各地区で総会がもたれます。代表を決めたり、いろいろやります。それまでに、各学校では、新入生歓迎会、近隣の学校といっしょになって合同公演をやったりします。夏には夏で地区と府全体で二回講習会があります。連盟の講習会は、朝の9時から夜の19時まで10時間もあります。
 で、学校によっては夏の公演があります。全国大会には100人以上がバスを連ねて、全国大会を観賞しにいきます。この100人以上というのは連盟加盟校の二割に近い数字です。

 そして、夏休みの終わりから、二学期の始めにかけて、文化祭とコンクール作品を兼ねた演目を決めます。大概の学校は、全国で一番という(質ではなく数)創作劇の執筆にかかります。
 はりきって文化祭、観客は、下手をすれば20人もいません。この数字は、ほぼ部員の仲間内で占められていると思って間違いありません。仲間内は、まずケナシマせん。そして、ほとんどそのままコンクールに出ます。で、大半の学校はこの予選で落ちて一年が終わる……と、思いきや、かなりの学校が三学期あたりにまた合同の発表会や、公演を行います。
 まことに、20世紀青年のオッサンにはジタバタに見えます。組織はこのジタバタを後援し、10月に、なぜか顧問の講習会を開かれます。12月にはホメゴロシだけの本選の合・評・会がおこなわれます。外野のわたしが知っているだけでも、これだけあります。

☆もっとゆっくりやりませんか
 演劇の三要素は、観客・役者・戯曲の三つです。観客は当たり前に情宣し、良い芝居をやれば付いてきます。だから、演劇部員として頑張らなければならないのは、役者と戯曲です。
 役者の条件は、自己解放が出来ること=自分の感情を自由に操れること(例えば、泣けと言われれば10分ぐらいは泣けなければなりません) 役の肉体化が出来ること=その役として感情や行動が表現できること(例えば、これを読んでいるあなたとクララでは笑い方が違います。江戸川コナンと毛利蘭では声さえ違いますが、両方とも女性の声優さんです) そして、相手役や状況とコミニケーションできること=演技の大半は、どう表現するかでは無く、どう受け止めるかにあります。役者の演技の90%はいわゆるリアクションです(コンクールなどでは、僕は喋っていない役者をみます。ただ立って、自分の台詞の番を待っているか、相手に関わりなく感情を作り演技のフライングゲットをやって、ただやかましいだけの芝居になる)
 本にいたっては、まるで書けていません。高校演劇の審査は相対評価です。その作品の中からムリクリ誉めるところを見つけ評価します。だから講評会や合評会は盛り上がりますが、一般の観客は見向きもしません。一般観客のいない甲子園を想像してください。背中が寒くなります。
 本を書く、演技をすることは、野球選手に例えれば走攻守にあたります。これをないがしろにするプロ野球はおろか、高校野球も存在しません。はっきり勝負として結果に表れるからです。
 演劇も同じです。まず本を読みましょう。そして戯曲の構造を知ってください。演技は毎日練習しましょう。競馬の馬は三日走らないと、走れなくなります。テキストは様々ですが、わたしが言った演技を頭に置いてリー・ストラスバーグの『アクターズスタジオ』でも読んで下さい。ムズイ人は、いろんな状況を設定して、みんなでごっこをやってください。先生ごっこ、女生徒による男子生徒ごっこ、男子生徒による女生徒ごっこ、互いに(女子校、男子校でなければ)見本がいます。お互い、演出と役者になり練習すればいいでしょう。で、慣れたら、ちょっとした5分程度のコントにしましょう。どうしたら面白くなるか、リアリティーが出るか。リアル=リアリティーでないことにも気づくはずです。

☆合同の公演のリスク
 合同だから、お互いの身内が集まるので、一見華やかな成功に見えます。ここが落とし穴です。コレデイイノダとバカボンパパのように思いこんでしまいます。一般の観客の観賞に堪えなければ芝居とはいえないでしょう。
 また、合同の公演の間、自分のクラブはお留守になります。
 教師の目線で言うと、事故がおこっても責任がとれません。幸い大きな事故は、わたしは知りませんが、毎年やっていれば必ず確率的に事故は起こります。

 また、乗合自動車による全国大会観賞もそうです。一応行き帰りの保険はかけてあるのでしょうが、いったん事故が起これば、保護者もマスコミも連盟をたたきます。学校内の宿泊を伴う行事の実施が、どれだけややこしく難しいかは、教師なら皆さんご存じのはずです。20年も教師をやっていれば宿泊行事で、ヒヤっとした経験の一つや二つは必ずあります。東京などは連盟で、宿泊合宿をやっています。「ようやるなあ」というのが僕の感想です。100名を超える観賞旅行、確率的に言って、必ず問題がおこります。一口で言えば修学旅行と同じリスクがあるとだけ、申し上げておきます。で、この100人ですが、学校別に分ければ、おそらく二三校で全体の半分を超えていると思います。大阪の連盟は大成果のように書かれていますが、参加校と学校別の参加人数をよく見ていただきたいものです。公表して欲しいのですが、閉鎖的な体制なので望むべくもありませんが。こんなことより全体の底上げに繋がることを考えていただきたいものです。

☆演劇部やめませんか
 今までの高校の演劇は、もう一般には通用しません。面白くないのです。新入生歓迎会で45分の芝居をやる。自殺行為です「演劇部って、オタクっぽくてつまんない」ことを宣伝しているようなものです。
 冗談ではなく、演劇部は『舞台芸術部』ぐらいに改名していいと思います。新入生歓迎会は、例えばAKB48の『フライングゲット』でいいと思います。あれ、完ぺきにコピーしようと思ったら、半月ぐらいはかかります。キンタローのそれが面白いのは、彼女自身ダンスの素養があり、また芸人さんとしての味付けが見事だからです。
 また、コントにも挑戦してみてください。人を笑わすことがいかに難しいかよく分かります。一般に高校演劇をやっている高校生は、一般の観客が反応しないところで反応しています。オタクだから壺にはまるのでしょう。一度、コンクールなど、最後尾の観客席で観ることを勧めます。
 
 ことほど左様に、多様な表現力を身につけなければ、高校演劇は生き残れません。

   Mutso ohashi
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校ライトノベル・ライトノベルセレクト№36『それからの私』

2013-05-16 10:40:40 | ライトノベルセレクト
ライトノベルセレクト№36
『それからの私』
       


 この日の雨は、梅雨の前触れを思わせるように突然でイレギュラーだった。

「今日は、二重の意味で珍しいなあ」
 マスターの意地悪な言い回しに、わたしは一睨みしておいた。このマスターを睨みつけられるなんて、わたしも大人になったもんだと思った。
「へい……チーズセットとサラダ。ワインのおかわりは?」
「とーぜん、もう二三杯」
「一杯だけにしときや、まだ若葉マークやで」
「わたし、お客なんですけど」
「……突然変な天気になりよるし、君子はブスッとしとるし」
 カエルの面になんとかで、マスターは、完全な業務用の笑顔。この肉厚な笑顔に対抗できるだけのボキャブラリーは、二十歳のわたしにはない。
「彼とは、あんまりけえへんけど、どないやねん?」
「ノーコメントです!」

 実は、昼間、あいつから電話があった。仕事が早く終わりそうなので、「今夜会わないか」というのだ。わたしは、二人にとって恒例になっていた週末デートを二週続けてキャンセルしていた。最初のは、都合をつけられないこともなかったが、職場の女子会があるからと断った。二度目は本当にウザかった。
 理由は、やつの距離の取り方だった。

 成人式の日、家まで送ってきたやつにキスされた……させてしまった。

 成人式のアゲアゲのムードもあったし、ほどよく……少し度を超したアルコールも入っていた。
 でも、これは、その場限りの、成人式にありがちな、わたしとしては限度一杯の飛躍でしかなかった。
 それをやつは、勘違いしている。もう恋のカリキュラムを一つ進めて良いような気になっている。その独りよがりな距離の詰め方がウザかった。

「まあ、男て、そんなもんやけどな」

 気づいたら、喋らされていた。どうもオッサンというのは油断がならない。
「なんやったら、試しに彼読んで、テストしたろか?」
「はあ?」
「そやかて、ここは志忠屋やで」
「うん、シチュ-とパスタのお店」
「こういう書き方もでける」
 マスターは、メモ用紙にこう書いた。
『試チュー屋』
「もう!」
「君子のそういう顔は、高校生のときのままやな」
 そう、オチョクッて、紅の豚のように豪快に笑った。
「そういや、このお店来るようになってから、足かけ四年目かな……」
 わたしはマスターの毒消し笑いで、昔の思いにふけっていた。
「このごろ、ムッチャンとは会うてないんか」
「あ……ご無沙汰してます」
「まあ、ええけどな。あいつちょっと苦戦しとるで」
「え……?」
 マスターは、店のパソコンを難波高連のサイトに合わせて見せてくれた。あいかわらずムッチャン先生のブログは、ヤフーでもグ-グルでもトップのあたりにあった。トップのブログを見て、悲しくなった。

 どうやら、大阪は曲がり角にきているようで、この三月には臨時総会を開いている。総会の内容は、定例なら明くる日にはアップロードされるが、これについては、難波高連のオフィシャルには、なにも書かれていない。それも含め、先生は、この一年の大阪の不始末を列挙し、大阪の後退をラディカルに訴えて、三月の総会についても、いろんな資料から類推し、幹部の先生にも確認をとって書いていたが、見事に外れていた……もう、先生には、わたしたちのような存在がいないようだ。
「これって、卑怯です!」
「せやろ、さんざん確認させて、答えもせんとひっくり返す。難波高連も大人げないなあ」
 わたしは、スマホを出して、先生にメールを送ろうとした。
「やめとき。ムッチャンは、そういうの一番嫌がりよる。打つんやったら、還暦祝いぐらいにしとき」
 で、デコメいっぱいつけて、ハッピーバースデイを送った。
 その時、にわかにカミナリがして、お店の電気が一瞬消えた。
「おいおい、昭和とちゃうねんで、こんなカミナリぐらいで……」
 マスターのボヤキの途中で、灯りが戻った。

「あ………」

 マスターが魂の抜けたような顔で、テーブル席を見た。つられて、そちらの方を見ると、四人がけの席にソフト帽を被った、麻生副総理に、もっとスゴミをきかせたような、オッサンともオジイサンともつかない人がが座っていた。
「久しぶりやな。自分は山本高校で、ようゴネてた……コウチャンやな」
「まさか……酒呑童子高校の藤本先生……」
「今のカミナリで、二か月ほどはよ来てしもた。ちょっとロックで一杯くれるか」
 そういうと藤本先生は、帽子を脱ぎタバコを探した。
「切らしたなあ……コウチャン、朝日あるか」
「え、朝日ですか……あった……なんでやろ?」
 マスターは、そう呟くと、オンザロックと朝日というタバコを持って行った。
「君は、どこの演劇部やったんや?」
 鬼瓦のような顔に似合わない笑顔で、わたしに聞いてきた。
「はい、R高校に居ました」
「ああ、あの道具に凝る学校やな。名前忘れたけど、顧問の先生は元気か?」
「あ……しばらく行ってないもんで。でもクラブの様子、ネットとかで見ていたら元気みたいですよ」
「コウチャン、そのパソコンで、R高校の顧問出してくれるか」
 マスターが、操作するとパソコンがオモチャのように見える。
「なんや、ガキチャレと格闘家しか出てきまへん……」
「あ、頭にR高校つけると出てきます」
 わたしの、アドバイスで、うちの顧問が出てきた。
「なんじゃ、難波の高演のリーダーがこれかい。RF高校のあいつは?」
「……九州の信用組合のえらいさん……ああ、二ページ目に出てきました」
「大げさな芝居やるわりには、しょぼいなあ……大の字は?」
「四万件出てきます。見ます?」
「ええわ、あいつも数だけや脳……」
 そう言いながら、藤本先生は老眼鏡を取りだした。
「ほう……そこそこには本も出しとるようやけど、こいつも口だけやからなあ」
 この先生にかかっては、蒼々たる先生達もカタナシなようだ。

「芝居は、おもろないとあかん」
 そう先生が言ったころには、灰皿は『朝日』という強烈な臭いの吸い殻で一杯になり、マスターは手際よく灰皿を交換した。
「わし、沖縄戦の生き残りでなあ……斥候に出たとき、敵に囲まれてしもてなあ。撤収しよ思たら、隣の分隊長が撃たれてしもて……なまじ英語がでけるもんで、すぐに捕虜になってしもた。で、一年ちょっと捕虜生活。捕虜て退屈なもんでな。アメチャンの所長と相談して、収容所の中で劇団こさえた」
「え、ほんとですか!?」
「ああ、ウケタで。馬場の忠太郎、国定忠治、金色夜叉、松竹の舞台の真似もやったな。賢弟愚兄とかな。とにかく芝居は理屈やない。分かり易うて、笑うて、泣かしてくれるやつ。おもろかったなあ……」
「その間、奥さんは毎日大阪駅行って、『○○部隊の藤本はおりませんか!?』やってはったんだっしゃろ」
 そこで、先生は激しくむせかえった。
「コウチャン、それ、誰から聞いた?」
「大の字が、先人の体験を語り継がなあかんいうて、いろんな年寄りから話し集めとります」
「『戦争を知らない子どもたち』か……もう還暦のオッサンのくせして」
「でも、奥さんとは、感激の再会やったんでしょ?」
「それが、合うなり張り倒されてな」
「え、どうしてですか!?」
「わし、収容所でえらい肥えてしもてな。カミサンは栄養失調でガリガリや、そんなんが、汽車から降りてきて『よお、元気やったか!』……そら、張り倒したあもなるわな」
 先生は、ワケありげに体を傾けると放屁されました。朝日の香りと混ざって、えも言えない空気になり、わたしは思わずファブリーズを探してしまった。
「今は、ケイオンやらダンス部やらが人気あんねんやろ?」
「ええ、参加団体では、去年ケイオンに抜かれてしまいましたわ」
 マスターは、また灰皿を替えた。
「いつまでも、とろくさい芝居やってたらあかんで、お嬢ちゃん、あんたも現役のころはハッチャケとったんやろ。せめて、今の気い抜けた高演、どないかしたってえや」

 それから、藤本先生とマスターの面白い話は続いた。そうやって、ボトルが一本空になったころ……。

「ああ、やっぱりここに来てたんか!」
 やつが、店に入ってきた。
「呼んだ覚えはないんだけど……あれ?」
「どないした、君子?」
「藤本先生は?」
「え……そんな人おらへんで。オレと君子だけやで」
 姿は見えないが、まだ気配はしている……。
「マスター、おあいそ」
「へい、千五百円」
「じゃ、また……」
「今度は、オレに付き合えよ」
「ごめん、家帰って、メール打たなきゃならないから」
 それでも、やつは店の外まで付いてきた。
「あんまりしつこくすると、そこ交番だからね!」
 そう言うと、やつは一瞬たじろいだ。ふと店の中を窺うと、マスターと藤本先生が楽しげに話している気配がした。放っておくと、やつは店に戻ってやけ酒の雰囲気。
 不思議な、藤本先生とマスターの邂逅をじゃまさせないためにも、一軒だけつきあってやることにした。

 やつの目線を避けて見上げた空には、すっかり上がった雨のあとに化かされそうな満月が浮いていた……。 
 この物語はフィクションであり、登場人物、団体は実在のものではありません


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』        

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 

お申込は、最寄書店などでお取り寄せいただくか、下記の出版社に直接ご連絡いただくのが、一番早いようです。ネット通販ではアマゾンや楽天があります。青雲に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

青雲書房直接お申し込みは、定価本体1200円+税=1260円。送料無料。
送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

大橋むつお戯曲集『わたし 今日から魔女!?』
 高校演劇に適した少人数戯曲集です。神奈川など関東の高校で人気があります。
 60分劇5編入り 定価1365円(本体1300円+税)送料無料。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351

大橋むつお戯曲集『自由の翼』戯曲5本入り 1050円(税込み) 
門土社 横浜市南区宮元町3-44 
℡045-714-1471   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大人ライトノベル・タキさんの押しつけ読書感想『キャパの十字架/天の血脈』

2013-05-14 12:16:40 | 読書感想
タキさんの押しつけ読書感想
『キャパの十字架/天の血脈』


これは悪友の映画評論家・滝川浩一が、個人的に身内に回しているものですが、もったいないので転載しました

☆キャパの十字架
 キャパはスペイン戦争で“くずれおちる兵士”という おそらく世界一有名な写真を撮ったカメラマンとして知られる人です。

 しかし、随分前から この写真は本当に銃弾に倒れた兵士を撮った物ではない、当初言われていた兵士の名前も場所も間違っている、それどころか これはキャパの撮影ではないと訴える人びとがいた。
 ただ、これまでは状況証拠ばかりで確定にはいたらなかった。 本書は、撮影の日時と場所をほぼつきとめ、撮影の状況の推理も展開している。キャパはこの当時“ライカ”と“ローライフレックス(カメラを腰だめに構えて上から覗くようにして撮影するカメラ)”の2機のカメラを持っていて、キャパがライカを 同行していた恋人がローライフレックスを持っていた。
 ライカで撮影された写真は“くずれおちる兵士”と前後すると思われるシーンが残っており、それが有力な証拠となる。この経緯と結論は最高の推理小説が裸足で逃げ出す程の面白さ、敢えてここでは触れないでおく。カメラマン沢木ならではの探索と推理は唸るばかりではある。
 ただ、本書を読んでも納得いかない所が二点。
(1)丘を駆け降りる兵士が銃撃されたとして、写真のようにのけぞる事はあり得ない、運動の法則からして前のめりになるんじゃないのか…としている点、確かに首から下の着弾ならそうかもしれないが、唯一 頭部に正面から着弾したとすれば状況は全く変わる。当時の銃器/銃弾の性能及び想定される狙撃者との距離から沢木の推理は妥当と言えるが……。
(2)写真がライカではなくローライフレックスで撮られたのは ほぼ間違いないとしても、カメラマンがキャパであった可能性は無いに等しい可能性ながら 残されるのではないかと思える点(書いていて“無理臭い”と我ながら思うが) いずれに判断するのも本書を手にした人次第ではあるが……書いてしまえば(本書の評判を知っている方には周知ではあるが)沢木はこの写真がキャパの撮影ではないと結論している。
 ただ、沢木は“真実を暴き出す”姿勢で調査執筆したのではなく、同じ戦場カメラマンとして この世界一有名な写真に迫ろうとしている。時には沢木のペン先に彼の涙さえ感じる。
 毎度 半端な書評ではあるが、興味の有る方はどうか本書を手にしていただきたい。単に写真の事ばかりではなくキャパの内実にも迫った名著だとおもいます。


☆天の血脈
「天の血脈」は安彦良和の「ナムジ」「神武」に続く古代史漫画の最新刊です。かねてから予告されていたように“神功皇后”について語られるようですが、まだ二冊目、しかも日露戦争前夜の満州近代史と絡まり、内田良平やら、まだ馬賊のターランパだった張作霖や 好太王碑文調査隊なんかが出てきて、これらがどう絡んでいくのか不明、詳しくは3巻4巻を見てからにします…てえ事は数年後です。先行する「ナムジ」「神武」は山本常治の「日本古代史」(学会からは相手にされていないが、日本中の神社古伝を調査した労書)を底本に安彦の独自視点を加えた伝奇ロマンで 読み応え有ります。


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』        

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 

お申込は、最寄書店などでお取り寄せいただくか、下記の出版社に直接ご連絡いただくのが、一番早いようです。ネット通販ではアマゾンや楽天があります。青雲に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

青雲書房直接お申し込みは、定価本体1200円+税=1260円。送料無料。
送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

大橋むつお戯曲集『わたし 今日から魔女!?』
 高校演劇に適した少人数戯曲集です。神奈川など関東の高校で人気があります。
 60分劇5編入り 定価1365円(本体1300円+税)送料無料。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351

大橋むつお戯曲集『自由の翼』戯曲5本入り 1050円(税込み) 
門土社 横浜市南区宮元町3-44 
℡045-714-1471   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大人ライトノベル・タキさんの押しつけ映画評『探偵はBAR にいる2』

2013-05-11 16:17:10 | 映画評
タキさんの押しつけ映画評
『探偵はBAR にいる2』
      

これは悪友の映画評論家・滝川浩一が個人的に身内に流している映画評ですが、もったいないので転載したものです


久しぶりに“大お薦め!”面白いの保証!前作を1だとすれば10倍面白い!
 原作は 全く読んでいないので脚本の古沢良太を大絶賛します。パンフによると原作には尾野真知子のヴァイオリニストは出てこないらしい、このオノマチが最高です。彼女の関西弁は違和感なく聞けて(本物関西人だけど 何故か映像にでるとけったいなイントネーションになってしまう人が多い)良いのであります。もう一つ、彼女は解放された肉体の持ち主であり、いつもリラックスしているので いつ見ても安定したリアルな存在を演じる。池脇千鶴と双璧であります。

 設定は非常にベタであります かつ コミカルな部分も多い、ともすればコミック方向に流れがちだけど きっちり探偵ハードボイルドの世界に存在している。盛り込み過ぎてる感120%ながら ビシッと整理されて伏線の取り落とし皆無、三者三様の涙が描かれ これまたベタベタながら…泣ける! この感覚は新感線の芝居を見ていて 大爆笑しながら泣かされる感覚に似ている。
 大泉/松田の主役コンビと光岡のオンボロ車も最高、途中 波岡(前作のキャラクター……ここは前作を見ていないと解らない)がいきなり出てくるのにはビックリ。おそらく今後シリーズ化されたら 探偵の絶体絶命シーン(次回はオホーツクの氷の下に沈むらしい、大泉が真剣に嫌がっている)と共に お約束になりそうです。 しかし、大泉洋って役者も不思議な人ですねぇ、全身からコメディアンのオーラを発しながら 決めるべき所はビシッと決める、ニヒルな表情も良く似合う。しかも、100%ではなく 一歩引いた所に着地する……この肉体感てかバランス感覚が素晴らしい。 もう一人は ガレッジセール/ゴリさん。この人とぐっさんは“内に悲しみを秘めた”役をやらせるとピカイチです。本作は配役の妙でも光っています。
 続編が第一作より面白いのはめったに無い現象です。前作を見ている方は必見、見ていない人は“波岡君は前作のやられキャラ”だって事だけ 頭に留めて見て下さい。

 現在、原作を読むべきか否かを真剣に悩んでおりますです(作者が一瞬カメオ出演しています)


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』        

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 

お申込は、最寄書店などでお取り寄せいただくか、下記の出版社に直接ご連絡いただくのが、一番早いようです。ネット通販ではアマゾンや楽天があります。青雲に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

青雲書房直接お申し込みは、定価本体1200円+税=1260円。送料無料。
送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

大橋むつお戯曲集『わたし 今日から魔女!?』
 高校演劇に適した少人数戯曲集です。神奈川など関東の高校で人気があります。
 60分劇5編入り 定価1365円(本体1300円+税)送料無料。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351

大橋むつお戯曲集『自由の翼』戯曲5本入り 1050円(税込み) 
門土社 横浜市南区宮元町3-44 
℡045-714-1471   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大人ライトノベル・タキさんの押しつけ映画評『聖☆おにいさん』

2013-05-10 16:03:47 | 映画評
タキさんの押しつけ映画評
『聖☆おにいさん』
      

これは、悪友の映画評論家・滝川浩一が個人的に身内に流している映画評ですが、もったいないので転載したものです


アハハハ〓〓〓 ここまで予想通りだと笑っちまいます。

 確かに'09この漫画大賞なんですけど……未だに連載中とは言え、もう4年前 「旬は過ぎてる感」満タン。しかも、ストーリー構成に難有りすぎ。(泣き)

 ご存知無い向きに解説いたしますと……無事 世紀末を越えたブッダとイエスが長期休暇で東京立川にやって来ている ってな 真面目な信者ならブチ切れそうな内容の漫画です。結構コアな宗教ネタと現世東京下町人情が 繋がらなさそうながら変に絡まるのと、たまにやってくる弟子や天使とのトンチンカンギャグがそこはかとなく可笑しい漫画なんですが…そらまぁ見事にコアってかディープな部分は全部削ってあります。 極 上っ面で一般に知られていると思われるブッダとイエスの話のみで繋いであります。
 原作そのものが若干賞味期間切れな所にもって、テレビシリーズも無いのにいきなり劇場映画ってのは、いくらなんでも無理ですわ。その上、脚本も監督も本作の可笑しさを勘違いしているから……たった一言「無惨」であります。
 ご存知無い方へ、これを見るお金があるなら、原作漫画を3冊買って クスクス笑いながらお読み下さいませ。映画は金と時間の無駄遣いです。チャンチャン〓


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』        

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 

お申込は、最寄書店などでお取り寄せいただくか、下記の出版社に直接ご連絡いただくのが、一番早いようです。ネット通販ではアマゾンや楽天があります。青雲に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

青雲書房直接お申し込みは、定価本体1200円+税=1260円。送料無料。
送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

大橋むつお戯曲集『わたし 今日から魔女!?』
 高校演劇に適した少人数戯曲集です。神奈川など関東の高校で人気があります。
 60分劇5編入り 定価1365円(本体1300円+税)送料無料。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351

大橋むつお戯曲集『自由の翼』戯曲5本入り 1050円(税込み) 
門土社 横浜市南区宮元町3-44 
℡045-714-1471   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校ライトノベル・ムッチャンのイレギュラーマガジン・5

2013-05-06 07:38:10 | イレギュラーマガジン
ムッチャンイレギュラーマガジン・5


☆3747件のアクセス!

 昨日2013年5月5日のアクセス3747件! ブログを始めて、二年ちょっと。日頃は500ちょっとのアクセス(PV)が3747件。これは、ほぼ一週間分が一度にきたようなものである。今までの最高が一昨年の11月28日。近畿高等学校演劇連盟の近畿大会で、わたしが発言したことへの反響から、特別に多くなったもの。それが、特にこれと言った理由もなく、いきなりの3747件。いやはやびっくりです。日刊連載小説『希望ヶ丘 青春高等学校物語』へのアクセスが少し多かったことと、この『イレギュラーマガジン』へのアクセスが多いくらいで、原因不明。とりあえず、これを書いてアクセスの増加を企む。

☆E教団宣教師との会話

 ヒトツキほど前に「すみませんEのものですが、聖書のお話を……」と、いう感じで、感じのいい青年がやってきた。たいがい「うちは、けっこうです!」と相手にもされない有名な教団の青年である。
 わたしは、気分次第で「来る者は拒まず」で、気楽に話した。

 この教団は、出来て140あまりの若い教団で、本部は、アメリカのブルックリンにある。輸血や格闘技を拒むことで世間に知られている。しかし、そのことには、あまり興味がない。
 わたし自身は、ずぼらな浄土真宗仏光寺派の門徒で、普段、経も唱えない不精者である。ただ、60歳を目前にし、多少「信仰」というものに関心がでてきた。そのことと、E教団がキリスト教系の宗教としてはめずらしく三位一体(父=神 子=キリスト 精霊=天使)を認めないことに興味があった。
「言うとくけど、話は、どこまでいっても平行線やで」と、釘を刺してから、タッグに入った。

 我が、浄土真宗は「本願誇り」を戒めている。やたらに「南無阿弥陀仏」を有り難がって、他の宗派や、宗教を、頭から否定してはいけないという教えである。

 わたしの浄土真宗は、いわば我流の解釈なのであるが、親鸞さんの教え(解釈)を真っ当に読んだらこうなる。というものである。
 お釈迦さんは、「人間死ねば、みな極楽に往生する」と、これしか言っていない。さまざまな経によって極楽は荘厳されて、とても素敵なパラダイスのように思われているが、けして、そうではない。
「極楽」とは、死ねばゼロになることの言い換えであり、ゼロの中では楽もなければ苦もない。これでは身もフタもないので、英語に訳したら「ベストパラダイス」というような言い方をしている。意訳すれば、生きる上での煩わしさが何もない(楽も、そこに到のには苦があり、楽の維持には手間もかかる)とにかく、何にも無しのゼロである。
 ゼロというのは、面積も体積も時間さえなく、完全無欠の何にも無しである。人間も動物も、地球や宇宙にさえ寿命があり、いつか消滅する。この万物の運命を仏性(ぶっしょう)があると言う。そして、このゼロは、絶対見ることも計測することが出来ないにもかかわらず、小学生でも軽々と理解している。
 86引く86はなんぼ? そう聞くと、誰でもゼロと答える。これが人間の一生だとしよう。すると、このゼロには、様々な思いがありはしないだろうか。ちなみに86は父の享年である。

☆で、三位一体


 キリスト教の大半は三位一体である。三世紀のニケーアの公会議以来、そういうことになっている。でも、E教団の青年は熱く語る「聖書の、この部分をみてください。あきらかに父と神さまは別物です」 たしかに、憲法第九条が、戦力の不保持を謳っているように明確である。しかし自衛隊という戦力は現に存在している。防衛力は戦力ではないという解釈である。余談になるが「自衛隊」を英訳すると「ディフェンスフォース」になる。イスラエルの軍隊も、実は「ディフェンスフォース」であることは、一般に知られていない。二本は、それと区別するために「ディフェンスフォース」の前に「セルフ」をつけて区別している。しかし、「JGSDF」略してもAKBより一文字多いそれは、わたしのイメージの中では『ハウルの動く城』のようにゴテゴテした印象である。もう、解釈では限界がある。

 で、三位一体である。三位一体の立場は、こうであろう「父も子も精霊もいっしょである。いっしょなんだから、いちいち『神は、神の分身(権現とでも言おうか)であるキリストを……』とは言わないであろう。「わたしは、わたしのものである脳を使って、私の部分である手でコップをとった」とは言わない。「わたしは考えてコップをとった」になる。そう読めば、聖書は立派に三位一体である。

 わたしは、こうも言った「言葉は偶像です」TPOによって、言葉は人の頭によって事なり、限られたイメージしか喚起しない。だから、憲法九条のように、まるで反対なことでも正解になる。

 最後に、彼とは、この点で一致できた。人間は死ねばゼロになる。だから、どう生きるかが大事なんだ。

『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』        

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 

お申込は、最寄書店などでお取り寄せいただくか、下記の出版社に直接ご連絡いただくのが、一番早いようです。ネット通販ではアマゾンや楽天があります。青雲に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

青雲書房直接お申し込みは、定価本体1200円+税=1260円。送料無料。
送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

大橋むつお戯曲集『わたし 今日から魔女!?』
 高校演劇に適した少人数戯曲集です。神奈川など関東の高校で人気があります。
 60分劇5編入り 定価1365円(本体1300円+税)送料無料。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351

大橋むつお戯曲集『自由の翼』戯曲5本入り 1050円(税込み) 
門土社 横浜市南区宮元町3-44 
℡045-714-1471   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校演劇・その広がりの可能性について

2013-05-05 08:21:54 | 評論
高校演劇・その広がりの可能性について     


 高校演劇は曲がり角にきています。
 
 第一に、高校教育の中での部活動のあり方という大きな問題です。総学習などの導入で、高校の授業内容は、時間的に肥大化の方向にあり、0時間目授業、7時間目授業を課しているところ。土曜日を実質的な授業日、あるいは、各種の補講や検定試験などに使い、部活に使える時間は減りつつあります。自治体によっては、学校ごとの部活を廃止し、地域横断的な組織にして、部活動そのものを、正規の教育活動から外そうという動きもあります。

 第二に、高校生の演劇部離れです。東京など、一部を除いては、中学演劇は、ほぼ壊滅。高校演劇が、その後を追いかけて、漸減の坂を下り始めています。もう、昔の新劇や、小劇場スタイルの芝居では、観客がついてきません。また、高校演劇連盟そのものも、たいがい内向きになり、広く一般の観客をとりこもうという姿勢がありません。わたしの出身母体でもある大阪府高等学校演劇連盟でも、内向きにまとまろうという方向から抜け出せません。連盟のオフィシャルのサイトに、コンクールの時程が載って居らず。数少ない一般の観客の中には、時間が分からず(休日の午後5時半開演、ちょっと常識では考えられない時間)迷惑された方がいらっしゃいます。連盟の広報に尋ねると「人手も時間もなく、できない」というご返事でした。でもコンクールの結果は、明くる日にはオフィシャルなサイトに出ていました。事前の時程ぐらいは出せると思います。

 で、提言です。従来の演劇部のスタイルを捨てませんか。50分の未熟なドラマでは、コンクールでも苦しく、文化祭などでは閑古鳥の観客席です。
 舞台芸術部などに名称変更して、TPOに合ったコントや、歌、ダンスにまで広げてみてはいかがでしょうか。すでに、そういう動きをしている元演劇部もあります。
 もう一つは、部活動、そのものから飛び出してしまうことです。NMB48を受けるのもいいでしょう。死ぬほど充実した「部活動」がやれます。
 また、身体表現芸術としては隣接する関係にある、ケイオンやダンス部への移籍。ケイオンは関西では『スニーカーエイジ』として、マスコミとタイアップして、すでに質量的にも、演劇部を大きく引き離しています。なにも「今の高校演劇」にしがみつく必要はありません。

 以下は、そういう架空の府立高校を設定した『希望ヶ丘 青春高等学校物語』の一回分です。たった二人になった演劇部の新子とさくやが、学校そのものを飛び出してMNB24というアイドルグループの研究生になる下りです。こういうところは、平日2時間、土日6時間という、部活と変わらない時程でやっています。現実は、こういうアイドルグループの研究生になった子達は、仕事と学業の両立で悩んでいる人もいますが、うまく両立させ、選抜メンバーになった子もいます。

 突拍子もないように思えるかもしれませんが、大まじめな提案です。


希望ヶ丘青春高等学校物語・40
 『新子は新子』  
     


 この連休は、全てレッスンである。

 覚悟はしていたが、やっぱし厳しい。休日のレッスンは昼休みを除いて六時間ミッチリある。
 まず、狭いスタジオの中を二十周ほど歩かされる。歩く条件は、ただ一つ「アイドルとして歩くこと」
 その間、二人のインストラクターの先生は、なにかしらメモをしている。終わってもなんのアドバイスもない。
 次ぎに、MNBのストレッチ。一定の型はあるんだけど、そのストレッチの間、個別に指導が入る。どうやら歩かせているうちに、体の歪みや、歪みがチェックされていたようで、各自、それに合ったメニューが付け加えられる。
 新子は、それまで、自分の体に歪みがあるなんて思いもしなかったが。
「新子は右脚に重心をかけすぎ。あんな調子で吹雪きの中道にまよったら、大きく左側にそれて、一時間も歩いたら、もとの場所に戻って、遭難間違いなし」
「そうなんですか!」
 みんなに笑われた。期せずして、ギャグになったのだ。
「今のが、ギャグなんだけど、無意識に出た物だからおもしろい。あれを企んでやったらオヤジギャグになって、気温の寒さの前に、ギャグの寒さで凍死する」
 もう一人のインストラクターの先生が指摘。また笑われた。その後、しばらく「そうなんですか!」が五期生の中で流行った。
「新子、自分の靴持っといで」
「はい」
「みんなよーく見て、この靴底。右の方が左よりも二ミリも減っている。わかるわね、右に力が入っているのが」
「みなみ、あんたも靴持ってきて」
「は、はい!」
 武村みなみという子が靴を持ってきた。
「ほら、みなみの靴と、新子の靴、よ-く見て。なにか気づかない?」
 先生は、二人の靴を全員に回した。
「なにか、わかった人?」
「はーい」
 こともあろうに、さくやが手をあげた。
「新子先輩のは、やや外側のカカトが削れてますけど、みなみさんのは、内側が削れてます」
「正解。でも、ここで互いの名前呼ぶときに『先輩』はつけない。同期は「ちゃん」か「呼び捨て」 ま、そのうちに愛称になったらそれも良し。この減り方から分かることは?」
「X脚とO脚です」
――わたしって、X脚か~――
 新子は落ち込んだが、先生がフォローしてくれた。
「少し外側が減るくらいがちょうどいいの。新子は、その点は合格」
「今から、新しい靴を配ります。当分学校も、レッスンもこれで来ること。靴底の減り方チェックするからね」
 それから、みんなで靴底のチェックをしあった。きちんと減っている子は五人ほどしかいなかった。
 
 今度は、まっすぐきれいに歩く練習だった。背筋の曲がり方、肩の左右の高さの違いなどチェック。
「はい、フロアーの線をカカトで踏んで歩く。ふらつくな! 前を見て、腰から前に出す!」
 全員でやっている間に、問題児は抜き出されて個別の指導を受けている。
「モデルじゃないんだから、おすまししない! ごく自然にぶら上がった状態で歩く」
 ブラ、上がった? 変な連想をした子もいたけど、先生の見本を見てすぐに分かった。自然でカッコイイ。
でも、どうやったら、それが出来るのかは謎だった。

 昼からは、表情の練習だった。
「笑ってごらん」
 先生に言われて笑ってみる。
「ばか、声に出さない。顔だけで笑う。なんだ、おまえは虫歯が痛いのか!?」
 確かに、虫歯が痛いのを堪えているような顔ばかりだった。
「顔には、表情筋というものがあるけど、みんなは、その半分も使っていない」
 先生は、いろんな表情をして見せてくれた。顔の筋肉が左右非対称で動くのを、初めて知った。
 これの一番簡単なのがウィンク。でも、だれもできなかった。

 それから、発声とステップの基礎。終わったころにはアゴが痛く、膝が笑っていた。

 夕方は、ステージのカミシモに分かれて、見学。その日はチームMの公演。リ-ダーは、以前テレビでいっしょだった、榊原聖子。顔つきがまるで違う。円陣を組んで気合いを入れる。
「今日失望したファンは二度と来ない! だから、一人一人最高のパフォーマンスで! 掴んだファンは二度と逃がすな! いいな!!」
「おお!!」
「MNB24ファイト!!」
 すごい気合いだった。知ってか知らでか、聖子は新子のことなど、完全にシカト。
 武村みなみは、ステージの高さに顔を付けて、選抜メンバーの靴のカカトばかり見ていた。

 そして、かえりは支給されたローファーを履いて、さっそく足にマメができてしまった。

 で、前号の台詞になる。

「ああ、もう死ぬう……」
 いつもなら敏感な新子だが、この日はさすがに、乙女先生が、こんな時間に家にきていることも、ほとんど気にかからなかった。

 明くる日、ステージ袖のモニター、映る開演前の客席に、乙女先生と旦那さんに挟まれた女の子を見て、ちょっと不審に思った。

――乙女先生、娘さんなんかいたっけ……――

「そこの研究生!」
「はい!」
 あっと言う間に、乙女先生の家のことなど、頭から飛んでしまった……。


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』        

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 

お申込は、最寄書店などでお取り寄せいただくか、下記の出版社に直接ご連絡いただくのが、一番早いようです。ネット通販ではアマゾンや楽天があります。青雲に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

青雲書房直接お申し込みは、定価本体1200円+税=1260円。送料無料。
送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

大橋むつお戯曲集『わたし 今日から魔女!?』
 高校演劇に適した少人数戯曲集です。神奈川など関東の高校で人気があります。
 60分劇5編入り 定価1365円(本体1300円+税)送料無料。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351

大橋むつお戯曲集『自由の翼』戯曲5本入り 1050円(税込み) 
門土社 横浜市南区宮元町3-44 
℡045-714-1471   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加