大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・学校時代・08『不法投棄を見つけた場合』

2016-08-25 10:11:04 | 自己紹介
学校時代 08『不法投棄を見つけた場合』

 昔のゴミ捨てはゴミ箱ごと集積場に持って行った。

 ちなみに学校の話である。

 取っ手が付いていたように思うのだが、木製だったか金属製だったか、記憶は定かではない。
 とにかく、ゴミ箱を集積場まで持っていき、ゴミを捨てた後、ゴミ箱は教室に持って帰った。
 労力という点では、その後のゴミ袋時代の倍はかかった。
 
 このゴミ捨てを嫌がるものはいたが、無精をかましてゴミ箱を放置してくる者は居なかった。

 教師になった昭和の50年代、ゴミ捨ては黒いビニール袋になっていた。
 ゴミ箱を教室に持って帰る手間がいらず、労力としては半分になった。
 またビニール袋なので、ゴミ箱そのものに触ることが無いので、かなり清潔になった。

「必ず、ゴミ捨て場(集積場)まで持って行けよ」

 学年はじめのゴミ捨てには、この注意をした。
 気を抜くと、すぐに不法投棄をされる。
 空き教室や、階段のゴミ箱、植え込みなどに不法投棄される。

 不法投棄を見つけた場合。

 事を荒立てずに、自分で捨てに行く先生と、不法投棄したクラスを突き止め、そのクラスの担任に返す先生とが居た。
 クラスを突き止めるには、ゴミ袋の中身を調べる。
 ゴミの中には、小テストや返却プリントが入っていることが多い、それが無い場合でもクラスを特定できるものは大抵入っていて、その証拠を二つ以上見つけてゴミ袋に貼りつけておく。
 で、たいていの担任は、あくる日に不法投棄した生徒に捨て直させる。

 正直手間ではあるが、こういうことをやっておくことが学校の秩序維持に繋がってくる。

「やー、やっぱりセンセのクラスきれいなあ」
 去年担任していたヤンチャクレが、教室を覗き込んで呟いた。
 ガサツでアナーキーな学校だったけれど、生徒は秩序と平和を望んでいる。
 迫り方はいろいろだし、迫るレベルもまちまちだけど、担任が自分の力量いっぱいにやっていれば、いつの間にか納得している。

「こら、また不法投棄したやろ!」とゴミ袋を突き付ける。

「俺とちゃうわ!」
 開き直られるのは、気分で怒ったり、それまでの指導にムラがあったりした場合だ。
「あ、バレてしもた?」
「バレバレじゃ!」
「しゃーないなあ((n*´ω`*n)」

 こういう風にいけば、入院しない程度のストレスで一年が過ごせた……。

 ちなみに、教師一年目は、三月で入院し夏休みいっぱいベッドの上で過ごした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アクセス10万件を突破!

2012-03-27 09:59:54 | 自己紹介
アクセス10万件を突破!

『大橋むつおのホンワカブログ』のアクセス10万件を突破!
 昨日3月26日、ブログ開設380日で、アクセス10万件を突破しました。1年前、ブログを始めたとき、正直ここまでのアクセスをいただけるとは思っていませんでした。過去に共著こみで10冊ほど本を出しましたが。全部の売り上げを足しても1万冊に届くかどうかです。それが、ネットのブログは、1年ちょっとで10万を超えてしまいました。ブログの世界では、この数字がどの程度なのかはよく分かりませんが。わたし個人としては、驚いております。

それはモンド通信から始まった
わたしは、もともとモンド社の『モンド通信』というネットマガジンに連載を持っていました。
モンド通信は、以下の通りです。

メールマガジン『モンド通信 MonMonde』月刊(毎月10日配信)【購読無料】
【愛読者登録・解除】は
http://www.mag2.com/m/0000274176.html

 モンド通信を発行している門土社とは四半世紀前に『自由の翼』という処女戯曲集を出してからの付き合いです。3年前、『自由の翼』が完売したので、門土社にもストックがなく、一冊欲しいという門土社からのお便りからはじまりました。

ネットとは無縁の生活でした
 わたしは携帯を持たない主義で、手紙魔でした。年間で100通(年賀状を除く)は出していました。電話も苦手で、わたしの通信手段は昭和どころか、明治時代のようでした。
 しかし、門土社から、ネットマガジンの連載を頼まれるようになってから、電算機を使わざるをえませんでした。今の出版社は原稿の入稿は、一握りの大御所を除いて、全て電算機による入稿でした。そこで、カミサンにやってもらっていたのですが、煩雑さに音を上げたかみさんが、橋下知事がだした「コウタロウ」で、電算機を買ってくれました。糟糠の妻……と、感涙にむせびましたが、プロバイダーとの契約付きで、本体はウソみたいな値段(たしか量販店のポイントで賄えたとか) で、毎月のネット使用料はわたしの口座から落ちるしかけ。数ヶ月後、銀行の通帳を記帳するまで、このカミサンのカラクリには気がつかないメデタサでした。

それは、宣伝からはじまりました
 門土社の注文で、高校演劇の入門書を書くことになり、ネットで連載が始まりましたが、思いの外読者が増えず、自分で営業するつもりで、ブログというカタチで、『女子高生HB』を載せることから始めました。

高校演劇で火がつきました
 一昨年の大阪府高等学校演劇連盟のコンクールで、T高校が私の作品をとりあげてくれ、わたしもコーチとして加わりました。創作が90%を超える大阪で、唯一の既成脚本として本選に出場。出来を観客席で観ていたわたしと、友人の映画評論家、関西大手劇団のベテラン女優さんの意見が一致しました。
「一等賞や!」
 しかし、結果は意に反して選外でした。常任委員の先生や、審査員のかたにも「審査の経緯を教えて欲しい」と頼みました。審査員の答えは二転三転し、合評会のレジメでは「T高校にも、なんらかの賞をやるべきであった」と、事実上、ご自身の審査結果を変えられました。で、年甲斐もなく、合評会で異議を唱えましたが……まあ、蒸し返しになるので詳述は避けます。
 これをブログに載せたところ、アクセスが急増。そして1年後の昨日、10万件を突破しました。

連盟への批評は一部です
 それ以来、高校演劇や、大阪の連盟の実態を知り「こら、あかんわ」と感じ、40年を超える経験から、感じたままに、高校演劇や連盟のありようについてブログで書き、正直何人かの知人の先生からの信頼を失い、いささかの人数の生徒クンからも嫌われたようです。しかし、高校演劇は、ゆっくりと衰退の坂を(少なくとも大阪、他府県も似たようなものだと思います)下っています。AKB48のプロディユサーの秋元康氏は、リーダーの高橋みなみに、こう言いました。
「高橋が人から嫌われるようにならないと、AKBは伸びないぜ」
 わたしは、ロートルで、リーダーでも、なんでもありません。しかし、44年間も高校演劇を見てきました。そんなオッサンが一人ぐらい憎まれ役をやらなければと、勝手に思っています。
 しかし、高校演劇について書いたものは全体の1/3ほどでしかありません。ほとんどはわたしの作品とエッセーです。その比重はさらに、自分の作品に移りつつあります。有料のブログ解析をやっておりませんので、どのブログにどれだけのアクセスがあったかは分かりませんが、わたしの主戦場は「高校ライトノベル」のサイトです。おそらくこのサイトへの投稿者の中でも、かなりの年寄りの部類に入ると思います。
 いい歳をして、いつまでも感覚は高校生か、せいぜい大学生のままです。昔風にいうと、書生気質が抜けません。読書傾向も、いちおう年齢に相応しく、司馬遼太郎は全部読破、吉川英治、海音寺潮五郎、今東光、佐藤愛子、北方謙三、浅田次郎なども読みましたが、『魔女の宅急便』や氷室冴子の一連の作品、メグ・ギャボット、赤川次郎もかなりの量になります。

AKB48のファンであったりします
 前の方でも書きましたがAKB48が好きです。生徒に、芝居の中で挿入曲としてやらせたのが始まりでした。AKB48というのは、なんだか部活に似ています。15歳ぐらいから、25歳ぐらいの子までいます。わたしも、過去現役の顧問として演劇部に関わり、ちょっと前までは、大阪小劇場(現在は休団中)という劇団で、それくらいの歳の子を相手に芝居をしていました。
 あのAKBの子たちのがんばりは、プロディユーサーの秋元康という人も含めて親近感を感じます。若い子たちが、なにかに打ち込んでいるというものは良い景色です。また、それを上手くプロディユースし、彼女たちの力を最大限に引き出す、秋元康という人も好きです。
 しかし、オッサンの悲しさ。AKBの歌は覚えられません。名前と顔が一致するのも5人ほどしかいません。 ときどきYou Tubeで観ています。観ていて、この子は「やる気と、リーダーシップがある」と感じた子がいます。
 高橋みなみです。身長148.5、けして、とびきりの可愛さやとびきりの美人ではありません。将来AKBを引退(卒業というらしい)して、この世界でやっていける子かどうかも、わたしには分かりません。しかし、このタカミナという愛称の子は、理想的に青春を燃焼させ、それまで自分でも気づかなかったリーダーとしての資質まで身につけました。この子が、秋元康氏をして「AKBとは高橋みなみのことである」と言わしめるほどの存在であると言われているのに気づいたのは、かなりたってからです。自画自賛とか、キショイとか、若い人から言われそうですが、若い子の資質を見る目はまだ確かかなと思っています。

そういう青春を書いていければと思います
 わたしには『女子高生HB』『なゆた 乃木坂学院高校演劇部物語』という二本の長編小説があります。本来は劇作家で、小説を書き始めたのは、ここ1年ほどです。中、短編を含めると10本ほどになります。ようやく、ネット向きの作品のありようが少しだけ分かってきました。どこまで、がんばれるかは分かりませんが、もう少しやってみようと思います。
 わたしを支持してくださった方、わたしを嫌いになった方、間違ってアクセスした方、みなさんに感謝します。10万件を突破したといっても、ブログ全体では30万番台です。年間1600万ほどのブログがあるそうなので、素直に喜んでおります。
 
 目出度さも中くらいかな、おらが春でありました。   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウィキペディアで恥をかく!

2011-08-10 22:32:46 | 自己紹介

      パソコンオンチはこまったものです……

久方ぶりに「大橋むつお」を検索してみると、ウィキペディアに「大橋むつお」という空の項目がありました。そこで略歴を書いたところ「露骨な自己宣伝」と、出てきて、「あ、どないしょ!?」と、オロオロしていると「間もなく削除します」と出てきて、さらによく読むと「自分で自分のことは書いてはいけません」と、書いてありました。今でも検索すると、ウィキペディアの「大橋むつお」の項目には「露骨な自己宣伝により削除」と出ております……

「自分で書いてはいけません」最初から書いておいてほしいと思いました。

ネットオンチというかパソコンオンチは、とんでもないところで恥をかくものですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校演劇・ライトノベル『女子高生HB』の勧め

2011-04-17 09:20:12 | 自己紹介

『ホンワカ女子高生HBが本格的に演劇部にとりくむまで』略称『女子高生HB』

 部員がうまく集まらなかったり、基礎練習のやり方がわからなかったり、部活の人間関係に悩んでいませんか?
 部員が5人ほどで、「こんな少ない人数でやれるんだろうか」と、ため息をついたりしていませんか?

 演劇部の基礎に関する本は「高校演劇の、演技・演出・劇作・道具・照明・音響・などなど」いろんなものが出ていますが、教科書のようにむつかしく、なんだかレベルが高い。そしてなによりマネジメント(毎日の部活をどうやっていけばいいか)について書かれた本はなかったんじゃないでしょうか。

 そういう演劇部のために、小説のカタチで入門書を書いてみました。『ホンワカ女子高生HBが本格的に演劇部にとりくむまで』長ったらしいタイトルですが『女子高生HB』で検索できます。

 この本は、私自身がコーチとして一年余つき合った、大阪の某高校演劇部での体験がもとになっています。たった2人の演劇部を6人にまで増やし、コンクールの予選で、キャスト全員が個人演技賞、そして最優秀賞を受賞して府大会まで出ました。そういう少人数演劇部に的をしぼった、お話です。

 東京からHB(坂東はるか)が、公立のY高校に転校してきて、新しい環境に慣れ(マックをマクドというのにも違和感を感じていた)新しい友だち、部員や、クラスメートとのいざこざ、恋いのすれ違い……などに泣き笑いしながら、しだいに高校演劇にのめり込んでいく姿を、演劇部の変化とともに描いています。はるかの日常に、アハハと笑い、ちょっと涙しているうちに「ああ、演劇部ってこうやるんだ!」ということが自然に分かる仕掛けになっています。
 近々、門土社から電子書籍として発売されますが、その前に全8章を立ち読みできるようにしてもらいました。ぜひ『女子高生HB』で検索してください。 わたしの本業は若い人向けの劇作です。もう全国150ほどの学校の演劇部や、若い人の劇団でとりあげていただきました。昨年はわたしの本で、福岡、大阪、神奈川の高校が本選出場を果たしました。そういう作品に興味のある方は大橋むつおで検索してください
 気持ちはあるんだけど、どうやっていいか立ち止まっている演劇部の人たちの力になれれば幸いです。

                                                大橋むつお
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加