映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゴジラ 1954

2014-07-26 | 映画 か行
先日NHKのBSで放送された「ゴジラ」第一作を見ました。

私が見た記憶に残っている怪獣映画は「ガメラ対ギャオス」。コント55号の映画と二本立てだったと
思います。「ゴジラ対ギャオス」だと思っていたのですがガメラでした。
強いぞ ガメラ、強いぞ ガメラ、強いぞ ガーメーラーというフレーズを
覚えています。そう、ガメラは悪役ではなく怪獣と戦って人間に味方してくれる良い怪獣だったんです。
ガメラもモスラも善玉怪獣、そんなこんなで、ちょっとゴジラとガメラを混同し、途中からゴジラも善玉に
変わったように誤解しておりました
だって松井のあだ名になってたし…「日本で生まれ、世界で認知された怪獣=ゴジラ」という刷り込みが
強かったんです。
ゴジラって・・・善玉?悪玉?

そして2005年の夏、50年を経て英国で本作オリジナルの「ゴジラ」が初上映され、
BBCが取り上げた記事を読みました。
ゴジラ第一作は子供向け怪獣映画ではなく、反核の社会派映画であること、誤解を生むようになったのは
ハリウッドの編集にあったとその経緯について説明し、素晴らしい作品だと書かれていました。

1954年に製作された「ゴジラ」は1956年アメリカの配給会社に売却され、核を推進していた当時のアメリカで反核映画が受け入れられるわけもなく、バッサリと編集され怪獣が大暴れする特撮映画として
英国を含む世界50か国で公開され人気を博したという事でした。
ハリウッド編集版では、レイモンド・バー(「鬼警部アイアンサイド」でで車椅子に乗った刑事、ヒッチコックの
「裏窓」で妻殺しの犯人を演じていた方です)がニュースレポーター役でゴジラが大暴れするシーンを実況する新しいシーンが20分入ってトータル80分。日本版の約3分の1がカットされていたそうです。
この記事を読んで、オリジナルの「ゴジラ」が見てみたいな~っと思っていたのですが、
やっと見ることができました。あれからもう9年かぁ~。


   **********************

           ゴ  ジ  ラ  1954

   **********************

 < ストーリー >
南洋の水爆実験により突如現れた体長50メートルに及ぶ怪獣ゴジラ。
終戦からようやく復興した東京に出没し人々はパニックに陥る。
政府は災害対策本部を設置し撃退作戦を開始するが、歯が立たずゴジラは破壊の限りを尽くす。
戦争で片目を失った芹沢博士は秘かに研究し、水中の酸素を破壊し生物を死滅させる物質
オキシジェン・デストロイヤーを開発。軍事利用を恐れた博士は公表を拒んだが、ゴジラを
倒すためにある決断をくだす。果たしてゴジラを倒すことはできるのか?

何といっても、「生きる 1952」「七人の侍 1954」で押しも押されもせぬ名優である志村喬さんが
古生物学者として出演しておられます。
それだけでも、本作が子供向け映画ではないことがうかがわれます。
えーーー!「七人の侍」と「ゴジラ」は同じ年に公開されているじゃぁありませんか!

ゴジラ映画に欠かせない宝田明さんが出演されているのはもちろんですが、
アイパッチをした影のある芹沢博士を演じているのは平田昭彦さん、ヒロインは河内桃子さんでした。
私は平田昭彦さんのファンでした。河内さんも晩年のホームドラマのイメージが強くて、
お若い時こんなにかわいい方だったとは知りませんでした。
      
               宝田明         河内桃子           平田昭彦

ゴジラを目覚めさせたのが核実験であり、映画の中でガイガーカウンターが頻繁に使われます。
オキシジェン・デストロイヤーという恐ろしい物質を作ってしまった芹沢博士の苦悩と決断。
60年を経て見て、反核のメッセージの強い作品であることに驚かされました。
戦後程なく公開されたとき、日本国内ではどのような反響があったのでしょう?

芹沢博士の苦悩は、マンハッタン計画を主導し「原爆の父」と呼ばれたオッペンハイマーの戦後の
苦悩と重なります。核を兵器として使用する前に科学の力の恐ろしさに気が付いてくれていれば…。

            
              日比谷シャンテの近くにあるゴジラ像   

本作公開から60年を経て31作目「GODZILLA」が25日金曜日から公開が始まりましたね。
前作、1998年に公開されたローランド・エメリッヒ監督マシュ―・ブロデリック、ジャン・レノ出演の
ハリウッド映画「GODZILLA」はかなり酷評されました。ストーリーは結構面白かったと思います。
ゴジラがティラノサウルスのようだという点がいけなかったようで、ゴジラを名乗るなら
オリジナルの造形を踏襲すべきだったんでしょうね。
いっそのこと名前を変えて別物だったら受け入れられたのかも?

最新作の評判は良さそうですね。
果たしてゴジラは善玉か?オリジナル版のメッセージは織り込まれているのか?
気になるところです。
近いうちに見にいくつもりです。



 * 追加 *
ゴジラ登場の音楽タタタン タタタン タタタラタタタラタン は誰もが知るメロディですが、
もう1曲、フリゲート艦対出動シーンで使われているマーチ。
何度かCMに使われ耳に残っていたこのマーチが「ゴジラ」の曲だとは知りませんでした。
 タタタタ タンタータンタータン


これは日立製作所のCMですが、いま伊右衛門のCMでも使われています。
作曲されたのは伊福部昭(いふくべ あきら)さんです。
  

 にほんブログ村 映画ブログへ


    ***** 見た 映画 *****

 7月25日 「グレイズ・アナトミー シーズン9 vol.9,10」 DVD
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« 人生はマラソンだ! De Mara... | トップ | GODZILLA 2014 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (セレンディピティ)
2014-07-28 09:30:00
こんにちは。
昨日、ゴジラ見てきました。
私はオリジナルを知らず、ほとんど予備知識がなかったので
へ~ゴジラってこういう映画だったんだ~でした。
映像は迫力があってすばらしかったです。
ゴジラはウミイグアナみたいでかわいかった。^^

名作といわれているオリジナルのゴジラ、私も近いうちに是非見てみたいです☆
Unknown (ふじき78)
2014-08-02 22:47:11
ちなみに、キングギドラが登場する第五作から悪い宇宙人の作ったメカゴジラと戦う第十五作までがゴジラの善玉時代ですね(ちょっと私もアヤフヤですが)。この辺りは「東宝チャンピオン祭」と名売って、TV版の特撮映画とかいっぱいくっつけて上映して子供を呼び込んでました。
Unknown (セレンさんへ(ryoko))
2014-08-10 00:44:06
コメントいただいていたのに、いつもながら反応が遅くてすみません。
セレンさんもゴジラご覧になったのですね。
今回は「大型トカゲ」ではなく「ウミイグアナ」。確かに似てました~

オリジナルの芹沢博士の台詞にしびれましたわ
Unknown (ふじき78さんへ(ryoko))
2014-08-10 01:03:12
おぉ、やはり悪玉時代と善玉時代があるのですね。
最初の4作は悪玉だったのですね?
今回ムート―が登場するのを知らなかったので、悪玉だと思い込んでいたので、ムートーの登場に驚きました。
キングギドラってメドゥーサみたいに頭がいっぱいある怪獣でしたよね。
「東宝チャンピオン祭り」は知りませんでした。
日本のエンニオ・モリコーネ? (ituka)
2014-08-10 10:56:26
おはようございます。
「ゴジラ」映画でいちばんインパクトあるのが、自衛隊出動時のあのマーチ(笑)
伊福部昭さんの音楽はほんとうに素晴らしかったです。
「ゴジラ」シリーズ以外にも「大魔神」など作曲されてましたね。
Unknown (itukaさんへ(ryoko))
2014-08-10 15:15:59
こんにちは。
いま伊右衛門のCMで流れてますね。
私、ゴジラのテーマ曲と知らないまま、CMで耳にしてメロディーを脳に刷り込まれておりました。本作でこの曲が流れてえ、え、えーーー!そうだったんだぁ。っと感動してしまいました。
「大魔神」も伊福部さんでしたか。youtubeで探してみます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 か行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

11 トラックバック

映画「GODZILLA ゴジラ(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『GODZILLA ゴジラ(2D・字幕版)』 (公式)を本日、公開初日に劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー 1999年、科学者・芹沢博士(渡辺謙)らはフィリピンの鉱山で謎...
『GODZILLA ゴジラ』 渡辺謙しか口にできないこと (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  「ゴジラはアンチヒーローなんだ。善玉じゃないけれど、悪の化身でもない。」  ゴジラとは何か?  ゴジラ映画を撮る際に作り手が最初に悩むであろうこの質問に、『GODZILLA ゴジラ』のギャレス・エドワーズ監督は上のように答えている。 ...
ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版 (そーれりぽーと)
ゴジラ映画の原点を映画館のスクリーンで観る機会なんてもう無いかも知れない。 『ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版』を観てきました。 ※ポスターはカラーですが、本編はモノクロです。 ★★★ 子供の頃にテレビでゴジラの対決ものがよくやってた気がするけど、1...
『ゴジラ デジタル・リマスタリング』をトーホーシネマズ六本木3で観て、デジタルリマスタリングを考えてみるふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★ゴジラはそりゃあいいでしょ。このリマスタリングもよい仕事だったが、デジタル・リマスタリング全体に対して私は懐疑的だ】   この映画での、デジタル ...
ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(05) ゴジラの咆哮を劇場体験できただけで十分満足だった。
「ゴジラ(1954年)」 神格化のプロセス (はらやんの映画徒然草)
今更説明する必要などないほどに有名な日本発の怪獣映画で、国内国外を問わず数えきれ
ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版 (だらだら無気力ブログ!)
今観ても全然飽きずに観られるクオリティー。
ゴジラ(1954) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【GODZILLA:THE KING OF MONSTERS】 1954/11/03公開 日本 97分監督:本多猪四郎出演:志村喬、河内桃子、宝田明、平田昭彦 19XX年、南太平洋で行なわれた核実験によって、ジュラ紀の肉食恐竜が甦った。ゴジラと名付けられたその怪物は、大戸島を襲った後、東京へと歩を進...
GODZILLA ゴジラ/GODZILLA(2D字幕) (我想一個人映画美的女人blog)
1954年。日本の「ゴジラ」誕生からちょうど60年。 そのキャラクターに基づいた2014年版アメリカ制作のSF怪獣映画であり、「ゴジラシリーズ」のリブート。 アメリカ資本で『ゴジラ』が製作されるのは「GODZILLA」(1998年)以来2作目。 このローランド・エメリッヒ....
映画評「ゴジラ」(1954年版) (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 1954年日本映画 監督・本多猪四郎 ネタバレあり
ゴジラ(1954) (銀幕大帝α)
GODZILLA:THE KING OF MONSTERS 1954年 日本 97分 SF/特撮/ドラマ 劇場公開(1954/11/03) 監督: 本多猪四郎 脚本: 本多猪四郎 特殊技術: 円谷英二 出演: 志村喬:山根恭平(古生物学者) 河内桃子:山根恵美子 宝田明:尾形秀人(南海サルベージ技師) ...