こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

スパイダーマン:ホームカミング

2017年08月20日 | サ行
 『スパイダーマン:ホームカミング』
---SPIDER-MAN: HOMECOMING---
2017年(アメリカ)

監督: ジョン・ワッツ

出演: トム・ホランド 、 マイケル・キートン、ジョン・ファヴロー、 ゼンデイヤ 、 ローラ・ハリアー、ジェイコブ・バタロン、 マリサ・トメイ、ロバート・ダウニー・Jr  
 

アイアンマンやキャプテン・アメリカなど“アベンジャーズ”を中心にマーベル・ヒーローが同一世界観の中で活躍する“マーベル・シネマティック・ユニバース”作品群の一つとして描かれる新シリーズの第1弾となる痛快エンタテインメント青春アクション大作。
アイアンマンに憧れ、アベンジャーズ入りを夢見る15歳の青年の葛藤と成長を、ヒーローとしての華々しい活躍に普通の高校生の瑞々しい青春模様を織り交ぜ描き出す。

主演は「インポッシブル」「白鯨との闘い」のトム・ホランド。
共演はアイアンマン役のロバート・ダウニー・Jrのほか、マイケル・キートン、ジョン・ファヴロー、ゼンデイヤ、マリサ・トメイ。
監督は「クラウン」「COP CAR/コップ・カー」で注目され、長編3作目の本作でいきなりブロックバスター作品に大抜擢となった新鋭ジョン・ワッツ。


ニューヨークに暮らす15歳の高校生、ピーター・パーカー(トム・ホランド)。
憧れのトニー・スターク=アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)に見込まれ、彼が開発した特製スーツに身を包み、スパイダーマンとして街のパトロールに精を出しながら、早くアベンジャーズの一員になりたいと夢見ていた。
そんな中、スタークに仕事を奪われ復讐に燃える男エイドリアン・トゥームス=バルチャー(マイケル・キートン)が、地球外の物質から強力な武器を作り出し、ニューヨークを危機に陥れようとしていた。
アベンジャーズに任せろとのスタークの忠告にもかかわらず、一人前のヒーローとして認められたいと焦るピーターは、たった一人で敵に立ち向かおうとするのだったが…。
(allcinemaより)

 

 


 
---------------------------------------------------------------------


新しいスパイダーマン、なかなかいいですね。
いままでも、これはダメって思ったスパイダーマンはなかったですが・・・。
 
今回は特にトニー・スタークに憧れるピーターがお気に入りです。
私がロバート・ダウニーのファンであるというのがその理由でして、マーベルヒーローとしてのスパイダーマンが特にお気に入りという訳ではないのですが・・・。(^_^;)
 
話の展開もクリアですぐに入り込めるのがいいです。
アクションは大がかりではないのかな~とおもってたのですが、どうしてどうして迫力あるシーンがどんどん出てきます。
アイアンマンの手助けを必要とするシーンはアイアンマンファンにはたまりませんね!
 
かっこいいトニー・スタークも見られて満足、満足でした。
 
恋の行方も気になる所ですし、悪役バルチャーの出方も楽しみです。
ハッピーやネッドなど、脇役も魅力的です。
あ、大好きなマリサ・トメイのメイおばさん。
もう次のスパイダーマンが楽しみになっています。
 
マーベルヒーローの作品はエンドロールは見逃せませんよね。
 
 
 
       
 
      
 
      
 
    

 

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
«  レッド・ダイヤモンド  | トップ | 告発の行方 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (yukarin)
2017-08-21 11:36:47
面白かったですね。
私もロバートが大好きなので目的は彼を目当てに.... 笑
トニー・スターク素敵でしたね!!
yukarinさんへ! (小米花)
2017-08-22 11:44:23
コメントありがとうございます!

yukarinさんもロバートのファンでしたね。
今回のロバートはいいとこ取り?でファンにはたまりませんでした~。
これからもアベンジャーズのヒーローものにちょっとでも出演してくれれば嬉しいですね。
もちろん主演映画であればもっと嬉しいです。
yukarin さん へ   (もののはじめのiina)
2017-09-01 09:10:05
>アイアンマンに仕事を奪われ復讐に燃える男エイドリアン・トゥームス=バルチャーが、地球外の物質から強力な武器を作り出し、ニューヨークを危機に陥れようとしていた。
ここのシーンが素早く流されたので、若干要領を得ないストーリーでしたが、そういうことだったのですね・・・。 m(_ _)m

iinaさんへ! (小米花)
2017-09-03 22:46:20
コメントありがとうございます。

アイアンマンのシリーズでも、スタークに軽くあしらわれて
巨大な敵に成長したりしてましたね。
スタークは何故か敵を作るシーンを作ってしまうのでしょうかね。
何しろかっこいい実力者なのでね~。
スタークに方入れ過ぎかしら(笑)。

コメントを投稿