Menkarm World

メンカームの趣味の部屋へようこそ!

終わった。

2022年06月05日 08時39分00秒 | タイでの生活
私と義母は結婚前からの犬猿の仲。始まりは結婚の許しを貰いに行った時からで、結納に2百万バーツ請求されて「カチーン!」と来て以来敵だと思っていた。
私から金を引き出そうと色々な事をやってくれたが、毎回義母の思い通りにはさせず、私の事は大嫌いだったらしい。
一度、姪が「なぜそんなにあの日本人を嫌うの?」と尋ねると、悔しそうな顔をして「ホアモー」と言ったそうだ。私を嫌う婆さんが、お馬鹿な私を一番高評価していると聞いて妻と一緒に大笑い。
義父が亡くなった時に義母の面倒を妻と義弟へ看らせたかったらしく、義父は田畑の相続者を妻と義弟としていたが、義弟が義母の面倒を看るので全部欲しいと言う。これ幸いと許せば、田畑だけでなく義父母が住んでいた私が建てた家まで勝手に売却し、義母を連れてナコンラチャシマ県へ転居してしまった。
家を無断で売られたのに妻が腹を立て、ここから義母と義弟は我家と絶縁状態。
お金を全部使い果たした頃に、義弟とは一緒に暮らせないので迎えに来て欲しいと義母から電話があったそうだが、妻は「仲良く暮らしなさい」と言って切ったそうだ。
義弟も滅多に帰宅せず義母は放置されていたそうで、6年前に一度危篤と聞いて会いに行ったが持ち直し、それからは長姉と同居。
医療費等の援助を何度か頼まれたらしいが、ナコンラチャシマに住む兄弟は親の面倒を看ずに逃げていた3人。「親から家や田圃を貰っているのだから、そのくらい貴方達でやりなさい」と言って妻は断っていた。
何度か危篤と連絡が来ても「狼が出た」と同様なので近くに住む兄弟以外は誰も行かないまま。
もう既に死んでて連絡が無いだけだろうなんて話していたが、先月の25日にもう駄目だと連絡が入った。
糖尿病で足先から壊死したのが腰近くまで広がって変色。生きたまま腐臭漂う状態になり、医者がもう無理と帰らせたそうだ。人工透析を受けていたのも止めたので、生きれるのは一週間くらいだろうか。
会いに行くかと妻へ尋ねるが、行かないそうで、亡くなったら火葬の時に行くと言う。

30日の午前1時に、亡くなったとドイツへ住む姪から連絡。
朝になって「葬儀は兄弟で費用を出し合ってやりたい」と、またドイツの姪を通して連絡。
「どうする?」なんて妻が言うので、私が激怒。「葬儀の連絡も兄弟から直接無いのに、葬式代を出せとはどういう意味だ!?だいたい責任を持って葬式をやらなきゃならない奴は居るだろう!」
私が怒った話は妻から姪を通じてナコンラチャシマの兄弟達の耳へ入ったらしく、昼過ぎには義弟から妻へ電話が入り「お姉さんには悪いことをしました。ごめんなさい。葬儀は私の責任でやりますから、是非参列してください。」と言ったそうだ。妻の目が涙ぐんでいた。葬儀は6月1日にカオヤイでやるそうだ。
義母はプータイ族であり、ナコンパノムのプータイ族が集まってカオヤイへ集団入植した場所へ兄弟達が住んでおり、妻もそこで産まれたらしい。

最初は1日の火葬だけ行くと行ってた妻だが、前日の朝になって急に今から行きたいと言い始め、行けないならバスで行くと言うから大慌て。
私はいまだに成長期なので市場へ行って葬儀で着る黒い服を買い直し、留守番する犬や猫の餌を購入。
いつもなら留守番を頼む従業員はバンコクへ行っているので、留守番は自作のホームアローンシステムを初稼働。
ちょうど11時に出発し、目的地まで400キロ弱なので所要時間は4時間半と思ったが、グーグルマップのナビは6時間の予想。
そんな馬鹿なと思ったが、信号渋滞やトラック2台が車線を塞いでノロノロしているのが多く、到着はグーグルの予想通りの夕方の5時。
義弟が笑顔と抱擁で迎えてくれたが、こいつに会ってこんなに歓迎されるのは初めて。w
もう44歳で頭は禿げてるし、隣に居るのは5人目の嫁さんで、初めて会う。今までの4人の嫁さんはどうしようもない人ばかりで、特に4人目は極悪。子供が出来たと略奪婚し、産まれた子は義弟に全く似てなく、次に産まれたのもそう。義弟が問い詰めると別の父親を認めたらしいが、金を使い果たすと子供達を置いて逃げた。w
5人目は普通に挨拶も出来て世話好きなしっかりした女性。義弟はすかんぴんなので、葬儀代は新しい奥さんが出したらしい。
封筒へ葬儀代の割当分と最初に聞いていた金額を入れて渡した。

場所はパッチョンからカオヤイへ向かってホテルのある地域のもっと奥。道路は穴ボコでトウモロコシ畑と乳牛を飼う農家が多い田舎だが、

お寺は静かで良い雰囲気。

集落の人達も集まって20時前から読経。

義母の棺は二重構造で、外側は冷蔵庫となっており、内側へ遺体を収めた棺桶が入っている。電飾でランプが点滅し、クリスマス風。

翌日の火葬式に向けて長兄と孫二人が1日出家の為に丸刈り。

行く前は近くのホテルへ泊まるなんて妻は言ったが、予想通りに兄弟達とお寺で雑魚寝と言い出した。
私は洗濯もせずに使いまわしなお寺の寝具で寝るのは抵抗があるので、車の後部座席へ。涼しい夜なので窓を少し開けて虫除けスプレーを吹いておいた。
出された食事は濃い味で食べれなかったので、準備してきたパンと水で軽く食べ、軽い睡眠導入剤を飲んで朝まで熟睡。

朝食は妻が作ってくれた魚のフライと蒸した餅米。私がタイで多用する風味調味料を嫌うので、朝早く起きて作ったそうだ。

宝くじは盛況。義母に因んだ数字を買う人が多く、私も年齢から77と命日の530を買ってみたが、やはりハズレ。w

11時頃から読経があり、棺を火葬場へ。反時計回りに3周して上の台へ乗せる。


14時過ぎに自治体関係者が来られて火葬式。

焼き始めたの15時頃。
ガス炉なら当日骨を拾えるが、ここは炭なので翌朝まで掛かる。
兄弟達が翌日拾ってナコンパノムの義父と同じ墓へ入れるそうで、私と妻は先に帰らせて貰った。

帰りのグーグルの予想は5時間で、4時間半でウドンタニへ到着。
途中スピード違反の取り締まりがあり、少し早めだったので呼ばれるかと思ったがセーフ。

次々と問題を起こす母親で、妻は子供の頃から振り回されたらしいが、これでようやく終わった。

コメント (10)    この記事についてブログを書く
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 蓮の実が食べたい! | トップ | 年1200バーツ以下。格安シムへ手を出した。 »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (aki)
2022-06-05 23:01:30
大変でしたね。
お疲れ様でした。
私も娘の家族、親戚とは距離をとっています。
良く分かりませんし。
ただ、私の義理の母は欲のない、とってもおとなしい女性です。
それに引き換え、嫁の強欲な事。
血圧が上がります。
SDGsじゃないけれど生物多様性♬ (ハシビロコウ)
2022-06-06 10:07:09
野生動物の様な人生を送っている方も沢山いる様で、
それだけ、国土が豊かなのだろうと思います。
空港で、外国人の「ご主人」を見送る「奥様」の親類一同に気付いた時は、
もう色々知識が有って、
その内実は全く多様なようで、全て別誂え。
話が違う、と思った方も多いだろうし、
運が良ければ、幸せになれるし、運が悪くても哲学者にはなれる(ソクラテス談)ww

性格や体形は後天的な影響も多そうですが…
ヒト+類人猿、実は哺乳類全般も、実は母親の影響が大きいみたいです。
全く多様で、色んな意味で「括る」のは難しいようですが、
色んな意味で幸運だったようで、結構でしたw

平凡が如何に幸せか体得するのは、色んな経験の後ww
Unknown (menkarm)
2022-06-06 11:38:37
akiさん
妻の母は大人しい人ですが、一族が馬鹿をする司令はそこから出てました。
妻も最初は司令に従ってまして、私が反対すると間へ挟まれて可哀想なので、駄目と知りつつ金を出してやり、何度か失敗を経験させて「ほら俺の言う通りだろ」って理解させました。
義両親は若い頃働き者で、子供は家と農地を買って貰っているのですが、6人居る兄弟の中に駄目なのが二人居て、それを援助しようと母親が収奪を企むものだから、兄弟は逃げてしまってバラバラ。
これでやっと終わりですから、ホッとしてます。
Unknown (menkarm)
2022-06-06 12:01:48
ハシビロコウさん
衣食住等生活に何も困らないにも関わらず、他人の財布で物欲を満たそうとしますから、こちらは当然自衛権を行使。w
私は予備知識がありましたから、対処に困りませんでしたが、博愛・平等・公平を良しとしていると、奈落の底まで突き落とされるでしょうね。w
平凡な毎日がどんなに幸せかは、辛い目に遭わないと判りませんね。
私なんて、「どんどん」の肉うどん、「楽」のらーめんライス、「スーパーマリン」の刺身が食べたいと思いながら、もう15年。www
ご苦労様でした (KK)
2022-06-06 16:41:09
私もマハサラカーム時代にロイエにお住まいの日本人の葬儀に行きましたが、通常は2~3日かけての葬儀になるらしいですが、その時は1日でおしまいだったようです。
いろいろ噂のあったお話ですが、突然お亡くなりになったのでびっくりしたのを覚えております。
Unknown (menkarm)
2022-06-07 14:44:01
KKさん
タイの葬式は自宅でやる場合とお寺でやる場合があり、都市部はお寺でやる傾向ですが、今回はド田舎でもお寺での葬儀でした。
自治体職員が積極的に手伝って下さり、お酒や博打も無い良き雰囲気の葬儀でした。
タイ人が経済的な目的のみで結婚しますと、家や車を買った時点で目標を達成してまして、その後はお互いにメリットを利用しながら生活すれば良いのですが、日本人は口煩く細かい事を言う人が多いので、邪魔になるみたいです。
義父が肝臓癌になった時は、末期で退院させられたと聞いて家へ行きましたら、まだ一月くらいは生きそうな様子なのに、家の前には葬式用のテントが運び込まれ、義母や義兄弟達は父親が痛がるのでモルヒネ注射で殺す相談。
注射する医者を私が迎えに行けなんて言いますから、殺人に関わりたく無い私は殺さない様に言って帰宅。
私がウドンへ着いた時は、もう死んでました。
実際にどうやって死んだか知りませんが、関係者が口を噤めば何も証拠は残りませんから、怖いですね。
義母が透析治療しているのを知った妻は、自分にはモルヒネ注射をしないのねって皮肉を言ってましたよ。
Unknown (muga)
2022-06-10 00:15:53
人が亡くなっておめでとうとは言えないので笑
コメントしずらい内容でした
元妻の母親もとんでもないキャラクターでしたが
今はまだ生きているのかいないのか、息子にきいても知らないというだけです
娘の送別パーティーの時に会って以来 あちらの家族は見ていないそうです
元嫁が強奪した資産を独り占めしたもんで絶縁状態ではないですかね?

そんな息子はオンデマンドのGATコース45900バーツを母親にお願いしたけど断られたと、私に「お金をお願いします!」と言ってきました
「今頃か、遅いぞ!」と言って即決で払ってあげましたよw ほんとうは商売がボロボロで金欠なんだけど、ここをケチるわけにはいきませんからね(=_=)・・・
Unknown (menkarm)
2022-06-10 10:38:06
いろいろとやってくれた婆さんでしたが、最後は義弟も真面目に働き出し、幸せだったと思います。
私も妻を産んでくれた事に感謝してます。
お兄ちゃんは大学受験本番。
GAT(国・英)の割合が高い学部が多いですから、頑張ってください。
応援してます!
Unknown (マルコメマックス)
2022-06-20 22:32:32
タイ人は日本人に物を要求する人が多いですが
メンカムさんは奥さんと結婚するときに、お義母さんの性根を知っていたわけですよね?
それでも結婚を決断したのは奥さんはまた違った性格だったのでしょうか?それにしても、お義母さんがプータイ族と言う事は奥さんは混血、メンカムさんの子供はクォーターと言う事になりますね。(まあ日本人の血も入ってますけど)プータイ族の特徴ってなんでしょうか?
Unknown (menkarm)
2022-06-21 02:25:10
マルコメマックスさん
お金については、日本では失われてしまいましたが、タイでは家族の中で助け合いますから、出来の悪い義弟を支援して欲しかったみたいです。
義母はいろいろやってくれましたが、全て想定内でしたから、特に困りませんでした。家を売られた時も縁切のチャンスだと妻が言いまして、実際に良い結果を招いてくれました。
私が妻と結婚したのは、妻が母親ではなく私側へついたからです。
子供の血については、タイは多民族国家で混血が進んでますから、特に気にする人は居ないみたいです。子供達は学校でルークコンジープン(日本人の子供)と言われる事はあるみたい。日本人と知ると敬意を持って接して下さる方が多いので、得する事は有っても、困る事は無いみたいです。
プータイ族の特徴は…私もよく分らないので検索してみてください。文化的には音楽や踊りや織物が有名でして、美人が多いと言われる街もあるそうです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

タイでの生活」カテゴリの最新記事