ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「ライカ」、ロシアで撮影された同性愛映画!

2018-12-31 16:04:03 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆★

恋愛(同性愛)映画好き ☆☆☆

R15+

ロシアでは「『非伝統的な性的関係』を未成年者に知らしめる行為を禁止する」とする同性愛宣伝禁止法が成立し、社会的にも同性愛を含むLGBTに対する風当たりが強い。

従って、ロシア人が主役で、ロシアで撮影された映画にもかかわらず、当映画はロシアでは上映できない。

ただ、ライカ役の宮島は本作で第12回ロサンゼルス日本映画祭最優秀新人賞を受賞している。

天真爛漫な日本人女性ライカ。1957年に宇宙船スプートニク2号に乗せられたライカ犬を自身の境遇を重ね合わせる彼女は、モスクワの外れの小さな墓地で女優志望のロシア人女性ユーリャと出会う。アパートで奇妙な共同生活がスタートさせた。

二人の同棲生活、いわゆるLBTだ。

女性をナチュラルに撮ってきた今関監督だけに、まさに自然体。

嫉妬、独占欲、愛情。

男性との関係が二人を傷つけていく。

全編ロシアで撮影、だが、撮影隊は一部俳優を除いては、日本人スタッフによる。ロシアの街並みが美しい。

宮島は、体当たりで役に臨んでいるが、お人形のようなキュートな雰囲気だ


 

 

 

コメント

「無常」、近親相姦、師匠の妻と師匠の3P、無常とは?

2018-12-31 11:32:06 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆☆

エロス映画、哲学映画好き ☆☆☆☆

1970年作品 ATG作品  

日本的風土の中での近親相姦を通じて、人間の精神の原鉱を探ろうとした意欲作。脚本は「水で書かれた物語」の石堂淑朗のオリジナル。

監督は、実相寺昭雄

その研ぎ澄まされた映像は鮮烈。ロングショットとアップ。カメラアングルは見事。

白黒映像は、光と影を強調。ハイキータッチと不協和音が映像をたたき込む。

 滋賀県が舞台で、寺が主舞台。当時の風俗も垣間見れる。

主人公の正夫、父の営む商家を嫌い、仏像師にあこがれる。

姉と近親相姦、やがて妊娠、書生と結婚させるが、この事実を知った書生は自殺。

一方、仏像師に弟子入り、師匠の後妻といい仲に、そして師匠と三人で。

この事実をとがめる寺の若い僧侶と哲学論争。

その倫理観とエロスの映像は、当時評判となった。

まさに「無常」の映画だ。

主演田村亮、司美智子、田中三津子。


コメント

「BLEACH」、週刊少年ジャンプ連載の大ヒットコミックの映画化!

2018-12-30 16:46:16 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆

コミック映画化好き ☆☆☆

アニメ版も人気を博した久保帯人原作。

幽霊が見えてしまう高校生・黒崎一護は、ある日突然、人の魂を喰らう巨大な悪霊「虚(ホロウ)」に遭遇する。命を狙われる一護と家族の前に死神を名乗る謎の少女・朽木ルキアが現われ虚に立ち向かうが、重傷を負ってしまう。窮地に追い込まれたルキアは最後の手段として、本来は人間に与えてはならない死神の力の一部を一護に渡す。それ以来、一護は高校生活を送りながら死神代行として戦いの日々に身を投じていく。

死神代行となった黒崎は、ルキアの指導の下、ピッチングマシーンでしごかれと、まさにロッキー並みの努力を重ねる。

そしてホロウとの対決、友人の助けもあって何とかクリア。でも、街では、竜巻がおこったようね大惨事。

そしてラストは、ルキアの兄との対決。

何しろルキアの兄なのだから、その力は並ではない。でも黒崎も、やられてもやられても起き上がる起き上がりこぼしみたいなスタミナ。

まあ、活劇を主体で見れば、それなりの、面白さがあるが、この荒唐無稽の話についていけるか?

それに、黒崎のトラウマが、少年のころの母親の死であったり、家族愛のつもりだろうが、余計な感じが。

黒崎一護を福士蒼汰が、ルキアを杉咲花が演じている。

コメント

「マッドボンバー」、爆破魔と暴行魔とそれを追う刑事!

2018-12-30 10:56:25 | TSUTAYA発掘良品

おすすめ度 ☆☆★

B級映画好き ☆☆☆★

1973年 アメリカ映画

世の中からはじき出された2人の男が演じる犯行を描く。製作・監督・脚本・撮影は「魔法の剣」のバート・I・ゴードン。

女房とは離婚、娘を麻薬で亡くし、自暴自棄のドーン。なかなか正道を行く説教魔。だが、爆弾を仕掛けるのはいただけない。

たまたま、爆破したところに、暴行犯がレイプしているところに遭遇。

この暴行犯が、爆破犯を見たと確信した刑事は、まず、その暴行犯を割りだし、モンタージュで暴行犯を特定する。

これを知った爆破犯は、暴行犯が、自宅で妻の全裸ビデを鑑賞中、爆破する。

そして最後は、暴行犯の自爆死で終わるのだが、その過程が実に面白い。

チャック・コナーズ、ヴィンス・エドワーズ、ネヴィル・ブランド、ナンシー・ホンノルドなど曲者役者揃い。

往年のカルト映画のヒット作。


コメント

「グリンチ」、ひねくれものがクリスマスを!

2018-12-29 17:10:51 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆ (劇場鑑賞)

吹き替え版しか上映していなくて、吹き替え版を鑑賞。大泉洋がグリンチを。

2000年にジム・キャリー主演で実写映画化もされたドクター・スースの名作絵本に登場するアメリカの国民的キャラクター「グリンチ」を、新たにアニメ映画化。

「怪盗グルー」シリーズや「ミニオンズ」など、数々の人気アニメを生み出すアニメーションスタジオのイルミネーション・エンターテインメントの作品。

ひねくれもののグリンチが、クリスマスを村から盗もうと計画実行するという、クリスマス向けの映画だ。

クリスマスを盗まれても、幸せそうに歌う村人に感心し、グリンチは改心。

シンディー・ルーにクリスマスディナーに招待され、村人たちの暖かい歓迎を受け、グリンチは固く閉ざしていた心を開いて映画はハッピーエンド。

だが、映画の大半は、いじわるをするグリンチの話で、楽しくない。

同時上映のミニオンの映画が面白いだけに余計目立った。

クリスマスに、ふさわしいといえばふさわしいのだが。

 

コメント

「プーと大人になった僕」、クマのプーさん現代を皮肉る!

2018-12-28 17:20:56 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆

クマのプーさん好き ☆☆☆★

A・A・ミルンによる名作児童文学をもとにしたディズニーの人気キャラクター「くまのプーさん」を、初めて実写映画化。

イギリスの田舎に住む少年クリストファー・ロビンは、100エーカーの森でくまのプーさんとその仲間たちと楽しい日々を過ごしていたが、ロンドンの私立寄宿学校に入学することになり、皆とお別れ。

学校での厳しい躾や教育、父親の死、第2次世界大戦の出兵などを経て、いつの間にかクリストファーは普通の大人になっていった。

今は、妻と娘と暮らし、旅行鞄会社に勤めるサラリーマン。

会社一筋のクリストファーは、家族との旅行もついていかず、カバンの売り上げを伸ばす策に懸命だった。

一方、プーは森で仲間からはぐれ、ロンドンへやってくる。

クリストファーは、付き合うが、プーを返しに森へ行き、仲間たちに会う。

やがて、職場へ帰るが、森に書類を忘れてしまう。

仲間たちは、クリストファーの娘と一緒にロンドンへ。

そこで、クリストファーは、何にもしないことの大切さに気付き、会社を説得。

家族旅行に出かけるのでした。

仕事仕事で、大切なことを忘れがちな現代への警鐘を鳴らす。

そんなことで、この映画は大人向けだ。


コメント

「ヤングガン」、ビリーザキッドの西部劇!

2018-12-28 10:08:50 | NHKプレミアムシネマ

おすすめ度 ☆☆☆

西部劇好き ☆☆☆★

1988年 アメリカ映画

 西部史上に名高い伝説のガンマン、ビリー・ザ・キッドとその仲間たちがまだ無名だった時代を描いた群像西部劇。

当時若かりし名優たちの群像劇で、青春映画でもある。

リンカーン郡戦争の事件を描いた王道映画。

助けられ、義理を感じる牧場主を殺され、たった6人で、戦いを挑んだ。

まさに、王道の西部劇。

出演者は、「ウイズダム 夢のかけら」のエミリオ・エステヴェス、「再会の街 ブライトライツ・ビッグシティ」のキーファー・サザーランド、「ラ・バンバ」のルー・ダイアモンド・フィリップス、「ハートビートで追いかけて」のチャーリー・シーンほか。


コメント

「覆面系ノイズ」、ノイズのようにまじりあう恋が始まる!

2018-12-27 17:49:07 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆★

音楽、恋愛映画好き ☆☆☆

原作は、福山リョウコの人気恋愛コミック(花とゆめ連載)

歌うことが大好きな少女・仁乃は、幼い頃いつも一緒に歌っていた初恋相手のモモ、そして曲作りをするユズという、2人の大切な男の子との別れを経験していた。彼らとの再会を夢見て歌い続けてきた仁乃は、高校生になったある日、学校でユズと再会を果たす。ユズが所属する人気覆面バンドのボーカルに誘われた仁乃は、いまだ再会できないモモに自分の歌声を届けるため、本格的な音楽活動に取り組んでいく。

覆面バンドとは、アイマスクをして顔を見せないバンド。

ユズは今注目の覆面バンド「in NO hurry to shout(通称イノハリ)」のギタリストで作詞作曲も担当していました。そして、このバンドで歌うことになった仁乃。

一方、モモは音楽プロデューサーになっており、仁乃はオーディションを受けます。

だが、結局、ユズのバンド「イノハリ」で歌うことに。

音楽を描きながら、三角関係の恋愛を描くという、ちょっと欲張りな企画。

主演の中条あやみさんは、特訓をして、歌を自分のものにしたようです。

二人の男性には、志尊淳がユズ役、小関裕太がモモ役を演じています。


コメント

「人が人を愛することのどうしようもなさ」、喜多嶋舞渾身のラブシーン!

2018-12-26 18:11:30 | TSUTAYA発掘良品

おすすめ度 ☆☆☆

官能映画好き ☆☆☆☆

2007年 石井隆監督作品 R18

「天使のはらわた」「花と蛇」の石井隆監督が、これまで描き続けてきたヒロイン“名美”役に喜多嶋舞を迎えて放つ愛憎劇。

喜多嶋舞も当時35歳。女の熟れ頃。

石井監督の独特の演出で、光り輝く官能編。

夫婦がそのまま、夫婦役で、夫の不倫相手も出演。

それに、竹中直人扮する、ライターのインタビューが絡んで、

さらに、欲求不満の果てにストリートガールを演じ、

トラブルをマネージャー(彼も彼女に恋している)が解決するという、巧みなストーリーの展開。

刃物沙汰が、劇と真実とが、重なり合って、愛憎のどろどろ。

まあ、喜多嶋の嬉々たる演技に堪能するもよし。

コメント

「ギャングスタ」、ギャングになりたかった4人がギャングに!

2018-12-26 11:07:13 | ヨーロッパ映画

おすすめ度 ☆☆★

ギャング映画好き ☆☆☆

ベルギー映画とは珍しい

『ワールド・エクストリーム・シネマ2018』上映

監督は今作で注目を集め、ハリウッドで「バッドボーイズ」シリーズ新作の監督にも抜てきされた、アディル・エル・アルビ&ビラル・ファラーの新鋭コンビ。

ベルギーでは、ギャングがあこがれの的か?

幼いころから、ギャングを夢見た4人組。

麻薬密売の大物マリーの仕事を手伝うことに。成功させ、麻薬で大儲け。

だが、モロッコで遊びまわるうちに、

オランダの大物ギャング、ハッサンとトラブルを起こしてしまい、そのせいでヨーロッパの麻薬市場の均衡は崩壊。

警察を交えた大騒動に。拷問にかけられたり大変なことに

まあ、若い監督だけに、遊び心は十分発揮。

章立てにしたり、ナレーションを入れたり、観客にご奉仕。

でもそれが、凡庸だったりして。

コメント