ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「修羅の華」、キム・ヘス主演のアクション映画!

2018-10-08 16:40:07 | 韓国映画

おすすめ度 ☆☆★

R15+

第50回シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭のフォーカス・アジア部門で作品賞を受賞。

大企業ジェチョルグループの会長秘書でナンバー2のヒョンジョン(ヘス)。

彼女にひそかに恋心を抱くサンフン(イ・ソンギュン)が、フィクサーとして組織の闇の仕事を一手に引き受けていた。

冒頭、高級ホテルでのセックスシーンで、度肝を抜くが、そのあとの展開が、ちょっと説明不足で分かりにくい。

企業買収で力を発揮するキム検事を罠にはめ、農場でいたぶる。

後半、ヘスとソンギュンのアクションシーンが始まると動き出す。

女性主役のアクション映画は珍しいが、ヘスは頑張っている。

親子愛とかが絡んで死闘が続く。

コメント

「1987、ある闘いの真実」、韓国民主化闘争の実話を描いた社会派ドラマ。

2018-09-26 16:57:23 | 韓国映画

おすすめ度 ☆☆☆☆★ (劇場鑑賞)

第54回百想芸術大賞  大賞、脚本賞、主演男優賞、助演男優賞の4賞受賞。

1987年、韓国で実際に起きた「6月民主抗争」を映画化。警察で調査中のとある学生が死亡するも、警察は隠蔽工作を続け…。皆が熱かった1987年の話。

まさに。韓国が、命を懸けて勝ち取った民主化。それをドラマ化した見事な作品。

前半は、尋問中に亡くなった学生の死因を隠ぺいする当局とこれを暴こうとする検事側の、まさに迫真のドラマ。ドキュメンタリータッチで淡々と描かれる。

後半は、刑務所の係官が、事件の実態を知り、それを外部に漏らす、まさにミステリアスサスペンス。

当時の状況を念入りに調査、当時とそっくりのセットを作り、迫真力を高めている。

配役陣も、役者がそろっており、まさに大作。

民衆の手で、直接選挙を勝ち取った民衆の勝利。

ただ、韓国でも、この詳細は知らされていなかったようだ。その意味でもこの映画の持つ意味は大きい。

ラスト、刑務所係官の姪が、恋人を亡くし、敢然と立ちあがる姿は、涙を誘う。

エンドロールで、当時の写真が流れ、ああこれってホントにあったんだなと納得。


コメント

「リアル」、キム・スヒョンが、1人2役のアクション映画!

2018-09-21 11:07:12 | 韓国映画

おすすめ度 ☆★

キムスヒョン好き、幻想映画好き、アクション映画好き ☆☆☆

キムスヒョンとソルリのチェジンリとの全裸セックスシーンがあります。

有名俳優を使って、大量の製作費を使ったこの映画、韓国でも不評で、大コケしたとか。

なにしろ、途中で監督交代、初演出のイ・サラン。

カジノオープンを控える組織のボス、チャン・テヨン(キム・スヒョン)の前に暗黒街大物チョ・ウォングン(ソン・ドンイル)がカジノの所有権を主張し、あらわれる。チョ・ウォングンの介入でカジノを引き渡す危機に陥ったチャン・テヨンは問題解決のため、投資者を探しに出る。 ある日、名前だけでなく容姿も瓜二つの謎の投資家(キム・スヒョン)があらわれ、資金とチョ・ウォングンを解決するとの提案をする。謎の投資家の登場でチョ・ウォングンとカジノを占めるための戦争が始まり、彼らを囲んだ巨大な秘密と陰謀の正体が徐々に明らかとなる。

というストーリーだが、チャンは解離性障害と診断され、医師の治療を受けている。

要は、二人の同一人物は、夢の中の出来事なのだ。

そう理解しないと、この映画、全く不可解な映画で、不評となる。

かなりスタイリッシュな演出で、アクションシーンも目新しい(ダンシングなど)。

めくらめく光と色の洪水。

イ・サランは今後どのような映画作るのだろうか。


 

コメント

「操作された都市」、ゲーマー仲間と復讐に立ち上がった隊長!

2018-09-09 17:23:09 | 韓国映画

おすすめ度 ☆☆☆

韓国映画好き、アクション映画好き ☆☆☆☆

濡れ衣を着せられたゲーマーの主人公が、オンラインゲームの仲間たちの協力を得て仕組まれた事件の真実を暴くため奮闘する姿を描くサスペンスアクション。

前半、主人公が刑務所でいたぶられるシーンが結構長い。キムサンホの好演が目立つ。悪役もよく似合う。

後半、ゲーマーたちがそれぞれの特技を生かし、あついバトルが繰り広げられる。

特に、カーチェスが見ものだ。韓国ならではのアクション。

冒頭、アクションゲームで目を引くのも、いい手だ。

主演のチ・チャンウクは、ドラマ出身で、映画初演だが、頑張っている。

ちなみに、韓国では格差社会がひどいが、この映画は、ゲーマーという形で、その辺を皮肉っている。

韓国のアクション映画からは目が離せない。

「マッドシティ 操作された都市」の題名のものもある。


 

コメント

「犯罪都市」、マ・ドンソク主演のクライムサスペンス!

2018-09-08 14:39:35 | 韓国映画

おすすめ度 ☆☆☆

暴力映画好き、韓国映画好き ☆☆☆☆ 韓国では、R指定(19歳未満禁止)

2004年のソウルのチャイナタウンで実際にあった、警察による中国系マフィア掃討作戦をモチーフにした作品。

「新感線」で、その持ち味を発揮したマ・ドンソク主演。

韓国では、大ヒット。マも、「ラブリー+マ・ドンソク」、「マブリー」の愛称でブームが。何しろ、こわもての割には、愛嬌満点。

そのマッチョな肉体美は、上腕の後ろが見えないコントにも。

ソウル南部・衿川(クムチョン)警察の傘下に中国マフィアが参入。強力班(強行犯係)の刑事vs.中国の新興勢力vs.韓国マフィアが三つ巴で激突する。

中国マフィアの暴力が、半端なく強烈で、斧を武器に何でもちょん切ってしまう。

さらに、中国マフィアのボスが不気味。ユンサンゲ。青春ものから脱皮、かなり怪しい雰囲気を出している。

中国マフィア第二ボスを演じたチンソンギュは、第38回青龍映画賞で、助演男優賞を受賞した。

この映画、マだけに目がいっているが、助演陣の活躍が、面白くしている。

すでに、「犯罪都市2」の計画が動き出している。

警察もさりながら、暴力団同士の殺し合いも気合が入っており、気が抜けない。

やはり韓国のバイオレンスは気が抜けない。 



コメント

「魚と寝る女」、キム・ギドク初期の作品!

2018-09-04 10:37:35 | 韓国映画

おすすめ度 ☆☆☆

GEO準新作100円セールで鑑賞

キムギドク好き、変わった映画好き ☆☆☆☆

2000年製作の映画 DVDは、18歳未満禁止

2000年モスクワ映画祭審査員特別賞、2001年ポルト国際映画祭ファンタスポルト審査員特別賞、ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭グランプリ受賞。

キムギドク初期の作品で、小予算。

湖に、小屋を浮かべ、釣り堀として管理しているヒジン(ソ・ジョン)の物語。

珈琲や、食べ物を売っているが、夜には娼婦をしている。

彼女は、一切しゃべらない。

恋人を殺し、死に場を求めてやってきたヒョンシク(キム・ヨソク)。

二人の間に恋が芽生え、愛と欲の修羅場を迎える。

物語の展開が全然読めないので、ラストまで引き込まれる。

途中、釣り針を口に入れ、血だらけになるシーンなど、むごいシーンが多い。

魚を料理したり、人を殺したり、不穏な雰囲気が満載。

そしてラストは、仏教的解決か?

暗示的なシーンが多く、面白いとみるか、わからないとみるか?

キムギドク好きには、病みつきになる映画。

コメント

「殺人者の記憶法」、アルツハイマーの連続殺人犯対新たな連続殺人犯!

2018-08-28 18:27:14 | 韓国映画

おすすめ度 ☆☆☆

ストーリーが異なる別バージョン「殺人者の記憶 新しい記憶」があり、同時公開されている。

かつて連続殺人を犯した獣医のビョンスは、いまはアルツハイマー病に侵され、記憶がおぼろげになっていく日々を送っていた。あやふやになる記憶への対処のため毎日の出来事を録音する習慣がついていたビョンスは、ある日、偶然出会った男テジュの目つきに、テジュが自分と同じ殺人犯であるという確信を抱く。やがてテジュはビョンスのひとり娘ウンヒのそばをうろつくようになり、ビョンスはひとりでテジュを捕らえようとするのだが……。

名優ソル・ギョングが、減量して老人役を迷演。減量した後も、日々鍛錬し減量を維持。この役にのめり込んでいる。

それにしても、アルツハイマーの元殺人犯。そのあいまいな記憶を映像化しているので、どこまでが本当なのか?

まさに、記憶を試される観客は、困るのか、面白いとみるのか。

衝突事故を起こした車の荷物台には、血液が。その運転手は警官。なぜか目つきが怪しい。

二人の対決が始まるが、娘が絡んでくる。

そして、殺人のルーツまでさかのぼり、ラストのどんでん返しにつながる。

原作があるらしいが、なかなか考えた設定。

韓国映画らしく、コメディタッチも加わって、見やすくなっている。


 

 

 

コメント

「グッバイ・シングル」、落ち目の女優の奮戦記(仮想妊娠)!

2018-08-05 09:49:47 | 韓国映画

おすすめ度 ☆☆☆

前半すこし、混乱するが、仮想妊娠騒動からは一気に面白くなる・

韓国版、結婚騒動コメディ。

ジュヨン、恋人にはふられ、女優業も転落の一途。そのくせそのタカピー治らない。

そんな彼女が、一発逆転で狙ったのが、子供を授かること。

たまたま出会った中絶希望の女子中学生。

契約を交わし、子供を産んでもらうことに。

そして妊娠を発表、これが縁で仕事が舞い込み、大忙し。

だが、破局が。

そして、中学生の気持ちを知ったジュヨンは、後悔。この辺の展開が実にうまく、お涙頂戴に。まさに韓国ドラマ。

キムヘスが、この痛い女を好演。

マ・ドンソクが補佐役に。

途中テンポの良い、出世部分はノリがいい。

 

コメント

「V.I.P. 修羅の獣たち」、猟奇犯による連続女子殺害事件!

2018-07-09 18:29:00 | 韓国映画

おすすめ度 ☆☆☆★ (劇場鑑賞)

R12+ なにしろ、女子殺害手口の残酷なこと。(なぜか、首にぼかしが入っています)

犯人は、北朝鮮の有力者の息子VIP。

それゆえ、国家情報院と警察、北朝鮮の保安省、アメリカCIAがからむ四つ巴の逮捕劇。

最初は、ちょっと複雑なので、出来れば予備知識を入れておくとよい。

それにしても、韓国の今置かれた状況を暗示していて痛烈。

それにしても、このサディスチックな描写。韓国映画ならではのすごさだ。

おまけに、犯人役のイ・ジョンソク、なかなか不気味に演じていて様になっている。

警察役のキム・ミョンミン、部下を叱り飛ばしての圧巻だ。

だが、なんといっても、国家情報員の要員役のチャン・ドンゴン。

さらにCIAが絡んで、韓国の泣き所。

監督は、ポク・フンジョン。安定した迫力で演出。


 

 

 

コメント

「エターナル」、イ・ビョンホン主演のサスペンス映画!

2018-07-05 14:06:10 | 韓国映画

おすすめ度 ☆☆★

イ・ビョンホン好き ☆☆☆

PG12

証券会社で、エリートコースを歩む、支店長カン・ジェフン(イ・ビョンホン)、成績優秀。

息子の英語の勉強のため、妻と息子をオーストラリアへ移住させていた。

不良債権問題が発覚、土壇場に追いつめられる。

失意のジェフン、家族の住むオーストラリアへ。

だが、妻は隣家の男性といい仲に。息子は男になつき、男の娘と4人で海水浴に。

ジェフンは、家の周りをうろうろ、落ち着かない。

一方、空港で知り合った、バックパッカーの女の子。

オーストラリアへ着いた頃から、不可解な行動。

ビョンホン、迫真の演技もからまわり。

ラストで衝撃の結末を迎えるのだが、途中で読めてしまい、残念。

 

 

コメント